映画『トスカーナの贋作』あらすじネタバレ結末と感想

トスカーナの贋作の概要:アッバス・キアロスタミ監督の、トスカーナを舞台にしたラブストーリー。出演はジュリエット・ビノシュ、ウィリアム・シメル。ジュリエット・ビノシュがカンヌ映画祭主演女優賞を受賞。2010年フランス・イタリア映画。

トスカーナの贋作 あらすじネタバレ

トスカーナの贋作
映画『トスカーナの贋作』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

トスカーナの贋作 あらすじ【起・承】

イタリア、トスカーナ地方。彼女(ジュリエット・ビノシュ)は、村の講堂で行われている講義を息子(アドリアン・ムーア)と聞きに来ていた。

イギリス出身の作家ジェームズ・ミラー(ウィリアム・シメル)は、〝贋作は価値を下げるものではなく、本物の良さを再評価するためにある〟と話した。

彼女は、そんな作家に好感を感じ、息子に恋をしているみたいだと言われてしまう。その後、お腹が空いたという息子と食事に行くのだった。

数日後、彼女は経営するギャラリーで、作家ジェームズと再会した。彼女がジェームズを誘うと、彼は〝9時まで戻らないと列車に遅れるから〟と答えるのだった。

2人は、ルチニャーノ行きの電車に乗り、〝トスカーナのモナ・リザ〟について熱く語るのだった。
ジェームズは、〝本物と贋作の差なんてない!紙一重なんだ〟と言う。

熱く贋作について語る2人だったが、疲れてしまったのでカフェに入った。カフェの店内から、広場を見ていると、ある1組の親子がいた。
その親子の女性が突然泣き出してしまったので、なんだか2人も気まずくなってしまう。

同時にジェームズが電話のために席を立つと、カフェの店員が来て〝素敵なご主人ですね〟と褒められた。この誤解をきっかけに2人は、嘘の夫婦を演じることに。

まず彼女は家庭の愚痴を語り始め、ジェームズは同調するといった調子だった。
彼女は、店員に褒められたのがとても嬉しかったようだ。

トスカーナの贋作 あらすじ【転・結】

夫婦を演じてゆく2人。〝命の木〟という永遠の愛が叶うと伝えられている木があり、その前で新婚夫婦の姿を見た。

仲睦まじい様子を見て、ジェームズは〝最初がとても甘いほど、辛くなる〟と話した。
切ない気持ちになるが、夫婦を演じることをやめられないのだった。

2人は、広場にある彫像を観に行く。そして、彫像について語り合うが、夫婦間の温度差と意見のすれ違いを感じてしまう。

ジェームズは、意見が合わないことが分かると、〝本物もニセモノも君も嫌いだ!〟と言う。
そこで、彼女は、ジェームズの前に老夫婦を連れてきた。

そして、再び彫像について老夫婦に意見を求めるが、なかなか意見が合わない。すると、老夫婦の夫側が気を利かせたのか、〝奥さんが求めているのは、肩を抱かれて共に歩くことじゃないかな〟と助言した。

次に2人は、レストランへ。ところが、店内は忙しく給仕係は2人を放っておいたままだ。
彼女は、給仕をまつ間、妻らしく振舞うため化粧室に行く。紅いルージュを塗った彼女は美しい。

ところが、頼んだワインが美味しくなく、近くで新婚夫婦が宴をしていることもあり、ジェームズはイライラしてしまう。

〝15年も夫婦をやってきたけど…ごめん〟と言い、ジェームズはレストランを出てしまう。
彼女はジェームズを追い、その後、教会へ向かう。

やがて、彼女が戻ってきて、2人は階段に腰掛けた。互いに謝り、関係を修復した。
彼女は、近くにある安いホテルへとジェームズを誘う。そのホテルは、15年前に新婚だった彼女が夫と泊まった思い出の場所だった。

思い出のホテルに着き、事情を話すとすぐに部屋へ。彼女の心は、15年前の新婚時代へと戻っていた。
懐かしそうに部屋で過ごす彼女は、思い出を語るがジェームズは素っ気ない。

