「ミッドナイトスワン」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

ある日、トランスジェンダーの凪沙は、親戚の子供である桜田一果を預かることになる。一果は母親から虐待されながら育った女の子だった。始めは一果に対して素っ気ない態度を取る凪沙だったが、一緒に過ごすうちに気持ちに変化が生まれてくる。

ミッドナイトスワンの作品情報

ミッドナイトスワン

タイトル
ミッドナイトスワン
原題
なし
製作年
2020年
日本公開日
2020年9月25日(金)
上映時間
不明
ジャンル
ヒューマンドラマ
監督
内田英治
脚本
内田英治
製作
森谷雄
森本友里恵
製作総指揮
飯島三智
キャスト
草なぎ剛
服部樹咲
田中俊介
吉村界人
真田怜臣
上野鈴華
佐藤江梨子
平山祐介
製作国
日本
配給
キノフィルムズ

ミッドナイトスワンの作品概要

内田英治がメガホンを取り、オリジナル脚本で制作された作品。トランスジェンダーの凪沙と母親から虐待され愛を知らずに育った少女・桜田一果との繊細な愛が描かれた物語。実力派俳優の草なぎ剛が主演を務め、トランスジェンダーとして生きることに複雑な思いを抱える凪沙という難しい役に挑戦している。オーディションを勝ち抜いた新人女優の服部樹咲が、桜田一果役に大抜擢された。水川あさみ、佐藤江梨子、田口トモロヲら、豪華キャストが脇を固めている。

ミッドナイトスワンの予告動画

ミッドナイトスワンの登場人物(キャスト)

凪沙(草なぎ剛)
トランスジェンダー。新宿にあるニューハーフショークラブ「スイートピー」で働いている。
桜田一果(服部樹咲)
母から虐待(育児放棄)されながら育つ。愛を知らず、孤独を抱えている。バレリーナとしての才能がある。

ミッドナイトスワンのあらすじ(ネタバレなし)

トランスジェンダーの凪沙は、新宿にあるニューハーフショークラブ「スイートピー」で働いていた。ある日、親戚の子供である桜田一果を預かることになる。一果は母の早織に虐待され、愛を知らないまま育った女の子だった。

一果は叔父の凪沙がトランスジェンダーだと知らなかったため、衝撃を受ける。学校ではそのことについてクラスメイトからからかわれ、浮いた存在となる。そんな時、バレエ教室を開いている片平実花に出会う。一果はバレエ教室に通うようになるが、凪沙にそのことを打ち明けることができなかった。

一果は月謝を稼ぐために違法なバイトを行うが、警察に見つかってしまい、凪沙に全てバレてしまう。凪沙は踊る一果の姿を見て、才能があることに気づく。一果がバレリーナになれるよう、応援することにした。

ミッドナイトスワンの感想・評価

孤独を抱える二人

物語の主人公は、新宿にあるニューハーフショークラブ「スイートピー」で働く凪沙。化粧を施し華やかなステージに立ちながらも、トランスジェンダーとして複雑な気持ちを抱えている人物である。

ある日、凪沙は親戚の子供を預かることになる。その子の名は桜田一果。母から虐待され、居場所をなくした少女だった。凪沙は子供が嫌いだと言い、一果に対して辛辣な態度を取った。

一果はひょんなことからバレエ教室を開く片平実花に出会い、バレリーナとしての才能を開花させていく。始めはぎくしゃくしていた凪沙と一果だった。だが、凪沙は踊る一果の姿を見て才能があることに気づき、支える決心をする。二人は一緒に過ごすうちに、お互いがかけがえのない存在になっていた。孤独を抱える二人の切なくも美しい愛が描かれている。

ずば抜けた演技力を誇る草なぎ剛主演作

主人公の凪沙役を務めたのは、実力派俳優の草なぎ剛。今まで、テレビドラマ『任侠ヘルパー』や映画『黄泉がえり』(03)など様々なジャンルの作品に出演しており、高い演技力が絶賛されている人物である。トランスジェンダーとして複雑な思いを抱える凪沙という難しい役柄をどのように演じたのか、注目して欲しい。

そして、もう一人の主人公と言っても過言ではない桜田一果を演じたのは、本作で女優デビューを果たした服部樹咲。オーディションを勝ち抜き、大抜擢された。新人とは思えない存在感のある服部の演技を、ぜひ楽しみにしていて欲しい。

その他、一果の母役の水川あさみ、ニューハーフショークラブ「スイートピー」のママ役の田口トモロヲ、バレエの先生を務める片平実花役の真飛聖など、重厚な物語に負けない豪華なキャストが集結している。

異色の経歴を持つ内田英治×アーティスト・渋谷慶一郎

バラエティー番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』のアシスタントディレクターや週刊誌のライターなど、異色の経歴を持つ内田英治が監督&脚本を担当した。今まで、居場所を求めて苦悩する若者達の姿を描いた映画『獣道』(17)やぶつかり合いながらも切磋琢磨していくバンドの姿を描いた映画『ビートロック☆ラブ』(09)などの作品を手掛けている。近年では、山田孝之が主演を務めたNetflix配信ドラマ『全裸監督』に監督&脚本家の一人として参加していることでも有名である。

音楽を手掛けたのは、アーティストの渋谷慶一郎。初音ミクが主演を務めたボーカロイド・オペラ『THE END』(12)を、映像作家のYKBXらと共に制作したことで大きな話題を集めた人物である。

ミッドナイトスワンの公開前に見ておきたい映画

映画『ミッドナイトスワン』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『ミッドナイトスワン』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

任侠ヘルパー

草なぎ剛の代表作で、主人公の翼彦一を演じている。2009年にフジテレビ系列で放送されたテレビドラマの劇場版作品。とある理由から、介護ヘルパーとして働くことになったヤクザを中心に巻き起こる騒動が描かれている。テレビドラマ版からキャストがガラリと変わっており、安田成美、夏帆、風間俊介、香川照之らが共演している。

翼彦一はヤクザから足を洗い、コンビニで働いていた。ある日、強盗が現れる。その強盗は元ヤクザの蔦井雄三だった。巽はレジからお金を渡し、足を洗うよう言い含めて見逃すことにした。店から奪ったお金は自分の給料から返済するつもりだったが、通報され警察に逮捕されてしまう。その後、巽は刑務所で蔦井と再会を果たす。

詳細 任侠ヘルパー

獣道

内田英治が監督&脚本を担当した作品。伊藤沙莉と須賀健太がダブル主演を務めた。実話を元に制作されており、もがきながら生きる若者達の姿を、ブラックユーモアを交えながら描いている。お笑いコンビ「マテンロウ」のアントニーや俳優のでんでんなど、個性的なキャストが脇を固めている。

母にとって、新興宗教が全てだった。幼い頃、志摩愛衣は母によって宗教施設に預けられた。そこで長年暮らしていたが、警察の捜査が入り保護されることになる。愛衣は中学から学校に通い始めるが、なかなか周囲に馴染むことができなかった。居場所を探し、色々な所を転々とする。一方、作間亮太はひょんなことから不良の仲間に加わることになる。実は、亮太は愛衣に密かに思いを寄せていた。

詳細 獣道

リリーのすべて

ジャンル;ヒューマンドラマ。デヴィッド・エバーショフ原作の小説『The Danish Girl』を元に制作されている。物語の主人公になっているのは、世界で初めて性別適合手術を受けた実在の人物リリー・エルベ。「第72回ヴェネツィア国際映画祭・クィア獅子賞」を始め様々な賞を受賞しており、高い評価を受けている。

1926年、コペンハーゲン。アイナー・ヴェイナーと妻のゲルダは共に画家で、仲の良い夫婦だった。ある日、ゲルダはドレスを着た女性の絵を描く予定だったのだが、モデルが来なかったため、アイナーに代わりを務めてもらうことにした。ドレスを着たアイナーは、不思議な感覚に囚われる。アイナーはゲルダのことを大切に思いながらも、男性としての自分に違和感を抱くようになる。

詳細 リリーのすべて

ミッドナイトスワンの評判・口コミ・レビュー

ミッドナイトスワンのまとめ

トランスジェンダーの凪沙と孤独を抱える桜田一果とのどこか切なく温かな関係性が、印象に残る物語になっている。ポスターに書かれているのは、「最期の冬、母になりたいと思った。」の言葉。この言葉が一体どんな意味を持つのか、注目して欲しい。そして、バレエ経験を前提としたオーディションを開催したこともあり、踊るシーンは作品の中でも重要な位置を占めている。凪沙と一果の関係性だけでなく、一果がバレエを踊るシーンにも注目してもらいたい。

この記事をシェアする