映画『スカイスクレイパー』のあらすじ・感想・評価(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「スカイスクレイパー」のあらすじ・感想・評価(ネタバレなし)

「スカイスクレイパー」とは、摩天楼、高層ビルという意味を持つ。そのタイトルの通り、約1000メートルもの高さを誇る超高速ビルを舞台に、ドウェイン・ジョンソンが走って飛んで戦うアクション映画。

スカイスクレイパーの作品情報

スカイスクレイパー

タイトル
スカイスクレイパー
原題
Skyscraper
製作年
2018年
日本公開日
2018年9月21日(金)
上映時間
102分
ジャンル
アクション
監督
ローソン・マーシャル・サーバー
脚本
ローソン・マーシャル・サーバー
製作
ボー・フリン
ドウェイン・ジョンソン
ローソン・マーシャル・サーバー
ハイラム・ガルシア
製作総指揮
ダニー・ガルシア
ウェンディ・ジェイコブソン
エリック・マクレオド
キャスト
ドウェイン・ジョンソン
ネーブ・キャンベル
チン・ハン
ノア・テイラー
ローランド・ムーラー
バイロン・マン
パブロ・シュレイバー
ハンナ・クィンリバン
製作国
アメリカ
配給
東宝東和

スカイスクレイパーの作品概要

今やアクション界を代表する俳優となったドウェイン・ジョンソンの待望の最新作。現役のプロレスラーというだけあって、その屈強な肉体は数多くいるアクション俳優の中でも際立っている。平穏な生活を家族と共に楽しんでいたはずの元FBIの凄腕エージェントが、家族を守るため超高層ビルで死闘を繰り広げることとなる。やはり今作でも最強なドウェイン・ジョンソン。アクション映画ファンなら見ない手はない、熱い展開が目白押し。

スカイスクレイパーの予告動画

スカイスクレイパーの登場人物(キャスト)

ウィル・ソーヤー(ドウェイン・ジョンソン)
元FBI人質救出チームの隊長。ミッションの途中足を失ったことでリタイアし、家族と平和に暮らしていた。
サラ・ソーヤー(ネーブ・キャンベル)
ウィルの最愛の妻。ウィルの仕事の関係でザ・パールで暮らすこととなるが…?
ツァオ・ロン・ジー(チン・ハン)
ウィルに仕事を持ちかけた人物の一人。ザ・パールのセキュリティをウィルに査定して欲しいと頼む。

スカイスクレイパーのあらすじ(ネタバレなし)

かつて、FBIの人質救出チームで隊長として活躍していた実力者であるウィル・ソーヤー。とあるミッションの最中に片足を失ったウィルは、現在は隊長の座を辞退し、愛すべき家族と幸せに暮らしていた。そんなソーヤー一家が暮らすのは、香港にできた新しい超高層ビル。約1000メートルもの高さを誇るその建物、「ザ・パール」は非常に豪華で、且つ安全なビルの筈だった。しかし、ある日突然「ザ・パール」は謎の組織による襲撃を受ける。そして、なんとウィルの愛すべき家族がその組織に人質として取られてしまったのだ。その高さが故に脱出不可能となってしまった「ザ・パール」から家族を救い出すべく、ウィルは再び戦場に立つ。

スカイスクレイパーの感想・評価

果たして届くのか!?ビルからビルへの大ジャンプ

常識的に考えればあり得ない、そんなとんでもない出来事が次々と起こるのがアクション映画である。アクション映画ファンは、自分達の現実では絶対に起こり得ない興奮、アドレナリンをアクション映画に求めているのだ。そして、今作は勿論そんなアクション映画ファンの期待に応えてくれている。今作の舞台は1000メートルを超える超高層タワー。なんと、そのタワーにドウェイン・ジョンソンが飛び移るのである。その模様は映画の宣伝ポスターやPR動画でも確認することができるが、思わず目を逸らしたくなるほどの迫力。だが、やはりなんだかんだ言っても見てしまうのがアクション映画ファン。アドレナリン出っぱなしの102分間、普段の嫌なことを全て忘れて盛り上がろう。

やっぱり最強!?ドウェイン・ジョンソンの魅力

今や数多くのアクション映画に引っ張りだことなった、ハリウッドにおいてかかせない俳優ドウェイン・ジョンソン。最近映画で彼の存在を知ったと言う人は、果たして彼が現役プロレスラーであるということをご存知だろうか。それもただのプロレスラーではなく、アメリカの有名プロレス団体、WWEでビッグ4と称されるほどのレスラーだったのである。俳優業をメインとし始めた現在でも、プロレス仕込みの圧倒的肉体は健在。当時から話題になっていたその高い運動能力を活かし、数多くの体当たりの演技に挑んでいる。私生活では妻と子供を愛する厳しくも優しい父親、という外見とのギャップも人気の所以だろう。今後も目が離せない、現在大注目の俳優の一人。

前代未聞の宣伝!?世界の注目が集まった

映画を公開するにあたり必要不可欠なのが宣伝活動。当たり前のことではあるが、その映画が上映されることを世間が認知していなければ、どれほどその映画が名作であっても意味はない。そんな中、この映画の映像が初解禁となったのは、なんと世界が注目する一大イベント、「スーパーボウル」。40%以上の視聴率を叩き出すスーパーボウルで、『スカイスクレイパー』の宣伝映像が大々的に流れたのである。そして、スーパーボウルを見ていた観客は本作の圧倒的な迫力に息を飲んだことだろう。宣伝という意味ではこれ以上ないほどの規模で行われた今作。ストーリーは勿論のこと、この宣伝がどのような結果をもたらすか、興行収入、集客数共に気になるところである。

スカイスクレイパーの公開前に見ておきたい映画

映画『スカイスクレイパー』の公開前に見ておきたい映画をピックアップしています。『スカイスクレイパー』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

ハムナプトラ2/黄金のピラミッド

タイトルだけならば誰もが聞いたことがあるレベルの、ハリウッドが誇る超大作の第2弾。そんな『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』に、若かりし頃のドウェイン・ジョンソンも出演していた。ドウェインが演じていたのは、時代を越えて世界征服を企む屈強な戦士、スコーピオン・キング。主人公の敵という立ち位置にも関わらず人気が沸騰、なんとその後スコーピオン・キングを主人公としたスピンオフ作品が3作も製作されることになった。当時プロレスラーとして既に人気絶頂にあったドウェインが、本格的にハリウッドで活躍するキッカケになったとも言うべき、ドウェインの出世作。年齢を重ねたドウェインも勿論素敵だが、若かりし精悍なドウェインもやはり魅力的。

詳細 ハムナプトラ2/黄金のピラミッド

ワイルド・スピード MEGA MAX

既に7作もの続編が作られており、今後も恐らく新作が発表されるであろう、現在話題沸騰中の大人気シリーズ。ドウェイン・ジョンソンの現在の代表作とも呼ぶべきシリーズであり、圧倒的迫力のカーレースが話題の、幅広い世代から支持を集める名作。ドウェイン・ジョンソンはシリーズ第5弾にあたる『ワイルド・スピード MEGA MAX』からシリーズに参戦。演じるのはアメリカDSSの捜査官ホブス。屈強な身体、豊富な経験、そして、揺らぎない正義感を持ったホブスは、ドウェインにとってまさに敵役。そんなホブスは主人公達にとって強力なライバルとなるが…?この出演以降シリーズ最新作まで欠かすことなく出演が決まっているホブス。今や作品にとって必要不可欠なキャラクターとなっている。

詳細 ワイルド・スピード MEGA MAX

ダイ・ハード

『スカイスクレイパー』と同様に、超高層ビルを舞台としたアクション映画。現在でも続編が作られるほどの大ヒットシリーズの原点であり、原点にして頂点とも言われるほど高い評価を受けた名作。主人公は、知らぬ者はいないアクション俳優、ブルース・ウィリス。ブルース演じるジョン・マクレーンは、妻と別居中の刑事。そんな妻に会うために高層ビルで開かれるクリスマス・パーティに参加することになったジョンだったが、そこにテロリスト達が乗り込んでくる。その場から抜け出したマクレーンだったが、妻を含めた他の参加者達が人質に取られてしまう。果たしてマクレーンは、見事テロリストを捉え愛する者を守ることができるのか。アラン・リックマンが悪役を演じたことでも話題になった。

詳細 ダイ・ハード

スカイスクレイパーのレビュー・評判・口コミ(Twitterの反応)

スカイスクレイパーのまとめ

かつて『ザ・ロック』の名でプロレスラーとして活躍していたという数多くいるハリウッド俳優の中でも異例の経歴を持つ、今や数多くのアクション映画に引っ張りだこのドウェイン・ジョンソン最新作。今回彼が挑むのは、天高くそびえるタワー、『ザ・パール』。果たして彼は、大切な家族を守ることができるのか。今回も、ドウェインの鍛え上げられた肉体美、ド派手なアクションを楽しむことができる。見ていてスカッとすること間違いなしの一本。

この記事をシェアする