「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男の概要:太平洋戦争で激戦を繰り広げたサイパン島。マリアナ沖海戦で大敗した日本は、サイパンを放棄し、作戦中止を命令。しかし、サイパンにいた日本兵は、その事実を知らずに戦い続けた。降伏か、玉砕か。日本軍兵士として、ひとりの日本人として、大場大尉が下した決断とは。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男の作品情報

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男

製作年:2011年
上映時間:128分
ジャンル:ヒューマンドラマ、歴史、戦争
監督:平山秀幸
キャスト:竹野内豊、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之 etc

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男の登場人物(キャスト)

大場栄 大尉(竹野内豊)
陸軍で歩兵連隊を指揮する大尉。すぐに終わると思われていた、米軍によるサイパン占領を、巧みな作戦で翻弄する。米軍からは「フォックス」と呼ばれていた。
ハーマル・ルイス大尉(ショーン・マクゴーヴァン)
米軍大尉。戦争前、日本に2年間留学した経験があり、日本語が話せる。また、日本人の精神にも理解を示しており、上官に日本人について説明をする。
堀内今朝松 一等兵(唐沢寿明)
ジャングルの中で大場大尉と会い、その後も行動を共にする。体に大きな刺青が入っており、関西弁を話す。
青野千恵子(井上真央)
サイパン島で生き残っていた民間人のひとり。看護師であり、主に負傷者の手当てをする。堀内に射撃の指導を受けるなど、軍人のような考えを持つ女性。
木谷敏男(山田孝之)
ジャングルの中で大場大尉と遭遇した曹長。日本軍兵士として、最後まで戦い、玉砕する強い意志を持つ。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男のあらすじ【起】

1944年6月15日、米軍がサイパン島に上陸。日本軍大本営は、サイパンの放棄を決定したが、サイパンにいた兵士にその命令は届かず、米軍が占領したあとも交戦を繰り返していた。

米軍のポラード大佐は、降伏しない日本軍に対し苛立ちを見せていた。そこで、日本で留学経験のあるルイス大尉を呼び、なぜ日本人が降伏しないのか、日本人について説明を求める。ルイスは日本の将棋を例に出し説明した。日本人にとって、捕虜になることは、天皇に対する裏切り行為となるため、決して降伏しないと語った。

1944年7月7日、日本陸軍が総攻撃を決行。日本軍は奇襲攻撃を行うも、米軍に打ち勝つことはできず、多くの日本兵が亡くなった。生き残っていた大場大尉は、同じ日本軍の堀内一等兵と出会った。

米軍基地では、未だ日本軍が抵抗を続けていることに対し、ポラード大佐が苛立っていた。ルイス大尉は、日本軍に対し降伏するよう呼び掛けることを提案し、その任務を任されることになった。

その頃、堀内一等兵と大場大尉は、焼け残った民家を発見する。そこでは、自決した民間人の中に、まだ生きている幼児がいた。大場大尉は米軍が幼児を見つければ、生き残れるかも知れないと考え、民家に目印をつけてその場を立ち去る。その後、ルイス大尉ら米軍が民家に到着し、幼児を発見した。

大場大尉は山中で、総攻撃の際にはぐれた部下と再会する。そしてほか連隊の木谷と出会い、彼の誘導で隠れ場所に移動した。彼らの後を追うように米軍も山中を捜索すると、日本軍からの攻撃を受けてしまう。日米両軍が攻撃していると、大場大尉が攻撃中止を命じ、日本軍は姿を消した。大場大尉は天候を読み、霧が濃くなることを察知して霧の中で逃げることにしたのだ。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男のあらすじ【承】

大場大尉たちは、道中で民間人と出会う。彼らは200人ほどで身を潜めて暮らしていた。しかし、その野営地が米軍によって攻撃されてしまう。大場大尉は、多くの人たちが負傷したのを目の当たりにし、1人でも多くの命を守ることが任務だと気付いた。大場大尉の部下がジャングルの中を偵察していると、米軍に遭遇。彼らは大場大尉にそのことを報告し、野営地が米軍に見つかるのも時間の問題だとした。大場大尉は3班に分けていた野営地の1つを手放し、撤退することを決意。

米軍が大場たちのいた野営地に到着すると、そこに人影はなかった。そして、米軍兵の1人が、水が流れているのを発見。彼は水を飲もうと近寄るが、それは大場大尉が仕掛けた爆弾だった。

天候を読み、爆弾を仕掛けるなど、巧みな戦術を繰り広げる大場大尉は、米軍に「賢い者」を意味する「フォックス」と呼ばれるようになった。日本軍から攻撃を受けたことを知ったポラード大佐は、総動員して日本軍を探しだすよう命令を出した。

ジャングルの中で、日本軍から攻撃を受けたことを知ったポラード大佐は、ルイス大尉に米軍兵がフォックスと呼ぶ人物が誰なのか、突き止めるよう指示。ルイス大尉は収容所に向かい、収監された日本人女性に尋ねる。彼女は、大場大尉であると伝えた。ルイス大尉はポラード大佐に大場のことを報告するが、彼はサイパンを離れることになっており、収容所を立ち去っていった。

クリスマスの時期を迎えると、米軍には、新しくウェシンガー大佐が赴任した。彼もまた、ルイス大尉に日本人の特性について尋ね、ポラード大佐の時と同じように、将棋を例に出して説明をする。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男のあらすじ【転】

ルイス大尉はビラを使って降伏をさせるため、収容されていた日本人に協力を求める。英語が堪能な元木は、ビラ作成に協力することになった。大場大尉たちは、米軍が撒いたチラシを見て驚愕する。そこには変わり果てた東京の写真が載っていたのだった。

野営地では、医薬品が不足し、助けられる人も命を落としていた。青野は、その状況を大場大尉に話す。大場大尉は、状況を把握していたものの、医薬品は収容所にしかなく、調達するまで待つように言った。納得のできなかった青野は、堀内に一緒に収容所に行くよう頼んだ。

収容所では、元木がルイス大尉らを連れて、大場大尉と落ち合う場所へ向かっていた。元木が大場大尉に食糧を渡し、ルイス大尉たちのことを話していると、銃声が鳴り響いた。同じ頃、医薬品を取りに来ていた青野と堀内が米軍に見つかり、交戦が始まったのだった。その際、堀内は攻撃を受けてなくなり、青野も被弾してしまう。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男の結末・ラスト(ネタバレ)

野営地へ戻った大場大尉は、皆を収容所へ行かせて生き残るべきではないかと考え始めていた。大場大尉が皆を集め、民間人は収容所へ行くように指示。民間人は荷物をまとめ、野営地を去っていった。

収容所では、ラジオ放送が流れ、日本軍の無条件降伏。つまり終戦が伝えられた。

早速、米軍は終戦したことを記したビラを撒くが、日本兵たちはその情報を信じようとしなかった。また、収容所で情報を集めた兵士によると、日本は原爆の攻撃に遭い、天皇が終戦を決めたのだった。それでも降伏しない日本兵たちは、次々と命を落としていった。

その状況を見かねた大場大尉は、ルイス大尉との面会を要求。元木の案内で面会を果たした大場大尉とルイス大尉だが、そこに木谷が現れ、元木を撃ち殺してしまう。その後、木谷は行方不明となった。

日本軍大将から無条件降伏の命令が下った一行は、亡くなった戦友、民間人のために弔砲をする。ジャングルの中でひとり離脱していた木谷は、弔砲の銃声を聞き、遠くから敬礼していた。日本兵は大場大尉が先導し、歌を歌いながら米軍が待つ場所へ行進していった。その姿は日本兵の誇りに満ちたもので、米軍も固唾を飲んで見守った。大場大尉がウェシンガー大佐に日本刀を渡し、降伏をした。1945年12月1日。彼らの戦争は、完全に終わりを迎えた。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男の感想・評価・レビュー

太平洋戦争での、日本兵と米兵の姿を描いた作品。日本兵のみならず、共に過ごした民間人の命を守ることを使命とし、最後まで玉砕命令を出さなかった大場大尉の心情は、現代の考え方を切り開いているように思える。また、大場大尉を有能な指揮官として尊重し、敬う米軍の姿は、日本と米国の新しい時代の象徴と言えるのではないだろうか。物語終盤、歌を歌いながら行進する日本兵、そして大場大尉の姿は、圧巻である。題名にもなっている「奇跡」は、日本兵が降伏したことだけでなく、大場大尉の存在そのものが「奇跡」なのではないかと感じる。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする