「オペラ座の怪人(2004)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

オペラ座の怪人(2004)の概要:長年ブロードウェイなどで愛されている名タイトルを2004年に映画化。その中でもアンドリュー・ロイド・ウェバー版のミュージカルを題材とした映画化は初めてで、劇中で使用されている歌は実際に役者が声を入れている。

オペラ座の怪人の作品情報

オペラ座の怪人

製作年:2004年
上映時間:140分
ジャンル:ミュージカル、ラブストーリー
監督:ジョエル・シューマカー
キャスト:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン、ミランダ・リチャードソン etc

オペラ座の怪人の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『オペラ座の怪人(2004)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年11月現在のものです。

オペラ座の怪人の登場人物(キャスト)

ファントム(ジェラルド・バトラー)
常に顔を仮面で隠した怪人。オペラ座の地下に巣喰い、その実権を握っている。クリスティーヌに密かに恋心を寄せる。
クリスティーヌ(エミー・ロッサム)
オペラ座のコーラスガール。ファントムに見染められ、歌の教授を受けた事で頭角を現していく。ラウルとファントムの間を揺れ動く。
ラウル(パトリック・ウィルソン)
顔も性格も良いオペラ座の新支配人。クリスティーヌの幼なじみで、彼女に想いを寄せている。

オペラ座の怪人のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『オペラ座の怪人(2004)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

オペラ座の怪人のあらすじ【起】

時は19世紀後半、富裕層は娯楽を求め、日々オペラは賑わいを見せていました。そしてその中でも名のあるオペラ座にはとある噂がありました。そのオペラ座の地下には、ファントムという誰も姿を見たことの無い男が住んでおり、実質そのオペラ座を牛耳っているのは彼だというのです。そして、噂は事実でした。

ファントムは生まれつき醜悪な顔をしていた為親に捨てられ、見世物小屋で働かされるなど迫害を受けていました。そしてとある日その見世物小屋から逃げ出した彼は、当時からいるスタッフの秘密裏の協力を得て、このオペラ座に住み着く様になったのです。彼が地上に上がることはありませんでしたが、自分でもその顔を見たくない為常に仮面を被って生活していました。

こっそりと地上の様子を伺っていたファントムは、ある日1人のコーラスガールに恋をします。音楽の神に愛されていたファントムは、その女性、クリスティーヌに歌を教えるという名目で近づきます。しかし、彼女に顔を見せることはありません。

オペラ座の怪人のあらすじ【承】

ファントムの指導元、もともと素質のあったクリスティーヌの歌唱力は格段に上達して行きます。そしてクリスティーヌの実力が主演を張れるレベルに至ったと判断したファントムは、劇場支配人に対して脅しの文面を送ります。それは現在主演を張っている女優を降ろし、代わりにクリスティーヌを据えろといった文面でした。

現在主役を務めているベテラン女優はかなりの癇癪持ちという事もあり、彼女の機嫌を損ねない為にも支配人達はその要望を断ります。するとファントムは、小道具に特殊な薬を紛れさせ、その女優の声を一時的に醜い蛙のような声に変えてしまったのです。そして代打としてヒロインを務める事となったクリスティーヌの初舞台は大成功を収め、その後もその演目はクリスティーヌが主演をつとめ続ける事に決定しました。

しかしその頃、新しい支配人としてクリスティーヌの幼馴染、顔も性格も良いラウルという男がオペラ座に赴任してきます。クリスティーヌとラウルの仲が急激に縮まっていく様子を見たファントムは嫉妬に駆られ、クリスティーヌを自分の隠れ家である地下へと連れ去ってしまうのでした。

オペラ座の怪人のあらすじ【転】

クリスティーヌは初めてファントムの姿を目にする事となります。その仮面の下に隠された姿を見たい、とクリスティーヌが手を伸ばしたところ、ファントムは烈火の如く怒り出しました。クリスティーヌはファントムのその不安定な感情、そして彼が自分を彼と同じ地下の世界に引き込もうとしている事に対して恐怖を覚えます。

しかし、今まで彼の事を音楽の天使と信奉していた自分も捨てられません。ファントムの音楽に魅力され続け、一方でその存在に恐怖するといった葛藤に苛まれているクリスティーヌを、ラウルはそのまま受け止めます。

ファントムが自分の愛しいクリスティーヌの恩人である事を認めた上で、彼が大変危険な存在であると悟ったラウルは、彼女をファントムの手から守りきる事を誓います。そして二人はとうとう恋人同士となり口づけを交わします。その様子を、ファントムは物陰から見ていました。ファントムとラウルの戦いの火蓋が切って下されたのでした。

オペラ座の怪人の結末・ラスト(ネタバレ)

クリスティーヌを本格的に自分のものとする為、ファントムは彼女を再度地下室へと連れ去りました。そして自分を邪魔するものを排除するため、二人の世界を作るためにとオペラ座に火を放ちます。

ラウルはクリスティーヌの救出に向かおうとしますが、ファントムの隠れ家への行き方がわかりません。そんなラウルを助けたのが、幼少時代見世物小屋から逃げ込んできたファントムを幼少期から匿い続けてきた関係者でした。彼女の案内の元ファントムに辿り着くラウルでしたが、待ち構えていたファントムによって拘束されてしまいます。クリスティーヌは愛しいラウルに危害を加えるファントムに激怒する一方、ここまで彼を歪ませてしまった背景を想います。そしてファントムのマスクを外したクリスティーヌは、彼にそっと口づけを落とします。その行為に心動かされたファントムは、2人を解放した後闇へと姿を消しました。

そして時はたち、クリスティーヌは天国へと旅立ちました。そしてその墓標の前には、ファントムからクリスティーヌに対する変わらぬ愛を象徴する赤いバラが一輪備えてあるのでした。

オペラ座の怪人の感想・評価・レビュー

音楽がすごく良い!途中の舞踏シーンが、曲もダンスも圧巻で、何度も巻き戻ししてしまった。
衣装も豪華で、眺めているだけでも楽しい映画だった。

綺麗なカバーから、シェイクスピアのような劇的な恋愛ものを想像していただけに、怪人の思わぬ人物像には衝撃を受けた。ちょっと残念な人だ。
ストーリーを知らずに観たからこその意外性だったので、この作品は、この話を知らない人に勧めたい。(女性 30代)


名作ミュージカルの映画化です。
昔は、奇形児など体に障害が残ってしまった人は、見世物小屋が1番の働き口でした。割り切ってそこで稼ぐ人もいる一方、ファントムはその現実にひどく傷つき、屈折してしまったのです。「こじらせちゃった系男子」です。

一目ぼれしたクリスティーヌにこっそり歌唱指導してみたり、蝋人形を作ったり。しつこくアプローチするも、最終的には身を引きます。一途なんですね。
現代社会にもこういう人いるな、と思いました。(女性 20代)


歴代の映画化された『オペラ座の怪人』の中でも、ファントムが最も美しく描かれた作品で、クリスティーヌへの執着から起こす行動も、「愛ゆえに」という言葉がよく似合う。明らかにストーカー行為、奇行であることには間違いないが、不思議と気持ち悪さや不快さは感じられない。
醜い設定のファントムが醜くないのはどうなの?と問われるかもしれないが、この作品ではロマンティックさを重視しているため、その点ではファントムの容姿の改変は良い効果を生み出したと感じる。
真っすぐ過ぎるファントムの恋が叶うことはなかったが、彼の抱えた苦しみや愛情は、クリスティーヌの心にしっかりと届いたと願いたい。(女性 20代)


儚くいとしくも思えた映画であった。映画ではあるが、演出がミュージカル感が強く、素敵な音楽や歌に魅了された。オペラ座の地下で暮らし、仮面を常に付けているファントムが恋したクリスティーヌへの想いが人一倍強く、彼女を取られない為に、ラウルから突き放し、地下へ誘導したシーンが意外にも共感できた。また、ファントムとラウルのそれぞれの愛情に葛藤するクリスティーヌの気持ちや、ファントムが姿を消し、花を添えたシーンなどが印象的であり、綺麗な終わりかただった。(女性 20代)

この記事をシェアする