映画『宇宙兄弟』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「宇宙兄弟」のネタバレあらすじ結末と感想

宇宙兄弟の概要:かつて、宇宙飛行士を目指した幼い兄弟がいた。その後弟は夢を叶え宇宙飛行士になるが、兄は夢から離れた場所にいた。しかし弟に後押しされ、彼は再び宇宙への道を歩み始める。伝説のコミック、ついに実写化!

宇宙兄弟の作品情報

宇宙兄弟

製作年:2012年
上映時間:129分
ジャンル:SF、ヒューマンドラマ
監督:森義隆
キャスト:小栗旬、岡田将生、麻生久美子、濱田岳 etc

宇宙兄弟の登場人物(キャスト)

南波六太(小栗旬)
南波兄弟の兄。自動車関係の仕事をしていたがクビになり、弟の策略もあり宇宙飛行士を目指す。
南波日々人(岡田将生)
南波兄弟の弟で宇宙飛行士。六太こそ宇宙飛行士にふさわしいと考えている。
伊東せりか(麻生久美子)
宇宙飛行士を目指す女性。聡明で明るい。
溝口大和(新井浩文)
最終試験に残った一人。嫌味な人物。
真壁ケンジ(井上芳雄)
六太と同世代の、宇宙飛行士を目指す仲間。六太と仲良くなる。
星加正(堤真一)
JAXA職員。幼い頃の南波兄弟を知っており、密かに六太を応援している。

宇宙兄弟のネタバレあらすじ

映画『宇宙兄弟』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

宇宙兄弟のあらすじ【起】

昔、こよなく宇宙を愛し、絶対に宇宙飛行士になると誓い合った兄弟がいた。二人の少年の名前は六太と日々人。無邪気で天才肌な弟の日々人に対して、六太はプライドが高く、努力家の兄だった。

そしてそれから時は流れ2025年、何と日々人は幼い頃からの夢を叶え宇宙飛行士の職についていた。しかし、六太は夢を諦め、自動車関係の仕事についていた。元々仕事のできる六太は仕事でもそれなりの成果を上げていたが、彼の上司が六太の目の前で日々人の悪口を言うのを聞いてしまったのだ。弟が大好きな六太はそんな上司を許せず、何と思いっきり殴り飛ばしてしまう。そうして六太は32歳にして仕事を失った。

再就職を志すも、その上司から同系統の職場に話が伝わっており、六太の就職活動は中々上手くいかないのだった。そんな現状に肩を落とす六太だったが、何とそんな六太にある日JAXAから手紙が届いたのである。そしてその封筒には、宇宙飛行士選抜試験の書類審査合格通知が入っていたのだった。

宇宙兄弟のあらすじ【承】

もちろん六太にその封筒への心当たりはない。実は、その書類は日々人が六太に内緒で勝手に出したものだった。日々人は六太の能力を誰よりも買っており、兄こそ宇宙飛行士に相応しいと常々思っていたのだ。そして日々人は、子供時代に交わした「一緒に月面に立つ」と言う約束をまだ忘れてはいなかった。

日々人に諭され、六太は駄目元でそのテストを受けることにする。六太自身、宇宙飛行士になるという夢を諦めきれていなかったのだ。しかし宇宙飛行士になる試験は厳しく、その後の体力テストや適性検査など、様々な試練の中で700人の参加者達は数十人にまで数を減らしていた。そして見事、六太もその中の一人に残ったのである。試験の最中六太は真壁やせりかといった信頼できる仲間と出会い、共に厳しい試練を乗り越えていくのだった。

そして、とうとう人数は6人にまで絞られた。真壁達は最終試験を受けるべく国際宇宙ステーションと同じ作りの施設の中で、宇宙に飛び立った時を想定し10日間を過ごすこととなるのだった。

宇宙兄弟のあらすじ【転】

国際宇宙ステーションに入った六太達は、その中でJAXA側に言い渡されるミッションをこなしていた。そのうちの一つが模型作りである。粛々と模型を作っていたメンバーだったが、ある時、六太はJAXAの職員である星加という人物に、その模型を壊すように密かに命令を受ける。

星加は幼い頃の南波兄弟を知る人物で、六太が宇宙飛行士を志したことを密かに喜んでいた。そんな星加が何故そのような命令を下したのか。それは、わざと仲間内の雰囲気を悪くさせ、その時のそれぞれの反応や対処法を見ようとしたためだった。そして星加の狙い通り、折角作った模型を壊されたメンバー内の空気は明らかに重くなる。

一方その頃、日々人は月にいた。子供の頃から憧れ続けていた月にテンションの上がる日々人だったが、何と月面を走行中、他の宇宙飛行士とクレーターの下へと落ちてしまう。身動きが取れないまま、月は夜を迎える。月の夜は、マイナス60度にまで気温が下がる氷の世界。そんな中、宇宙服を着ているとはいえ長時間外にいれば、無事ではいられないことが目に見えていた。

宇宙兄弟のあらすじ【結】

そして六太は、そんな弟の危機を最終試験の途中で知らされることとなる。それを聞いた六太は、心配のあまり一度は試験を棄権しようかと考えるが、今本当に自分がやるべきことを考え直す。そして、今自分が日々人にできることは、日々人が望んでいる宇宙飛行士になることだと思い最終試験を続けることとなる。

目の前のことに全力で取り組み始めた六太は、一度は険悪になったメンバーの仲を再び取り戻すことに成功する。そして、六太のその姿はJAXAに好意的に映り、見事六太はテストをクリアするのだった。

そして日々人も、地球を見つめていた。日々人は、六太のことを思い出したのか、一度は諦めかけていた心をもう一度奮い立たせるのだった。そして、負傷した仲間を背負い、クレーターから脱出。ふらふらになりながらも何とか基地まで辿り着くのだった。

そしてその怒涛の年から数年、月面には、六太と日々人、南波兄弟が二人揃って立っていた。彼らは、とうとう幼い頃からの夢を叶えたのだった。

この記事をシェアする