9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『キネマの神様』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

円山郷直はギャンブル好きで、自由奔放な人物だった。ダメな父親、ダメな夫として、妻子からは愛想を尽かされていた。そんな彼が一番愛しているのは、映画だった。若かりし頃、郷直は監督になることを夢見ながら奮闘していた。

スポンサーリンク

映画『キネマの神様』の作品情報

キネマの神様

タイトル
キネマの神様
原題
なし
製作年
2021年
日本公開日
2021年8月6日(金)
上映時間
125分
ジャンル
ヒューマンドラマ
監督
山田洋次
脚本
山田洋次
朝原雄三
製作
房俊介
阿部雅人
製作総指揮
不明
キャスト
沢田研二
菅田将暉
永野芽郁
野田洋次郎
北川景子
寺島しのぶ
小林稔侍
宮本信子
製作国
日本
配給
松竹

映画『キネマの神様』の作品概要

松竹映画100周年記念作品。原田マハ原作の長編小説を元に制作されている。歌手の沢田研二と俳優の菅田将暉が、主人公・円山郷直の現在の姿と青年期をそれぞれ演じている。永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、小林稔侍など、豪華なキャストが集結している。国民的人情ドラマ『男はつらいよ』シリーズを手掛けたことでも有名な山田洋次がメガホンを取った。「RADWIMPS feat.菅田将暉」の楽曲『うたかた歌』が、主題歌に起用されている。

映画『キネマの神様』の予告動画

映画『キネマの神様』の登場人物(キャスト)

円山郷直(老年期:沢田研二 / 青年期:菅田将暉)
通称、ゴウ。ギャンブル好きで、自由奔放な性格。家族から愛想を尽かされている。若い頃、映画監督を夢見ていた。
円山淑子(老年期:宮本信子 / 青年期:永野芽郁)
若い頃、食堂の看板娘だった。周囲に心配されながらも、円山郷直と結婚する。
寺林新太郎(老年期:小林稔侍 / 青年期:野田洋次郎)
通称、テラシン。円山郷直の親友。若い頃、映写技師として働いていた。その時、淑子に思いを寄せていた。現在は名画座の館主。

映画『キネマの神様』のあらすじ(ネタバレなし)

円山郷直はギャンブル好きで、自由気ままに暮らしていた。家族からは愛想を尽かされているダメな父親、ダメな夫だった。そんな郷直が一番愛していたのが、映画だった。

若い頃、郷直は監督になることを夢見ながら、助監督として映画の制作に携わっていた。親友で映写技師の寺林新太郎、食堂の看板娘である円山淑子と語り合う日々は、キラキラと輝いていた。

夢が叶い、郷直が監督を務める映画が制作されることになった。しかし、転落事故によって怪我をしてしまい、途中で撮影を諦めてしまう。郷直は自暴自棄になった。淑子は郷直を放っておくことができず、周囲の心配を余所に彼の傍を離れなかった。

約50年の月日が流れた。周囲の心配通り、妻となった淑子は自由奔放な郷直に苦労していた。そんなある日、郷直の孫の勇太が一冊の脚本を見つける。

映画『キネマの神様』の感想・評価

松竹映画100周年記念作品

松竹映画100周年記念作品。「松竹」が製作または配給した作品には、以下のようなものがある。三國連太郎×西田敏行が共演していることでも話題の映画『釣りバカ日誌』シリーズ、大人から子供まで幅広い年代から愛されているアニメーション映画『機動戦士ガンダム』シリーズ、大人気特撮映画『ウルトラマン』シリーズなど。

本作は原田マハ原作の小説を元に制作された作品である。原田マハの小説家デビュー作となる『カフーを待ちわびて』は、「第1回日本ラブストーリー大賞」を受賞しており高く評価された。2009年2月に玉山鉄二が主演を務め、映画化もされている。その他、「第25回山本周五郎賞」を受賞している小説『楽園のカンヴァス』や、「第161回直木賞」の候補に選出された小説『美しき愚かものたちのタブロー』などの作品を手掛けている。

沢田研二×菅田将暉が同一人物を熱演!

主人公・円山郷直の青年期を演じたのは、実力派俳優の菅田将暉。コメディアンの志村けんが老年期を演じるはずだったが、新型コロナウイルスに感染したことをきっかけに降板している。彼の思いを受け継いだのは、歌手の沢田研二。二人はバラエティ番組『8時だョ!全員集合』で共演していた他、舞台やラジオなどで一緒に仕事をしていた縁がある。

円山郷直の妻・円山淑子の老年期を演じたのは、宮本信子。青年期を人気女優の永野芽郁が演じている。円山郷直の親友で良き理解者の寺林新太郎の老年期を演じたのは、小林稔侍。青年期をロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎が演じている。その他、女優の桂園子役は北川景子、円山郷直の娘・歩役は寺島しのぶ、円山郷直の師匠・出水監督役はリリー・フランキーがそれぞれ務めている。

数々のヒット作を手掛ける山田洋次監督

本作の監督&脚本を担当したのは、山田洋次。多岐川恭原作の短編小説を元に制作された映画『二階の他人』(1961)で監督デビューを果たす。国民的人気映画『男はつらいよ』シリーズ、名俳優の高倉健が主演を務めた映画『幸福の黄色いハンカチ』(1977)、作・やまさき十三&画・北見けんいち原作の釣り漫画を元に制作された映画『釣りバカ日誌』シリーズなどを手掛けている。1996年に紫綬褒章、2004年に文化功労者、2012年に文化勲章を受章しており、ファンだけでなく同業者からも一目置かれている人物である。2011年には監督生活50周年を迎え、現在も第一線で活躍し続けている。

本作の主人公は、ギャンブル好きで家族に迷惑をかけているダメな男・円山郷直。彼は一体どんな人生を歩んできたのか?そして、これから彼はどんな人生を歩んでいくことになるのか?青春時代と年を重ねた現在の姿を交えながら、物語が紡がれていく。

映画『キネマの神様』の公開前に見ておきたい映画

映画『キネマの神様』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。映画『キネマの神様』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

男はつらいよ お帰り 寅さん

山田洋次が監督・原作・脚本を担当した。国民的人気映画『男はつらいよ』シリーズの通算50作品目であり、50周年記念となる作品。ロックバンド「サザンオールスターズ」の桑田佳祐が、オープニング主題歌を担当した。倍賞千恵子、吉岡秀隆、後藤久美子、前田吟、浅丘ルリ子など、映画『男はつらいよ』シリーズと縁が深いキャストが集結している。

小説家の諏訪満男は数年前に妻を亡くし、娘のユリを男手一つで育てていた。ある日、書店で開いたサイン会で、初恋の相手であるイズミと再会する。イズミは結婚し、ヨーロッパで生活していた。満男は久しぶりの再会に複雑な思いを抱きながらも、妻が他界したことは明かさないことにした。その時、ふと伯父の寅さんのことが頭に浮かんだ。

詳細 男はつらいよ お帰り 寅さん

幸福のスイッチ

沢田研二は小さな電器屋を営む稲田誠一郎役で出演しており、「第16回日本映画批評家大賞 主演男優賞」を受賞している。安田真奈が監督・原案・脚本を担当した。ぶつかり合う親子が絆を深めていく様子を描いた心温まる物語。本上まなみが稲田家の長女・瞳、上野樹里が稲田家の次女・怜、中村静香が稲田家の三女・香役をそれぞれ務めている。

稲田誠一郎は町の小さな電器屋を営み、儲けよりもお客様のことを大切にしていた。次女の怜はそんな父の誠一郎のことが嫌いで、親子の仲は最悪だった。ある日、上京していた怜は長女が倒れたとの連絡を受け、急いで実家に戻った。だが、倒れたのは姉ではなく父の誠一郎だった。怜は話の流れから、父の代わりに電器屋の仕事をすることになる。怜は嫌厭していた電器屋の仕事を通して、今まで気づかなかった父の愛と思いを知ることになる。

詳細 幸福のスイッチ

菅田将暉が女優の小松菜奈と主演を務めた作品で、興行収入22億円を超える大ヒットを記録した。シンガーソングライターの中島みゆきの楽曲『糸』から着想を得て制作された作品。瀬々敬久が監督を務め、林民夫が脚本を執筆した。ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のボーカルを務める片寄涼太が、友情出演している。

高橋漣は同い年の園田葵に恋をした。園田葵の家庭環境は複雑で、彼女は母親の恋人から暴力を振るわれていた。漣は葵を連れて逃げるが、未成年だったこともあり、すぐに警察に保護されてしまう。その結果、二人は離れ離れになってしまった。数年後、大人になった漣は、友人の結婚式で葵と再会する。だが、二人の道が交わることはなく、それぞれの生活へと戻っていった。

詳細

ロラックスおじさんの秘密の種

志村けんが主人公のロラックスおじさんの日本語吹き替えを担当している。ドクター・スース原作の児童書『The Lorax』を元に制作された作品。映画『怪盗グルー』シリーズに監督や製作総指揮として携わっているクリス・ルノーと、アニメーターのカイル・バルダが監督を務めた。

スニードヴィルと呼ばれる町は、木や花など全てがプラスチックで出来ている町だった。その町で暮らすオードリーは、本物の生きている木を見るのが夢だった。テッドはオードリーのことが大好きだったので、彼女を喜ばせるために生きている木を探すことにした。そして、秘密を握るワンスラーに出会う。ワンスラーは後悔しているある出来事をテッドに語って聞かせた。果たして、テッドは生きている木を見つけることができるのだろうか?

詳細 ロラックスおじさんの秘密の種

映画『キネマの神様』の評判・口コミ・レビュー

映画『キネマの神様』のまとめ

松竹映画100周年記念作品で、原田マハ原作の小説を元に制作された作品。ギャンブルに嵌まるダメな男を主人公に、友情や家族愛が感じられる心温まる物語になっている。緊急事態宣言を受けて撮影が一時中断されるなど、本作は様々な困難に見舞われた。撮影チーム一丸となって困難を乗り越え、満を持して2021年8月6日に作品が公開されることになった。志村けんの思いを受け継ぎ代役を務めることになった沢田研二と、主人公の青年期を演じている菅田将暉の演技には特に注目してもらいたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開予定の映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました