映画『リバー・ランズ・スルー・イット』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「リバー・ランズ・スルー・イット」のネタバレあらすじ結末と感想

リバー・ランズ・スルー・イットの概要:幼い頃からフライ・フィッシングに親しんできた兄弟ノーマンとポールは、それぞれの事情を抱えながらも釣りをすることで心を通わせる。モンタナの美しい自然と、兄弟の釣りへの愛情の繊細な描写が印象的。

リバー・ランズ・スルー・イットの作品情報

リバー・ランズ・スルー・イット

製作年:1992年
上映時間:124分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ロバート・レッドフォード
キャスト:ブラッド・ピット、クレイグ・シェイファー、トム・スケリット、ブレンダ・ブレシン etc

リバー・ランズ・スルー・イットの登場人物(キャスト)

ノーマン・マクレーン(幼少期:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット / 青年期:クレイグ・シェイファー / 老年期:アーノルド・リチャードソン)
モンタナ州ミズーラ出身の青年。幼い頃から文章を書くことが好きで、父親から作文の指導を受けて育った。誠実かつ生真面目で、弟から『教授面』とからかわれているが、見かけによらず実は腕っぷしが強い。弟と同じく、釣りを愛している。
ポール・マクレーン(幼少期:ヴァン・グラベージ / 青年期:ブラッド・ピット)
ノーマンの弟。兄と共に、小さい頃から父親から釣りを教えられてきた。天才的な釣りの技能をもっている。陽気で無鉄砲な好青年で、周囲の人々を明るい気分にさせる。次第に賭けにのめり込んでいく。
マクレーン牧師(トム・スケリット)
ノーマンとポールの父親。長老会派の牧師。キリスト教の教義と釣りの精神性を息子たちに説く。厳格だが、穏やかで深い慈愛に満ちている。
マクレーン夫人(ブレンダ・ブレッシン)
ノーマンとポールの母親。家族思いの心優しく控えめな女性。
ジェシー・バーンズ(エミリー・ロイド)
ノーマンの恋人。モンタナ州ハンナで一番の雑貨屋の娘。朗らかで勇敢。思ったことをはっきり口にする。
ニール・バーンズ(ステファン・シェレン)
ジェシーの兄。アメリカ西海岸の大学に通っている。横柄なナルシスト。
ローハイド(スーザン・トレイラー)
10年前の美人コンテストの優勝者。現在は酒浸りの日々を送っている。
メイベル(ニコール・バーデット)
ポールのかつての恋人。インディアンの若い情熱的な女性。

リバー・ランズ・スルー・イットのネタバレあらすじ

映画『リバー・ランズ・スルー・イット』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

リバー・ランズ・スルー・イットのあらすじ【起】

1910年代、モンタナ州ミズーラ。ノーマンとポールの兄弟は、父親のマクレーン牧師から、キリスト教長老派の教えと、釣りの技法を教えられる。マクレーンは、釣りは神聖な行為だと息子達に説く。

幼い頃から、ノーマンとポールの性格は正反対である。ノーマンは落ち着いており、文章を書くことを好むが、ポールは明るくいたずら好きである。マクレーンは、午前中は二人に勉強させるが、午後は自由時間としており、ノーマン達は、毎日、川へ釣りに出かけている。

第一次世界大戦後、各地で人手不足となり、16歳になったノーマンは材木局で働き始め、ポールはプールの監視員をしながら、毎夕、釣りをしている。

ある日、ノーマンとポールは、町の名声を得るため、友人達とボートで滝を下ろうと計画する。激しい急流を前に友人達は怖気付くが、ノーマンとポールは二人で挑戦し、無事に滝を下る。マクレーンは、帰宅した二人を叱り、盗んだボートを弁償するよう言い付ける。ノーマンは父に何も言い返さずに従うが、ポールは自分が悪いと言ってノーマンを庇おうとする。

翌朝、何も気に留めていないポールがノーマンに悪戯をしたことがきっかけで、二人は人生で一回きりの兄弟喧嘩をする。仲直りした二人は、いつものように釣りをする。

リバー・ランズ・スルー・イットのあらすじ【承】

ポールは、類まれなる釣りの才能を開花させる。ノーマンはダートマス大学の寮に入り、ほとんど帰省せずに6年間を過ごす。学生生活の中で、ノーマンは人に教える楽しみを見出す。ポールは、釣りを続けながら地元の大学に通い、卒業後はモンタナ州ヘレナの新聞社に入社する。

6年後、卒業したノーマンは、将来の目標をはっきりと定められないまま故郷へ戻り、複数の大学の教職に応募する。ノーマンはヘレナの新聞社へ行ってポールに会い、再会を喜んだ二人は川へ釣りに出かける。ノーマンは、6年の間にポールが芸術的な釣りのセンスを身につけていたことに気付く。程なくして、ノーマンは、ポールが賭博に夢中になっていることを知る。

