「ザ・ファイブ・ブラッズ」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ザ・ファイブ・ブラッズの概要:戦時に埋めた金塊を探すためにベトナムに戻ってきた4人のベトナム帰還兵の姿を追った戦争ドラマ。米国で黒人差別への抗議デモが起こる最中にネットフリックスで配信されたスパイク・リー監督の問題作。

ザ・ファイブ・ブラッズの作品情報

ザ・ファイブ・ブラッズ

製作年:2020年
上映時間:155分
ジャンル:ヒューマンドラマ、戦争
監督:スパイク・リー
キャスト:デルロイ・リンドー、ジョナサン・メジャース、クラーク・ピータース、ノーム・ルイス etc

ザ・ファイブ・ブラッズの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ザ・ファイブ・ブラッズの登場人物(キャスト)

ポール(デルロイ・リンドー)
戦友だったノーマンのことを最も慕っており、戦後はPTSDに苦しんでいる。ノーマンの死に関する重大な秘密を抱えている。息子との関係が良好ではない。
オーティス(クラーク・ピーターズ)
ベトナム戦争時に衛生兵をしており、ベトナム人娼婦と熱愛関係にあった。金塊探しのための段取りをアレンジする。
エディ(ノーム・ルイス)
高級車のディーラーをしており、お金持ちのように振る舞っている。しかし、実際にはお金に窮している。内股で歩く癖がある。
メルヴィン(イザイア・ウィットロック・Jr)
仲間思いが強く、手榴弾に覆い被さってオーティスのことを助ける。金属探知機を使って金塊探しをする。
ノーマン(チャドウィック・ボーズマン)
戦闘経験が豊富で、ポール達4人を率いていたが戦死してしまう。黒人の差別の歴史について4人に教え、精神的な指導者の立場にあった。

ザ・ファイブ・ブラッズのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ザ・ファイブ・ブラッズのあらすじ【起】

ベトナムのホテルにベトナム帰還兵のポール、オーティス、エディ、メルヴィンの4人が集まり、再会を果たす。エディはノーマンの写真を持って来ていた。4人はディスコに行き、ベトナム人ガイドと落ち合う。オーティスはベトナム人ガイドにノーマンの遺骨を探すための許可証を示す。

4人はベトナム戦争時にノーマンに率いられて墜落したC-47機からある物を回収する任務にあたっていた。ヘリコプターで墜落現場に近づくが、ベトナム兵の攻撃を受けてヘリコプターは落下してしまう。5人はベトナム兵に銃で応戦し、周囲の安全を確保する。ノーマンは4人に回収する物資が大量の金塊であることを示す。

オーティスは戦時中に関係を持っていたベトナム人娼婦の元を訪ねる。そこには黒人の血が混ざった娘が暮らしていた。オーティスはその娘が自分の子かどうかを確認する。4人はベトナム人娼婦が紹介してくれたフランス人仲介人と会う。そしてノーマンの提案で金塊を盗んで埋めたことを説明し、金塊の現金化を依頼する。ポールの息子がベトナムまで追い掛けてきて、仲間に加えるように要求する。仕方なく5人はガイドと共にジャングルを目指す。

ザ・ファイブ・ブラッズのあらすじ【承】

ポール、オーティス、エディ、メルヴィンがベトナムで戦っていた時に米国では公民権運動が起きていた。キング牧師が殺されたとの知らせを聞き、4人は白人への怒りを募らせる。しかしノーマンは4人に怒りを抑制するように説く。ノーマンを最も慕っていたポールはノーマンの幽霊を見る程のPTSDに苦しんでいた。

ポールの息子は旅の途中で地雷処理に取り組むプランス人女性と知り合い、活動仲間を紹介される。5人はジャングルの入り口まで着き、ベトナム人ガイドと別れる。5人でジャングルや田園地帯を越えてC-47機が墜落した場所を目指す。夜中にオーティスが荷物の中に銃を入れていたことが分かり、皆は喧嘩となる。そしてポールが銃を預かることになる。

ポールの息子はジャングルの中で用を足そうとして、土の中から金塊を見付ける。金塊を手に5人は大興奮する。メルヴィンが金属探知機を手に周辺を捜索し、残る4人はメルヴィンが示す場所から次々と金塊を掘り起こして行く。皆で金塊を洗い、1700万ドル分の金塊があることを確認する。エディはノーマンの意思を汲み、同胞の大儀のために金塊を使うことを主張する。

ザ・ファイブ・ブラッズのあらすじ【転】

5人はノーマンの遺骨を探し始める。メルヴィンの金属探知機が反応を示し、ポールが夢中になって掘り始める。するとノーマンの認識票と白骨が出てくる。ポールは一緒に本国に帰ろうと語り掛ける。

全員で金塊をリュックに積みジャングルを歩き、途中で休憩する。エディはポールが金にがめつくなり、金のせいで絆が分断されていることに文句を言い始める。その最中に地雷を踏んで爆死してしまう。ポールの息子も地雷に足を掛けてしまう。そこに地雷処理をしているフランス人女性らが現れ、ポールの息子をロープで縛って全員でロープを引っ張って助け出す。ポールはフランス人女性らを拘束して連れて行くことにする。

一行はベトナム人ガイドが待つ合流地点に辿り着く。しかし、そこに武装したベトナム人集団が現れ、金塊を渡すように要求してくる。怒ったポールはベトナム人集団を挑発し、銃撃戦となる。ベトナム人集団を撃退するが、ポールの息子が撃たれて足を負傷する。更にベトナム人ガイドが乗ってきた車のガソリンが漏れてしまう。今後の方針を巡ってポールとオーティス、メルヴィンは仲間割れをし、ポールは一人でジャングルの奥に消えていく。

ザ・ファイブ・ブラッズの結末・ラスト(ネタバレ)

オーティスはベトナム人ガイドとフランス人女性らにも分け前を約束して仲間にする。そして近くの廃寺に移動する。一方、仲間への愚痴を口にしながらジャングルを突き進んでいたポールは土手を転落し、金塊が入ったリュックを木に引っ掛けてしまう。そしてポールはノーマンの亡霊を見る。ノーマンは腹を撃たれていた。実は墜落現場でベトナム兵と銃撃戦となった時にポールがノーマンを誤射したのだ。ポールはノーマンの死への罪悪感を抱えて生きていたが、ノーマンの亡霊は事故だったと言ってポールを許す。しかし、ポールはベトナム人集団に見つかって殺される。

廃寺の前にフランス人仲介人がベトナム人集団を引き連れて現れる。オーティスとメルヴィンは銃で応戦するがオーティスは負傷してしまう。フランス人仲介人が手榴弾を投げるが、メルヴィンが覆い被さってオーティスを救う。そしてポールの息子がフランス人仲介人を撃ち殺す。

皆の金塊の取り分は、黒人差別への抗議デモ活動や地雷処理活動、そして遺族達に贈られる。ノーマンの遺骨は米国に運ばれ、親族と対面する。オーティスはベトナム人娼婦と娘に会って娘への愛を口にする。

ザ・ファイブ・ブラッズの感想・評価・レビュー

資料映像が挿入され、黒人の歴史に功績を残した人々が言及されるなど黒人差別への強い抗議が込められた作品。スパイク・リー監督の執念を感じさせる。しかし、前作の『ブラック・クランズマン』が娯楽性とメッセージ性を兼ね備えていたのに対し、本作はストーリーが弱く、ベトナム戦争に従軍した黒人兵の苦しみをもっと掘り下げてほしかった。戦時の金塊を探しという筋書きは『スリー・キングス』にも共通するものがあった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする