「ヒットマン エージェント:ジュン」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

かつて、裏社会で名を馳せた伝説的な殺し屋。しかし、そんな殺し屋は今では売れない漫画家になっていた!?コメディ映画が持つ力を信じているというチェ・ウォンソプが手がける、笑って興奮できる一作。

ヒットマン エージェント:ジュンの作品情報

ヒットマン エージェント:ジュン

タイトル
ヒットマン エージェント:ジュン
原題
Hitman: Agent Jun
製作年
2020年
日本公開日
2020年9月25日(金)
上映時間
110分
ジャンル
アクション
コメディ
監督
チェ・ウォンソプ
脚本
チェ・ウォンソプ
製作
不明
製作総指揮
不明
キャスト
クォン・サンウ
チョン・ジュノ
ファンウ・スルヘ
イ・イギョン
イ・ジウォン
ホ・ソンテ
製作国
韓国
配給
アルバトロス・フィルム

ヒットマン エージェント:ジュンの作品概要

人は見かけによらないと言った言葉があるが、まさしく、本作の主人公はそのタイプ。一見ただの売れない漫画家だが、実は元超凄腕の殺し屋!普通そんな人間は存在しないし、当然、彼の周りもそんな可能性を考え得るわけもない。そんな人間が、突如最強の力を発揮したら、周囲は戸惑いを隠せないだろう。最強の主人公であるジュン役には、様々な映画のジャンルで才能を発揮しているクォン・サンウを起用。アクションとコメディを見事に融合させた、チェコ・ウォンソプ監督による傑作。

ヒットマン エージェント:ジュンの予告動画

ヒットマン エージェント:ジュンの登場人物(キャスト)

ジュン(クォン・サンウ)
かつて裏社会で活躍していた、伝説的な暗殺者。自らの夢を叶えるべく、密かに裏社会から姿を消したが…?
ドッキュ(チョン・ジュノ)
対テロ保安局に務める鬼教官。ジュンが生きていることを確信し、彼が世に新たな物語を出す前に探し出そうとしている。

ヒットマン エージェント:ジュンのあらすじ(ネタバレなし)

ジュンは、売れない漫画家。日々の生活にも困窮するような彼には、とある秘密があった。実は彼は、15年ほど前まで超凄腕の殺し屋だったのだ。ジュンは、幼い頃国家情報院に拾われた。そして、その際にジュンという名前を与えられ、暗殺者となるべく訓練を積んでいたのだ。天賦の才があったジュンは、瞬く間に対テロ保安局のエースとして活躍することになる。しかし、彼には夢があった。それは漫画家になること。その夢をどうしても捨て切れなかったジュンは、とある任務中に自らの死を偽造し、裏社会から足を洗う。しかし、肝心の漫画家としては全く目が出ない日々。ある日、酒を飲みヤケクソになったジュンは、自らの殺し屋時代の話を漫画にしてしまったのだ。そして、なんとその漫画が大ヒット!しかし、その漫画がきっかけに、ジュンが生きていることが組織にバレてしまう。

ヒットマン エージェント:ジュンの感想・評価

監督が掲げるコメディ愛

本作の監督であるチェ・ウォンソプは、コメディ映画においてその才能を発揮してきた監督。これまで数多くの作品を手がけ、中でも、『There’s something about Boram』では観客賞を獲得するなどの人気を得ている。そんなウォンソプ監督は、一貫して熱いコメディ愛を掲げている。「コメディ映画の力を心底信じている」と公言しているウォンソプ監督が、今作にどれだけの熱量を注ぎ込んだかは想像に難くない。脚本、キャスティング、撮影の全てにウォンソプ監督なりの拘りが見て取れる。どの世代が見ても心から楽しめることを目的に作られた本作。誰よりもコメディを愛する男が全身全霊を込めて作り上げた、珠玉の一作である。果たしてそれらは、数多くのコメディ作品を見てきた視聴者のお眼鏡に適うだろうか。

クォン・サンウのために作り上げられた脚本

最新作の監督、脚本は全て、前述したチェ・ウォンソプが担当している。そして、本作の脚本は、クォン・サンウが主役を務めるという暫定の元作られたものなのだ。クォンがより輝き、クォンが演じるからこそ物語が成立するようなキャラクター性を、ウォンソプはジュンに持たせたのである。まさに、主人公のジュンは、クォンのために書き上げられたと言っても過言ではない。監督に出演を熱望され、自分のための脚本を書き上げてもらえる。まさに俳優冥利に尽きるというもの。クォンのために作られた役所なのであるから、ハマり役であることは勿論のこと。また、監督にそこまでさせるクォンの魅了とは一体なんなのか。是非、スクリーンで見極めよう。

ブランクのある最強の殺し屋

最新作の主人公は、裏社会で伝説として語られる殺し屋。しかし、それも遡ること15年前のこと。それからの彼は、売れない漫画家として、殺しとは全く無縁の生活を送っていたのだ。普通であれば、殺しの技術が鈍っていて当然。しかし、ジュンは少しばかり才能を持っている殺し屋とは全くレベルが異なるのだ。むしろ、大幅なブランクがあって、ようやっとその後ろ姿が見えてこようかと言ったレベル。15年も何もしていない人に太刀打ちできない現役プロもどうかとは思うものの、ジュンが別格という設定のため仕方がない。外見はおじさんであるものの、繰り出す技の一つ一つはキレッキレ。おじさま好きにとっても、たまらない作品に仕上がっている。

ヒットマン エージェント:ジュンの公開前に見ておきたい映画

映画『ヒットマン エージェント:ジュン』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『ヒットマン エージェント:ジュン』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

一度も撃ってません

凄腕の殺し屋に立って、やりたいことはある。最新作と本作に登場する殺し屋のやりたいことは共通して作家業。最新作では、主人公は裏社会から足を洗い漫画家になっており、本作では本業である小説家活動が全く上手くいかないため、仕方なく裏稼業に身を置いているという設定。しかし、殺し屋達にはそう簡単に安寧は訪れない。さらに、本作の殺し屋は一風変わっている。なんと、裏世界では伝説的な存在になっているにも関わらず、タイトルからも分かるように一度も人を撃ったことがないのである。そんな彼がなぜ超凄腕と呼ばれているのが、本作を観て確認してみよう。主役を名バイプレイヤーとして活躍している石橋蓮司が担当。その周りを固める俳優陣もベテランばかりという豪華な一作。

詳細 一度も撃ってません

ジョン・ウィック

例え、裏社会に長らく身を置いていた人間だとしても、必ずそのまま一生そこに在籍し続けるわけではない。最新作の主人公のように自分のやりたいことを見つけた時、そして、本作の主人公のように愛する人を見つけた時など、転機は訪れる。しかし、決して闇は彼らをそのままにしてはくれない。彼らがあまりに優秀であったが故に、裏社会が彼らを放って置かないのだ。ジョン・ウィックは、かつて裏社会で知らぬ者はいないほどの伝説的な殺し屋だった。しかし、最愛の女性ヘレンと出会ったことで、表社会で生きていく決意を固める。しばらくしてヘレンが先立ち、彼女が遺した犬に救われるジョン。しかし、とあるチンピラが、ジョンの大切な車を盗んだ挙句、心の拠り所である犬まで殺していき…?ジョン・ウィックの、過激な復讐劇が幕を開ける。

詳細 ジョン・ウィック

マルチュク青春通り

最新作の主演を務めているクォン・サンウは、韓国を拠点に活動している俳優。44歳を迎えた彼は、コメディからアクションまで、幅広いジャンルで活躍できる俳優。まさに、最新作向けの俳優であると言える。そんなクォンの出世作が今作。舞台は、ソウルのマルチュク通りにあるとある高校。ある時、その高校にブルース・リーに憧れている少年、ヒョンスが転校してくる。しかし、彼が組分けされてしまったのは、問題児ばかりが集まる危険なクラスだった。その中の番長的存在であるウシクと交流を深めたヒョンス。毎日を楽しく過ごしていたヒョンスだったが、ある日通学途中、ウンジュという女子高生と鉢合わせる。そして、それは彼にとって運命的な出会いだったのだった。

詳細 マルチュク青春通り

ヒットマン エージェント:ジュンの評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

ヒットマン エージェント:ジュンのまとめ

コメディ映画は、見た目よりも難しいジャンルである。肝心のコメディシーンがくどすぎれば鼻につくし、そもそも人を確実に笑わせる、ということは一流の芸人でも難しいこと。含まれるコメディ量の塩梅が、コメディ映画の是非を左右すると言っても過言ではない。その塩梅が、本作はピカイチ。アクション映画として手に汗握るハラハラした展開もありつつ、視聴者を和ませるようなコメディシーンもあり、アクションとコメディのバランスが非常にいい一本。やはり、コメディ愛を堂々と掲げている監督なだけある。くどすぎるコメディ映画が苦手という人でも楽しめる作品に仕上がっている。

この記事をシェアする