2016年11月公開映画一覧&おすすめ注目映画

2016年11月のイチオシは松山ケンイチが徹底的な役作りで20キロも体重を増やして挑んだ「聖の青春」だ!圧倒的な映像美で観客を魅惑する「五日物語 3つの王国と3人の女」と「エヴォリューション」の大人向けダークファンタジー2本も気になるところ。

2016年11月公開のおすすめ注目映画

ぼくのおじさん

作品タイトル:ぼくのおじさん
公開日:2016/11/3(木)
期待度:80%

小学4年生の春山雪男(大西利空)は「自分のまわりにいる大人」をテーマに作文を書くことになり、自分の家に居候する風変わりな“おじさん”(松田龍平)のことを書き始める。ところがおじさんが思いがけず恋をして、愛しのマドンナ・エリー(真木よう子)を追いかけ南国ハワイへと旅立っていく。

松田龍平はどんどんその演技の幅を広げている。以前は見た目のままのとんがった二枚目役が多かったが、「舟を編む」では朴訥なオタク風味の男を見事に演じ切り国内の映画賞を総なめにした。今回の“おじさん”も兄の家に居座るぐうたらな哲学者という役所で、松田龍平の新境地が見られそうだ。

リンダ リンダ リンダ」や「天然コケコッコー」「もらとりあむタマ子」といった話題作を連発し、なぜか癖になる独特の“山下タッチ”の魅力で固定ファンも多い山下敦弘監督の演出にも注目したい。

ジュリエッタ

作品タイトル:ジュリエッタ
公開日:2016/11/6(日)
期待度:75%

ジュリエッタ(エマ・スアレス)には理由もわからず突然目の前から姿を消した一人娘がいた。それきり娘とは会えないまま12年の歳月が過ぎたある日、娘を見かけたという知人と会う。ジュリエッタは封印してきた過去と向き合い、改めてあの時の娘の想いを探り始める。

苦労を重ねながら独学で映画作りを学び、その情熱を失うことなく巨匠と呼ばれるにまで登りつめたスペインのペドロ・アルモドバル監督が、カナダのノーベル賞作家アリス・マンローの「ジュリエット」を原作に珠玉のヒューマンドラマを作り上げた。

一体この母と娘にはどんな複雑な人生があり、12年もの長い間音信不通になったのか…。その答えはスクリーンの中にある。

聖の青春

作品タイトル:聖の青春
公開日:2016/11/19(土)
期待度:90%

難病のため幼い頃から安静を強いられてきた村山聖(松山ケンイチ)はベッドの上で将棋を覚え、やがてプロ棋士となる。命がけで将棋を指す弟子を師匠の森信雄(リリー・フランキー)は献身的に支え、村山は天才棋士・羽生善治(東出昌大)のライバルにまで成長するのだが…。

プロ棋士というのは盤面に向かうと誰もが全身全霊で将棋を指す。そのプロ棋士たちが“村山聖の気迫には圧倒された”と口をそろえる。村山聖は言葉通り命を削って将棋を指し続け、トップ棋士のまま29歳の若さで夭折した。村山聖は頭脳ではなく魂そのもので将棋と向き合い、“生きる”という難題に真っ向勝負で挑み続けた男なのだ。

主演を務めた松山ケンイチはストイックに役作りをする中で“村山聖の魂”に触れたのだろう。松山の佇まいは村山聖そのものだ。生前の村山聖を誰よりもよく知る師匠の森信雄本人がそう言っていたのだから間違いない。年齢や性別を問わず一人でも多くの人に見て欲しい今月のイチオシ映画だ!

世界の果てまでヒャッハー!

作品タイトル:世界の果てまでヒャッハー!
公開日:2016/11/19(土)
期待度:65%

恋人ソニアにプロポーズしようと張り切ってブラジルの高級リゾート地に出かけたフランク(フィリップ・ラショー)は、なぜかソニアの祖母や友人たちとジャングルの秘境ツアーへ出かける羽目に。それきり行方不明になってしまったフランクたちのビデオカメラには、とんでもない映像の数々が残されていた!

