「ソニック・ザ・ムービー」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

日本を代表するゲームキャラクターである、ソニック・ヘッジホッグ。そんなソニックを主役にした映画が、なんと、ハリウッドで公開が決定!国境を越え、ソニックがスクリーンを自由自在に駆け回る。

ソニック・ザ・ムービーの作品情報

ソニック・ザ・ムービー

タイトル
ソニック・ザ・ムービー
原題
Sonic the Hedgehog
製作年
2020年
日本公開日
2020年6月26日(金)
上映時間
不明
ジャンル
アクション
アドベンチャー
監督
ジェフ・ファウラー
脚本
不明
製作
ニール・H・モリッツ
ティム・ミラー
製作総指揮
不明
キャスト
ベン・シュワルツ
ジェームズ・マースデン
ジム・キャリー
チカ・サンプター
製作国
アメリカ
配給
東和ピクチャーズ

ソニック・ザ・ムービーの作品概要

実は、日本生まれのゲームキャラクターであるソニック。そんなソニックが、一気に国境を越えてハリウッドで映画化されることに。青いハリネズミという特徴的なソニックだが、なぜ彼は生まれたのか、なぜ地球で暮らしているのか。あまりにも有名な存在ではあるものの、実はその実態を詳しくは知らない人も多い。本作は、そんなソニックの誕生の秘密に迫った作品。1991年に衝撃的なデビューを飾って以降、長年に渡って人々を楽しませ続けてきたソニック。是非、パワーアップしてスクリーンを暴れ回るソニックの勇姿を見届けよう。

ソニック・ザ・ムービーの予告動画

ソニック・ザ・ムービーの登場人物(キャスト)

ソニック(ベン・シュワルツ)
高速で移動することができる青いハリネズミ。魔の手から逃げるため地球にやってきた。
ドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)
世界征服を企む科学者。ソニックの力を自分の野望のために利用しようと、ソニックを捕らえようとする。
トム・ウォシャウスキー(ジェームズ・マースデン)
どこにでもいる、普通の警察官。偶然ソニックと仲良くなり、ソニック救出のために行動する。

ソニック・ザ・ムービーのあらすじ(ネタバレなし)

ソニックは、この広い宇宙のどこかにある、とある島で生まれ育った。その島で幸せな毎日を送っていたソニックだが、ある日ソニックは何者かに狙われてしまう。実は彼には、特別な力があったのだ。その力とは、例えどんな場所であっても音速のスピードで走ることができるというもの。彼は、追っ手から逃げるため一人で地球にやってきた。それから10年間、彼は見事追っ手から逃げおおせていたが、同時に孤独な日々を過ごしていた。しかし、そんな彼に再びピンチが訪れる。なんと、世界征服を企む悪の天才科学者、ドクター・ロボトニックがソニックを探し当てたのだ。ピンチのソニックは、街の平凡な警察官、トムに助けを求める。果たして、二人は見事ドクター・ロボトニックの魔の手から逃れることができるのか。

ソニック・ザ・ムービーの感想・評価

意外と知らない!?ソニックとは

青い姿をした、ソニック。キャラクターとしては一度は目にしたことがあるだろうが、詳しくは知らないという人も多いのではないだろうか。実はこのソニック、1990年に日本で誕生したキャラクター。元々は、既に世界的なキャラクターとして知られていたマリオに対応するべく製作され、その後見事に偉大なゲームに贈られる『ウォーク・オブ・ゲーム』のタイトルも獲得することになる。その能力は、なんといっても圧倒的なスピード。そのため、彼を主役としたゲームでは爽快感溢れるスピードを売りとしたものが多い。ゲーム好きにとっては馴染みのあるキャラクターではあるものの、そうでなければ知っているようであまり知らないソニック。日本を代表するキャラクター、この機会に是非しっかり知っておこう。

ソニックの孤独

そんなソニックに対して、自信があるクールなキャラクターというイメージを持っている人も多いのではないだろうか。実際に、映画の宣伝文の中にも『いつもパワー全開で、自信にみなぎり勇気に満ちあふれている』と称されている。しかし、実際のソニックは、そんな凛々しい一面とは全く正反対の、深い孤独を抱えていた。元々ソニックは地球外で誕生した存在。しかし、持って生まれた能力のために悪の組織に追われ、単身地球にやってくることになったのだ。これまで知らなかったソニックの新しい顔。そんなギャップに思わず親近感が湧き、これ以上にソニックを好きになれるかもしれない。果たして、これまで孤独に暮らしてきたソニックに、仲間はできるのだろうか。

新たな予告映像

本作の予告映像が、最初に公開されたのが2019年4月末。しかし、その半年後に、予告映像が新たに作り直されて改めて公開されたのだ。なぜ、そういった事態になったのか。実は、旧予告映像を見たファンから批判が殺到したのだ。ファンが指摘したのはソニックのキャラクターデザイン。オリジナルよりもかなり丸く柔らかいタッチだった旧版だが、新予告映像ではよりオリジナルに近い、ファンにとって見慣れた姿に変わっている。ファンからの声を真摯に受け止め、位置からデザインを作り直すという大仕事をやってのけたジェフ・ファウラー監督。そんな監督と製作陣の心意気を汲み、是非映画館でその完成度を確かめよう。

ソニック・ザ・ムービーの公開前に見ておきたい映画

映画『ソニック・ザ・ムービー』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『ソニック・ザ・ムービー』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

名探偵ピカチュウ

アニメ、ゲームは日本が世界に誇る立派な文化の一つ。そんな日本から生まれたキャラクターは、現在世界中から愛されている。最新作のソニック同様、本作の主人公、『ポケットモンスター』のピカチュウもその一つ。あのピカチュウがハリウッドで実写化されることが決まった時、日本の中ではかなり大きな話題となった。しかも、なんとあの愛くるしいピカチュウの中身がオッサンだというのだ。長年音信不通だった父親、ハリーが亡くなったと聞いたティムは、その真実を知るためにポケモンと人間が共生する街、ライム・シティへと向かう。しかし、そこに待っていたのは長年ハリーの相棒を務めていたという名探偵、ピカチュウだった!?ピカチュウ以外にも次々と登場するリアルなポケモン達にも注目。

詳細 名探偵ピカチュウ

シュガー・ラッシュ

2013年に製作されたウォルト・ディズニー・アニメーションの52作目の長編映画であり、その人気から2018年に続編が製作された。最新作同様、ゲームのキャラクター達を主役に描いた物語である本作には、なんとソニックも登場しているのだ。本作の主人公は、『フィックス・イット・フェリックス』というアーケードゲームで悪役を務めているラルフ。しかし、ラルフは自身が悪役を演じ続けなければいけないことに不満を抱いていた。そして、自らがヒーローになれる場所を求め、なんとゲームを飛び出してしまったのだ。そこで、ラルフは自分と同じく、『シュガー・ラッシュ』ゲーム内でつまはじきにされている少女、ヴァネロペと出会う。他のキャラクター達を認めさせるため、シュガー・ラッシュ内で行われるカーレースでの優勝を狙う2人だったが…?

詳細 シュガー・ラッシュ

ピクセル

最新作のように、ゲームのキャラクターが映画に出演するケースは実は少なくはない。そして、かなり多くのゲームキャラクターが登場するといったことから、そういった系統の作品中でも本作が最も豪華な一本であると言っても過言ではないのではないだろうか。ソニックこそ登場しないものの、ギャラガやパックマン、ドンキーコングなどゲーム好きにはたまらないメンバーが集結している。NASAは、有効目的でゲームの映像を含んだビデオを宇宙に飛ばした。しかし、時を経てその映像を受け取った宇宙人が、なんとそれが人間からの宣戦布告と受け取ってしまった!ビデオに写っていたゲームキャラクターに姿を変え、地球に襲いかかってきた宇宙人達。そんな宇宙人達から世界を救うべく招集されたのは、ゲームに命を注いできたオタク達だった!?

詳細 ピクセル

ソニック・ザ・ムービーの評判・口コミ・レビュー

ソニック・ザ・ムービーのまとめ

日本を代表する文化となっているアニメとゲーム。そんなゲーム界を代表し、リオオリンピックの閉会式では同じく人気ゲームキャラクターであるマリオが起用された。これから予定されている東京でのオリンピック。果たして、そこでソニックの登場はあるのか。まだ分からないことは多いが、本作の上映が決まったことでその可能性は大きく高まったのではないだろうか。ソニックな今後の活躍は、本作の成功程度によって大きく左右されると言っても過言ではない。日本人としては、是非本作を見ることでソニックの益々の盛り上がりを応援したいところ。そして、日本のキャラクターを日本人の方が知らないといった事態は避けたい。まだゲームをプレイしたことがないという人も、本作をきっかけにソニックの世界観に触れてみよう。

この記事をシェアする