映画『THE BATMAN ザ・バットマン』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

あの『バットマン』に最新シリーズが登場。今作でバットマンを演じるのは、これまで2枚目俳優として数多くの作品に出演してきたロバート・パティンソン。バットマンに立ちはだかるリドラーの恐るべき目的にも注目。

スポンサーリンク

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』の作品情報

THE BATMAN ザ・バットマン

タイトル
THE BATMAN ザ・バットマン
原題
The Batman
製作年
2022年
日本公開日
2022年3月11日(金)
上映時間
不明
ジャンル
アクション
監督
マット・リーブス
脚本
マット・リーブス
マットソン・トムリン
ピーター・クレイグ
製作
マット・リーブス
ディラン・クラーク
製作総指揮
サイモン・エマニュエル
マイケル・E・ウスラン
ウォルター・ハマダ
シャンタル・ノン・ボ
キャスト
ロバート・パティンソン
コリン・ファレル
ポール・ダノ
ゾーイ・クラビッツ
ジョン・タトゥーロ
アンディ・サーキ
ジェフリー・ライト
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』の作品概要

昭和、平成、令和と、全ての世代において話題になり続けている『バットマン』シリーズ。クリストファー・ノーランによる3部作、『ジョーカー』など、バットマンを題材とした作品が定期的に制作され、いずれも大きな話題となっている。あらゆる意味で衝撃的だった『ジョーカー』の公開から早くも4年。新たに送り出されるバットマンシリーズこそ本作。新たにロバート・パティンソンをバットマン役に迎え、超豪華キャストで制作された。今回バットマンの前に立ちはだかるのが、過去最高の頭脳を持つリドラー。果たして、バットマンは自分の周りの人間と、そして、自分自身を守ることができるのか。

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』の予告動画

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』の登場人物(キャスト)

ブルース・ウェイン / バットマン(ロバート・パティンソン)
幼い頃に両親を殺され、その復讐のためにバットマンとなった。バットマンの存在によってゴッサムシティは少しずつ明るくなってきたように思われたが…?
リドラー(ポール・ダノ)
バットマンの前に立ち塞がるヴィラン。頭脳明晰で、様々な謎を犯行現場に残していく。
セリーナ・カイル / キャットウーマン(ゾーイ・クラビッツ)
これまで幾度もバットマンの前に立ち塞がってきたスーパーヴィラン。なぜかバットマンに共闘を持ちかけるが…?

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』のあらすじ(ネタバレなし)

裕福な一家に生まれたブルース・ウェインは、幼い頃に最愛の両親を何者かに殺されてしまう。復讐心に取り憑かれたブルースは、成長した後、その犯人への復讐を誓う。そして、黒いマスクで顔を隠し、夜な夜な犯罪者達を倒す『バットマン』になっていったのだった。一方、その頃権力者ばかりを狙った連続殺人事件が世間を騒がせていた。その犯人として名乗りを挙げたのがリドリー。リドラーは過去最悪の知能犯で、現場に様々な謎を残していく。そして、その謎が解き明かされるにつれ、政府の陰謀やバットマンの正体、バットマンの父親のこれまでの悪事などが次々と暴かれてしまうのだった。

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』の感想・評価

ロバート・パティンソンによるバットマン

本作で主役、バットマンを演じるのは『トワイライト』シリーズなどで知られるロバート・パティンソン。バットマンはあまりに歴史の深いビッグタイトルであるが故に、これまで数多くの俳優がその役を演じてきた。クリスチャン・ベール、ベン・アフレックなど…。彼らは彼らなりのバットマンを、これまで見事に演じてみせた。監督、俳優が変わることで新たな側面を見せるバットマンというキャラクター。それこそが魅力ではあるが、演じる役者には相当なプレッシャーとなって襲い掛かる。果たしてロバートは、そのプレッシャーを見事跳ね除け、バットマン俳優として映画史に名を刻むことができるだろうか。

