「前田建設ファンタジー営業部」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

2003年。ドイは前田建設工業の広報グループの一員として働いていた。ある日、グループリーダーのアサガワの発案を元に、「マジンガーZの地下格納庫」を実際に建設したらどうなるのか検証する一大プロジェクトが始動する。

前田建設ファンタジー営業部の作品情報

前田建設ファンタジー営業部

タイトル
前田建設ファンタジー営業部
原題
なし
製作年
2020年
日本公開日
2020年1月31日(金)
上映時間
115分
ジャンル
コメディ
ヒューマンドラマ
青春
監督
英勉
脚本
上田誠
製作
川城和実
岐部一誠
有馬一昭
門田庄司
篠田学
製作総指揮
濱田健二
キャスト
高杉真宙
上地雄輔
岸井ゆきの
本多力
町田啓太
山田純大
鈴木拓
水上剣星
製作国
日本
配給
バンダイナムコアーツ、東京テアトル

前田建設ファンタジー営業部の作品概要

実在する建設会社・前田建設工業株式会社のWEB企画「前田建設ファンタジー営業部」を元に制作された作品。「アニメ『マジンガーZ』の地下格納庫を実際に建設すればどうなるのか?」リアルな費用、設計図、材料などを算出するために奮闘するサラリーマン達の姿が描かれている。ホラーからラブコメディまで幅広いジャンルの作品を手掛けている英勉がメガホンを取り、テレビやラジオの企画・構成も手掛けている上田誠が脚本を執筆した。

前田建設ファンタジー営業部の予告動画

前田建設ファンタジー営業部の登場人物(キャスト)

ドイ(高杉真宙)
前田建設工業、広報グループの一員。若手社員。冷静な性格。
ベッショ(上地雄輔)
前田建設工業、広報グループの一員。ドイの先輩。優柔不断な性格。
エモト(岸井ゆきの)
前田建設工業、広報グループの一員。やる気がない。
アサガワ(小木博明)
前田建設工業、広報グループの一員でリーダー。熱血漢。一大プロジェクトの発案者。

前田建設ファンタジー営業部のあらすじ(ネタバレなし)

2003年。ドイは前田建設工業の広報グループの一員として働いていた。ある日、グループリーダーのアサガワがやって来て、「マジンガーZの地下格納庫は造れると思うか」と問いかけてきた。ドイが困惑する中、同グループのベッショ、エモト、チカダを巻き込み、「マジンガーZの地下格納庫」を建設した際のリアルな費用、設計図、材料などを算出して検証するWEB連載が企画されることになった。

建設業界の未来を懸けた一大プロジェクトが始動した。昔のアニメの物だから簡単に造れるだろうと思っていたが、立坑掘削、水圧、ジャッキアップ、ゲートの開閉ギミックなど予想外の問題が次々に立ちはだかる。始めはやる気がなかったドイも、土質担当のヤマダやベテラン機械グループ担当部長のフワなどを巻き込み、プロジェクトを成功させようと奮闘した。

前田建設ファンタジー営業部の感想・評価

実在する建設会社・前田建設工業株式会社

前田建設工業株式会社は実在する建設会社である。本作は前田建設工業株式会社の広報グループがWEB企画の一貫として始めたプロジェクトを元に制作されている。

「前田建設ファンタジー営業部」はWEB企画の名称のことである。アニメや漫画の世界に存在する建造物を実際に建設することになったらどうなるのかという問題を提起し、設計、工期、費用などをリアルに算出している。「前田建設ファンタジー営業部」は本作で描かれている「マジンガーZの地下格納庫」だけではなく、「銀河鉄道999の高架橋」や「機動戦士ガンダム地球連邦軍基地ジャブロー」など様々な作品の建造物に注目しており、費用などを算出している。ちなみに、「マジンガーZの地下格納庫」は6年5か月の工期がかかり、72億円の工事金額がかかる。

「意味のない」ことだけれども「夢のある」ことに真摯に向き合った人達の姿が描かれているため、大人から子供までワクワクすること間違いない!

