映画『モンスター(2003)』あらすじ・ネタバレ結末と感想

モンスター(2003)の概要:実在したアメリカの連続殺人犯アイリーン・ウォーノスによる事件と、同性の恋人との関係を描いた作品。2003年に公開され、主演のシャーリーズ・セロンの徹底した役作りや演技力が高く評価された。

モンスター あらすじ

モンスター
映画『モンスター(2003)』のあらすじを紹介します。

売春婦のアイリーンは、自殺する前に“仕事”で稼いだ5ドルを使いきるつもりでバーに入った。
そこは同性愛者が集まるバーで、レズビアンのセルビーと出会う。
2人は急激に惹かれあい、恋人になる。

セルビーと一緒に過ごすために仕事に精を出すリーだったが、レイプされそうになって、相手を銃で撃ち殺してしまう。
セルビーに会いに行って経緯を話したリーは、少しでも一緒に過ごしたいと告げ、2人は一緒に暮らすことに。

骨折していて働けないセルビーのため、そして仕事中に殺人をしてしまったため、普通の仕事に就こうとするリー。
だが8歳の時から父親の親友にレイプされ続け13歳で出産を経験、前科があり、娼婦としてしか生きてこなかったリーにまともな仕事は無かった。
そしてリーは売春を隠れ蓑に、“客”を殺して金銭を奪うようになる。

一軒家を借りるために“仕事”を続けるリーだったが、いつしかセルビーは傲慢な態度を取るようになっていく。
殺した相手から奪った車で運転中に事故を起こし、リーがずっと殺人をしてきた事がセルビーに発覚する。

モンスター ネタバレ結末・ラスト

現役警察官とは知らずに客を取り、殺害してしまったリー。
売春婦の犯行の可能性が示唆され、証拠も見つかっていき、セルビーと一緒に起こした事故の目撃証言から似顔絵が公開されて2人は指名手配される。

リーはこれまで稼いだ金銭をすべてセルビーに渡し、実家へ逃がした。
そして2人は別れ、リーは逮捕される。

拘留中にセルビーから電話がかかってきて喜ぶリーだったが、渡したお金の話をはぐらかされたことで、彼女が警察に協力していることを悟る。

そしてリーは愛の告白をしてから、罪を認める話をした。
その後の裁判でセルビーの証言もあり、リーには死刑判決が下された。

モンスター 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2003年
  • 上映時間:109分
  • ジャンル:伝記・サスペンス
  • 監督:パティ・ジェンキンス
  • キャスト:シャーリーズ・セロン、クリスティナ・リッチ、ブルース・ダーン、スコット・ウィルソン etc

モンスター 批評・レビュー

映画『モンスター(2003)』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

シャーリーズ・セロンが演じた殺人鬼

ブロンドの髪に美人でスタイルもいいシャーリーズ・セロンが実在の人物、それも娼婦の連続殺人犯アイリーン・ウォーノスを演じた作品。
役作りのために体重を13キロ増やして、眉毛を全て抜き、時間をかけたメイクでアイリーン・ウォーノス本人そっくりの見た目になっている。
汚い言葉や粗暴な行動を難なく使いこなす、見事な演技力を発揮している。

クリスティーナ・リッチは、子役時代に「アダムスファミリー」の長女ウェンズデー役や「キャスパー」で売れっ子だったが、本作では同性愛者で中性的な雰囲気のセルビーを演じている。

歪んだ依存関係の怖さも描かれた

リーとセルビーの歪んだ関係を中心にしたストーリーで、孤独な2人が依存しあっている様子が描かれ、そのせいで事件が起こったようにも見える。
娼婦のリーをキレイだと言って受け入れたセルビーは、リーの唯一無二の存在で、周囲からノーマルになるよう強要されていたセルビーにとって、関係をもってくれるリーは拠り所。
しかし中盤から、リーのせいで飢え死にしそうだとゴネたり、リーが束縛すると文句を言い、責任転嫁をし続けるセルビーはリーとは別のモンスターだ。

セルビーが捕まったシーンや、お金の存在をひた隠しにした理由は明らかにされていない。
また冒頭でリーが自殺しようとしていた理由も不明慮。
しかし、事実に基づくストーリーなので、明らかにされない部分があったほうがリアリティがあって良い。

後味が悪い作品

子供の頃のリーはスターになりたいという夢を持つ純粋な少女で、その一方で8歳の時から父親の親友に性行為を強要され続け、13歳で出産を経験したと会話の隅々で簡単に語られている。
裁判で、信頼していたセルビーに終始顔を背けられ、犯人だと指を差されるシーンは絶望的だ。

しかしテロップで、2002年に死刑が執行されたと出ることで、リーが連続殺人鬼のモンスターだったのだと実感させられる。

モンスター 感想まとめ

事実に基づくストーリーだと冒頭のテロップで紹介されているが、実際にはリーの調書や証言、記録などを基にしたリーの視点での話になっている。
彼女には虚言壁があったという説が残っており、リアルな演出とアイリーン・ウォーノスそっくりの外見を作り出している作品だが、多少の脚色は否めない部分がある。
また、セルビーのモデルになった人物は、本人が許可しなかったために本名などは使われていない。

リーを演じたシャーリーズ・セロンは、本作でアカデミー賞主演女優賞などを多くの賞を受賞し、女優としての知名度を一気に上げた。
クリスティーナ・リッチは新境地を開拓し、後に未解決事件の最有力犯人リジー・ボーデンを演じることとなった。

本作と同じ「MONSTER モンスター」というタイトルだが、この作品は見事にコケている。

Amazon 映画『モンスター(2003)』の商品を見てみる