9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

最新式ロボット型デバイス「Bボット」が普及した世界。一人一体、「Bボット」を所有しているのが当たり前だった。友達がいなくて悩んでいるバーニーは、「Bボット」を手に入れる。しかし、バーニーの元に届いた「Bボット」は不良品だった。

スポンサーリンク

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の作品情報

ロン 僕のポンコツ・ボット

タイトル
ロン 僕のポンコツ・ボット
原題
Ron’s Gone Wrong
製作年
2021年
日本公開日
2021年10月22日(金)
上映時間
不明
ジャンル
SF
コメディ
アニメ
監督
ジャン=フィリップ・バイン
サラ・スミス
脚本
ピーター・ベイナム
サラ・スミス
製作
ジュリー・ロックハート
ララ・ブレイ
製作総指揮
エリザベス・マードック
サラ・スミス
ピーター・ベイナム
キャスト
ザック・ガリフィアナキス
ジャック・ディラン・グレイザー
オリビア・コールマン
エド・ヘルムズ
ジャスティス・スミス
ロブ・ディレイニー
カイリー・キャントラル
リカルド・ウルタド
製作国
アメリカ・イギリス合作
配給
ディズニー

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の作品概要

最新式ロボット型デバイス「Bボット」の不良品・ロン×友達がいない中学生・バーニーの心温まる感動作。イギリスのアニメーションスタジオ「ロックスミス・アニメーション」制作。サラ・スミスがジャン=フィリップ・バインと監督を務め、ピーター・ベイナムと共に脚本を手掛けている。アニメ映画『ベイマックス』シリーズでベイマックスの日本語吹き替えを担当した声優の川島得愛が、日本版の予告動画のナレーションを担当している。

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の予告動画

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の登場人物(キャスト)

ロン(ザック・ガリフィアナキス)
最新式ロボット型デバイス「Bボット」の不良品。オンラインに接続できない。バーニーの元に届く。
バーニー(ジャック・ディラン・グレイザー)
中学生。友達がいないことを悩んでいる。ロンと一緒に友達を作ろうと奮闘する。

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』のあらすじ(ネタバレなし)

スマートフォンよりもハイテクで、友達を見つけてくれるロボット。欲しいとは思いませんか?

最新式ロボット型デバイス「Bボット」はネット、通話、TV、ゲームなどの機能が付いているだけではなく、乗り物としても活用できた。さらに、友達を見つけることも可能で、一人につき一体持っているのが当たり前だった。

中学生のバーニーは、友達がいないことに悩んでいた。友達を作るために「Bボット」を手に入れるが、彼の元に届いたのは不良品のロンだった。ロンはオンラインに接続することができず、「友達」のことがよく分かっていなかった。バーニーはロンに「友達」のことを教えながら、友達を作ろうと奮闘した。果たして、ポンコツなロンはバーニーの友達を見つけることができるのだろうか!?

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の感想・評価

ロボット×人間の心温まる作品

ロボットが登場するアニメ映画を聞かれると、『ベイマックス』シリーズを思い浮かべる人も多いのではないだろうか。今回新たに、ロボット×人間の心温まる物語が完成した。

本作品を手掛けたのは、2014年に設立されたばかりのイギリスのアニメーションスタジオ「ロックスミス・アニメーション」。監督を務めたのは、ジャン=フィリップ・バイン×サラ・スミス。サラ・スミスは「ロックスミス・アニメーション」の共同創設者でもある。そして、ピーター・ベイナムと共に本作の脚本も手掛けている。

ベイマックス』シリーズでベイマックスの日本語吹き替えを担当した声優の川島得愛が、日本版の予告動画のナレーションを担当している。『ベイマックス』シリーズも好きだったという方は、ぜひ予告動画もチェックして欲しい。

ポンコツなロボット、ロン

物語の舞台は、最新式ロボット型デバイス「Bボット」が普及している世界。「Bボット」はネット、通話、TV、ゲームなどの優れた機能が付いているだけではなく、乗り物としても活用でき、友達を見つけることも可能だった。

中学生のバーニーは、友達がいないことを悩んでいた。「Bボット」を手に入れるが、彼の元に届いたのは不良品だった。不良品の「Bボット」の名前はロン。オンラインに接続できず、「友達」の定義も分からない。ポンコツなロンは、失敗ばかりしていた。

バーニーはロンに「友達」の定義を教えながら、協力して友達を作ろうと奮闘する。バーニーは友達を作ることができるのか?ロンとの関係は一体どうなるのか?出会うはずがなかった二人の関係の行く末が、非常に気になる作品となっている。

映画『ハングオーバー!』シリーズのザック・ガリフィアナキスらが吹き替えを担当!

