映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード EURO MISSIONの概要:大人気シリーズ、「ワイルド・スピード」の第6弾。時系列としては、本作の次にシリーズ第三弾、「TOKYO DRIFT」が続く。かつての仲間、レティを巡る激しいカーチェイスが再び幕を開ける。

ワイルド・スピード EURO MISSIONの作品概要

ワイルド・スピード EURO MISSION

公開日:2013年
上映時間:130分
ジャンル:アクション、ラブストーリー
監督:ジャスティン・リン
キャスト:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス etc

ワイルド・スピード EURO MISSIONの登場人物(キャスト)

ドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)
ミアの兄で、天才的腕を持つドライバー。仲間達のリーダー的存在。
ブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)
ミアの夫。ドミニクのライバル的存在であり、彼もまた天才的なドライビングテクニックの持ち主。
ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)
ドミニクと何かと縁のある警察官。今回国際犯罪組織に立ち向かうにあたり、ドミニクに協力を依頼する。
レティ・オルティス(ミシェル・ロドリゲス)
かつてのドミニクの仲間で、恋仲にあった女性。死んだと思われていた。
オーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンズ)
元英国特殊部隊に所属していた、国際犯罪組織のボス。レティを騙し手中に収めている。

ワイルド・スピード EURO MISSIONのネタバレあらすじ

映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ワイルド・スピード EURO MISSIONのあらすじ【起】

前作で強奪した高額な金を手にしたドミニクは、自由気ままに生活をしていました。そんな彼の現在の拠点地はブラジルです。また、ドミニクの妹、ミアはドミニクのライバルであり最高の理解者であるブライアンとの間に子供を授かっていました。そして、とうとうミアがお産の時を迎え、ブライアンは慌てて車を猛スピードで飛ばしその場に訪れます。2人に家族が増えた頃、ドミニクにも新たな恋人が出来ていました。何と、自分達が犯罪者であるにも関わらず彼の新しい恋人は警察官です。

一方その頃、モスクワの地で大事件が生じていました。その存在一つで何億の価値があるもされるデータチップが、何者かに強奪されてしまったのです。そのチップは軍隊によって堅固に守られていたにも関わらず、犯人側はその防御を突破していったのでした。

その犯人とはとある国際犯罪組織です。そしてそのトップに立つのは、元英国特殊部隊に所属していたオーウェンという男でした。経歴に裏付けされた確かな実力と兄弟は勢力に、警察官であるルークは何かと縁のあるドミニク達に協力を要請します。

ワイルド・スピード EURO MISSIONのあらすじ【承】

新たな恋人、そして妹夫婦に出来た新たな家族という平和を守る為、ドミニクは最初ルークの依頼を断ります。しかし、そんなドミニクに対してルークは一枚の写真を提示して来ました。その写真には、レティという1人の女性が写っています。レティはかつてのドミニクの走り屋仲間で、彼と恋仲にあった女性でした。しかしある日突如行方不明となったレティは、今の今まで死んだと思われていたのでした。

そんな彼女が今回の事件に関与していることを知った事、そして今回の事件に協力をすれば今迄の犯罪経歴をなかった事にするというルークの提案に、ドミニクは捜査協力を受けることにしました。そして、ドミニクを仲間につけた警察は本格的に調査に乗り出します。そしてインターポールがロンドンにてオーウェンのアジトを発見したのです。突入する警察でしたが、一歩遅くオーウェンに逃げられてしまいます。

しかし、外ではドミニク達が待ち構えていました。彼は愛車でオーウェンを追いますが、何とオーウェンは天才的ドライバーであるドミニクを振り切り見事逃げ果せたのです。オーウェンを逃したドミニクでしたが、代わりに部下の内1人をとらえます。そして何と、その車から降りて来たのはレティでした。

ワイルド・スピード EURO MISSIONのあらすじ【転】

本当に生きていたレティの姿に、ドミニクは思わず動揺を隠しきれませんでした。そしてその隙をついて、レティはドミニクに向けて発砲、その場から逃走するのでした。以前とは全く別人格の様になってしまっていたレティでしたが、実はドミニク達と別れるきっかけになった際に巻き込まれた事故によって記憶喪失になっていたのでした。そしてその状況をオーウェンに利用され、騙され部下として今まで動いて来たのでした。

一方、ブライアンはオーウェンに関する情報を得る為、現在刑務所に収監されている犯罪者の元に自ら赴きます。そこでブライアンは、ドミニクを振り切ったオーウェンがのっていた改造車を打ったディーラーを突き止めるのでした。仲間と共にその場に向かいますが、何とそこにはオーウェンの部下が待ち伏せていました。

激しい銃撃戦の末、ブライアン達が勝利を収めオーウェン側は2人の部下を失います。その事をオーウェンに報告したレティでしたが、部下の死を全く気にも留めないオーウェンに対してレティは自分の記憶と食い違っている点があると感じます。

ワイルド・スピード EURO MISSIONのあらすじ【結】

一方、ドミニクはレティを取り戻す為再び彼女に会いに行きます。そして、かつてと同じ様に彼女にカーレースを申し込み、その末自分達がかつて仲間だった事、そして恋仲であった事を告げるのでした。ドミニクのその言葉にレティは大きく動揺し、その場を立ち去りました。

その頃、とうとうルークがオーウェン一派の狙いを突き止めます。オーウェン達はNATO基地を手中に収めようとしていたのでした。オーウェンを止める為、一行は基地へと向かいます。オーウェンは基地にある輸送機を強奪しようとしていました。また、オーウェンはドミニク達を止めるためにミアと子供を人質に取っていたのです。更に戦車を持ち出し、ドミニク達を追い込むオーウェンでしたが、ドミニク達は確かなドライビング技術で少しずつオーウェンへと迫って行きます。

そして、仲間の1人であるジゼルの命を賭した行動のお陰で、とうとうミアと子供、そしてルークをオーウェンの手から取り戻す事に成功したのでした。ドミニクは約束通り、かつての罪から解放され、戻って来たレティと仲間と共に改めて家族の誓いを交わすのでした。

Amazon 映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』の商品を見てみる