悪役、リドラー

ヒーローものにおいて、ヒーローと相対するヴィランの存在は非常に重要だ。ヴィランの魅力によって、作品の評価が大きく左右されるといっても過言ではない。本作のヴィラン、リドラーもそんな魅力的なヴィランの一人。リドラーは、バットマンに立ちはだかる原作でも登場回数の多いキャラクター。その知略をもって、今までにないほどにバットマンを追い詰めていく。そんなバットマンを演じるのはポール・ダノ。『リトル・ミス・サンシャイン』や、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』などに出演してきた演技派俳優である。今でこそバットマンの悪役といえばジョーカーのイメージが強いが、そのイメージが本作で覆るかもしれない。

キャットウーマンの真実

本作の主人公は、バットマンことブルース・ウェイン、そして、ヴィランのリドラー。その事実は間違いない。しかし、本作においてもう一人焦点を当てられている人物がいる。それこそがセリーナ・カイルことキャットウーマン。これまでに、アン・ハサウェイやハル・ベリーなど様々な有名女優が演じてきたキャットウーマンというキャラクター。『バットマン』シリーズに登場するスーパーヴィランで、バットマンを語る上で欠かすことのできない存在である。既に公開されている映像では、キャットウーマンがバットマンに共闘を持ちかけるシーンも存在する。果たして、相対してきた両者になにがあったのか。謎に包まれたキャットウーマンの素顔に迫る。

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』の公開前に見ておきたい映画

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。映画『THE BATMAN ザ・バットマン』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

ジョーカー

前述したように、バットマンには数多くの魅力的な悪役が登場する。中でも、ジョーカーはトップレベルの知名度、人気を誇る。バットマンを代表する悪役。これまでジャック・ニコルソン、ヒース・レジャーなど数多くの大物俳優がジョーカーを演じてきたが、本作ではホアキン・フェニックスが起用された。圧倒的な演技力と存在感で、アカデミー賞などあらゆる賞で主演男優賞を獲得した。その内容は、まさに衝撃的。本作の公開後、本作に感化された視聴者によって犯罪発生率が上がるまでの影響を及ぼしたのだ。見るには覚悟を決める必要があるが、紛れもない名作中の名作。

詳細 ジョーカー

ダークナイト

バットマンを題材とした作品は数多くあるが、その中でも高い評価を得ているのが、クリストファー・ノーランによる3部作。中でも、第二作にあたる本作は、バットマン史上、そして、映画誌に名を残す名作である。特にジョーカーを演じたヒース・レジャーの演技が凄まじく、主演であるクリスチャン・ベールを喰ったとまで称された。バットマンの登場によって、少しずつ治安を取り戻してきていたゴッサムシティ。しかし、そんな街にジョーカーという謎の敵が現れる。執拗にバットマンを狙うジョーカーによって周囲の人間までも巻き込まれてしまうバットマン。一方、ゴッサムシティにはもう一人の英雄、ハービー・デントが誕生しようとしていた。

詳細 ダークナイト

ジャスティス・リーグ

バットマン』を抱えるアメリカの二大アメリカンコミック社の一角、『D.C.コミックス』。そんなD.C.コミックスに登場するスーパーヒーロー達が一堂に会する作品こそが本作。元祖スーパーヒーローとも呼ぶべきスーパーマンや、既に単独映画が2作も作られているワンダーウーマン 、更にはフラッシュやアクアマンなどといったスーパーヒーロー達が次々と登場する。勿論、バットマンも主要キャラクターの一人として登場。D.C.コミックスファンからすると、これ以上にないほどに贅沢な一本に仕上がっている。本作でバットマンを演じるのはベン・アフレック。最新作とはまた違う、自由気ままなチームメイトを纏める苦労人のバットマンに思わず可愛さを感じてしまう。

詳細 ジャスティス・リーグ

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』の評判・口コミ・レビュー

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』のまとめ

スーパーヒーロー作品といえばと問われ、誠に遺憾ではあるが『アベンジャーズ』と答える人が多いのではないだろうか。勿論『アベンジャーズ』は紛れもない名作中の名作。長年1位の座に君臨していた『アバター』を抜くほどに、興行収入的にも大成功を収めた。しかし、DCコミックスも負けてはいない。元祖スーパーヒーローとも呼ぶべきスーパーマンや、非常に有名なバットマンなどもDCコミックス出身のスーパーヒーロー達。果たして、本作のヒットを受けて、さらなるDCコミックス旋風を巻き起こすことができるだろうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開予定の映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました