映画『ザ・ビースト ブレイロードの悪夢』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ザ・ビースト ブレイロードの悪夢」のネタバレあらすじ結末と感想

ザ・ビースト ブレイロードの悪夢の概要:田舎で起きた不可解な殺人事件。そこへ赴任してきたばかりの保安官は、その町に伝わる狼男の伝説を知るのだった。狼男による殺人事件で町は恐怖で満たされ、保安官は狼男を倒す為に動き出す。そして知った衝撃の真実。

ザ・ビースト ブレイロードの悪夢の作品情報

ザ・ビースト ブレイロードの悪夢

製作年:2005年
上映時間:80分
ジャンル:ホラー
監督:リー・スコット
キャスト:ジェフ・デントン、トーマス・ダウニー、サラ・リーヴィング、ジョエル・ヘブナー etc

ザ・ビースト ブレイロードの悪夢の登場人物(キャスト)

フィル・ジェンキンス(ジェフ・デントン)
保安官。妻と離婚して町に赴任してきた。正義感の強い男。バーの店員であるケリーを好きになるが、狼男の正体がケリーだと知り撃ち殺す。
ケリー(サラ・リエビング)
バーの店員。フィルを好きになる。自由自在に狼男に変身でき、町で暴れまわる。最後に、ケリーとデニスによって殺されてしまう。人間の時は、綺麗で魅力的な女性。
デニス・スナースキー(マット・カウチンスキー)
フィルの同僚。町で長く働く保安官で、伝説をフィルに語る。普段は頼りないが、いざという時に頼りになる男。
サンディー・ブラウン(クリスティーナ・ローゼンベルク)
記者。町で起きた事件を、伝説の狼男だと信じている。信じたものは疑わない性格。
クイーン・マッケンジー(トーマス・ドウニー)
ミネソタ大学の教授で、未確認生物を研究している。町で起きた事件に関心を持ち、町へとやって来る。あらゆる証拠から狼男がいる事を確証し、フィルと共に戦うことを決心する。
ビリー・ルーバス(トム・ネーゲル)
町で有名なバカ三兄弟の三男。ハンターであり、狼男によって亡くした兄二人の為に復讐を誓う。ハンターとしての腕は一流。

ザ・ビースト ブレイロードの悪夢のネタバレあらすじ

映画『ザ・ビースト ブレイロードの悪夢』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ザ・ビースト ブレイロードの悪夢のあらすじ【起】

ある夜、町で有名なバカ兄弟三人が女と一緒にお酒を飲んで騒いでいた。その中の一人、ビリー・ルーバスは彼女のグレッチェンと喧嘩別れをしてしまう。グレッチェンは一人で車に乗って帰って行くのだが、暗い森の中で車がエンストしてしまう。すると、立ち往生するグレッチェンに謎の獣が襲いかかるのだった。

翌日、保安官であるフィルは血痕の付いた車を発見する。車の名義人の家を訪れると、そこには飲んだくれの男とその妻がいた。その男は、車は妻の妹であるグレッチェンがいつも使っていると言うのだった。

フィルは、昨日グレッチェンが飲んでいたと言うバーに向かう。そこでケリーという店員に話を聞き、昨日グレッチェンと一緒にいたというビリーのもとへと向かう。

ビリーのもとへ訪れるフィルだが、そこにいたルーバス三兄弟はフィルを相手にしないのだった。

飲んだくれの男の家に突然モンスターが現れる。それはグレッチェンを襲ったのと同じ獣だったのだ。そして、男は噛み殺されてしまうのだった。

ザ・ビースト ブレイロードの悪夢のあらすじ【承】

翌日、警察に家畜泥棒の被害にあったという報告が相次ぐ。さらに、町の住民が獣を見たと言って警察へとやって来る。ジェフはそこで初めて、町で噂される伝説を同僚のデニスから知るのだった。それは1800年代に起きた大量虐殺事件のことで、犯人は狼男のようなモンスターだという伝説だった。記者のサンディーは、それは真実だと言うのだった。

ミネソタ大学のマッケンジーという教授が、未確認生物の研究の為に町を訪れていた。それを見つけたフィルは、公開されていない情報だと言ってマッケンジーを追いやるのだった。

フィルが警察署に帰るとそこにはマッケンジーがいた。同僚はこの事件を狼男の仕業だと考えていた。さらに、それを利用して町を盛り上げようという魂胆があったのだ。その為にマッケンジーに協力要請していたのだった。

頭部だけになったグレッチェンの遺体が発見されたという報告が警察に入る。フィル達は、マッケンジーと共に現場へと向かうのだった。

ザ・ビースト ブレイロードの悪夢のあらすじ【転】

森の中でフィルとマッケンジーは人骨を発見する。これにより、獣男の姿形が人間に近いのだと確証するのだった。

その後、人間が噛み殺されるという事件が多発する。町では、未確認生物を追うハンターは増えた一方で観光客が減った為に財政難の危機にあった。それを危惧した警察は、たまたま同時期に住民が狩った熊を犯人に仕立て上げ、事件を片付けようとしていたのだった。しかし、フィルはそれに納得はいかないのだった。

事件は解決したように思われていた。しかし、ルーバス三兄弟の兄がモンスターに襲われて死んでしまう。その頃、フィルはケリーと良い雰囲気になっていた。そこへ、同僚からフィルに電話が入る。

事件現場に呼び出されたフィル。警察は周囲を封鎖し、再び獣男を捕まえる為に動き出すのだった。

モンスターを撮影したという動画を見るフィル達。そこに映し出されていたのは人間の姿形をした獣だった。この獣男を倒す為、警察はハンターであるビリーに協力を要請するのだった。

ザ・ビースト ブレイロードの悪夢のあらすじ【結】

マッケンジーはモンスターについて語る。モンスターは狼男であり、狼男はダメージを受けてもすぐに再生する。しかし、銀により受けたダメージは回復しない。さらに、やられた人間は狼男になってしまう。月の満ち欠けを見ることによって狼男に変身するのだ。

ケリーに別れを告げ、フィルは仲間と共に狼男の退治に向かう。銃を持ち、狼男を探すフィル達の前に突然狼男が現れる。マッケンジーが最初に襲われ、ビリーも襲われてしまう。どうにか狼男の足を撃ったフィル。狼男がケリーの店の方へと逃げて行ったのを確認したフィルは、ケリーの店へと向かう。

ケリーの店に着いたフィル。しかし、そこにいたのは足から血を流すケリーの姿だった。犯人はケリーだったのだ。ケリーはフィルに襲いかかる。

追い詰められたフィルのもとにデニスがやってくる。デニスはケリーに火を点けると、トドメに銃を撃ち込むのだった。

狼男に噛まれてしまったフィルとビリーは、ひっそりと山小屋で暮らすことに決めるのだった。

この記事をシェアする