コメディ映画 | MIHOシネマ - Part 83

コメディ映画一覧

「シャレード(1963)」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

シャレード(1963)の概要:「シャレード」(原題:Charade)は、1963年のアメリカ映画。監督は「踊る大紐育」、「雨に唄えば」などで知られるミュージカル映画の巨匠スタンリー・ドーネン 。主演は「ローマの休日」、「ティファニーで朝食を」のオスカー女優、オードリー・ヘプバーン。共演に「北北西に進路を取れ」など数多くの名作に出演した名優ケーリー・グラント。ウォルター・マッソー、ジェームズ・コバーン、ジョージ・ケネディなど、脇を固める布陣も豪華なキャストである。

「ブロンド・ライフ」あらすじとネタバレ映画批評・評価

ブロンド・ライフの概要:「ブロンド・ライフ」(原題:Life or Something Like It)は、2002年のアメリカ映画。監督は「陽のあたる教室」のスティーヴン・ヘレク。主演は「17歳のカルテ」、「トゥームレイダー」のアンジェリーナ・ジョリー。共演に「15ミニッツ」「プライベート・ライアン」のエドワード・バーンズ。

「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」あらすじとネタバレ映画批評・評価

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船の概要:「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」(原題:The Three Musketeers)は、2011年のアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ合作映画。監督は「バイオハザード」のポール・W・S・アンダーソン。主演は「3時10分、決断のとき」のローガン・ラーマン。「プライドと偏見」のマシュー・マクファディン。「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチなど。

「おじいちゃんの里帰り」あらすじとネタバレ映画批評・評価

おじいちゃんの里帰りの概要:トルコからドイツに移民した、あるトルコ人家族の半世紀にも及ぶ感動の家族ドラマ。監督は、トルコ系ドイツ人女性、ヤセミン・サムデレリ。主演の祖父を演じるのは、ヴェダット・エリンチン。脚本は実妹スネリンと共同執筆。馴染みない異国の歴史と家族の苦悩をおとぎ話のように語る手法が胸に染み入る。

「パルプ・フィクション」のネタバレあらすじ結末

パルプ・フィクションの概要:クエンティン・タランティーノ監督が原案と脚本も務めた群像劇。巧みなストーリー展開とセリフの面白さが評価され、アカデミー賞脚本賞を受賞した。奇想天外な物語の端々に、クエンティン・タランティーノ監督のマニアックな趣味が垣間見えて楽しい。

「恋愛ルーキーズ」あらすじとネタバレ映画批評・評価

恋愛ルーキーズの概要:「恋愛ルーキーズ」(原題:School for Scoundrels)は、2006年のアメリカ映画。監督はリメイク版「スタスキー&ハッチ」のトッド・フィリップス。主演は「ナポレオン・ダイナマイト」のジョン・ヘダー。共演は「ディボース・ショウ」などのビリー・ボブ・ソーントン。

「ピンク・キャデラック」あらすじとネタバレ映画批評・評価

ピンク・キャデラックの概要:「ピンク・キャデラック」(原題:Singin' in the Rain)は、1989年のアメリカ映画。監督はバディ・バン・ホーン。主演は「ダーティハリー」のクリント・イーストウッド。共演のルーを演じる女優に「アニー」などの舞台で有名なバーナデット・ピーターズ。

「チョコレートドーナツ」あらすじとネタバレ映画批評・評価

チョコレートドーナツの概要:全米の映画祭が絶賛!!日本での公開後も、ミニシアターでありながら口コミでヒット。ゲイカップルとダウン症と言うシビアな題材ながら、魂を揺さぶる感動作。『トーチソング・トリロジー』と並ぶゲイ映画史上の傑作。

1 80 81 82 83 84 85 86 90