映画『幸せのポートレート』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「幸せのポートレート」のネタバレあらすじ結末と感想

幸せのポートレートの概要:メレディスは恋人の実家で開催されるクリスマスパーティーに参加した。だが、やることなすこと空回ってばかりで、なかなか恋人の家族に受け入れてもらえなかった。ピンチに陥ったメレディスは、妹に助けを求めた。

幸せのポートレートの作品情報

幸せのポートレート

製作年:2005年
上映時間:103分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:トーマス・ベズーチャ
キャスト:サラ・ジェシカ・パーカー、ダイアン・キートン、クレア・デインズ、レイチェル・マクアダムス etc

幸せのポートレートをフルで視聴できる動画配信サービス

映画『幸せのポートレート』を今すぐフルで視聴できる動画配信サービス(VOD)は以下の通りです。各サービスには無料期間があり、期間内にキャンセルすれば料金は発生しません。詳しくは各リンクからご確認ください。
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

幸せのポートレートの登場人物(キャスト)

メレディス・モートン(サラ・ジェシカ・パーカー)
キャリアウーマン。真面目でお堅い性格。自分の考えをしっかり持っており、融通が利かない。
シビル・ストーン(ダイアン・キートン)
ストーン家の母。明るい元気者。病が再発してしまい、命が尽きようとしている。家族のことを心から愛しており、自分が亡くなった後のことを心配している。
ジュリー・モートン(クレア・デインズ)
メレディスの妹。明るく人懐っこい性格。アーティストへの助成金審査の仕事に就いている。
エイミー・ストーン(レイチェル・マクアダムス)
エヴェレットの妹。他人をなかなか受け入れない。少しヒステリックなところもある。神経質なメレディスのことを嫌う。
エヴェレット・ストーン(ダーモット・マローニー)
メレディスの恋人。病を患っている母のためにも、メレディスとの結婚を急いでいる。
ベン・ストーン(ルーク・ウィルソン)
エヴェレットの弟。映画関係の仕事に就いている。自由でお気楽な性格。
サッド・ストーン(タイロン・ジョルダーノ)
エヴェレットの弟。聾者。ゲイ。パトリックという名の恋人がいる。

幸せのポートレートのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『幸せのポートレート』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

幸せのポートレートのあらすじ【起】

キャリアウーマンのメレディス・モートンは、恋人のエヴェレット・ストーンの実家で行われるクリスマスパーティーに参加することになった。メレディスが家族に気にいられるか心配している中、ストーン家ではメレディスのことが噂されていた。メレディスに唯一会ったことがあるエヴェレットの妹のエイミーは、異常に神経質で大嫌いな女性だと評した。

メレディスはエヴェレットと同じ部屋に泊まることになった。だが、メレディスにとって、両親の家で恋人が同じベッドで寝ることは考えられないことだった。ストーン家は特に気にしていないのだが、エミリーの部屋に泊まらせることにした。メレディスのことを特に嫌っているエミリーは、不愉快な態度を露わにした。メレディスはエミリーに嫌われていることに気づき、ショックを受ける。

エヴェレットの家族はお堅い雰囲気のメレディスに困惑し、受け入れられないでいた。メレディスも家族に嫌われていることに気づいていた。メレディスは必死に家族に受け入れてもらおうと頑張るが、空回ってしまう。

エヴェレットの家族に辛く当たられ、傷ついたメレディスはホテルに泊まることを決めてしまう。エヴェレットはメレディスを受け入れない家族を怒鳴りつけた。そんな中、エヴェレットの弟のベンは、メレディスのことを気にかけていた。このままホテルに行くと家に帰ってこない可能性があったため、母のシビル愛用のマグカップに入れた珈琲をメレディスに渡した。マグカップを返すために、家に戻ってくるよう仕向けたのだ。

幸せのポートレートのあらすじ【承】

エヴェレットはメレディスと結婚することを決めており、母に祖母の指輪を譲って欲しいと頼んだ。だが、母はメレディスとエヴェレットが上手くいくとは思えなかったので、断った。エヴェレットは自分で結婚指輪を用意することにした。結婚を急ぐのは、病を抱えている母のためでもあった。

メレディスに呼ばれて、妹のジュリーがやって来た。エヴェレットは美しいジュリーに目を奪われる。ジュリーはメレディスとは違い、すぐにエヴェレットの家族に受け入れられた。メレディスはそのことにショックを受ける。さらに、メレディスは失言しシビルの息子のサッドを傷つけるような言葉を言ってしまい、食卓は険悪な雰囲気になってしまう。

家を飛び出したメレディスは車に乗り込むが、事故を起こして動けなくなってしまう。様子を見に行ったベンがおどけながら声を掛けると、メレディスは笑いながら泣き崩れた。ベンはそんなメレディスを心配し、気晴らしに飲みに出かけることにした。一方、メレディスがホテルに戻っていないことを知り、エヴェレットとジュリーは一緒に探しに出かけた。

幸せのポートレートのあらすじ【転】

メレディスはお酒を飲みながら、必死に頑張っているのにストーン家に受け入れてもらえないとベンに愚痴を零した。ベンはそんなメレディスに、頑張る必要はないのだとアドバイスした。一方、エヴェレットはジュリーと夜の街を歩きながら、会話を楽しんでいた。エヴェレットはジュリーに惹かれていた。

シビルの病は再発しており、命は尽きようとしていた。そのため、エヴェレットが結婚に失敗したとき、傍にいることができないことを恐れていた。メレディスのことを受け入れられないのは、それが理由だった。しかし、夫のケリーに諭され、母の指輪をエヴェレットに渡すことにした。一方、メレディスはベンの部屋のベッドの上で目を覚まし、偶然部屋を訪ねてきたケリーに姿を見られてしまう。

エヴェレットは母から貰った指輪をジュリーの指に嵌めた。ピッタリと嵌り、石鹸を使っても外すことができなかった。そのことを知ったメレディスは驚きながらも、ジュリーに昨夜ベンといたことを打ち明けた。

幸せのポートレートの結末・ラスト(ネタバレ)

メレディスはストーン家のためにプレゼントを用意していた。それは、額縁に入れた妊婦姿のシビルの写真だった。メレディスはエヴェレットの机に飾ってあったその写真を見て素敵だと思い、額縁に入れてプレゼントすることにしたのだ。ストーン家は感動に包まれる。そんな中メレディスは、エヴェレットがジュリーにプロポーズするつもりでいることを知ってしまう。ショックを受けたメレディスは、ベンとベッドを共にしたことをしゃべってしまう。エヴェレットは怒り、ベンを追いかけ回した。だが、全てはメレディスの誤解で、ベンの部屋で寝ていただけだった。

ジュリーが外れた指輪を置いて家を出て行ってしまう。ジュリーはバス停におり、帰ろうとしていた。エヴェレットはジュリーを引き止めた。一旦はバスに乗ったジュリーだったが、途中で降りてエヴェレットと抱き締め合った。その頃、メレディスはベンと寄り添い合いながらベッドの上にいた。

クリスマス。サッドはゲイの恋人と共に、子供を連れて実家に帰った。そこにはメレディスの姿もあり、ベンと寄り添い合った。エヴェレットもジュリーを連れて帰ってくる。部屋には、メレディスがプレゼントしたシビルの妊婦姿の写真が飾られていた。

この記事をシェアする