映画『君に届け』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『君に届け』のネタバレあらすじ結末

君に届けの概要:とても優しく性格も良い、しかしとにかく暗く地味な爽子。そんな爽子の前に現れたのは、爽やかイケメンの風早。まるで正反対のように思われる二人であったが、その距離は徐々に縮まっていき…?

君に届けの作品概要

君に届け

公開日:2010年
上映時間:128分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ラブストーリー、青春
監督:熊澤尚人
キャスト:多部未華子、三浦春馬、蓮佛美沙子、桐谷美玲 etc

君に届けの登場人物(キャスト)

黒沼爽子(多部未華子)
「一日一善」をモットーとした、心優しい女子高校生。しかし、その暗い外見故に周囲から恐れられている。
風早翔太(三浦春馬)
誰にも好かれる爽やかな男子高校生。密かに爽子に恋心を抱いている。
矢野あかね(夏菜)
爽子の初めての友達の一人。大人っぽく、周囲からやや浮いているが心優しい性格。
吉田千鶴(蓮佛美沙子)
爽子の初めての友達の一人。非常にサバサバした性格。
胡桃沢梅(桐谷美玲)
中学校時代から風早に思いを寄せている女の子。風早に急接近している爽子を目の敵にする。

君に届けのネタバレあらすじ

映画『君に届け』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

君に届けのあらすじ【起】

黒沼爽子はとても心優しい女子高校生です。そんな彼女のモットーは「一日一善」、常に他人を思いやり他の人の為に何か出来ないか、と心から考えられる子でした。しかし、そんな心優しさとは反対に、爽子は非常に誤解を受けやすい子でもありました。その原因は彼女の外見にあります。長めに切り添えられた前髪、腰ほどに長い真っ黒なストレートな髪型。そして緊張しがちと言う性格からくる挙動不審な態度、そんな爽子を皆は恐れ、いつからか「貞子」というあだ名がつくようになっていました。

自分に対しては鈍感な爽子は、そんなあだ名や自分が周囲に馴染めていないといった事に対してはそれほど深刻な問題としては捉えていませんでした。しかし、一方でもっと前向きで社交的な性格に変わる必要はある、と自らの後ろ向きな性格を反省はしています。

そんな時、爽子の前にとある男子学生が現れたのです。その学生の名前は風早翔太、とても明るく社交的、且つイケメンという少女漫画の登場人物のような男の子でした。

君に届けのあらすじ【承】

常に明るく笑顔な風早は、学年の人気者でした。常に風早の周りには人が集まっており、そんな自らとは正反対な風早の様子を見た爽子は素直に風早を尊敬します。そして、自分も彼の様になってみようと密かに風早を心の師匠とするのでした。

そして実は、風早は風早で爽子に注目していました。爽子は誰も知らない所で、教室の掃除をしたり、植物の世話をしたりといった行動を続けていました。そんな爽子の行動を、風早は実は知っていたのです。周りからは貞子と称され恐れられる爽子でしたが、風早はそんなクラスメート達の言葉に惑わされる事なく、爽子に惹かれていました。

そして、一方の爽子にも変化が訪れていました。夏休みに開かれる事となった肝試し大会をきっかけに、爽子に千鶴とあやねという友達ができたのです。爽子は当たり前の様にお化け役を担当していたのですが、二人はそんな爽子を怖がる事なく、ありのままに接してくれました。初めての友達に、爽子は喜びを隠せません。

君に届けのあらすじ【転】

しかし、そんな爽子の幸せも長くは続きませんでした。偶然、爽子と一緒に行動をしているせいであやねと千鶴の評価が下がってしまっている事を知ってしまったのです。爽子は二人に迷惑をかけないように、となるべく二人から遠ざかる様にしました。そんな突然の爽子の態度に、千鶴とあやねは戸惑います。何があったと問いただす二人ですが、爽子は決して口を割ることはしませんでした。

そしてそんな矢先、爽子は再びあやねと千鶴の悪口を言っている女子を見かけてしまうのです。千鶴とあやねが誰よりも優しい事を知っている爽子は、その女子生徒の発言がどうしても許せませんでした。そして、普段は温厚で一切怒ることがない爽子が、「千鶴ちゃんとあやねちゃんに謝って!!」と大きな声をあげたのでした。