最新式ロボット型デバイス「Bボット」の不良品・ロンの声を担当したのは、スタンダップコメディアンとして活躍していたザック・ガリフィアナキス。現在は俳優としても活躍しており、映画『ハングオーバー!』シリーズで行方不明になるダグの婚約者の義弟アラン・ガーナーを演じて一躍有名になった。その他、アニメーション映画『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』(20)では、ビックフットのMr.リンクの声を担当した。

友達がいないことに悩む中学生のバーニーの声を担当したのは、若手俳優のジャック・ディラン・グレイザー。映画『IT/イット』シリーズで主要人物の一人、エディ・カスプブラクを演じたことで有名である。その他、女優のオリヴィア・コールマン、俳優のエド・ヘルムズ、俳優のジャスティス・スミスらが声優として作品に参加している。

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の公開前に見ておきたい映画

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

アーサー・クリスマスの大冒険

サラ・スミスがバリー・クックと監督を務め、ピーター・ベイナムと脚本を手掛けた作品。イギリスのアニメーション制作会社「アードマン・アニメーションズ」とアメリカのアニメーション制作会社「ソニー・ピクチャーズ」がタッグを組んだ。タレントのウエンツ瑛士が主人公のアーサー・クリスマスの日本語吹き替えを担当している。

サンタクロースの仕事はシステム化されており、効率的に子供達にプレゼントが配られるようになっていた。サンタクロースの一家に生まれた末っ子のアーサーは、ミスばかりして家族内から浮いていた。ある年の12月24日。一人の子供にプレゼントを配り忘れていたことが発覚する。アーサーは子供を悲しませないため、祖父の助けを借りてプレゼントを届けに行くことにした。

詳細 アーサー・クリスマスの大冒険

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

ザック・ガリフィアナキスがビックフットのMr.リンク(スーザン)の声を担当した。探検家のライオネル・フロスト卿の声を担当したのは、俳優のヒュー・ジャックマン。クリス・バトラーが監督&脚本を担当した。「第92回アカデミー賞 長編アニメーション賞」にノミネートされ、「第77回ゴールデン・グローブ賞 アニメーション映画賞」を受賞した。

英国紳士のライオネル卿は、探検家でもあった。周囲に自分の能力を認めてもらうため、ビックフットの存在を明らかにすることを宣言した。そして、アメリカに旅立ち、ビックフットのMr.リンク(スーザン)に出会う。Mr.リンクは家族がおらず、寂しい思いを抱えていた。ライオネル卿に、いとこかもしれないイエティの元に連れて行って欲しいと頼んだ。

詳細 ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

ベイマックス

ジャンル:アドベンチャー×アニメ。ロボット工学の天才少年がケア・ロボットのベイマックスと交流を深め、兄の死の真相に迫る物語。出版社「マーベル・コミック」から刊行された漫画『ビッグ・ヒーロー・シックス』を元に制作された作品。「第87回アカデミー賞 アニメーション映画賞」を始め、様々な賞を受賞している。

14歳のヒロの最愛の兄であるタダシが亡くなってしまう。ヒロはショックを受け、部屋に引き籠った。そんなある日、ケア・ロボットのベイマックスが動き始める。ベイマックスはタダシが開発したロボットだった。初めはベイマックスの存在を疎ましく思っていたヒロだったが、一緒に過ごすうちに打ち解け合っていく。実は、ベイマックスにはある秘密が隠されていた。ヒロはそのことに気づき、兄の死に疑問を抱く。

詳細 ベイマックス

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』のまとめ

物語の舞台は、最新式ロボット型デバイス「Bボット」が普及している世界。「Bボット」は友達も探してくれるという夢のようなロボット。しかし、中学生のバーニーの元に届いたのは、不良品のロンだった。愛くるしい見た目のロンと素朴な少年バーニーが交流を深める様子は、ほっこりと心が温かくなる。大人から子供まで、夢中になって楽しめる作品だと思う。ロンとバーニーの微笑ましいやり取りを、ぜひ劇場で堪能して欲しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開予定の映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました