映画『スパイダーマン(2002)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「スパイダーマン(2002)」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン(2002)の概要:その後アメイジング・スパイダーマンなど再製作されるほどの人気スーパーヒーロー、スパイダーマンの原点にして頂点とも呼べる作品。悪役を名優、ウィレム・デフォーが演じた事でも話題となった。

スパイダーマンの作品概要

スパイダーマン

公開日:2002年
上映時間:121分
ジャンル:アクション、SF、ラブストーリー
監督:サム・ライミ
キャスト:トビー・マグワイア、ウィレム・デフォー、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコ etc

スパイダーマンの登場人物(キャスト)

ピーター・パーカー / スパイダーマン(トビー・マグワイア)
ある日、遺伝子変換された蜘蛛、「スーパー・スパイダー」に噛まれてから突如超人的能力に目覚めた高校生。早くに両親を亡くし、叔父夫婦に育てられている。
ノーマン・オズボーン / グリーン・ゴブリン(ウィレム・デフォー)
ハリーの父親で、軍事会社の社長。新しくパワー増強剤を開発していたところ自ら被験者となり、副作用として裏の人格、グリーン・ゴブリンに目覚める。
メリー・ジェーン・ワトソン(キルスティン・ダンスト)
ピーターが想いを寄せる同級生。女優として成功する夢を抱いている。
ハリー・オズボーン(ジェームズ・フランコ)
ピーターの親友。ノーマンの息子で、父親に認められているピーターに内心嫉妬心を持っている。
ベン・パーカー(クリフ・ロバートソン)
ピーターの叔父。或る日突然強盗に殺害される。

スパイダーマンのネタバレあらすじ

映画『スパイダーマン(2002)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

スパイダーマンのあらすじ【起】

ピーター・パーカーは科学が得意な平凡な高校生です。幼い頃に両親が他界したピーターは、子供がいなかった心優しい叔母夫婦と共に暮らしていました。両親がいないながらも温かい愛情に包まれて育ったピーターは、現在隣の家に住む同級生のメリーに片思いしています。見た目が細く、科学が得意という所謂”科学オタク”のようなピーターは学校ではいじめられがちでしたが、メリーと親友のハリーはそんなピーターを助けてくれています。

ある日、ピーターの通う学校は社会科見学としてコロンビア大学の研究室を訪れていました。その研究室では様々な動植物の研究が行われていましたが、実はまだ誰も気づいていませんでしたがその内の一匹、遺伝子組み換えが行われた新種の蜘蛛、「スーパー・スパイダー」が脱走していたのです。

そしてその蜘蛛はピーターの背後へと迫っていました。そしてスーパー・スパイダーは、何とピーターの手首を刺したのです。強烈な痛みがピーターを襲い、ピーターの体調が急変します。

スパイダーマンのあらすじ【承】

発熱と痛みも治まり、ようやく体調が戻ってきたピーターは自分の変化に驚きます。今迄ガリガリだった身体には筋肉がつき、そして眼鏡を手放せなかった視力も見えるようになるどころか常人とは思えない程遠くまで見渡すことが出来るようになっていたのでした。そして極め付けに、何とスーパー・スパイダーに刺された手首から細い蜘蛛の糸が自由自在に出せるようになっていたのでした。

突然降ってきたような特殊能力に舞い上がったピーターは、その能力を使い様々な無茶な事に使っていました。しかしその頃、長年自分を愛してくれた叔父が強盗に殺されてしまいます。叔父の死をきっかけに、ピーターは正義の味方として活動する事を決意し、スーパーヒーロー、「スパイダーマン」が誕生します。

卒業したピーターは実家を出て、ハリーとルームシェアをしながら大学に通っています。ピーターが想いを寄せるメリーも近くに暮らしていましたが、メリーは頭脳も明晰で、父親は大会社の社長というハリーと付き合い始めます。

スパイダーマンのあらすじ【転】

ハリーの父親ノーマンは大軍事会社、「オズコープ」の社長で、新薬を開発に勤しんでいました。ノーマンは科学に長けたピーターを目にかけ、自分の子供のように親切に接してくれています。

ノーマンが現在開発している新薬とはパワー増強剤で、開発に成功すれば軍事力を大幅に底上げすることが出来ます。ノーマンは自ら効果を証明する為、その薬を服用しました。そしてその薬によって確かに身体能力は大幅に向上します。しかし、その副作用としてノーマンは二重人格となり、世界掌握を狙う「グリーン・ゴブリン」というもう1人のノーマンが誕生してしまうのでした。グリーン・ゴブリンは次々と街を襲撃していきます。

一方その頃、ピーターは新聞社でカメラマンのアルバイトをしていました。ピーターは自ら街にカメラを設置し、自身がスパイダーマンとして活動する姿を写真に収め新聞社に売り込んでいたのです。そしてとうとう、マンハッタンの街中でスーパーヒーロー「スパイダーマン」と街を脅かすヴィラン、「グリーン・ゴブリン」が対面するのでした。

スパイダーマンのあらすじ【結】

ノーマン自身は自らのグリーン・ゴブリンとしての一面を恐れ、何とか抑制しようと試みますがうまくいきません。グリーン・ゴブリンは暴走を続け、世界掌握をする為スパイダーマンに手を組まないかと話を持ちかけてきます。しかし叔父の死をきっかけに正義に尽くすと決めていたピーターはその誘いを断ります。

一方その頃、グリーン・ゴブリンことノーマンはスパイダーマンの正体を、スパイダーマンことピーターはグリーン・ゴブリンの正体にそれぞれ気づきます。お互い知り合い同士という事に動揺を隠せずにいますが、とうとう2人の最終決戦の時がやってきます。激しい戦いの末、スパイダーマンが勝利を収めます。最後の最後にノーマンは自我を取り戻し、息子には自分の悪行を黙っていて欲しいと言い残しこの世を去りました。

そしてその様子を、ハリーがたまたま目にしていました。スパイダーマンに父親を殺されたというハリーに、ピーターは真実を伝えることは出来ません。そしてメリーは、ピーターへの愛を自覚し彼に想いを打ち明けます。しかしピーターはスパイダーマンとして活動を続ければいずれ彼女にも危険が降りかかると想い、彼女の手を取らず正義の道を1人歩み続けるのでした。

Amazon 映画『スパイダーマン』の商品を見てみる

関連作品