『ワイルド・スピード EURO MISSION』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

人気カーアクションシリーズの今度の舞台はヨーロッパ。今回は戦車やジャンボ機も登場して、大迫力のカーチェイス。故ポールウォーカーの演技も見逃せない作品です。

あらすじ

ワイルド・スピード EURO MISSION』のあらすじを紹介します。

前作で手にした資金を元に逃亡生活を続けていたドミニク達の前に、宿敵でもあるFBIのホブスが突然現れる。
ホブスはヨーロッパを拠点に犯行を繰り返す国際犯罪組織を追っており、ドミニクに、その組織の壊滅の協力を依頼する。
さらに、その犯罪組織に、死んだはずのかつてのドミニクの恋人レティが関わってるという。
謎の犯罪組織の壊滅とレティを救うため、ドミニク達が再び凄腕の仲間を集結させ、ヨーロッパを舞台に新たな作戦を繰り広げる。死んだはずのレティがなぜ生きているのか?そして、犯罪組織に関わっているのか?
その組織の目的は?次々に浮かんで来る謎を解き明かして、自由と仲間を手に入れる事ができるのか?
さらにシリーズの原点からストーリーがつながっており、複雑に絡み合う謎と人間関係。
謎の改造車に戦車・ジャンボジェット機まで登場して大迫力のカーアクションで、見応えたっぷりの映画となっている。

評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2013年7月6日
  • 上映時間:130分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:ジャスティン・リン
  • キャスト:ビン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースター etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『ワイルド・スピード EURO MISSION』について、4つ考察・解説します。※ネタバレあり

ミッションの舞台はヨーロッパ?今回のターゲットは?

冒頭から、大きな犯罪が起き、謎の国際犯罪組織の存在が何か大きな犯行計画を企んでいるというと言う雰囲気を感じさせます。
さらに、そのターゲットとなる犯罪組織は、かなりの凄腕集団・・・こうなると彼らの出番しか無い!!そこで、FBI捜査官のホブスはドミニク達に協力を依頼します。
前作で大金を手にしてバラバラに逃亡生活をしている仲間達が、犯罪組織の本拠地のヨーロッパに集結する。そして、新たなミッションが始まる。

死んだはずのレティがなぜ生きているのか?

死んだはずのレティがなぜ生きているのか?
ホブスがドミニク達を捜査に協力させる為に使った1枚の写真。それは、死んだはずのドミニクの元恋人レティのの写真だった。
なぜ、彼女が生きているのか?
利用する為の罠なのか?
その謎を突き詰めて行くと、彼女は今回のターゲットの犯罪組織に関わっていることが判明する。
彼女を救出して作戦も成功させるにはどうするのか?
レティに危険な仕事を依頼した自分に責任を感じていたブライアンは、その謎を探るべく、単身刑務所の牢獄に乗り込んで行く。

なぜ、犯罪組織に関わっているのか?

レティは実は生きていた?
死んだと思われていた事故の影響で、記憶をなくしている彼女をどうやって救出するのか?
記憶をなくしてしまったレティはかつての恋人、ドミニクに銃を向ける。

さらに、ストリートレースで彼女に接近。
ハイウェイでの決死のカーチェイスで、命がけで彼女を助けたドミニクに揺れるレティの心。
彼女は、このまま、昔のファミリーに戻ってくれるのか?

作戦成功?と思ったら、ミアが人質に!!

派手な、ハイウェイでのカーチェイスの後、レティを救出して、犯罪組織の逮捕に成功する。今回も作戦成功!!と思いきや、ブライアンの妻でありドミニクの妹である、ミアが人質に取られ、犯罪組織の逃亡を見逃すかわりにミアを解放すると条件を出され、作戦は振り出しに。
無事、ミアを救出して、組織の逃亡も阻止する事ができるのか?
ここで、逃亡する組織のジャンボ機の中と外での大迫力のアクションが展開されます。
車VSジャンボ機という異色の戦いの結果、ドミニク達はどうなるのか?

まとめ

故ポールウォーカーの作品ということだけでも注目度が高いのに、さらにアクションが派手になって帰って来た!!しかも死んだはずのレティが生きてる?どうして?ととにかく見所満載といった内容となっています。この作品の見所と言えば、毎回登場するかっこいい改造車とレースシーンなんですが、今回は、見た事も無い改造車の登場に、戦車にジャンボにと今までのカーレースカーチェイスとは違ったアクションが楽しめます。ストーリーも緊張感が高く、アクションも派手で見てる間、ずっとドキドキ感がとまりません。このワイルドスピードシリーズは、改造車が好きな方に好まれていると思っていたのですが、謎の車や、車以外の乗り物も出て来て、車好きのための映画から誰でも楽しめるアクション映画に生まれ変わった気がします。ただ悔やまれるのが、主人公ポジションのブライアン役のポールウォーカー氏が交通事故で亡くなられてしまったことでしょうか?その影響で次回作がどうなるのか?等ファンとしては気になる事がいっぱいです。そんな彼の演技にも注目して見ていただきたい作品の一つです。

Amazon 映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』の商品を見てみる