彼女は、偽の夫婦関係を本物にしたいと思い始めていた。帰ろうとするジェームズに彼女は、〝行かないで…〟と言葉を投げかけた。

その頃、ジェームズは鏡を見ながら、幻想と現実の間で迷っていた。
〝9時までに戻らないといけない…〟と呟く。

その時、教会の鐘が鳴った。

トスカーナの贋作 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2010年
  • 上映時間:106分
  • ジャンル:ラブストーリー
  • 監督:アッバス・キアロスタミ
  • キャスト:ジュリエット・ビノシュ、ウィリアム・シメル、ジャン=クロード・カリエール、アガット・ナタンソン etc

トスカーナの贋作 批評・レビュー

映画『トスカーナの贋作』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

恋人になるまでの距離〜偽装夫婦の物語

真実か嘘か。たった1度、出会っただけの2人が仮の夫婦を演じるが、次第に親密度を増してゆくという偽装夫婦の物語。アッバス・キアロスタミ監督は、日常と非日常から泌みだしてくるエッセンスを取り出すのが本当に上手い。

例えば、俳優が映画やドラマで共演して、その流れで恋に落ちてしまうような状況に似ています。
ジュリエット・ビノシュ演じる女性が、結婚15周年を迎え夫婦の関係について悩み、〝いっそもう愛してないといえば…〟と語るシーンなど1度でも結婚した経験がある人なら共感できるのではないでしょうか。

人の気持ちは、年月によって変化してしまう。変わらないものは、何もないのだという切なさを感じつつも、何度でも運命の相手に出会えるというトキメキも味わえます。

本作で、カンヌ国際主演女優賞を受賞したジュリエット・ビノシュの〝美魔女〟というべき色気と存在感でグイグイ、相手役の作家に迫ってゆく過程に心動かされます!

嘘から始まった恋がどうなるのか?きっと1日限定だからいいのでしょうね。作家が鐘の音と共に去った時、束の間の恋が終わるというラストにしばらく心が締め付けられてしまいました。

また、女の心と作家の心を写し出す鏡。何気ない小道具や実感の込もった台詞にドキリとさせられます。この映画を観て、恋人や結婚という関係を見直してみませんか。

永遠の恋人にしたい!フランスを代表する女優、ジュリエット・ビノシュ

ジュリエット・ビノシュの名前は知らなくても、「イングリッシュ・ペイシェント」(96)の看護師ハナを演じた女優と聞けば、すぐに思い浮かぶのではないでしょうか。

代表作には、「トリコロール/青の愛」(93)や「汚れた血」、ジョニー・デップと共演した「ショコラ」(00)などがあります。可憐な女性から情熱的な人生まで幅広く演じ、女性のちょっとめんどくさい部分を爽やかに魅せてきました。

本作の役も、女性という生き物の現実・痛み・悩みを体現していると思います。
また相手役を演じたウィリアム・シメルがオペラ歌手である点にも注目。

演技未経験でありながらも、いい感じで〝ジュリエット・ビノシュ〟主導の恋愛劇になっているところがいい。

アッバス・キアロスタミ作品には、役者が〝演じすぎない〟演技が求められるのです!
その後、舞台女優を演じた「アクトレス 女たちの舞台」(14)でも、若い女優と舞台をするにあたってのプライドや演技対決で揺れる女心を繊細に表現していました。

彼女の魅力は、年齢を重ねるたびに深まってゆく色気と知的な感性ではないでしょうか。

トスカーナの贋作 感想まとめ

恋愛、そして夫婦関係ほど不的確で流動的なものはありません。本作では、ジュリエット・ビノシュの美しさと色気を味わいながら、儚い恋の夢を見た気がします。

アッバス・キアロスタミ監督にかかると、ウソの恋なのに現実味を帯びてくるから不思議!
恋の主導権は女性次第ということでしょうか。

本物と贋作について語っていくうちに、人間関係もそれに近いものがあるのではと感じられてしまっている頃にはもう、キアロスタミ監督の夢に囚われてしまっています。

また劇中には、夫婦についての興味深い台詞が多く出てきます。結婚生活がただ甘いだけのものじゃないという現実を若い夫婦を見た時に感じるシーンが好きです。

Amazon 映画『トスカーナの贋作』の商品を見てみる