今まで見たことのない爽子の姿に、辺りは騒然とします。そして、風早はその一部始終を見ていました。風早は千鶴とあやねにこの事を話し、3人は再び仲を取り戻しました。この事をきっかけに、爽子は風早を憧れの対象としてだけでなく異性としても意識をし始めます。

君に届けのあらすじ【結】

そもそもこの一連の噂話を始めたのは、くるみという女の子でした。くるみは中学校の頃から風早に思いを寄せており、最近風早が爽子の事を気にかけている事を知り爽子に嫌がらせをしたのです。その事を知った爽子でしたが、どうしてもくるみを嫌いになることが出来ませんでした。結局、爽子はくるみを許す事にしました。

そして、とうとう風早が爽子に思いを告げたのでした。あの事件以降風早の事を意識していた爽子は、その告白に喜びます。しかし、爽子は風早の告白を断ってしまうのでした。それは、風早の様な男子には自分では勿体無い、という自分への自信のなさからでした。

そんな爽子に対してアドバイスをしたのは、風早の親友で千鶴の幼馴染の龍です。龍は、「自分を信じないということは、自分自身のことを好いてくれる、すべての人のことを、信じない。それと同じことだ」と爽子に告げます。爽子の頭には、千鶴やあやね、そして風早という自分を信じてくれている人達の姿が浮かびました。そして大晦日の夜、爽子は改めて風早に自分の思いを告げ、二人は晴れて結ばれるのでした。

君に届けの解説・レビュー

キャスティングがいまいちか

風早はこのストーリーのヒーローである。爽やかでいつも笑顔、誰に対しても平等に接し、温和な性格のように見えてとても嫉妬深いという幼い一面も持ち合わせる。
この役に選ばれたのは、この映画が公開されたときに大人気俳優であった「三浦春馬」。ドラマ「ブラッディ・マンデー」での名演技が高く評価され、同ドラマで共演した「佐藤健」とともに、大人気の爽やか好青年として一躍を浴びていた。

しかし、わたし個人的には風早のキャラクターにはいまいちマッチしていないように感じる。たしかに、「三浦春馬」も爽やか系の好青年であるが、顔の作りは幼いというよりはむしろ色気のある大人びた男性である。

風早はもっとたとえば「生田斗真」やちょっと年はとってしまったが「成宮寛貴」「香取慎吾」のように、笑顔が小動物のような俳優が一番マッチするように思う。
またサダコについても、わたしはてっきりNHKドラマ「六番目の小夜子」で小夜子役をを演じた「栗山千明」が適任だと思っていたのだが、まさかの癒し系女優の「多部美華子」が抜擢されるとは!可愛らしい女優さんなので、原作で表現されている「サダコ」の怖さがいまいち表現されていないような気がした。

主題歌を歌うのはflumpool

本作品のエンディングに流れる「君に届け」という主題歌を歌うのはflumpoolというバンドグループである。
私個人的にもとても好きなバンドであるのだが、彼らの楽曲の魅力はとてもストレートな歌詞とボーカルの山村隆太の柔らかくか細いようで芯のある歌声である。
歌詞の中に「行き交う他人たちの幸せ 自分のことのように どうして ねえ 願うの?」というセリフがある。
私が思うに、これは、この作品の中で風早が爽子に問いかける疑問である。
実は嫉妬深い風早とは違い、本心で人の幸せを喜び願う爽子の姿が想像される美しい歌詞である。
ぜひ、一度フルで聴いてみてください!

君に届けの感想まとめ

「片思い」をしたことがある人なら誰しも共感できる、甘酸っぱい思い出が詰まった映画である。
主人公のピュアな性格と相手を思う気持ちがとても伝わる演技に、見ているこちらが恥ずかしくなってしまう。
また、全体的に映画の演出が穏やかな音楽と雰囲気に包まれている。原作である漫画のタッチが柔らかく、ふんわりとしているので、原作のイメージととてもマッチしている。この原作が好きな人も納得のいく演出であると思われる。
しかし、わたしの意見としてはキャスティングをより原作のキャラクターに合った俳優を選択できたのではないかと思う。
どの役者もとても素晴らしい演技をしているものの、原作のイメージとはつながりにくいキャスティングをされているように感じた。

Amazon 映画『君に届け』の商品を見てみる