独立記念日の夜、町ではパーティーが催される。ノーマンは、パーティー会場で見かけたジェシーに一目惚れしてダンスに誘うが、曲が始まったところで花火が打ち上がり、ジェシーと離れ離れになる。後日、ノーマンはジェシーに電話をかけ、週末のデートの約束を取り付ける。

デート当日、ノーマンはジェシーと共にレストランへ行き、インディアンの女性メイベルを連れたポールと偶然会う。メイベルは白人達からあからさまな差別を受けているが、ポールは気にせずメイベルを連れ歩いている。4人は同じテーブルに着き、楽しいひと時を過ごす。ノーマンはジェシーにダンスを申し込み、二人は初めて一緒に踊る。デートの後、ノーマンは、美しい文章で綴ったラブレターをジェシーに送る。

リバー・ランズ・スルー・イットのあらすじ【転】

ある夜、ノーマンは警察から連絡を受け、メイベルを侮辱した男と殴り合いになって拘留されたポールを迎えに行く。ノーマンは、刑務所の所長から、ポールが賭場の常連になっており、喧嘩で何回も逮捕されていることを聞かされる。ノーマンはポールに失望し、二人の間に溝が生じる。

ジェシーの兄ニールが西海岸の大学から帰省する日、ジェシーはノーマンを家族に紹介する。ジェシーの家族に勧められ、ノーマンは次の金曜にニールと釣りに行く約束をする。ニールはノーマンを連れて密造酒を出す店へ行き、酔って近くにいたローハイドをナンパする。ノーマンは、店を出て離れてヘレナへ行き、金曜の釣りに一緒に来てくれるよう、ポールに頼む。

金曜日、泥酔状態のニールは、ローハイドを連れて約束の時間に遅れてやってくる。川辺に着くまでにニールはノーマン達とはぐれ、ローハイドと裸で日光浴を始める。ノーマンとポールは、ニールを放り出して思い思いに釣りを満喫する。

ノーマンは、真っ赤に日焼けしたニールを、ニールの車で自宅に送り届ける。ニールの様子を見たジェシーや家族は、ノーマン達の責任だと言ってノーマンを責める。足が無いノーマンは、ジェシーに家まで送ってくれるよう頼む。道の一部が川の増水のために通れなくなっており、ジェシーは、危険を顧みずに近くの線路に乗り入れて道を迂回する。ノーマンは、ジェシーの豪胆さに驚く。

別れ際、ノーマンはジェシーに想いを告白するが、ジェシーに素気無くされて落ち込む。

ある夜、久しぶりに家族四人が揃い、ノーマン達は一家団欒の夕食を楽しむ。ポールは持ち前の陽気さで場を盛り上げるが、突然に席を外して賭場へ行ってしまう。

リバー・ランズ・スルー・イットのあらすじ【結】

ある日、ノーマンは、シカゴ大の英文科教授への採用決定の通知を受け取る。数日後、ジェシーからノーマンに、再会を望む手紙が届く。ノーマンはジェシーに会い、シカゴ大への就職が決まったことを告げ、一緒にシカゴへ来てくれるようジェシーに申し込む。

ノーマンは、ヘレナの酒場までポールに会いに行き、ジェシーへの想いが真剣であることを語る。ノーマンの恋の成就を祝して、二人は夜中まで上機嫌で酒を飲み交わす。

酔ったポールは、ノーマンを車で町外れの賭場へ連れて行く。ポールがギャンブル客達とトラブルを起こしたため、ノーマンはポールを連れて帰ろうとするが、ポールはまだ残ろうとする。ノーマンは、ポールが賭けが原因で借金まみれになっていることを責め、ポールをその場に置いて帰ろうとする。ポールはノーマンを呼び止め、翌日にマクレーンと三人で釣りに行こうと約束を取り付ける。

翌朝、ノーマンからシカゴ大の教授職を得たことを告げられ、ポールと両親は大いに喜ぶ。その後、ノーマンとポール、マクレーンは川に釣りに行く。ノーマンはポールに、ジェシーに求婚するつもりであることを打ち明け、ポールもシカゴに来るよう誘うが、ポールはモンタナを離れる気が無いと言って断る。

ノーマンとマクレーンが岸辺で語らっている間、ポールは釣りに熱中するあまりに急流に足を取られて流される。ノーマン達が心配する中、ポールは大きな鱒を抱えて戻ってくる。ノーマンは、ポールの美しい釣り姿を眺め、ポールこそがフライ・フィッシングの寵児だと確信する。

シカゴへ発つ前日、ノーマンは警察に呼び出され、賭けのトラブルが原因で殺されたポールの遺体と対面する。ノーマンは、ポールが惨たらしく殺されたことを両親に話す。ポールの死後、両親はポールについて何も話さなくなるが、ノーマンは、彼らがポールをずっと想っていることを知っている。

年老いたノーマンは、ジェシーに先立たれた後に故郷へ戻る。ノーマンは釣りを続けながら、何があっても絶えず流れ続ける川に万感の想いを寄せる。

この記事をシェアする