映画『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

ルパン三世シリーズにとって、名脇役であるキャラクター達。そんなキャラクター達を主役に描いたスピンオフ作品の第3弾。次元大介、石川五ェ門と続き、今作では女怪盗峰不二子が主役。

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘の作品情報

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘

タイトル
LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘
原題
なし
製作年
2019年
日本公開日
2019年5月31日(金)
上映時間
56分
ジャンル
アニメ
サスペンス
アクション
監督
小池健
脚本
高橋悠也
製作
浄園祐
製作総指揮
不明
キャスト
栗田貫一
小林清志
沢城みゆき
宮野真守
半場友恵
製作国
日本
配給
ODS

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘の作品概要

『ルパン三世』シリーズに登場する、数多くの魅力的なキャラクター達。そんな、ルパン三世シリーズを見たことがない人でも知っている名物キャラクター達に焦点を当てた、スピンオフ作品。今作の主人公は、ルパン三世にとって敵か味方か分からない、これまで何度も痛い目に合わされているものの憎めない、女怪盗峰不二子。未だ多くの謎に包まれる彼女の、謎とその魅力に迫った一本。完成度の高さはこれまでの二つのスピンオフシリーズで証明済み。

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘の予告動画

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘の登場人物(キャスト)

ルパン三世(栗田貫一)
世界を股にかける大泥棒。狙ったものは必ず手に入れる。今作では、ジーンの持つ5億ドルを狙う。
次元大介(小林清志)
ルパンの相棒で、早打ちの名手。クールなガンマン。
峰不二子(沢城みゆき)
ルパンとは腐れ縁の、敵か味方かも分からない謎の女怪盗。財宝に目がない。
ジーン(半場友恵)
不二子と行動を共にする少年。父親の残した財宝の手がかりを握る。
ビンカム(宮野真守)
5億を狙う殺し屋。ジーンの父親を殺した張本人であり、呪いの力を操る。

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘のあらすじ(ネタバレなし)

その類稀なるルックスと頭脳で数多くの男を手玉に取ってきた女怪盗、峰不二子。あのルパン三世にとっても、敵か味方か、それまた恋人か、関係性が全く掴めない謎の女性である。そんな彼女は、現在ジーンという少年と行動を共にしていた。それは勿論、財宝のため。ジーンの父親であるランディが、5億ドルもの金を横領し、ジーンがその隠し場所の鍵を握っていたのだ。しかし、そんな二人をビンカムという男がつけ狙う。彼はランディを殺した殺し屋で、なんと呪いの力を駆使して人を操るという、とんでも無い男だった。さらに、そこに5億を狙うルパン一味も加わり、物語はどんどん加速していく。果たして、最後に笑うのは一体誰か。

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘の感想・評価

宮野真守演じる敵キャラ、ビンカム

1971年にシーズン1が放映されてから、休みを挟みながらも実に48年も人々から愛され続けるテレビアニメ『ルパン三世』。その長い歴史の中で、声優陣の殆どは入れ替わり、2011年には峰不二子、石川五ヱ門、銭形幸一の3人のキャストが一新されるという大幅な変更も行われた。その新キャストも、第一線で活躍する実力派ばかり。それだけ、ルパン作品に携わるということはレベルが高いのだ。これまでも、ルパン作品のゲストには石田彰、諏訪部順一などの豪華キャストが起用されてきた。そして、期待の集まる今回のゲストキャラクターは、紅白出場も果たし、今や声優の枠組みを超えて人気の高い宮野真守。宮野真守が演じるのは、呪いの力を駆使し不二子を追い詰める殺し屋、ビンカム。果たして宮野真守の演技が映画にどのような影響を及ぼすのか、要注目。

レギュラー陣も大集結

『ルパン三世』は、タイトルのとおりルパン三世を主人公に描かれた物語。その魅力的なキャラクターで多くの視聴者を魅惑してきたルパン。しかし、『ルパン三世』シリーズの魅力は、ルパン本人のみに留まらない。ルパン以外の登場キャラクター達も、ルパンに負けず劣らず魅力的なのだ。そのため、そういったキャラクター達に焦点を当てたスピンオフ作品の存在は、長年のファンにとっては嬉しい限り。本作の主人公である峰不二子をはじめ、次元大介や銭形幸一などのファンに愛され続けるキャラクター達が本作でも大集結。何年経っても進化し続けるルパン三世と、その登場人物の魅力に酔いしれよう。

謎深き女性、峰不二子の魅力

本作の主人公は、女怪盗で本シリーズのヒロインでもある峰不二子。類稀なる頭脳と外見に恵まれた彼女は、自らの魅力を理解し、色仕掛けでルパンを含め数多くの男性達を手玉に取っていく。それだけ聞くと、一歩間違えれば女性ファンから反感を買いかねない彼女だが、その実男性人気は勿論、女性人気も高いキャラクターである。最終的に彼女がルパンを裏切ることで痛い目にあうことが多いからか、そのお茶目な性格か、彼女自身にある揺らぎない美学があるからか、どうしても憎みきれない彼女。しかし、ルパン三世シリーズが40年以上放映されているにもかかわらず、彼女の本当の気持ちや正体など、未だ明らかになっていない謎も多い。そんな彼女の謎に、大きく迫った一本。

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘の公開前に見ておきたい映画

映画『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標

最新作は、『ルパン三世』に登場する名脇役キャラクター達の劇場版スピンオフシリーズの第三弾。その記念すべき第1本目が今作。主人公は、ルパンにとって唯一無二の存在でルパンに次いで登場回数の多い次元大介。まさに、第一弾に相応しいキャラクター。狙った物は必ず手に入れる、ルパン三世とその相棒である次元大介。彼らの次なる狙いは、東ドロアにあるという秘宝、リトルコメット。無事宝を手に入れる二人だったが、二人はいつもの如く警察に追われることとなる。そして、その最中次元が傷を負ってしまう。さらに、次元大介という名が刻まれた墓標が見つかるなど、彼らの前に不可思議な出来事が次々と起こる。そして、殺すターゲットの墓を事前に用意するという殺し屋、ヤエル奥崎が現れる。

詳細 LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標

CAT’S EYE キャッツ・アイ

最新作は、謎の女怪盗である峰不二子を主役に描いた物語。そして、日本においてもう1組有名な女怪盗といえば、この『キャッツ・アイ』。キャッツ・アイは、『シティーハンター』で有名な漫画家、北条司のもう一つの代表作。近年、世間を騒がせている謎の女怪盗集団、キャッツ・アイ。そんなキャッツ・アイに終始翻弄されていた刑事である内海俊夫は、長年彼女達を取り逃がしてきた失態から、左遷の危機に陥っていた。そんな彼を激励するのは、内海が務める警察署の前にある喫茶店のオーナーである来生瞳。しかし、その来生瞳を含む来生三姉妹こそが、キャッツ・アイの正体だったのだ。果たして、彼女達の目的とは一体。3人のタイプの違う美女達が、スクリーンを駆け回る。

詳細 CAT’S EYE キャッツ・アイ

ルパン三世

1971年のアニメ放送開始以降、数多くのアニメシリーズ、テレビスペシャル、映画が放送されてきたルパン三世。しかし、その中で実写化作品は、1974年に放送された『ルパン三世念力珍作戦』と本作だけ。本作の制作が決まった時、話題となったのがキャスティングが誰になるのか。これだけの人気作となれば、キャスティングを失敗すればファンから非難の声が上がること必至。その結果、ルパン三世に小栗旬、その他にも綾野剛や玉山鉄二、浅野忠信といった豪華キャストが勢ぞろい。勿論、最新作の主人公である峰不二子も登場。ルパンを翻弄する美女、峰不二子を演じたのはそのクールビューティさが人気の黒木メイサと、これまた完璧なキャスティング。アニメ映画とはまた違った魅力を楽しもう。

詳細 ルパン三世

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘の評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘のまとめ

長年、人々から愛され続けている『ルパン三世』シリーズ。もはや日本を代表するアニメといっても過言ではないシリーズに、最新作が登場。主人公だけでなく、魅力的なキャラクターも数多く登場し、彼等にスポットが当てられるのもルパンシリーズの魅力の一つ。今作の主人公は、ルパン三世にとって最愛の相手でありながらも、敵か味方か分からない女怪盗・峰不二子。未だに多くの謎に包まれた彼女の謎に迫る最新作。峰不二子のファンの人もそうでない人も楽しめる一本に仕上がっている。

この記事をシェアする