『スパイダーマン』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

あのマーベル・コミック刊行のアメコミに登場する架空のヒーロー、スパイダーマンを主人公とした実写映画。突然、超能力を手に入れた主人公のヒーローとしての物語形成となっています。

あらすじ

スパイダーマン』のあらすじを紹介します。

ミッドタウン高校に通う本作の主人公、ピーター・パーカーは科学を専攻しており、性格は地味で奥手。近所に住む幼馴染のメリージェーン・ワトソン(MJ)にも好きだという想いを告げられず、学校では酷いイジメを受けていた。
ある日、ピーターはコロンビア大学の研究所を訪れて、遺伝子の研究改良をされた「スーパースパイダー」に噛まれてしまう。スーパースパイダーに噛まれた事によって激しい苦痛を伴う事になるが、翌日ある事に気づく。視力が悪いピーターの視力が戻っており、体力が驚異的になっていた事だ。更には、手首からクモの糸が出るし、驚異的な力とクモの特性で、指先の力のみで壁をよじ登る事が出来る様になっていた。
初めの頃はその驚異的な力を私利私欲の為に使っていた。しかし、力の代償を知るきっかけとして愛する伯父さんを強盗に殺害されてしまう。その事件をきっかけにピーターは正義のためにその力を使う事を決意。そして、高校を卒業したピーターは「スパイダーマン」として、ニューヨークの悪党たちと戦う決意。人命救助の日々を送る事になる。
その頃、軍事企業オズコープでひとりの怪物が誕生しようとしていた。オズコープの社長であり、ピーターの友人ハリーの父親がパワー増強剤を服用した事によって「グリーン・ゴブリン」となり暴れ始めた。
果たして、スパイダーマンはグレートゴブリンの暴走を止められるのか!?

評価

  • 点数:55点/100点
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★☆☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2002年5月11日
  • 上映時間:121分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:サム・ライミ
  • キャスト:トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、ウィレム・デフォー、ジェームズ・フランコ、J・K・シモンズ etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『スパイダーマン』について、3つ考察・解説します。※ネタバレあり

なぜ?な変身方法

変身方法は自前のコスチュームです。ヒーローが自身でコスチュームを準備するのも手間がかかっていていいですよね。今作のスパイダーマンの良い点の一つです。ヒーロー=一般人に秘密感は薄い感覚というのも楽しめます。もちろん、MJはスパイダーマンの正体を知りませんが…。

ピーターとMJ

ピーターとMJの関係は1から3に掛けて徐に発展したりしなかったり…。
結局、スパイダーマンとしての能力を手に入れた事によって色々と歯車が狂っていくんですけど、そういうシーンもしっかり映せているのは、脚本の力だと思います。大きな力を手に入れるといい事も悪い事も大きくなる事を作品にストーリーから写実的に感じる事が出来ます。

スパイダーマンとアメイジング・スパイダーマンの差異

アメイジング・スパイダーマンの方が3D対応もしており、近年に作られただけあって画質は俄然上。
では、旧作となるスパイダーマンを観る価値はどこにあるのかという事で何点か内容、魅力の違いを検証。これは、対して魅力的な違いではないが、旧作ではピーターが高校を卒後してからの物語となっているが、アメイジングでは高校生のピーターとなっている。
重要な違いはヒロインが(MJ)からグェンに変わった点と敵がグレートゴブリンからリザードへと変更された。敵が違う事で戦闘の違いを楽しみに両作品を鑑賞して頂けたらと思う。
スパイダーマンの能力自体あまり変わらないが、糸の出し方などにもアクションに違いがあるので、スパイダーマンに詳しくなりたい人は見ておく価値あり。

まとめ

この映画の良い点はアメコミとしての人気キャラクターを軸にストーリーに洋画独自の深みがある事だと思いました。日本人からすると、内容として、私怨の強い大人向けのものに仕上がっていると思います。伯父が死んだり、身近な友人の父親が敵になったり。かつ、主人公がスパイダーマンである以上、子供の人気を博す事は間違いないし、スパイダーマンの能力自体も大人子供に関係なく魅力的であると思います。
しかし、現在ではストーリー概要の類似した、アメイジング・スパイダーマンが作られたのでそちらを鑑賞する事を進めます。(画質も良好)
アメイジングシリーズを観て、初期にスパイダーマンのアクション動作など違う魅力を鑑賞したいと思うようでしたら是非。
後、個人的には主演(トビー・マグワイア)の演技力に一押し。消極的な性格に感情移入して一緒に苛立てる事間違いなしです。

Amazon 映画『スパイダーマン』の商品を見てみる

関連作品