映画『父、帰る』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「父、帰る」のネタバレあらすじ結末と感想

父、帰るの概要:2人兄弟の元に長年行方知れずの父が突然帰って来て、3人で旅に出る様子を描いたロシア映画。父の存在に戸惑いながらも、父の厳しい指導を受けて成長していく兄弟の姿が美しい映像と共に綴られている。

父、帰るの作品情報

父、帰る

製作年:2003年
上映時間:111分
ジャンル:ヒューマンドラマ、サスペンス、ミステリー
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
キャスト:イワン・ドブロヌラヴォフ、ウラジーミル・ガーリン、コンスタンチン・ラヴロネンコ、ナタリヤ・ヴドヴィナ etc

父、帰るを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『父、帰る』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

父、帰るの登場人物(キャスト)

イワン(イワン・ドブロヌラヴォフ)
2人兄弟の弟。高いところを怖がってしまう反面、とても気が強いところがある。父に対しても常に反抗心を示す。
アンドレイ(ウラジミール・ガーリン)
2人兄弟の兄。弟と比べて気が弱く、逞しさに欠けている。父に気に入られようと振る舞うものの、責任を持って行動ができずに怒られてしまう。
父(コンスタンチン・ラブロネンコ)
12年振りに突然帰ってくる。それまでどこで何をしていたのかは一切明かされない。父だと示す証拠は母の言葉と家族写真だけだ。

父、帰るのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『父、帰る』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

父、帰るのあらすじ【起】

子供達が海辺の見晴らし台で度胸試しのジャンプをするが、イワンだけが恐怖ですくんでしまう。臆病者と言われるのが嫌で一人で身動きできずにいるイワンの元に母が救けに来てくれる。

翌日、イワンは皆の遊びに加わろうとするが、誰も相手をしてくれない。怒ったイワンはアンドレイに掴みかかるが、逆に倒されてしまう。アンドレイは走りだし、イワンも懸命に追い掛ける。2人とも母にお互いの文句を言おうとするが、母は父親が帰っているから静かにするようにと言う。父と聞いて2人は驚く。2人はベッドで寝ている父親の様子を見に行く。そして昔の家族の写真と見比べて、父親かどうかを確認する。

食事の時間となり、父親は2人にワインを飲ませる。そして3人で車の旅に出ると言い出す。夜、荷造りを終えたイワンとアンドレイは興奮して眠れず、父親が何をしてきて、どこから来たのか話し合う。

3人の旅が始まり、父はイワンに自分を「パパ」と呼ばせる。イワンは少し抵抗しつつもパパと呼ぶ。アンドレイは車中から旅の写真を撮る。

父、帰るのあらすじ【承】

昼になりレストランが閉まっていたため、アンドレイに他のレストランを探させる。アンドレイは道草を食ってなかなか戻って来ず、父に怒られる。3人はレストランで食事を始めるが、イワンはふて腐れた態度を取り食事を食べようとしない。父はアンドレイに会計を任せ、電話しに行ってしまう。路上で父を待っていた2人はチンピラに絡まれて財布を奪われてしまう。父が飛び出して車に乗って姿を消し、しばらくして一人の少年を捕まえて戻ってくる。アンドレイとイワンに殴るように言うが2人とも殴らない。父に意気地なし呼ばわりされる。

海辺にやって来ると父は漁師から船のモーターを買い付ける。その後、水辺でテントを張り、アンドレイとイワンは釣りを楽しむ。夜になってテントに入ったイワンはアンドレイが父親の言いなりになっていることに不満を言う。イワンは父親のことを信じられずにいる。翌朝出発するが、イワンはもっと釣りを楽しめなかったことが不満で仕方ない。父は川に架かる橋のところにイワンを降ろしてしまう。土砂降りの雨となり、車がようやくイワンを迎えに戻ってくる。イワンは今更何で帰って来たのかと父に詰め寄る。車がぬかるみにはまってしまい、3人で木の枝をタイヤに絡ませ、車を押してぬかるみから脱する。

父、帰るのあらすじ【転】

翌日、海岸に到着する。3人はそこにあった木製のボートにタールを塗って補修する。そしてボートを水に浮かべると、父は車からモーターを取り出して海に繰り出す。空が曇りだし、モーターが壊れてしまう。父はイワンとアンドレイにオールを漕がせる。雨が降り出してイワンは弱音を吐くが、父は最後まで2人に漕がせる。ようやく島に到着し、父は2人にアルコールを飲ませて暖を取らせようとする。しかし、ここでもイワンが反抗的な態度を示す。

翌朝、父は2人を島の散歩に誘う。島の真ん中には見晴らし台が建っていた。父に続いてアンドレイが上るが、イワンは足が痛いと言って上るのを拒否する。海岸で食事を取った後、父はアンドレイと薪を取りに行き、イワンは一人で皿洗いをさせられる。イワンは父の皿を海に投げ捨ててしまう。

父は一人で散歩に出掛け、島にある廃屋で土を掘り返す。穴から大きなトランクを引っ張り出すと、トランクの中に入っていた小さな箱をボートに隠す。イワンとアンドレイは釣り餌にするミミズを探しに森を散策し、偶然父が掘った穴までやって来てミミズを沢山取る。そしてボートで釣りに出掛けようとする。それを見た父は1時間で戻ってくるように告げる。イワンとアンドレイは廃船を見付けてそこで釣りを始めるが、約束の1時間をとっくに過ぎてしまう。

父、帰るの結末・ラスト(ネタバレ)

父は時間を守らなかったアンドレイを殴って叱る。イワンはナイフを手に取って父を静止し、大嫌いだと言って森に走り去ってしまう。父は懸命にイワンを追い掛け、アンドレイも父の後を追う。イワンは見晴らし台に上って、入り口の扉を閉めてしまう。父は木の骨組みを伝って上ろうとして、落下して死んでしまう。イワンとアンドレイは父の遺体の前で呆然と立ち尽くす。そして大きな木の枝を切り、そこに父の遺体を載せて浜辺まで運ぶ。

翌朝2人は荷物をまとめ、父の遺体をボートに積んで島を離れる。ようやく車が止めてある浜辺に戻って来て、荷物を車に積み込む。しかし、その間に父の遺体を積んだボートが沖に流されて浸水してしまう。2人はパパと叫びながらボートの元に近づこうとするが、ボートはそのまま沈んでしまう。どうすることもできず2人は車に乗り込む。イワンは車から母とアンドレイとイワンの3人が写った写真を見付け、アンドレイと見つめ合う。2人は車を出発させ、浜辺を後にする。

父、帰るの感想・評価・レビュー

ワンシーン、ワンシーンが絵画のような美しさで息を飲む。父親不在でどこか頼りなく育った兄弟が、理不尽ながらも筋の通った父の教育方法で一人前になっていく姿が、それなりの説得力を持って伝わってくるから不思議だ。聖書に依拠する物語だと推察されるが、勉強不足でそこまで読み解くことはできなかった。なぜ父が12年間姿を消していたのか、島で掘り起こしたものは何だったのかが説明されないためにずっと気に掛かってしまう。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする