8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

ハリウッドを代表する人気シリーズ、『ワイルド・スピード』の第9作目が爆誕。本作では、なんとドミニクの弟が登場。立ち塞がる血の繋がった家族を前に、果たしてドミニクはどうするのか。

スポンサーリンク

映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』の作品情報

ワイルド・スピード ジェットブレイク

タイトル
ワイルド・スピード ジェットブレイク
原題
Fast & Furious 9
製作年
2021年
日本公開日
2021年8月26日(木)
上映時間
不明
ジャンル
アクション
監督
ジャスティン・リン
脚本
ダン・ケイシー
製作
ニール・H・モリッツ
ビン・ディーゼル
ジェフ・キルシェンバウム
ジョー・ロス
ジャスティン・リン
クレイトン・タウンゼント
サマンサ・ビンセント
製作総指揮
不明
キャスト
ビン・ディーゼル
ミシェル・ロドリゲス
タイリース・ギブソン
クリス・”リュダクリス”・ブリッジス
ジョーダナ・ブリュースター
ナタリー・エマニュエル
サン・カン
ヘレン・ミレン
製作国
アメリカ
配給
東宝東和

映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』の作品概要

『ワイルド・スピード』シリーズが誕生したのは、2001年のこと。なんと、『ワイスピ』シリーズは、本年で記念すべき20周年を迎えたのだ。ハリウッドを代表するロングシリーズとなった『ワイスピ』。しかし、そんなことを感じさせない、常に新しさを求めるチャレンジングな姿勢は、人々を圧倒させ続けている。9作目とかなり進んでいる本シリーズ。初見の人は、今更手を出しにくいと躊躇ってしまうかもしれない。しかし、『ワイスピ』シリーズは初見の人でも楽しめるように、様々な配慮がされている。勿論、1作目から追いかけた方がより楽しめるだろうが、本作を皮切りに、過去作に手を出すのもいいだろう。新たな世界に足を踏み込むのに、遅すぎるということは決してない。

映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』の予告動画

映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』の登場人物(キャスト)

ドミニク・トレット(ビン・ディーゼル)
超一流のレーサーで、仲間をまとめるリーダー的存在。仲間のことをファミリーと呼び、何よりも大切にしている。
レティ・オルティス(ミシェル・ロドリゲス)
ドミニクの恋人。レーサーとしての腕も超一流。血の繋がらない息子、ブライアンと3人で穏やかな時間を過ごす。
ジャック・トレット(J・D・パルド)
ドミニク達の前に立ちはだかった敵。一流のカーレーサー且つ暗殺者で、ドミニク実の弟。とある組織に所属している。

映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』のあらすじ(ネタバレなし)

最愛の人レティと、息子ブライアンと3人で穏やかな暮らしを満喫していたドミニク。しかし、その穏やかな日々も長くは続かなかった。彼らの仲間がピンチに陥ったのだ。集合したドミニクファミリー。彼らが見つけたのは、世界中のコンピューターを操作できるという、恐るべき力を持った装置だった。しかし、その装置が突然の襲撃者によって奪われてしまう。そして、その襲撃者こそがドミニクの実の弟、ジェイコブだったのだ。ジェイコブは、一流のドライバーでありながら凄腕の殺し屋という人物だった。ジェイコブはとある国の独裁者組織に籍を置いており、その組織が世界を掌握するための恐るべき陰謀を企てていたのだ。果たして、ドミニクは血の繋がった弟を倒すことができるのか。

映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』の感想・評価

格上のカーアクション

ハリウッド映画にカーアクションはつきもの。特にアクション映画ともなると、至る所にカーアクションシーンが見受けられる。『ダークナイト』や『MIP』シリーズなど、名作と呼ばれる様々な作品も、かなりの時間をカーアクションに割いている。手に汗握る駆け引き、ギリギリの命のやり取りが、見ている者の心を掴むのだろう。しかし、そんな数多くあるカーアクション映画の中でも、本シリーズは別格。舞台がヨーロッパから東京など、世界を股にかけるのは当然として、何と、空を舞台にした作品も存在するのだ。車と空とは無縁のように思われるが、本シリーズではそんな常識は通用しない。信じられないという人は、ぜひ過去作と併せて見てみよう。

血の繋がりが、心の繋がりか

本シリーズにおいて、『家族』という存在は非常に重要な要素となっている。主人公のドミニクは、複雑な家庭環境で育った。その分、家族という繋がりに誰よりも憧れてきたのだ。そんなドミニクは、実妹であるミア以外にも、ブライアンやハンなど、次々と大切な仲間を得てきた。そして、彼らを家族として、共に時を刻んできたのだ。例え血は繋がっていなくとも、その絆は本物。だが、なんと本作では、ドミニクと本当に血の繋がった兄弟が登場する。しかし、ようやく巡り会えた本当の家族は、ドミニクの敵として立ちはだかるのだ。血の繋がりが、心の繋がりか。果たして、ドミニクはどちらを選ぶのか。

マニア歓喜の車達

『ワイスピ』シリーズといえば、欠かすことができないのが車。本作には、多種多様の車が次々と登場する。車に詳しくない人にとっては、ただカッコいいだけで終わってしまうかもしれないが、車好きからすればそのラインアップはあまりに魅力的。なんと、メインとはあまり関係ない、ちょっとしたテイクに数千万円もする車が使われていたりするのだ。大人気シリーズだからこそできる、大胆な予算の使い方である。スタッフ陣がこだわりを持って選び取った、それぞれのキャラクターに相応しい車ばかりがあてがわれているのだ。なぜその車がその登場人物にあてがわれているのか、自分で車を調べたり作成陣のインタビューなどを見ると、本シリーズがより楽しめることだろう。

映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』の公開前に見ておきたい映画

映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

ワイルド・スピード

後述するスピンオフ作品も含めると、計9作ものシリーズが発表されている『ワイルド・スピード』シリーズ。そんな大人気シリーズの原点が本作。20年前の作品であるため、まだ若々しいキャスト陣が新鮮。今は亡きポール・ウォーカー演じるブライアン・オコナーとビン・ディーゼルが演じるドミニカがどのようにして出会い、家族がどのようにして増えていったのかが描かれる。潜入捜査官であるブライアンは、捜査のためドミニクという男と接触を試みていた。しかし、ドミニクの誠実な人柄と行動に惹かれ、彼らは少しずつ親交を深めていく。さらに、ドミニクの妹であるミアとも親密になっていき…?本作を見なければ、『ワイスピ』シリーズは語れない。

詳細 ワイルド・スピード

ワイルド・スピード スーパーコンボ

ワイルド・スピードの主人公は、皆から愛されるスーパーレーサー、ドミニク。だが、ドミニク以外の登場人物を主人公とする作品も存在する。『ワイスピ』シリーズ3作目が有名であるが、本作もその一つ。本作の主人公は、これまでのワイスピシリーズにも何度も出演している、ホブスとショウ。元DSS捜査官であるホブスと、元MI6のエージェントでありながら犯罪行為に手を出していたショウ。対立する2人の関係は、案の定最悪。いつもいがみあってばかりの2人だが、なんと、2人でタッグを組んでのミッションを言い渡されてしまう。ジェイソン・ステイサムとドウェイン・ジョンソンという、現在のハリウッドを代表するアクション俳優がW主演を務めた、非常に豪華な一本。

詳細 ワイルド・スピード スーパーコンボ

トランスポーター

前述したように、ハリウッドには数多くのカーアクション映画が存在する。その中でも最新シリーズは圧倒的知名度を誇っている。そんな『ワイスピ』シリーズに負けず劣らず人気なのが本シリーズ。今やアクションスターとして名を馳せているジェイソン・ステイサムを、一躍スターダムに押し上げたシリーズでもある。タイトルであるトランスポーターとは、運び屋という意味。主人公のフランクは超凄腕のトランスポーター。自らに、依頼者の名前は聞かない、契約厳守、依頼品を開けないという3つのルールを課し、これまであらゆる難解な依頼でもこなしてきた。しかし、ある仕事中、フランクは自身が運んでいる荷物が動いていることに気がつく。そして、フランクは自らのルールを破り、その鞄の中身を見てしまうのだった。そこから、彼の順風満帆な運び屋としての人生が大きく変わっていくことになる。

詳細 トランスポーター

映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』の評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

映画『ワイルド・スピード ジェットブレイク』のまとめ

車に興味がないという人もいるだろう。特に、男性よりも女性にその傾向が多いように思われる。そういった人にとって、カーアクション映画というものは、あまり心躍るジャンルではないだろう。しかし、だからといって本作を『食わず嫌い』はしないで欲しい。確かに、本シリーズは間違いなくカーアクション映画であり、その殆どの時間をカーチェイスに割いている。しかし、本シリーズの魅力はカーチェイスだけではない。多くの魅力的な登場人物や、観客を飽きさせることない手に汗握るストーリー展開。『ワイスピ』シリーズには、様々な魅力があるのだ。カーアクション映画という点を抜きにしても非常にクオリティの高い作品であるため、普段そういった作品を見ない人にも是非挑戦して欲しい一本。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開予定の映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました