映画『ソー ラブ&サンダー』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ソー ラブ&サンダー』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

MCUが誇る大人気スーパーヒーロー、『ソー』シリーズの続編が誕生。サノスという強大な敵を仲間と共に打ち倒し、とうとう平穏を手にしたかと思われたソーだったが…?

スポンサーリンク

映画『ソー ラブ&サンダー』の作品情報

ソー ラブ&サンダー

タイトル
ソー ラブ&サンダー
原題
Thor: Love and Thunder
製作年
2022年
日本公開日
2022年7月8日(金)
上映時間
不明
ジャンル
アクション
監督
タイカ・ワイティティ
脚本
不明
製作
ケビン・ファイギ
製作総指揮
不明
キャスト
クリス・ヘムズワース
テッサ・トンプソン
ナタリー・ポートマン
クリスチャン・ベール
製作国
アメリカ
配給
ディズニー

映画『ソー ラブ&サンダー』の作品概要

その人気はとどまることを知らない、今となっては世界中の人にその名が知られているMCUMCUとは、『マーベル・シネマティック・ユニバース』の略称であり、マーベル映画に登場するスーパーヒーロー達が一つの世界線に存在するというクロスオーバー企画。これまで、数多くのスーパーヒーロー達が排出されてきた。ソーはその中でも代表格であり、MCUシリーズとしては4作目にあたる作品である。アベンジャーズ の中心メンバーとして活躍し、サノスという大きな爪痕を残した敵の討伐に貢献したソー。国王の座を辞し、第二の人生を歩み出した彼は一体今何をしているのか。世界中が待ち望んだ待望の続編。

映画『ソー ラブ&サンダー』の予告動画

映画『ソー ラブ&サンダー』の登場人物(キャスト)

ソー(クリス・ヘムズワース)
アベンジャーズの一員で、神々の国アズガルドの元王様。現在は、ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーの面々と共に、宇宙を旅している。
ブリュンヒルデ / ヴァルキュリー(テッサ・トンプソン)
ソーの跡を継いで、アズガルドの新たな王となった女性。アズガルドの女戦士、ヴァルキュリーの生き残り。
ジェーン / マイティ・ソー(ナタリー・ポートマン)
ソーが初めて地球に降り立った際、彼を助けた女性。一時は彼と恋仲にあったが、現在は決別している様子。
ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャー(クリスチャン・ベール)
神殺しの名を持つ敵。旅を続けるソー達の前に現れ、彼を狙う。
ピーター・クイル / スター・ロード(クリス・プラット)
ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーのリーダー。幼い頃誘拐され、以降宇宙で育つ。

映画『ソー ラブ&サンダー』のあらすじ(ネタバレなし)

アズガルドの国王の座をヴァルキュリーに譲ったソー。彼は、ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーの面々と、今日も果てのない宇宙の旅を続けていた。しかし、そんな彼らの前にゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーという強大な敵が立ち塞がる。ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーは神殺しの名を持つ人物で、ソー達を討ち滅ぼさんと企んでいたのだった。平穏を求めていたソーだったが、仲間達を助けるべく、もう一度戦いに身を投じる決意を固める。そんな彼が助けを求めたのが、現在ではソーの跡を継ぎアズガルドの国王となっている女戦士ブリュンヒルデと、かつての恋人、ジェーンだった。しかし、ジェーンはがんに身体を蝕まれており…?

映画『ソー ラブ&サンダー』の感想・評価

アベンジャーズ オリジナルメンバー

そもそも、MARVEL誌におけるアベンジャーズのメンバーは非常に流動的。時代や事件によってメンバーが変わり、時には元アベンジャーズが敵となることすらある。しかし、MCUにおける初代アベンジャーズのメンバーは、ファンにとっては唯一無二の存在となっただろう。ソーは、その伝説の一人。『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見た人ならば分かるだろうが、初期メンバーが再び肩を並べることは今や不可能となった。スパイダーマンといった、新たなスーパーヒーロー達が輩出されているが、やはり古参メンバーにとってはオリジナルメンバーの存在は特別。そんな、オリジナルメンバーの活躍が見られる本シリーズ。ファンにとってはたまらない一作となるだろう。

戦うヒロイン

マーベルシリーズにおいて、ヒロインの存在は大きい。本シリーズでヒロインを務めているのは、ハリウッドが誇る大女優ナタリー・ポートマン。ナタリーがマーベルシリーズに参加するというニュースは、当時大きな話題を呼んだ。そして、本作においてナタリーが果たす役割は大きい。ソーらと共に強大な敵に立ち向かうだけでなく、なんと、彼女自身がソーと同様の力を手にするのだという。このように、マーベルシリーズでは、女性が非常に精神的あるいは肉体的に強い作品が多い。世界を救うスーパーヒーローと肩を並べる、時には導く存在は、強くなければやっていけないのだろう。また、数多くの作品に出演しているナタリーだが、本作のようなアクションシーンのイメージはあまりないのではないだろうか。これまでにない、ナタリーの新たな一面が見られる貴重な作品となっている。

敵役がアツい!

最近のマーベル作品を語る上で外せないのは、敵キャラの豪華さ。例えば、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では、実力派俳優として知られるジェイク・ギレンホールがまさかの悪役として参戦。映画に詳しい人にとっては、たまらないキャスティングとなった。さらには、その続編となる『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、過去のスパイダーマンに登場した悪役が一堂に会する、しかも、ウィレム・デフォーなどのオリジナルキャストが集結するといったファン歓喜の演出が見受けられた。そもそもアクション映画やヒーロー映画において、悪役は非常に重要。悪役の印象が薄ければヒーローは輝けない、悪役はなくてはならない存在なのだ。そして、本作で起用されたのかクリスチャン・ベール。あの伝説の『ダークナイト』では、バットマンを演じた俳優である。そんな彼が、今回はヒーローではなく悪役を演じる。これ以上、ファンを興奮させるキャスティングがあるだろうか。

映画『ソー ラブ&サンダー』の公開前に見ておきたい映画

映画『ソー ラブ&サンダー』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。映画『ソー ラブ&サンダー』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

マイティ・ソー

最新作で4作目となる『ソー』シリーズだが、本作がその記念すべき第1作目。ソーといえば、アイアンマン、キャプテン・アメリカと並ぶ『マーベル3大ヒーロー』の一角。しかし、彼も最初からそのような圧倒的な力を手にしていたわけではなかった。むしろ、シリーズ当初の彼を見ると、問題児の側面が強く見えてくる。自身の力に慢心し、責任の伴わない行動を繰り返していたソーは、国民を大きな危険に晒してしまう。そんな彼に怒った父親であり、アズガルドの王であるオーディンは、ソーから力を取りあげ、彼を地球へと追放してしまったのだった。一方、アズガルドではソーの義弟、ロキがとある策略を練っていた。果たして、アズガルド、そして、ソーの運命は。

詳細 マイティ・ソー

アイアンマン3

前述したように、マーベルシリーズの魅力の一つが戦うヒロイン。そして、数多いマーベル作品の中でも、本作は1、2を争う、ヒロインが活躍した作品として人々の記憶に残っている。本シリーズのヒロインはペッパー。長年トニー・スタークを支えてきた存在であり、現在ではスターク・インダストリーのCEOを務める才色兼備な存在である。そんな彼女が、本作ではパワードスーツを着て大暴れ。様々な理由からPTSDになってしまい危機に陥ったスタークをド派手に華麗に助け出す。その圧倒的な格好良さ故、本作のヒロインはペッパーではなくスタークなのでは?と視聴者から疑問の声が上がったほど。戦う女性が好きな人であれば、絶対に見るべき一作。

詳細 アイアンマン3

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

MCUの売りは、マーベル所属のスーパーヒーロー達が作品の垣根を超えて様々な交流、共闘を果たす点。アベンジャーズシリーズなどはその代表作であるが、実はソーと、この『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は強い関連がある。神々の国、アズガルドの王であったソー。しかし、サノスとの最終決戦の後、王の座をヴァルキュリーに明け渡し、彼は広い宇宙へ冒険に出ることになる。その冒険の同行人が、この『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバー達なのだ。メインキャラクターはのうち5人が、指名手配犯という前代未聞の集団。宇宙を舞台にしているだけあり美しいCGと、シリーズを通してセンスよく流れる音楽にも注目。

詳細 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

映画『ソー ラブ&サンダー』の評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

映画『ソー ラブ&サンダー』のまとめ

ソーは、非常に魅力的なキャラクター。勿論、スーパーヒーローとしての実力は疑いようもないのだが、そのお茶目な性格や時々見せる間の抜けた行動が愛くるしさを生み、ファンから愛されている。最新作の監督を務めるタイカ・ワイティティ監督によるショートフィルムでも、「脳みそとは筋肉だ!そして俺は全身筋肉に覆われている。つまり、お前より脳みそが大きいってことだ」という謎理論を展開させ、大きな話題を呼んだことも記憶に新しい。その独特な考え方から、時にファンに『脳筋ゴリラ』と呼ばれてしまうこともあるソー。本作では、そんな彼が大きな戦いの末、平穏を求めて彷徨う姿が描かれる。しかし、再び立ち塞がる強大な敵。果たして、ソーに平穏は訪れるのか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開予定の映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました