「鉄道員(ぽっぽや)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

鉄道員(ぽっぽや)の概要:北海道にある、廃止が決まっている幌舞線の終着駅、幌舞駅。ここの駅長、佐藤乙松は、幼い娘を亡くした日も、愛する妻に先立たれた日も、駅に立ち続け、職務を全うしていた。雪が降る正月の幌舞駅で起こった奇跡を描く、感動作。

鉄道員(ぽっぽや)の作品情報

鉄道員(ぽっぽや)

製作年:1999年
上映時間:112分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:降旗康男
キャスト:高倉健、大竹しのぶ、広末涼子、吉岡秀隆 etc

鉄道員(ぽっぽや)の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『鉄道員(ぽっぽや)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

鉄道員(ぽっぽや)の登場人物(キャスト)

佐藤乙松(高倉健)
幌舞駅の駅長。幼い娘と愛する妻を亡くし、孤独に生きる人物。定年間近で、廃線が決まっている幌舞駅の小さな街で、静かに暮らしている。
佐藤雪子(-)
乙松と静江の娘。17年前、生後2ヶ月で亡くなってしまう。
佐藤静枝(大竹しのぶ)
乙松の妻。彼女もすでに亡くなっている。
3人の少女(幼少期:山田さくや、小学校6年生:谷口沙耶香、高校生:広末涼子)
幌舞駅にやってきた少女たち。近所の住職の娘だと言うが、本当は雪子の幽霊で、乙松に17年間の成長を見せていた。
杉浦仙次(小林稔侍)
美寄駅の駅長を務める乙松の同僚。駅が廃止されたあと、ともにホテルで働こうと乙松を誘うが、断られてしまう。

鉄道員(ぽっぽや)のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『鉄道員(ぽっぽや)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

鉄道員(ぽっぽや)のあらすじ【起】

北海道、幌舞駅。駅長の佐藤乙松は、雪が降り頻る中、今日も駅のホームに立っていた。乙松は来年の春に定年を迎える予定だ。そして、乙松が駅長を務める幌舞駅も、同じ頃に廃止になることが決定していた。寡黙に、そして実直に職務をこなす乙松に、家族はいなかった。17年前、幼い娘はわずか2ヶ月で病死。最愛の妻にも先立たれ、孤独に暮らしていた。2人が亡くなった日も、乙松は職務をこなし、最期を看取ることができなかった。それほど、乙松にとって、鉄道員の職務は、使命にも近いものだった。

正月、同僚の杉浦仙次が幌舞駅にやってきた。彼は美寄駅の駅長で、長年一緒に働いている同僚だった。彼は、幌舞駅が廃止になったあとの乙松を心配し、一緒にホテルへ再就職しようと持ちかける。しかし、乙松はその誘いを断った。今まで鉄道員として職務をこなしてきたため、それ以外の職業に就く自分など想像できなかった。

鉄道員(ぽっぽや)のあらすじ【承】

正月、いつも通り業務をこなす乙松の元へ、ひとりの少女がやってくる。少女は人形を抱え、駅にやってきた。正月休みのためこの街にやってきたと話す。しばらくして、少女は帰っていった。しかし、少女は抱えていた人形を置き忘れてしまったのだ。乙松は、その人形を見て、不思議に思った。最近のものではないし、見たことがある。かつて乙松が娘にプレゼントした人形と酷使していたのだ。

その日の午後、少女の姉だという小学6年生の少女が現れた。先ほど、妹が置き忘れた人形を取りに来たという。彼女は人見知りをせず、不器用な乙松に対しても、気さくに話しかけた。彼女は帰り際、乙松の頬にキスをして帰っていった。その様子を見ていた杉浦は、乙松を茶化すが、乙松は嬉しそうにしていた。

鉄道員(ぽっぽや)のあらすじ【転】

杉浦も帰り、ひとり駅に残っていた乙松。そこへ、高校生くらいの少女が現れた。乙松は「また姉さんかい」と話しかける。彼女によれば、これまで尋ねてきたのは自分の妹達で、彼女らは、近所の住職の孫だという。彼女は鉄道が好きだといい、他に誰もいない駅舎の中で、2人は会話を弾ませていった。さらに、彼女は乙松に鍋を作り、ふるまったのだった。その様子に感極まった乙松は、思わず「このまま死んでもいい」と口にする。

その時、電話が鳴った。乙松が電話を取る。電話の主は、近所の住職だった。乙松は住職に「孫が遊びに来ている」と告げる。しかし、住職は、孫は帰ってきていないという。ではこの少女たちは一体だれなのか。乙松は驚きを隠せなかった。

鉄道員(ぽっぽや)の結末・ラスト(ネタバレ)

改めて少女の顔を見た乙松は、それまでにやってきた姉妹も含め、その既視感に確信を持った。「雪子か?」乙松がそう言うと、少女は雪子であることを認めた。死んだ雪子が幽霊となって、乙松に17年間の成長過程を見せに来たのだった。少女が持っていた人形も、乙松が雪子にプレゼントしたものだった。乙松は感極まり、雪子を抱きしめる。雪子もそっと微笑み、抱き返した。

やがて雪子は乙松を残して、駅から去っていった。乙松は、毎日書いている日誌を開く。「異常なし」それ一言だけを綴っていた。翌日の朝。駅のホームには、冷たくなった乙松の亡骸が雪に埋もれていた。

鉄道員(ぽっぽや)の感想・評価・レビュー

雪が降り頻る寒い街で、孤独な男性の身に起こった小さな奇跡。寡黙で、あまり表情を変えない高倉健の演技は、乙松の哀愁を見事に表している。駅を訪れた少女が雪子だと分かった時の、なんとも言えない表情は、乙松の孤独な心を慰めてくれているのがよく分かる。乙松と、彼を支える人達の交流は、人間味溢れる暖かさがあり、感動せざるをえない。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする