8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『アメリ』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『アメリ』の概要:人とかかわることが苦手で空想好きのパリジェンヌ、アメリ。彼女は自分の殻から飛び出し、ささやかな人助けや恋を成就させるための作戦を始める。日本でも根強い人気を得ている、キュートなフランス映画。

スポンサーリンク

映画『アメリ』の作品情報

アメリ

製作年:2001年
上映時間:120分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:ジャン=ピエール・ジュネ
キャスト:オドレイ・トトゥ、マチュー・カソヴィッツ、ヨランド・モロー、ジャメル・ドゥブーズ etc

映画『アメリ』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『アメリ』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT×
Hulu
Amazonビデオ
dTV×
TELASA×
TSUTAYA TV×
ビデオマーケット×
Netflix

※動画の配信情報は2021年7月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『アメリ』の登場人物(キャスト)

アメリ・プーラン(オドレイ・トトゥ)
他人とのコミュニケーションが苦手で空想の世界に閉じこもっているパリジェンヌ。ふとしたことがきっかけで、他人へのささやかな人助けを始める。
ニノ・カンカンポワ(マチュー・カソヴィッツ)
他人の失敗した証明写真集めが趣味の男。アメリは彼に一目ぼれする。アメリとは似たもの同士で、他人とのコミュニケーションが苦手。
レイモン(セルジュ・マーリン)
骨が極度に脆く、家から一歩も出ずに暮らしている老人。毎日ルミエールの絵を模写している。人とかかわれないアメリを心配し、勇気づける。
プーラン氏(リュファス)
アメリの父で医者。アメリとあまりコミュニケーションをとってこなかった。アメリの母が亡くなって以来、家に引きこもっている。
リュシアン(ジャメル・ドゥブーズ)
八百屋の見習いをしている青年。店主から「頭が悪い」といつもばかにされている。レイモンにかわいがられており、彼に絵を習っている。
シュザンヌ(クレア・モーリア)
アメリが働くカフェ「ドゥ・ムーラン」の店主。元サーカスの馬の曲乗りで、舞台上の事故で足を悪くした。
ジーナ(クロディルデ・モレ)
ドゥ・ムーランのウェイトレスでアメリの同僚。快活な女性。元恋人ジョゼフのストーカー行為にうんざりしている。
ジョルジェット(イザベル・ナンティ)
ドゥ・ムーランのタバコ売場で働く女性。病気魔で、一年中どこかしら体の具合が悪いとぼやいている。
ジョゼフ(ドミニク・ピノン)
ドゥ・ムーランの常連客で、ジーナの元恋人。ジーナに新恋人ができたのではないかと、毎日店に来ては彼女をストーキングしている。

映画『アメリ』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『アメリ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『アメリ』のあらすじ【起】

アメリは少し風変わりな女性。クレーム・ブリュレをスプーンで割ったり、豆袋に手を突っ込むのが好きだ。一方コミュニケーションをとるのが苦手で、いつも空想ばかりしている。

アメリは幼少期学校へ行かず、母から教育を受けて育った。父のプーラン氏が、アメリを心臓病だと勘違いしたためだ。そのせいでアメリには友だちがおらず、空想の世界に生きていた。ある日、アメリの母は自殺した観光客の巻き添えで亡くなってしまう。プーラン氏は妻の遺灰を庭に埋める。もともとあまりアメリとコミュニケーションをとらなかったプーラン氏は、さらに自分の殻に閉じこもってしまった。

アメリは成長し、家を出る。そして今はドゥ・ムーランというカフェで働いていた。カフェの女主人は足の悪いシュザンヌ。他にはタバコ売場の病気魔ジョルジェット、ウェイトレスのジーナが働いている。店には元ジーナの恋人のジョルジュが毎日通い、ジーナをストーキングしていた。

アメリは時々地実家を訪ね、父に「旅行でもして人生を楽しんでは?」と提案するが、断られてしまう。

映画『アメリ』のあらすじ【承】

アメリはアパートの部屋の壁に箱が隠されているのを発見する。中には昔ここに住んでいた少年の宝物が詰まっていた。アメリは宝箱の持ち主を探し出し、もし見つけられたら自分の殻から飛び出そうと決意する。

アメリは前の住人の名前を知る人物を訪ね当て、それが「ブルドトー」という名だと知る

アメリは地下鉄の駅で、運命の出会いをする。二ノ・カンカンポワという男性だ。彼は証明写真機に落ちた写真を漁っていた。

アメリが実家に帰ると、プーラン氏は家の奥からドワーフの置物を引っ張り出していた。

ドゥ・ムーラン。ジーナの事をストーキングするジョゼフに彼女はカンカンだ。アメリは電話帳でドミニク・ブルドトーを探し、訪ねて歩く。しかしどれもはずれだった。落ち込むアメリに、同じアパートの住人レイモンが声をかける。彼は骨がもろく、ほとんど家から出ず同じ絵を描き続けていた。レイモンは正しい名前は「ブルトドー」だと教えてくれた。

アメリは自分の姿がばれないように、ブルトドーに宝箱を返す。彼は「天使が奇跡を起こしてくれた」と感慨にふけり、疎遠になった娘を訪ねることを決意した。それを見て、アメリには世界のすべてが輝いて見えた。アメリはちょっとした人助けを始める。

映画『アメリ』のあらすじ【転】

まずアメリは父を外の世界に出そうと、ドワーフの置物を盗み出す。その帰りの駅で、アメリはまたニノに出会う。彼に一目ぼれしたアメリだったが、ニノはスキンヘッドの男性を追って駆け出してしまう。アメリはニノに追い付けず、彼が落としたかばんを拾う。そこには捨てられた証明写真のアルバムが入っていた。アルバムには何度も同じスキンヘッドの男が映っていた。ニノが追ったのもこの男だ。この謎の男の正体について、アメリはレイモンと憶測を巡らせる。

アメリの人助け作戦が始まった。人助けその1:ジョゼフのストーキングをやめさせるため、彼とジョルジェットを恋に落ちさせる。人助けその2:外出できないレイモンのために、面白い映像を撮ったビデオをこっそり届ける。人助けその3:店主にいじめられている八百屋見習いのリュシアンのため、店主の家に忍び込みいたずらを仕掛ける。人助けその4:父のドワーフを客室乗務員の友人に旅させ、父に旅行に出る気を起こさせる。人助けその5:愛人と駆け落ちした管理人の夫からの手紙をねつ造し、管理人を悲しみから救う。

アメリはレイモンに励まされ、ニノのバイト先を訪ねる。しかし直接声をかけることはできず、ニノのバイクに待ち合わせのメモを貼り付ける。ニノは匿名の拾い主が気になってしょうがない。

映画『アメリ』の結末・ラスト(ネタバレ)

待ち合わせ場所の公園に着いたニノ。近くの公衆電話に電話がかかってくる。アメリは手の込んだ目印でニノを公園中動き回らせ、結局正体を明かさぬままアルバムを返してしまう。

ニノは拾い主に会いたくて駅に張り紙を残す。アメリは仮装をして、ドゥ・ムーランでの待ち合わせを指示する証明写真を撮っていた。すると彼女の目の前に、あのスキンヘッドの男が現れる。アメリは謎の男の正体を知るのだった。

ニノはアメリの写真を見つけ、ドゥ・ムーランにやってきた。ニノは写真の女性がアメリだと気付いたが、アメリは正体を告白することができなかった。アメリはジーナに頼んで、ニノのポケットにメモを入れてもらう。

メモを見て駅の証明写真機に向かったニノ。写真機には先客がおり、あのスキンヘッドの男だった。彼は写真機の修理屋だったのだ。アメリが、2人が出会えるよう計画してくれたのだった。

ニノがジーナから聞いてアメリの部屋を訪ねて来た。しかしアメリは居留守を使ってしまう。様子を見ていたレイモンに励まされ、アメリはついにニノを追う勇気を出した。アメリは部屋を出たところで、戻ってきたニノに鉢合わせする。2人はめでたく結ばれるのだった。

映画『アメリ』の感想・評価・レビュー

オドレイ・トトゥ演じるアメリが可愛い大好きな作品です。ファンタジーなのに、アメリの気持ちがそのまま流れ込んできて、気がつけばアメリと同じ表情で映画を見ていました。人との繋がりを築くことが苦手で、周囲の些細なことに一喜一憂してしまうという悩みと、なんとか立ち向かおうとする姿が、まるで自分と同じで「これは私の話?」と思うくらいでした。

クレームブリュレを日本に広めたきっかけでもあるこの映画は、衣装、インテリア、音楽トータルでオシャレです。ポップな世界観に哀愁が漂う映像力も見事でした。(女性 20代)


絵本の世界が現実になったような、かわいいフランス映画。インテリアやファッションが素敵で、蚤の市にありそうなレトロな味わいがある。アコーディオンが使われているサントラも、懐かしさを感じさせてくれる。

登場人物もみな個性的でクセがあり、一筋縄ではいかない面々で楽しい。中でも一番目が離せないのは、やはりアメリ。外見はもちろんだが、人間関係に不器用で想像力豊かでイタズラ好きな性格も愛おしい。自分の殻を破って恋にぶつかってゆくストーリーに、じんわり心が温かくなる大好きな作品だ。(女性 40代)


空想好きの女の子アメリが、ひょんなことから人助けを始めたり恋をしたりとキラキラした出会いを経験する、可愛くて心温まる作品です。不器用だけれど、相手の幸せを考えながら色々な仕掛けを考え行動する彼女の姿はとってもキュートです。特に、ニノにアルバムを返すシーンは仕掛けが面白くかなり凝っていて、観ながらどうなるんだろう!?とドキドキしました。この場面は音楽のワクワク感もぴったりで、何度も観てしまいます。

ラストの、素直になれずニノとのチャンスを逃し後悔してしまう切ない感じはすごく共感しました。その後、なんとか勇気を出して一歩を踏み出していくアメリが本当に愛おしくて、心にジーンときました。クリームブリュレを見るたびに思い出してしまうほど、大切で大好きな一本です。(女性 20代)


非常に心温まる物語。妄想癖のある風変わりなアメリ、登場人物も個性的で、それぞれの関係性が面白い。また,アメリの可愛げのあるイタズラに、ついフフッと笑ってしまいます。彼女が次は何を企んでいるんだろうと終始ワクワク。シャッター音、コインを入れる音など、何気ない効果音がわざとらしく大きく、謎の緊張感とくだらなさに包まれます。

観ると、自分の殻を破る勇気が湧いてきます。誰しもが前向きになれる映画です。この映画に出会えて良かった。(男性 20代)


空想好きな女の子アメリが日常の小さな幸せを見つけるハートフルドラマ。theおしゃれムービー。フレンチ気分を味わえる素敵な映画。アメリを見た当時、あのレトロな感じのファッションやインテリアに憧れた人も多いのでは?アメリの様に日常のちょっとしたワクワク、ドキドキ感を大事にして、もっと毎日を丁寧に生きてみようと思える。フワフワする不思議な雰囲気の映画で休日のお昼にゆったり見たい。ハリウッド映画とは、また一味違う面白さ!(女性 30代)


近年のフランス映画と言えば、と聞かれればこれだろうと言える逸品。
オープニングから世界観にのめり込んでしまうほどの情報量。そのオープニングがいろんな伏線になっていくのが面白い。ああ、あれはこんなことを言っていたのか!と二度目も必ずしや楽しくなるような構成。美術や衣装、カラフルな街並みも常にワクワクさせてくれます。アメリと一緒にいたずらしたり、アメリのいたずらに他の登場人物と一緒に引っかかったり、非常に温かみのある映画です。(女性 30代)


よく言えば「キュート」。悪く言うと「純粋と狂気は紙一重」。主人公のアメリは人付き合いが苦手。しかしある日、人を幸せにする喜びを知り、純粋という名の最高の狂気を武器にした「おせっかい」を始めます。
心が綺麗な人が見たらきっと、人を幸せにするってこういうことだよな。これこそ生きているってこと。と感じるのかもしれませんが、私はこのおせっかいなアメリの行動が
どうも狂気じみていて好きになれませんでした。
好き嫌いが分かれる作品だとは思いますが、1度見てみる価値はあります。(女性 30代)


フランス映画というと、難しいイメージがありますが、この作品は比較的とっつきやすいです。ビビットな色彩が美しく、お洒落な映像で、観るとパリに憧れてしまいます。

主人公のアメリは、妄想好きな女の子で、人とコミュニケーションを取るのが苦手です。他人を幸せにすることに喜び」を見出しますが、これがまた余計なお節介にも感じます。とはいえ、小さな一歩を踏み出す勇気を、観ている私たちにも与えてくれる作品です。(女性 30代)


オープニングから不思議で独特な映像が流れ、観客を一気にアメリの世界観に引き込ませます。
本作は臆病で不思議な感性を持っているアメリが、心配性の親の元から離れて外の世界に触れ、成長していくストーリーです。
冒頭の金魚鉢から金魚が飛び出るシーンは、アメリが親の元を離れて外の世界へ飛び出していくという伏線。クリームブリュレの焦げを割ることが好きだという自己紹介は、自分の中の固い殻を割って今まで閉じ込められていた感情を出したいといったアメリの願望が込められているように感じられます。
フランス映画らしいオシャレな映像とオドレイ・トトゥの可愛らしい演技も見どころです。(女性 20代)


主人公の女の子アメリをオドレイ・トトゥが演じています。若い頃のジュリエット・ビノシュを思わせる、大人の色気というよりも大人可愛い女性です。トトゥという可愛らしい響き。この映画で一気に好きになった女優さんです。

登場人物もとても個性的です。色々ありますが人間らしくて憎めません。初めてこの映画を観たときに、フランスの女の子ってこんなにお洒落なんだと思ったのを記憶しています。フレンチポップな内装の部屋にも憧れます。フランス映画を好きになるきっかけになった作品です。(女性 40代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラブストーリー映画ヒューマンドラマ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

  1. yun より:

    内容はよく分からない、けれど独特な世界観とお洒落な色味が好きという人が多いのではないかと思う。ここまでキャラクターがアイコンになっているような作品はあまり見かけないので、ストーリーだけでなく映像が最大限に魅力を発揮している作品の一つと言えるだろう。

    ファッションや街並みなどフランスのオシャレな文化も本当に素敵。それによくある商業映画では表現しないようなヨーロッパのアート映画独特のテンポ感や間を楽しみたい人にとっては入門としてバッチリな作品だ。

  2. 森田 より:

    公開当時は自分に余裕がなかったせいもあってか妄想癖の強い主人公がストーカー行為や不法侵入を繰り返す姿に嫌悪感を抱いてしまい、正直良い印象がなかった。
    しかし20年過ぎた今見返すと不思議なことにそれらはさほど気にならなくなり(やっぱり不法侵入はないなと思うけど)、むしろ自分の殻に閉じこもっていた主人公がその殻を出て他人と幸せになっていく過程に温かい気持ちになれた。パリの街の美しさと共に、ラストシーンで諸々昇華されていく様には清々しささえ覚えた。見返して良かった1本。

  3. 村山 より:

    インテリアやファッション、その世界観のオシャレさを取り上げられることが多く、その印象が強く、独特な世界観に少し苦手意識があったが、ストーリーも面白かった。空想癖があり、ちょっと変わり者のアメリがとてもかわいらしく魅力的。彼女の行動が様々な人に小さな幸せを与えて人生をちょっとだけ良くしていくストーリー自体もかわいい。私もまわりを観察してみて、小さな幸せを手にする手助けができるような生活を送りたいと思った。

  4. アリィ より:

    部屋、服装、街、目に映る全てが色鮮やかで芸術的です。序盤ではナレーションを多用しており、その独特な構成に興味が湧きました。さらに、アニメのような妄想が奇妙で面白く、他の映画では味わうことのできない世界観でした。子供の頃に感じていた自由な気持ちが浮かび、幸せを感じました。しかも、ただ可愛いだけでなく、皮肉やラブシーンなどのハッとさせられる描写を適度に挟んでおり、良いスパイスとなっています。エンドクレジットの破れた写真も何ともお洒落です。

  5. RAI より:

    理解しにくいフランス映画が多い中でこの作品は見やすく、可愛いです。フランス映画らしい独特の表現や価値観は出てきますが、八百屋に向かってアメリが放つ「あなたには芯(ハート)がないのね」などの名言も随所に出てきてクスリと笑ってしまいます。
    一応恋愛映画の括りだと思いますが、アメリの日常をファンタジーちっくに描いています。そのため内容には起伏がほとんどありませんが、色彩豊かにユーモラスに描かれているので退屈しません。

  6. googly より:

    人付き合いが苦手な、少し風変わりな女の子アメリ。そんな彼女の過ごす日常は、レトロでかわいい雰囲気が溢れていて、その世界観だけでも見る価値ありです。自分の「好き」がちゃんと分かっているアメリに憧れるし、そんな彼女が起こす素敵なイタズラも可愛くて、見るとほっこりして温かい気持ちになります。
    証明写真機の謎の無表情な男の話も好きで、種明かしされるまでは、自分も謎に巻き込まれた気分で考えながら見れて楽しかったです。
    自分の生活の中にある、気にしないと気付けない小さな幸せに気づかせてくれる映画で、見終わったときにはクリームブリュレが食べたくなる、おしゃれでかわいいフランス映画です。

  7. yukachi より:

    フランスで大反響を呼んだ幸せの映画、世界中で上映された、アメリという一人の女性の物語だ。小さい頃から障害があると思われていたアメリ。そのまま不器用に育ってしまったが、人を喜ばせることに幸せを感じるようになる。たくさんの人を幸せにしていくアメリだが、自分を幸せにする方法をまだ知らなかった。そんな彼女が幸せになれるのか。とても心温まる作品だ。疲れた時、気分が乗らない時にぜひ、何度も見たい作品に仕上がっているのではないだろうか。

  8. あさとあさ より:

    アメリという可憐でおしゃれで風変わりな女性にずっと見入ってしまう映画だった。さすがフランス映画といったきれいな街並みに、アメリの赤の服が映える、映像としても魅力的な映画だ。子どものころに隣人に対して復讐するシーンは、子どものいたずらにしては大したもので、可愛らしくてつい笑ってしまった。昔から誰とも遊んでいないという過去の経験が、アメリの表情ですごく表現されていたのも見所だ。

    「他人と関わることが出来ない、子どもの頃から孤独だった」と言っていたアメリが、一目惚れしたニノに、遠回しながらも近づく様子は、不器用でいたずらでとても可愛らしい。表情や行動、全てにアメリの人間味が詰まっていて、見るに飽きない映画である。

  9. 月夜 より:

    アメリの日常を淡々と描いたシンプルなストーリーも好きだが、何と言っても登場人物の服装や店内、世界観がレトロで可愛らしい。インテリアやBGMに注目して観るのもいいかもしれない。アメリのイタズラ好きな性格や、コロコロ変わる表情もとても魅力的。

    内向的だったアメリがどんどん変化していく様子は、見ていて心が温まる。小さなことに幸せを見つけ、物事に一喜一憂するアメリの姿は、おざなりになっていた自分の毎日を改めて振り返るきっかけをくれる。

  10. ふくりん より:

    これはただのファンタジーではない。
    アメリは空想好きで予測不可能なところがあるので、あまり友達になりたくないタイプだが、可愛らしくて目が離せない。不器用だけれど美しい心の持ち主。
    パリの雰囲気満載で風景やファッション、どこを切り取っても絵になる。
    他の登場人物たちも個性的で、それぞれの生き方があって、生きたいように生きていいんだなと思わせてくれる。
    カフェの常連客たちとのやり取りのシーンが個人的に気に入っている。

  11. ミヤナミ より:

    独特な世界観を持った空想好きのアメリが、人と関わりながら作り出す「奇跡」が描かれている映画。ビビッドな色づかいが美しく、どこを切り取っても絵になります。サブキャラクターたちも個性的。作品の作りがかなり小説的で、ナレーションも比較的多く、人によっては多少くどさを感じると思います。場面も現実と非現実が入り乱れるように切り替わるため、そういった演出が苦手な人には不向きだと感じました。

    人と少し違っても、不器用でも、誰かを助けようとする姿はとても美しいです。自分の生きる世界に臆病になった時に観ると勇気がもらえると思います。アメリの視点で描かれるノスタルジックで鮮やかなパリの世界に惹き込まれる素敵な作品です。

  12. ゆゆぽん より:

    フランスの映画の中で、一番と言えるぐらい日本で有名な作品だと思う。オドレイ・トトゥさんのクリクリの眼が印象的。他人とのコミュニケーションが苦手なのにも関わらず、人助けをしようと思い立つアメリが素敵。建物の内装や衣装など可愛くて、こんな部屋で暮らしてみたいなと思った。アメリが不器用ながらも恋に奮闘する様子が、思わず応援したくなった。ちょっと登場人物が多すぎて、ごちゃごちゃした印象はある。

  13. snowball より:

    おしゃれでかわいい女の子のマスト映画みたいなノリだったので長く敬遠していたけど、「憎しみ」の監督マチュー・カソヴィッツが出演していると知り観ることにしました。
    ジャン=ピエール・ジュネ監督の世界観、色使い、メルヘンでかわいい世界が素敵で、もっと早く観てもよかったなと思える映画でした。
    ただ、やっぱりアメリの遠回しな行動にイラッとしてしまったりと、アメリとは相まみえない自分もいました。

    もうとっくにリアルな日本の家族じゃなくなった「サザエさん」を観るように、ファンタジーとして楽しむと楽しめる映画です。

  14. 匿名 より:

    ストーリー解説のような台詞や説明じみたナレーションの多さにはげんなりさせられるが、古いフィルムで撮影したかのようなアメリの子供時代の映像、アメリのおしゃれな服装や部屋などが可愛らしい。
    登場人物の好きなもの、嫌いなものの説明の台詞が全員分あり、誰がどんなキャラクターなのか覚えにくくて疲れてしまう部分はある。
    しかし、長風呂で手がふやけるのが嫌いだというアメリの母など、「そんな感じがする」というイメージどおりの台詞には笑ってしまう。

    観光客の自殺に巻き込まれる部分を、弟が欲しいというお祈りの答えが教会の上から降ってきたと変えられるなど、ブラックユーモアの多さにも笑ってしまう。
    また、部屋の置物が勝手に動いてニノに恋をしているアメリに話しかけたり、アメリが渡した写真がニノと会話するなど、似たもの同士のようなシーンもある。
    だが、アメリの日常を淡々と描いただけで、起伏がほとんどない作品なのでつまらなさも感じられる。

  15. 匿名 より:

    ニノにアルバムを返すだけなのに、変装したり宝探しゲームのように誘導するといったイタズラは可愛らしい。
    だが、八百屋の主人の部屋に忍び込んで、電気コードにイタズラするというのはあきらかにやりすぎだ。
    イタズラというよりも犯罪すれすれなのに、警察も呼ばれないという違和感や、その上に成り立つ青年の幸せには疑問が残る。

    イタズラのきっかけとなる、アメリのアパートの壁から出てきた宝箱を持ち主に返すまでのやりとりは微笑ましい。
    また、ニノが気になっていた照明写真を撮っては捨て続けていた男が、単なる修理屋だとわかったときは笑ってしまう。
    アメリとニノをくっつける役割を果たした、骨がもろくなる病気の“ガラス男”も他人と関わることが苦手な登場人物の一人で、アメリに対しての助言の数々は心に響くものがある。

  16. 匿名 より:

    好き嫌いが別れるであろう作品。
    おしゃれなパリジェンヌの日常を淡々と描きながら、アメリの可愛らしさや不器用なニノとの恋の様子、他人を幸せにするためのイタズラの数々を表現した。
    恋愛要素だけで構成されたラブストーリー映画ではなく、不器用で空想好きな女の子のスマートではない生き方を描いた可愛らしい映画。
    ファンシーなムードやおしゃれな構図を楽しみながら見るのが最適だ。

    また、作中では何度も1997年に起こったダイアナ妃事故死のニュースが流れていて、その事故が周囲に与えた衝撃の大きさが伺える。
    本作の監督ジャン=ピエーヌ・ジュネと、アメリ役の主演オドレイ・トトゥは「ロング・エンゲージメント」でもタッグを組んでいる。

タイトルとURLをコピーしました