「世界の果てまでヒャッハー!」というタイトルからして、大いにバカバカしいコメディであることは間違いない。R15指定であるところを見ると下ネタも満載なのだろう。そこで思い出されるのが「ハングオーバー!」シリーズなのだが、超アメリカンテイストのあのシリーズのフランス版って…微妙に想像できない。

本国フランスでは驚異的な大ヒットを記録したらしく、おしゃれなフランス人がいったいどんなおバカ映画で笑ったのか、是非とも確認してみたいところ。

ブルゴーニュで会いましょう

作品タイトル:ブルゴーニュで会いましょう
公開日:2016/11/19(土)
期待度:70%

パリでワイン評論家として活躍するシャリル(ジャリル・レスペール)は、ブルゴーニュでワイナリーを経営する実家が買収寸前の危機だという知らせを受け、久しぶりに実家へ帰る。しかし一度は家を捨てたシャリルにとって、ワイナリーの再建以上に家族を再生させることが大きな課題となっていく。

何かしらの事情で若い頃に故郷を離れ久しぶりに帰ってみると、故郷のぬくもりや美しさに改めて気付かされるということはある。一定の年齢になって“本当に守りたいもの”が見えてきた時、反発してきた父親の真意も見えてくる。本作はそんな家族の葛藤や再生が大きなテーマとなっている。

美しいブルゴーニュ地方の景観と本場のワインも見どころのひとつ。鑑賞後は美味しいワインを飲みながら、この映画の余韻を味わってみたい。

五日物語 3つの王国と3人の女

作品タイトル:五日物語 3つの王国と3人の女
公開日:2016/11/25(金)
期待度:85%

母になることを追い求める女王。若さと美貌を熱望する老婆。まだ見ぬ大人の世界に憧れる王女。3つの王国に君臨する3人の女の残酷なまでの女の性(サガ)が思わぬ運命を招く。

世界最初のおとぎ話「ペンタメローネ(五日物語)」からイタリアの鬼才マッテオ・ガローネ監督がこの3つの物語を選び出し、唯一無二の映画を作り上げた。独創的な映像美で世界的に高い評価を得ているマッテオ・ガローネ監督の狂気に満ちた大人のファンタジーと聞くだけで背筋がゾクゾクする。

どこまでも贅沢に美を追い求めた映像と音楽は是非とも大きなスクリーンで堪能しておきたい。CGやアニメにはない“本物の美しさ”に魅了されるはずだ。

エヴォリューション

作品タイトル:エヴォリューション
公開日:2016/11/26(土)
期待度:75%

10歳のニコラは少年と女性しかいない島で母親と暮らしている。少年たちの受ける奇妙な医療行為。さらに夜更けの海辺である行為に興じる女性たち。その異様な光景を目にしたニコラは悪夢にうなされ始める…。

フランスの女性監督ルシール・アザリロヴィックのダークファンタジー。すでに数々の映画祭で上映され、大きな反響を呼んでいる。“少年と女性しかいない島”“奇妙な医療行為”というキーワードだけ見ても心がざわつく。見てはいけないものを目にしてしまい、いつしか自分もその恐ろしくも美しい悪夢のような禁断の世界に飲み込まれ、抜け出せなくなりそうな恐怖を感じる。だからこそ惹かれてしまう。

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

作品タイトル:ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
公開日:2016/11/26(土)
期待度:70%

ベテラン警官のローレル(ジュリアン・ムーア)はステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と恋に落ち、パートナーとして暮らし始める。しかしローレルは病に冒され余命宣告を受けてしまう。同性カップルには法的な相続が適用されないと知って、ローレルは愛するステイシーのために闘う決意をする。

アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞した作品が長編映画になった。実在する同性カップルを実力派のジュリアン・ムーアとエレン・ペイジが演じ、ピーター・ソレット監督が全米を動かした2人の女性の愛と闘いの物語を感動的に描き出す。