『マジンガーZ』の地下格納庫

『マジンガーZ』は永井豪原作の少年漫画で、1972年10月~1973年8月まで週刊少年ジャンプで連載されていた。漫画と同時期にテレビアニメ化も行われており、1972年12月からフジテレビ系列で放送されていた。また、日本だけでなくヨーロッパを初め世界各国で放送されており、大きな支持を集めている。

『マジンガーZ』は天才科学者・兜十蔵博士が地球を守るために生み出した巨大なロボット、「マジンガーZ」を中心にした物語が描かれている。地下格納庫はその巨大ロボットを収納している場所で、「マジンガーZ」が出撃する際に登場する。汚水処理場の中心が左右に分かれ「マジンガーZ」が出撃するシーンは迫力があり、特に人気のシーンである。

個性的なキャストが一堂に会した

主演を務めたのは、『半次郎』(10)で映画初出演を果たした若手俳優の高杉真宙。前田建設工業株式会社の広報グループのメンバーで、WEB連載の一大プロジェクトに立ち向かうことになった若手社員のドイを演じた。

ドイの先輩で優柔不断な男・ベッショを演じたのは、歌手としても活躍している上地雄輔。映画『クローズ ZERO』(07)や映画『漫才ギャング』(10)などの話題作に出演している。そして、プロジェクトの発案者でドイの上司でもあるアサガワを演じたのは、お笑いコンビ「おぎやはぎ」のボケを担当している小木博明。

NHK連続テレビ小説『まんぷく』に出演していた岸井ゆきのやテレビ朝日系列で放送されている『相棒』シリーズに出演していた六角精児など、個性的なキャストが出演している。

前田建設ファンタジー営業部の公開前に見ておきたい映画

映画『前田建設ファンタジー営業部』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『前田建設ファンタジー営業部』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

ヒロイン失格

英勉監督の代表作。幸田もも子原作の少女漫画を元に制作された。桐谷美玲が変顔をしながら主人公の松崎はとりを演じたことでも大きな話題を集めた。山﨑賢人が幼馴染の寺坂利太を演じ、坂口健太郎がはとりに興味を抱くイケメンの弘光廣祐を演じた。ポップシンガーの西野カナが主題歌を担当しており、脚本を読んで制作された楽曲『トリセツ』が起用されている。

松崎はとりは長い間、幼馴染の寺坂利太に思いを寄せていた。きっと自分が利太の彼女になれると信じていたが、利太は他の女の子と付き合うことを決めてしまう。はとりは諦めることができず、利太と恋人の仲を引き裂こうとするが上手くいかなかった。そんな時、「恋愛は思い込み」だと発言する、イケメンの弘光廣祐に出会う。

詳細 ヒロイン失格

賭ケグルイ

英勉が監督を務め、高野水登と共に脚本を手掛けた作品。高杉真宙が主要人物の1人・鈴木涼太を演じている。河本ほむら原作・尚村透作画による学園&賭博漫画を元に制作された。シリーズ累計発行部数500万部を超える人気作で、ギャンブルの強さによって階級が決まる私立百花王学園が物語の舞台になっている。

名門校・私立百花王学園に、女子高生ギャンブラーの蛇喰夢子が転校してきた。蛇喰はギャンブルに強く、学園で一躍有名になった。そんなある日、「生徒代表 指名選挙」が開催されることになる。生徒代表に選ばれれば、活動資金として賞金3億円が与えられた。その一方で、非ギャンブル・生徒会への不服従を誓う「ヴィレッジ」という団体が台頭していた。

詳細 賭ケグルイ

漫才ギャング

上地雄輔の代表作で、佐藤隆太と共に主演を務めた。「第35回日本アカデミー賞・新人俳優賞」を受賞している。お笑いコンビ「品川庄司」のボケ担当の品川ヒロシ原作の小説を元に制作された。原作者の品川自身が監督・脚本を務めている。上地は遊助名義で挿入歌も担当している。

売れないお笑い芸人の黒沢飛夫は、お笑いで頑張っていくために恋人と別れた。だが、相方にコンビの解散を告げられ、オタクと借金取りに絡まれてしまう。さらに、留置所に入れられ、人生のどん底を体験する。そんな時、留置所で完璧な突っ込みをする、超不良の鬼塚龍平と出会う。黒沢は鬼塚にコンビを組んで欲しいと頼んだ。2人はお笑いコンビ「ドラゴンフライ」を結成し、舞台に立った。

詳細 漫才ギャング

前田建設ファンタジー営業部の評判・口コミ・レビュー

前田建設ファンタジー営業部のまとめ

バブル崩壊後の2003年が舞台になっている。「マジンガーZの地下格納庫を造れるか」という「夢はある」けど「意味はない」問題に対して、全力で取り組んでいる前田建設工業の社員達の姿が描かれている。馬鹿馬鹿しさを感じながらも、サラリーマン達の熱い思いに感動を覚えるはずである。若手俳優の高杉真宙を中心に、上地雄輔、岸井ゆきの、六角精児、小木博明など個性的なキャストの演技がキラリと光る作品になっている。特に一大プロジェクトの発案者で熱血な男を演じた小木博明の演技に注目してもらいたい。

この記事をシェアする