8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ごっこ』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

引きこもり、虐待。現代の日本でも日々ニュースになるほどの社会問題。今作は、そんな社会問題をテーマに描かれている問題作。大きな秘密と罪を抱え、その親子は幸せを手に掴むことができるのか。

スポンサーリンク

映画『ごっこ』の作品情報

ごっこ

タイトル
ごっこ
原題
なし
製作年
2017年
日本公開日
2018年10月20日(土)
上映時間
114分
ジャンル
ヒューマンドラマ
サスペンス
監督
熊澤尚人
脚本
熊澤尚人
高橋泉
製作
小松俊喜
製作総指揮
不明
キャスト
千原ジュニア
優香
平尾菜々花
ちすん
清水富美加
秋野太作
中野英雄
石橋蓮司
製作国
日本
配給
パル企画

映画『ごっこ』の作品概要

2010年から『スーパージャンプ』で連載されていた、小路啓之による漫画、『ごっこ』。引きこもりのニート城宮が、ふとしたキッカケから両親から虐待を受けている少女、ヨヨ子と出会う。そして、あろうことか城宮はヨヨ子を誘拐してしまうのだった。引きこもり、虐待、誘拐という現代でも社会問題となっているテーマを取り上げた問題作。そんな大きな反響を呼んだ話題作が、とうとう実写映画化。引きこもりであり誘拐犯でもある主人公を演じるのは、なんとテレビでは見ない日はないほどの人気芸人、千原ジュニア。難しい役どころを千原ジュニアがどう演じるのか、注目が集まる。

映画『ごっこ』の予告動画

映画『ごっこ』の登場人物(キャスト)

城宮(千原ジュニア)
40を手前にして、定職についていない情けない男。毎日に絶望していたが、ヨヨ子との出会いで人生が大きく変わる。
ヨヨ子(平尾菜々花)
城宮と共に生活している、5歳の少女。城宮のことを父親と呼ぶが…?
戸神マチ(優香)
城宮の幼馴染で婦人警官。城宮とヨヨ子の関係性を疑っている。

映画『ごっこ』のあらすじ(ネタバレなし)

大阪のとある場所にある小さな商店街。その商店街にひっそりと佇む寂れた帽子店に、一組の親子が暮らしていた。40歳の誕生日を間近に控えているものの、未だ定職に就かずにふらふらとしている中年男性、城宮、そして、愛嬌のある5歳の女の子、ヨヨ子である。二人は仲睦まじく暮らしていたが、実は彼らには誰にも知られてはならない大きな秘密があった。城宮がヨヨ子を連れて10数年ぶりに実家へ帰ったことをきっかけに、その秘密が少しずつ明らかになっていく。城宮の幼馴染であり、現在は警察官になっているマチが、ヨヨ子にとある疑いの目を向け始めたのである。そして、「ごっこ生活」を楽しんでいた二人の関係は、少しずつ崩壊を迎えていく…。

映画『ごっこ』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?
映画『ごっこ』のネタバレあらすじと感想。ストーリーを結末まで起承転結で分かりやすく簡単に解説しています。映画ライターや読者による映画感想も数多く掲載。

映画『ごっこ』の感想・評価

大人気芸能人、千原ジュニアの演技力

本作の主人公は、40を手前にして引きこもりのニートでありながら、5歳の少女をふとしたことから誘拐してしまうという男。そんな難しい役どころを演じるのは、なんと知らぬ者はいないであろう大人気芸人、千原ジュニア。実は、宮川大輔や今野浩喜、原田泰造など、映画界で活躍している芸人も少なくない。普段からコントなどで演技をしている故か、芸人には演技力の高い人が多いのである。しかし、脇役として芸人が出演することはあれど、主演、特にここまで難しい役どころを演じている作品はあまり見かけない。芸人としては誰もが認める才能を発揮する千原ジュニア。俳優としても、その才能を発揮することができるのか。千原ジュニアの演技に注目が集まる。

連載当時大きな話題を呼んだ強烈な設定

本作がメインのテーマとして取り扱っているのは、引きこもり、虐待、誘拐。ジャンプ系統の誌面で連載するには前代未聞の、あまりに重いテーマである。そのため、今作の連載が開始した当時、読者の中でも様々な意見が飛び交った。しかし、そういったテーマだからこそ、この作品はこれほど多くの読者を惹きつけ、とうとう実写映画化されるまでに至ったのである。連日ニュースで流れているとはいえ、それを自分に関係のある話として捉えている人はそういないだろう。今作をきっかけに、現在日本で生じている社会問題について考えることも、本作の楽しみ方の一つかもしれない。癖のある登場人物達を、個性的なキャスト陣がどう演じるかも注目である。

映画『ごっこ』の公開前に見ておきたい映画

映画『ごっこ』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。映画『ごっこ』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

桜と印籠

最新作、『ごっこ』で主演を務めているのは、大人気芸人、千原ジュニア。しかし、実は千原ジュニアは今作に至るまでに数多くの映画に出演している経験がある、立派な役者でもあるのだ。その中でも同じく芸人、板尾創路と共に主演を務めたのが本作である。かの有名な水戸黄門。そんな水戸黄門の息子は、助さん角さんと共に世直しの旅に出ていた。そして、旅の最中、一行は南町奉行暗殺事件と遭遇するのだった。彼らは少々抜けたところのある金さんと共に、事件解決のために奔走する。なぜ千原ジュニアが多くの映画に引っ張りだこなのかが分かる一本。今作で千原ジュニアの演技力を確認しておけば、安心して最新作に臨むことができること間違いなし。

詳細 桜と印籠

青天の霹靂

芸人が出演している映画は数多くあれど、脚本、監督の全てを芸人自身が行なっている作品はそう多くはない。その類稀なる感性で数多くのバラエティ番組に引っ張りだこのピン芸人、劇団ひとり。そんな劇団ひとりが2010年に執筆し、自身が監督を務め映画化されたのが本作。晴夫は、一流のマジシャンを目指しているものの、35歳になっても小さなマジックバーで働いている売れないマジシャンだった。そんな晴夫のもとに、ある日長年会っていない父親が死んだという連絡が入る。その時、晴夫は突如として晴天から落ちた雷に打たれてしまう。そして、なんと彼は過去へタイムスリップしてしまったのである。そこで彼が知ったのは、家族の愛情だった。冴えない中年男性が主人公という点も最新作と共通している一作。

詳細 青天の霹靂

八日目の蝉

角田光代による同名小説を2011年に実写映画化した作品で、その衝撃的なストーリーが大きな話題となった。主人公である野々宮希和子は秋山丈博という男の愛人だった。そんな希和子は、ある日秋山邸に忍び込む。そして、そこで彼女は運命的な出会いを果たすのだった。そこに寝ていたのは、秋山家の一人娘だった。その娘が希和子に笑いかけた時、なんと希和子は衝動的にその娘を誘拐してしまったのである。それから、その娘は希和子の娘として育てられることになるのだったが…?幼い子供を誘拐し、普通の親子を演じるという点で最新作と共通している作品。そのテーマ故に、見ていて心をえぐられる作品でもある。見る際には覚悟を決めて望むべき一本。

詳細 八日目の蝉

映画『ごっこ』の評判・口コミ・レビュー

映画『ごっこ』のまとめ

これまで、その重いストーリーから実写化は難しいとされていた、小路啓之による漫画、『ごっこ』。引きこもり、誘拐、虐待という非常に重いテーマを中心に描いているだけあり、見るには勇気がいる一本。しかし、重いだけでは終わらず、必ず見終わった後には学びと感動がある一作でもある。注目点はストーリー以外にも、その個性的な出演陣。芸人の千原ジュニアに、将来が期待されている子役である平尾菜々花、優香など、豪華なキャスト陣が肩を並べている。偽りの親子関係を経て、二人は幸せを掴むことはできるのか。家族とは血の繋がりか、それとも関係性によるものか。家族についても考えさせられる一本。この秋、新たな問題作が世間を騒然とさせる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開予定の映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

  1. GP 芳賀正光 より:

    映画「ごっこ」の見どころは…、
    何と言っても、この作品を通じて新たな映画名俳優が2人誕生したことです。
    既に、主演作がある千原ジュニアさんには失礼ですが、「ごっこ」で魅せる怪演ぶりは、芸人が役者に挑戦したと言う枠を遥かに超える素晴らしい演技です。優しさと狂気の温度差をご確認ください。
    そして、もう1人は
    千原ジュニアさんから天才子役だ!と言わしめた平尾菜々花さん。彼女の目ヂカラと言霊の強弱、身体からほとばしる喜怒哀楽。まさしく、天才子役と呼ばずに何と言う。
    映画は作品を楽しむのは当たり前のことですが、2人の演技を観に行くだけでも十分の価値があると信じて製作しました。
    物語のキーになる、優香さん、清水富美加さん。
    脇を固める、中野英雄さん、ちすんさん、秋野太作さん、石橋蓮司さん!すべての役者さんが自分の役を完璧に演じています。
    物語はもちろんのこと、役者陣の演技をじっくりとご覧ください。
    エンドクレジットで流れる主題歌『ほころびごっこ』(indigo la End)の映画への寄り添い方も素晴らしいです。
    歌詞に耳を立ててください。この楽曲が『ごっこ』の最後をきちんと飾ってくれます。

    映画『ごっこ』ゼネラルプロデューサー 芳賀正光

タイトルとURLをコピーしました