映画『彼女がその名を知らない鳥たち』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「彼女がその名を知らない鳥たち」のネタバレあらすじ結末と感想

彼女がその名を知らない鳥たちの概要:蒼井優、阿部サダヲを主演に迎えたミステリー映画。『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『孤狼の血』など、暴力的な作品が多い白石和彌監督が、共感度0%と言われる原作を個性的に映画化。

彼女がその名を知らない鳥たちの作品情報

彼女がその名を知らない鳥たち

製作年:2017年
上映時間:123分
ジャンル:ミステリー、ラブストーリー
監督:白石和彌
キャスト:蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、村川絵梨 etc

彼女がその名を知らない鳥たちの登場人物(キャスト)

十和子(蒼井優)
陣治と同棲をしており、無職。過去に黒崎と付き合っていたが、暴力を振るわれるという、ひどい別れ方をした。陣治とは仕事を通じて知り合い、熱烈なアタックの末、付き合いだす。黒崎とのことがあって、笑うこともできないほどの精神状態だったが、陣治と一緒にいるうちに、笑顔を取り戻した。だが、今では愛情も冷め、陣治を煙たく思っている。
陣治(阿部サダヲ)
十和子と付き合っている。建設現場で働いており、いつでも日焼けしている。性格は明るく、いつも笑顔でいるが、それ故に、気が弱そうに見られてしまう。50歳も間近。咳も止まらないが煙草はやめられない。タネなしで、子供を作ることができない。
水島(松坂桃李)
時計店の責任者。既婚。十和子と出会い、関係を持つ。一人旅が趣味と口では言っているが、全部、本などから得た情報を羅列するだけの嘘つき。
黒崎(竹野内豊)
十和子の前の恋人。十和子との結婚を口にするが、それは実現せず、別れ話を持ち出す。別れたくないと強情な十和子を殴り、頬骨と肋骨を折るという非情な男。

彼女がその名を知らない鳥たちのネタバレあらすじ

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

彼女がその名を知らない鳥たちのあらすじ【起】

十和子は陣治と付き合って長い。二人は同棲する仲だが、十和子の陣治への気持ちは、すでにすっかり無くなっていた。顔を合わせても会話も少なく、部屋も別々。うだつの上がらない陣治を、嫌悪する日々が続いていた。しかし、陣治は違った。十和子を幸せにできるのは自分しかいないと、献身的に十和子に尽くしていた。料理を作り、金を渡し、いつでも笑顔でいる。十和子は陣治に食べさせてもらっている生活を送りながらも、現状に不満を募らせるばかりだった。

ある日、十和子は大切な時計をダメにされたと、修理を依頼した時計店にクレームの電話を入れる。後日、時計店の責任者である水島から、代わりの時計を準備するので、お宅にお邪魔しても良いかと電話があった。時計店を覗いて水島の顔を確認すると、顔立ちの良い好青年だった。十和子は慌てて部屋を掃除し、水島を迎える準備をする。

水島が部屋へとやってきた。準備した時計に納得がいかない十和子。“あの時計は大切なものなんです”と泣き崩れる十和子に、水島は思わず口づけをしてしまう。突然のことに、お互いに動揺したが、水島は“来週、また来ます”と言い残して去っていった。十和子は来週を待たずに、時計店へ水島に会いに行く。そして二人は、そのままホテルで関係を持ってしまう。水島は、こうなる運命だったと十和子に優しく言った。

彼女がその名を知らない鳥たちのあらすじ【承】

翌日、帰りが遅かったことを心配した十和子の姉・美鈴がやってきて、なぜ遅くなったのか尋ねてきた。そして、“黒崎さんと会っていたのだろう”と問い詰める。黒崎は十和子の前の恋人で、十和子は彼にベタボレだったが、別れる時、ひどい暴力を受けていた。十和子は、もう何年も黒崎には会っていないと美鈴と陣治に言った。陣治も美鈴に“黒崎だけは絶対にない”と言い放つ。

姉の言葉で、黒崎とのことを思い出した十和子は、携帯電話に残っていた黒崎の番号に、勢いで掛けてしまう。だが、相手が出る前に、すぐに通話を切った。それからしばらくして、十和子の部屋に警察がやってくる。要件は、黒崎に電話を掛けたことへの質問だけだったが、その時、黒崎が5年前から失踪し、行方不明になっていることを知る。

水島との密会は続いていた。夜、陣治がどこへ行くのかと尋ねても、十和子は軽くあしらって水島とホテルへ。だが、ホテルを出た時、陣治が陰に隠れて自分たちを見ていることを発見する。自分が尾行されていたと知った十和子は、少し陣治のことが怖くなってくる。

十和子は黒崎の妻、国枝カヨの家を訪ねた。黒崎は生前、金銭問題でトラブルを抱えており、暴力団の脅しや、尾行などもよくあったのだという。カヨは“黒崎は誰かに殺されたのだと思う”と強い口調で言った。

カヨの家を訪ねた際、十和子はカヨの叔父と遭遇。叔父は“お前を憶えている”などと意味深なことを言うが、十和子にはさっぱりだった。居心地の悪さを感じ、次第に恐怖を感じはじめた十和子は、その場から逃げ出してしまう。

彼女がその名を知らない鳥たちのあらすじ【転】

水島から十和子に電話が入った。水島の自宅の郵便受けに、オトナのおもちゃが入っており、妻が自分を不信がっているという。更に、会社の顧客リストも紛失したのだそうだ。水島は、これは全部、陣治のやった嫌がらせなのではないかと言う。焦った水島は、しばらく会うのは控えよう提案。十和子は調べてみると言い、水島を落ち着かせた。

陣治の挙動不審な行動に、十和子はとうとう陣治に、“黒崎さんに何かしていないか”と問いかけた。陣治は重い口を開き、“殺して、土に埋めた。5年前の仕事場だった建設現場の下で骨になっている”と語った。喚き泣く十和子に、“もう終わりやな”と呟く陣治。だが、二人はその後、一緒に食事をし、翌朝には今まで通りの日常的な朝を迎える。

十和子は水島に会いたいと、駄々をこねた。仕方なしに会いに来た水島の口から、書類があっけなく見つかったことを聞かされる。何も教えられていなかったことに、落胆する十和子。水島はホテルに誘い、“妻とはいずれ別れる。君を幸せにすると約束する”と囁いた。その言葉に反応し、十和子は何かを思い出す。そして、買ったばかりの果物ナイフで水島を刺した。痛みにのたうち回る水島。そこへ陣治がやってきて、十和子を取り押さえた。陣治は水島に、これは全部自分がやったこと、警察に行くのならそう言えと叫び、水島を追い払った。

彼女がその名を知らない鳥たちのあらすじ【結】

実は、十和子は記憶喪失になっていた。だが、水島を刺したとき、全てを思いだした。十和子は昔、黒崎と付き合っていた頃、黒崎からあるお願いをされた。実力者のカヨの叔父に援助してもらうため、抱かれてきてほしいと。二人の幸せのためだと言われた十和子は、叔父に抱かれる。しかし、黒崎はカヨと結婚。嫌がる十和子は殴られ、脅迫されて捨てられてしまう。陣治と付き合いだして数年後、再び黒崎から連絡があった。喜ぶ十和子だったが、黒崎の目的は、もう一度、叔父に抱かれてきてほしいというものだった。十和子は思わず、持ってきていたナイフで黒崎を刺し殺してしまう。

十和子からの電話で、現場に駆けつけた陣治は、黒崎の死体を処理し、十和子を自宅へと連れ帰った。目覚めた十和子は、事件に関する全てのことをすっかり忘れていた。それを知って、陣治は神に感謝する。このまま、いつまでも思いだしませんように、と。

全てを思いだした十和子は、もう生きていけないし、生きていたくもないと泣きじゃくった。それを見た陣治は、“俺がなんとかする。お前の全てを俺がもっていってやる”と言うと、高台の柵によじ登った。陣治は十和子に、“子供を作って、俺を産んでほしい”と笑顔で言い残すと、そのまま高台から飛び降りた。呆然とする十和子の頭上に、鳥たちが舞い上がる。彼女が、その名を知らない鳥たちが。

この記事をシェアする