映画『パーマネント野ばら』あらすじとネタバレ感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『パーマネント野ばら』あらすじとネタバレ感想

映画『パーマネント野ばら』の概要:2010年公開された日本映画。原作は西原理恵子著書の同名漫画で、菅野美穂主演で映画化された。作者の出身地でもある高知県が舞台で、離婚したなおこの生活を描いている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『パーマネント野ばら』 作品情報

パーマネント野ばら

  • 製作年:2010年
  • 上映時間:100分
  • ジャンル:ラブストーリー、ファンタジー
  • 監督:吉田大八
  • キャスト:菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、本田博太郎 etc

映画『パーマネント野ばら』 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

映画『パーマネント野ばら』 あらすじ(ストーリー解説)

映画『パーマネント野ばら』のあらすじを紹介します。

田舎の港町にある美容室「パーマネント野ばら」。
この店の主人はまさこ(夏木マリ)で、その娘のなおこ(菅野美穂)は娘のももを連れてで戻ってきていた。
キャバクラを経営するミッチャン(小池栄子)、貧乏なトモチャン(池脇千鶴)、そして母まさこはそれぞれ男運が悪くいつも不運な役回りだった。

なおこはというと高校時代から付き合っていた教師のカシマと付き合っていた。
高校に忍び込んで食事をしたり、飲みに行ったり。
あるとき家族が全員いなくて、カシマと温泉旅行へいったなおこ。
しかしうたた寝してしまい夕方起きるとカシマが帰ってしまったことに気が付く。

そしてまた別の日、浜辺をデートしている2人。
しかしミッチャンに声をかけられ振り向くとカシマの姿はない。
実はカシマはなおこが高校の時に水難事故で死んでいたのだ。
あまりのショックで忘れられなかった彼女は度々カシマの幻想を見ていたのだった。

このことはまさこをはじめ周囲はみんなしっていた。
そのうえでなおこを見守っていたのだ。
カシマが死んでいたのだという事実を受け入れたとき、娘のももが迎えにきた。

映画『パーマネント野ばら』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『パーマネント野ばら』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『パーマネント野ばら』 感想・評価・レビュー(ネタバレ)

映画『パーマネント野ばら』について、感想・レビュー・解説・考察です。※ネタバレ含む

気が付けば立っていた死亡フラグ

まさかそんなオチが用意されていたとは。
全く気にしていなかった。
というのも邦画で実は死んでいたというのはあまりイメージに無かったからである。

以前ハリウッド映画でシックス・センスという、実は主人公は死んでいたというオチの映画が大ブームとなったことがあったがアメリカ映画なら何となくやりそうであるという推測がその後つき出した。
しかしまさかの邦画である。
しかも菅野美穂という明るくて天然な感じの女優さんを起用しておいて、その推測は深野だった。

しかし今思い返してみると色々おかしい。
二人で歩いているとき途中で聞こえなくなる足音や姿など、それにあたるだろう。
まんまと騙されたといっても良い不意をつかれたラストシーンだった。

全体的には明るくほのぼのとした映画

上記で書いたように実は死んではいるが、決して暗くない作品。
それは菅野美穂という天性の明るいオーラをもった女優が主人公であるからではないかと思う。
彼女の演技の特性は悲しいものであってもどこか癒され温かみがあること。
それが心地よく、見ている側も彼女を必要としてしまう所以なのかもしれない。

登場人物のキャラがみんな良すぎて笑える

内容としては悲しい話ではあるが母まさこをはじめ、友人たちもまたパーマネント野ばらを取り巻く人たちのキャラクターが良すぎて笑えるシーンが多い。
これも物語の流れを作る大事な要素であり、タイトルのパーマネント野ばらを見事に光らせて意味のあるものにしてくれている構成である。

なぜか男運の悪い女ばかりが集まり、みんなであーでもないこーでもないとくだらない話で盛り上がっているだけでなく、実は傷ついたなおこを暖かく見守り続けてくれる居心地のよい場所であり羨ましささえ感じてしまう。


カシマの秘密が明かされた時、かなりの衝撃を受けた。ほのぼのとした作品で、そんな悲しい物語が隠されているとは微塵も思っていなかった。衝撃の大きさは、今まで見た作品の中で一番だった。
主演を務めた菅野美穂さんを始め、出演している女優&俳優の演技が全員素晴らしかった。悲しい物語が根底にあるのに、心が温まる人間の優しさも感じられる作品だった。見たら泣いてしまうのに、もう一度見たくなる大好きな作品。(女性 30代)


ほのぼの日常系の話かと思って観たら、まさかの大きな仕掛けがあった作品。それでもその仕掛けが悪目立ちしていない。日常の中の小さな狂気が自然に描かれた邦画らしい邦画だ。女優陣も魅力的だ。菅野美穂には以前(といっても大分以前)はどこかバラのトゲのようなものを感じていたが、それがなくなっていてこの作品に必要だったであろう喪失感の向こうの透明感が感じられ好印象だった。小池栄子もその役どころと相まって人間味溢れる素敵な近所のお姉さん感が良かった。そして夏木マリ、まさかパンチも似合うとは・・・(男性 40代)


つかみどころがないまま終わっていくのかなと思っていたらラストでグッと引き込まれ、視界がクリアになった感じでした。カシマの存在感がどことなくふわふわしていたのはそういう事だったのですね。なおこの結婚と離婚のタイミングは分かりませんが、本当に好きだったのはカシマなんだろうなと思うと切ない。狂っているかもしれないけれど、女性ならなおこを理解できる人も多いのではないでしょうか。何も言わずなおこのことを見守っているミッチャンとトモチャンの友情も良かったです。(女性 40代)

映画『パーマネント野ばら』 まとめ

この映画で9年ぶりに主演を務めた菅野美穂の存在感の大きさを思い知らされてしまった。
元々好きな女優さんの1人であり、かなり好感度は高かった。
しかしこんなに長く女優界にいながらも癒し系でい続けられるスゴさ。
それが彼女の魅力である。

またこのようなほのぼの系の映画は非常に難しく、中だるみもしやすいものである。
そのため途中で飽きたりして最後は見ていないなどという人が出てきやすいのだ。

しかし本作品はそんなこともなく、最後までしっかりと物語を見せてくれている。
安心感と安定感のある邦画、まさにそんなタイトルの作品であり、邦画のよいところをきちんと抑えている作品である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファンタジー映画ラブストーリー映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

  1. keichan より:

    PTSDという言葉がある批評にあった。そうかもしれない。菅野はその役を演じきったのかもしれない。でも、そんな枠付けを超える切なさを感じる。涙を誘う。江口の現世の人ではない雰囲気にも惚れる。シックスセンスとは異なる身震いするラストの展開に拍手。

  2. コマダム より:

    何度見ても泣いてしまう
    切ない映画
    小池栄子や夏木マリが、とてもいい感じの役所
    なぜか美容院のお客さんが
    みんなパンチパーマみたいな笑い所もあり
    ただの悲しい物語りにならない
    菅野美穂の透明感のあるヒロインが、また切なくて泣かせる
    恋人役の江口洋介が、こんなにも素敵に描かれている
    ナイスキャスティングの映画だと思う♪

タイトルとURLをコピーしました