MIHOシネマ | 映画のネタバレあらすじと感想 - Part 402

「自転車泥棒」あらすじとネタバレ感想

自転車泥棒の概要:「自転車泥棒」(原題:Ladri di biciclette)は、1948年のイタリア映画。監督は「子供たちは見ている」、「靴みがき」などのオスカー監督・俳優のヴィットリオ・デ・シーカ。主演のアントニオ役にランベルト・マジョラーニ。その息子ブルーノ役にエンツォ・スタヨーラ。アントニオの妻マリア役にリアネーラ・カレル。アントニオの友人バイオッコ役にジノ・サルタマレンダ。本作は1949年の第22回アカデミー賞で名誉賞を受賞し、以降も長年にわたり歴代映画のランキングにおいて、数多く選出されているイタリア映画の名作である。

「ああ結婚」あらすじとネタバレ感想

ああ結婚の概要:「ああ結婚」(原題:Matrimonio all'italiana)は、1964年のイタリア映画。監督は「自転車泥棒」、「終着駅」など多くの名作を手がけたオスカー監督・俳優のヴィットリオ・デ・シーカ。主演は「ふたりの女」、「エル・シド」などのオスカー女優ソフィア・ローレン。「甘い生活」、「昨日・今日・明日」などのイタリアを代表する名優マルチェロ・マストロヤンニ。

「8 1/2」あらすじとネタバレ感想

8 1/2の概要:「8 1/2」(原題:Otto e mezzo)は、1963年のイタリア・フランス合作映画。監督は「道」、「甘い生活」などのイタリア映画の巨匠フェデリコ・フェリーニ 。主演は「白夜」、「女と男」、「甘い生活」などのイタリア映画の名優マルチェロ・マストロヤンニ。共演には「モンパルナスの灯」、「甘い生活」などのアヌーク・エーメ。「若者のすべて」、「ビアンカ」などのクラウディア・カルディナーレ。音楽はフェリーニの片腕とも言えるニーノ・ロータ。本作は1964年の第36回アカデミー賞で、衣裳デザイン賞と外国語映画賞を受賞した。

「ウエスタン」あらすじとネタバレ感想

ウエスタンの概要:「ウエスタン」(原題:C'era una volta il West、英題:Once Upon a Time in the West)は、1968年のイタリア・アメリカ合作映画。監督は「荒野の用心棒」、「夕陽のガンマン」で一世を風靡したセルジオ・レオーネ。主演は「大脱走」、「さらば友よ」などのチャールズ・ブロンソン。共演は「若者のすべて」、「山猫」などのクラウディア・カルディナーレ。「十二人の怒れる男」、「史上最大の作戦」など名優ヘンリー・フォンダ。音楽は映画音楽の名匠エンニオ・モリコーネ。

「太陽はひとりぼっち」あらすじとネタバレ感想

太陽はひとりぼっちの概要:「太陽はひとりぼっち」(原題:イタリア語: L'eclisse / 英語: The Eclipse)は、1962年のイタリア映画。監督は「情事」、「夜」などのミケランジェロ・アントニオーニ。主演は「太陽がいっぱい」、「若者のすべて」などのフランスの名優アラン・ドロン。共演はアントニオーニ監督の「情事」、「夜」に抜擢されたモニカ・ヴィッティ。他にはフランシスコ・ラバル、リッラ・ブリグノン 、ルイ・セニエなど。1962年度カンヌ映画祭審査員特別賞受賞作品。

「ニュー・シネマ・パラダイス」あらすじとネタバレ感想

ニュー・シネマ・パラダイスの概要:「ニュー・シネマ・パラダイス」(原題:Nuovo Cinema Paradiso)は、1988年のイタリア映画。監督は「教授と呼ばれた男」でデビューし、2作目の本作がアカデミー外国語映画賞の受賞となったジュゼッペ・トルナトーレ。主演のトト(少年時代)にサルヴァトーレ・カシオ。青年時代にはマルコ・レオナルディ。中年期にはジャック・ペランという三人の俳優が、一人の主人公のそれぞれの時代を担っている。映画技師のアルフレード役には「地下鉄のザジ」、「追想」などの名優フィリップ・ノワレ。音楽には名匠エンニオ・モリコーネ。

ポーランド映画のおすすめランキング7選

ポーランド映画はソ連とドイツに侵略されていた強制収容所の話が殆どなのですが、いずれも人間の生きる姿を多方面から捉えた深い作品ばかりです。監督は二人に絞られてしまいましたが、その中から7本のおすすめ名作をランキングで紹介します。

ドイツ映画のおすすめランキング10選

ドイツは第二次大戦のナチスというイメージが拭えませんが、その史実を受け止め表現した映画は平和を願うものでもあり、無視する訳にはいかないメッセージが多く含まれています。その他にも感動的な作品をここではランキングで紹介します。

韓国映画のおすすめランキング10選

恋愛映画からホロリと泣ける映画まで、韓国映画の魅力あふれる作品を集めました。韓国映画は好きだけど、どの作品から観たらいいのか迷う人におすすめです。おすすめの韓国映画の名作10作をランキングで紹介します。

「舞妓はレディ」あらすじとネタバレ感想

舞妓はレディの概要:あの『Shall We Dance(1996年)』から実に18年ぶりに周防ワールド全開のエンターテイメント解禁。この間に『それでもぼくはやってない』や『終の信託』など、社会派路線に走った監督が、次に選んだ作品は舞妓の世界が舞台の『舞妓はレディ』。歌あり、踊りあり、笑いあり、感動ありのまさに監督自身の原点回帰的作品だ。

「リトル・ミス・ サンシャイン」のネタバレあらすじ結末と感想

リトル・ミス・ サンシャインの概要:見た人を幸せにする映画の代表作。バラバラの家族が旅を通して再び一つになる再生ストーリー。人間の心理を描くのが抜群にうまく、悩み、傷つき、ぶつかり、大きく揺れ動くキャラクターたちに感情移入せずにはいられない。

「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」あらすじとネタバレ感想

円卓 こっこ、ひと夏のイマジンの概要:小説家・西加奈子の小説『円卓』を映画化。監督には『春の雪』『遠くの空に消えた』『今度は愛妻家』などの行定勳。主演には、子役としてハリウッドデビューも果たし、本作では単独初主演の芦田愛菜。彼女を支えるように羽野晶紀、八嶋智人、いしだあゆみなど、ベテラン勢が総出演。ひと夏を通して、体験するノスタルジーに誰もが共感できるキッズ・ムービーだ。

1 399 400 401 402 403 404 405 475