MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末 - Part 402

「僕の初恋をキミに捧ぐ」あらすじとネタバレ感想

僕の初恋をキミに捧ぐの概要:心臓に不治の病いを抱える高校生のタクマ。彼は幼いころから入退院を続け、担当医からも20歳まで生き続けるかわからないと言われている。タクマの幼なじみであり、担当医の娘であるマユは小学校・中学校とタクマと同じ学校に通い、2人は自然とずっと一緒にいた。しかし、高校への進学にあたり、タクマはマユと遠く離れ別れることを選択する。自分の病いのために笑顔の傍でいつも泣いているマユを気遣ってのことであった。そんなタクマの選択にマユがとった行動とは・・・。

「感染列島」あらすじとネタバレ感想

感染列島の概要:一人の男性の感染から列島中に拡大した未知なるウィルス。医者の松岡とWHOから派遣された小林はこの難問に立ち向かうことになる。瞬く間に広がる感染症に原因がわからないまま対処のしようがない2人は現在の医療機器を用いて必死に治療を試みる。しかし、次第に医療機器も不足していき、医者の間でも感染が見られ始めた。日本列島はどうなるのか。運命はこの2人の医者の手に託されている!

「運命のボタン」あらすじとネタバレ感想

運命のボタンの概要:宇宙飛行士になることを夢見るアーサーとその妻ノーマは、生活は厳しいものの息子のウォルターと一緒に穏やかな生活をしていた。しかし、お金の無さにはいつも頭を抱えており、そんな2人のもとに変な男性が訪れる。彼はボタンを2人に渡し、このボタンを押せば大金が入る。しかし、代わりに見ず知らずの誰かが死ぬという恐ろしい条件を提示する。2人ははたしてボタンを押すのであろうか。また、この男性の正体とは?!

「ヒミズ」あらすじとネタバレ感想

ヒミズの概要:借金を抱えた両親を持ち、ホームレス住まいのスミダくんと、そんなスミダくんをなぜか慕い、ウザいほど付きまとう同級生、茶沢。2人はともに親の精神崩壊を目の前で見ており、彼らが抱える心の闇は深く、自分たちも精神崩壊に近い状態であった。スミダくんはとっさの勢いで父親を殺し、自分を追い詰め、未来が見えなくなっている。そんなスミダくんに未来を見せ、生きさせようとする茶沢。人間の人生、生きる意味、愛や憎しみ、すべてを、人間が生きるということのすべてを映像化した作品です。

「カッコーの巣の上で」あらすじとネタバレ感想

カッコーの巣の上での概要:人里離れた草原にある養護施設。ここでは精神病の患者が薬の投与を受けながらのどかに暮らしている。この施設に入ることになったマクマーフィーは未成年の少女に強姦をした疑いで刑務所にいれられる予定であったところを感情の起伏が激しいという理由で逃れたのだ。施設の中で自由奔放に振る舞うマクマーフィー。晩酌やバスケなど、ここにいる患者とのふれあいを通じて心の壁を取り払っていく彼と、度がすぎる彼の行動が気に食わない婦長は敵対しあう。そしてついに、しでかしてしまった彼はこの施設の恐ろしい治療法を受けて・・・。

「王様と私(1956)」あらすじとネタバレ感想

王様と私(1956)の概要:「王様と私」(原題:The King and I)は1956年のアメリカ映画。監督は「ショウほど素敵な商売はない」のウォルター・ラング。主演は本作でアカデミー賞主演男優賞に輝いたユル・ブリンナー。共演に「ジュリアス・シーザー」、「地上より永遠に」のデボラ・カー。マーガレット・ランドンが1944年に発表した小説「アンナとシャム王」を原作として、1951年に初演されたミュージカルリメイク。

「オズの魔法使」あらすじとネタバレ感想

オズの魔法使の概要:「オズの魔法使」(原題:The Wizard of Oz)は、1939年のアメリカ合衆国の映画。原作はライマン・フランク・ボームが1900年に発表した児童文学小説「オズの魔法使い」(原題:The Wonderful Wizard of Oz)。監督は本作と同年に公開した「風と共に去りぬ」の大ヒットで一躍名声を得たヴィクター・フレミング。主人公のドローシー役に当時16歳のジュディ・ガーランド。同年のアカデミー賞では作品賞を含む5部門にノミネートされ、作曲賞、歌曲賞、特別賞の三つのオスカーを受賞した。

1 399 400 401 402 403 404 405 439