愛する自由とは何か、そして愛する人を守るため人はどこまで強くなれるのか、どうかその目で確かめてほしい。

2016年11月公開予定作品

公開日 作品タイトル
2016/11/3(木) コウノトリ大作戦!
2016/11/3(木) いきなり先生になったボクが彼女に恋をした
2016/11/3(木) ぼくのおじさん 注目!
2016/11/4(金) ソーセージ・パーティー
2016/11/4(金) MX4D カゲロウデイズ in a days
2016/11/4(金) 劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子
2016/11/4(金) ブラナー・シアター・ライブ2016 「冬物語」
2016/11/5(土) 溺れるナイフ
2016/11/5(土) ボクの妻と結婚してください。
2016/11/5(土) 続・深夜食堂
2016/11/5(土) 愛∞コンタクト
2016/11/5(土) At the terrace テラスにて
2016/11/5(土) インターン!
2016/11/5(土) エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
2016/11/5(土) オー・マイ・ゼット!
2016/11/5(土) カラフル忍者いろまき
2016/11/5(土) シネマハワイアンズ
2016/11/5(土) JUKAI 樹海
2016/11/5(土) ジュリエッタ 注目!
2016/11/5(土) 種まく旅人 夢のつぎ木
2016/11/5(土) 小さな園の大きな奇跡
2016/11/5(土) 追憶(2015)
2016/11/5(土) ティファニー ニューヨーク五番街の秘密
2016/11/5(土) 眠り姫
2016/11/5(土) 密かな吐息
2016/11/7(月) Michael Buble マイケル・ブーブレ TOUR STOP 148 スペシャル上映
2016/11/11(金) ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
2016/11/11(金) オケ老人!
2016/11/11(金) ナショナル・シアター・ライヴ 2016 「戦火の馬」
2016/11/12(土) ミュージアム
2016/11/12(土) この世界の片隅に
2016/11/12(土) 裏切りの街
2016/11/12(土) 華麗なるリベンジ
2016/11/12(土) きんいろモザイク Pretty Days
2016/11/12(土) ザ・ヴィジランテ 世界最強の私設軍隊
2016/11/12(土) ソーリーベイベー
2016/11/12(土) 誰のせいでもない
2016/11/12(土) 弁護人
2016/11/12(土) ホドロフスキーの虹泥棒
2016/11/12(土) ホライズン
2016/11/12(土) METライブビューイング2016-17 ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」
2016/11/12(土) レミニセンティア
2016/11/12(土) 湾生回家
2016/11/18(金) ガール・オン・ザ・トレイン
2016/11/18(金) orange 未来
2016/11/18(金) 幸福のアリバイ Picture
2016/11/18(金) ブラナー・シアター・ライブ2016 「ロミオとジュリエット」
2016/11/18(金) マイ・ベスト・フレンド
2016/11/19(土) 聖の青春 注目!
2016/11/19(土) 雨にゆれる女
2016/11/19(土) いのちのかたち 画家・絵本作家 いせひでこ
2016/11/19(土) 映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い
2016/11/19(土) 家族の日
2016/11/19(土) kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ) アイヌの姉妹の物語
2016/11/19(土) カレーライスを一から作る
2016/11/19(土) 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜
2016/11/19(土) 劇場版 暗殺教室 365日の時間
2016/11/19(土) 殺せんせーQ(クエスト)!
2016/11/19(土) 灼熱
2016/11/19(土) 世界の果てまでヒャッハー! 注目!
2016/11/19(土) 退屈な日々にさようならを
2016/11/19(土) 造られた殺人
2016/11/19(土) トムとジェリー すくえ!魔法の国オズ
2016/11/19(土) VR ミッション:25
2016/11/19(土) ブルゴーニュで会いましょう 注目!
2016/11/19(土) 胸騒ぎのシチリア
2016/11/19(土) リバイバル 妻は二度殺される
2016/11/23(水) ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
2016/11/25(金) イタズラなKiss THE MOVIE ハイスクール編
2016/11/25(金) 五日物語 3つの王国と3人の女 注目!
2016/11/25(金) 英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・オペラ「ノルマ」
2016/11/25(金) L エル
2016/11/25(金) CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章
2016/11/25(金) シークレット・オブ・モンスター
2016/11/25(金) メン・イン・キャット
2016/11/26(土) ジムノペディに乱れる
2016/11/26(土) エヴォリューション 注目!
2016/11/26(土) 俺たち文化系プロレスDDT
2016/11/26(土) 川越街道
2016/11/26(土) 熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「眠れる森の美女」 in Cinema
2016/11/26(土) グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状
2016/11/26(土) 劇場版 艦これ
2016/11/26(土) 疾風ロンド
2016/11/26(土) タクシードライバー祗園太郎 THE MOVIE すべての葛野郎に捧ぐ
2016/11/26(土) ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち
2016/11/26(土) 母の残像
2016/11/26(土) ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 注目!
2016/11/26(土) ブルーに生まれついて
2016/11/26(土) PLAN6 CHANNEL9
2016/11/26(土) ホラーの天使
2016/11/26(土) マッド・ドライヴ
2016/11/26(土) 私の少女時代 Our Times

コメント

  1. 小高千可 より:

    この世界の片隅にが凄い傑作でした、今年はアニメ映画が豊作ですがこれが一位です