大人の恋愛映画のおすすめランキング10選

たくさんある恋愛映画の中でも、特に疲れた大人おすすめの10作品を、ランキング形式でご紹介します。

恋愛映画好きなら誰もが知っている有名作品や、疲れた時にほっとできる作品、元気が出る作品を中心にご紹介します。特に、女性におすすめの恋愛映画10作品を、ランキング形式でご紹介します。原作小説やモデルになった人物が存在する作品も多いので、違う視点からも楽しめると思います。

第1位 イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

注目ポイント&見所

恋愛小説「ミアの選択」が原作。大人でもないが子供でもない微妙な年齢のミアの心の葛藤や、恋人との人生を選ぶか、家族と一緒にいるかという大きな選択を迫られた時の迷いが繊細に描かれている。主演のクロエ・グレース・モレッツと同じ年頃にウケそうなストーリーだが、ピュアな恋愛は大人になっても心に染みる。誰もが一度は経験する人生の岐路が美しく表現されていて、ミアの好きなクラシック音楽や、両親や彼氏の演奏するパンクロックも魅力的。

⇒イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所のあらすじとネタバレ感想

第2位 プラダを着た悪魔

注目ポイント&見所

ジャーナリストを目指す主人公が有名なファッション誌の最悪な上司の元で働くことになったことから、ブランドファッションに目覚め、彼氏や友人との関係が上手くいかなくなる様子を描いた作品。アン・ハサウェイが「ダサい」と批判されるファッションから、最先端のファッションに身を包むようになる経緯や、その変化で彼氏や友人との関係が変わっていくのが見どころ。その多くの服装も素敵で憧れる。原作の小説の著者も、人気ファッション誌で働いた経験があるので、リアルな作品になっている。

⇒プラダを着た悪魔のあらすじとネタバレ感想

第3位 小さな恋のメロディ

注目ポイント&見所

11歳の少年ダニエルと少女メロディの淡い初恋や、子供ながらに感じる“結婚できる年齢”という決まりへの違和感が子役によって表現された、不朽の名作。子供だからこそ感じる疑問や嫉妬、反抗期とまではいかないが家族への不信感など、誰もが一度は経験する初恋を思い出させてくれる。悪ぶっている友人オーンショーの、友達を取られてしまうような不安や、女の子と一緒に行動するのが恥ずかしいという男の子の繊細な心として描かれている。何度見ても優しい気持ちになれるエンディングは格別。

⇒小さな恋のメロディのあらすじとネタバレ感想

第4位 きみに読む物語

注目ポイント&見所

老人ホームで暮らす女性に、同じくホームで暮らす男性が、とある恋愛物語を読み聞かせ、それが映像として流れる物語。身分の違いから結ばれることが許されなかった2人の物語を老女に読み聞かせ、2人の老人が「こうすればよかったのに」と感想を言い合うシーンは、見ている側も納得できるような内容。老人ホームの2人と物語の中の2人の関係はなんとなく予想できるが、ラストは感動的。年老いてもこんな関係が理想だと思わせるようなラブストーリー。

⇒きみに読む物語のあらすじとネタバレ感想

第5位 いま、会いにゆきます

注目ポイント&見所

雨の季節に病死した妻が1年後に帰ってきて、家族3人で限られた時間を共に暮らすという純愛映画。巧の回想シーンと、記憶を失っていた妻の澪の日記から見える過去のシーンによって、なぜ亡くなったはずの彼女が1年後に帰ってこれたのか、記憶を失っていた理由も明らかになるシーンは涙を誘う。全編にわたり淡い色彩で描かれた映像も目を引く。巧と澪、そして息子の佑司の感情が繊細に描かれているのも見どころ。

⇒いま、会いにゆきますのあらすじとネタバレ感想

第6位 アメリ

注目ポイント&見所

レトロな色彩で描かれたパリの街と、人付き合いが苦手で夢見がちな女性アメリの生活を描いた作品。日常風景を切り取ったようなシーンがほとんどで、メルヘンの世界に浸るアメリは実際に身近にいたら“ちょっと痛い子”だが、映画の中では可愛らしい。様々なイタズラを仕掛けて周囲の人を幸せにしていく姿や、自分の恋愛には臆病になる姿、自分の中のメルヘンの世界から現実に飛び出す姿は見もの。

⇒アメリのあらすじとネタバレ感想

第7位 ウルトラミラクルラブストーリー

注目ポイント&見所

変わり者の陽人が、引っ越してきたばかりの幼稚園の先生の町子に恋をして、なんとか好かれようといろんな問題行動をおこしていくストーリー。津軽弁の映画で、突飛すぎる展開とエンディングは見る側を混乱させる。キャベツ畑に埋まって農薬を浴びると普通に行動できるようになった陽人は、町子先生に好かれたいがために何度も農薬を浴びて心臓が止まるが、それでも動けるという不思議な展開になるが、町子先生への確固とした愛情は見どころだ。

⇒ウルトラミラクルラブストーリーのあらすじとネタバレ感想

第8位 マレフィセント

注目ポイント&見所

有名な童話のひとつ「眠れる森の美女」に登場する、オーロラ姫に呪いをかけた魔女マレフィセントの恋と裏切りの物語。オーロラ姫が生まれる前、妖精だったマレフィセントは人間の少年と恋に落ちて結ばれるのだが、裏切られて魔女になりオーロラ姫の元へやってくるという、意外な話なのだ。童話を忘れて、マレフィセントという元妖精のラブストーリーと、母性が芽生えるという話として見れば面白い。VFX技術も見事な完成度なので、ぜひ注目してほしい。

⇒マレフィセントのあらすじとネタバレ感想

第9位 PS.アイラヴユー

注目ポイント&見所

若くして亡くなった最愛の夫を忘れられない妻の元に、消印のない夫からの手紙が届くようになり、主人公が立ち直っていくストーリー。ケンカはするけれど愛し合っている夫婦が死別してしまうという悲しい部分や、自分がいなくなった後の妻を心配した夫が手紙を託すなど、素敵な物語。また、自然あふれるアイルランドの風景は見もの。夫が亡くなったシーンをわざと見せないことによって、逆にリアル感が増している。

⇒PS.アイラヴユーのあらすじとネタバレ感想

第10位 クロサワ映画

注目ポイント&見所

独身女性芸人たちの「笑いにできない恋」を描いた作品で、本人役で芸人さんが出演するという半分ドキュメンタリーのようなリアリティもある。女性芸人という特殊な仕事ならではの恋愛の難しさや、「女芸人」の前に「ひとりの女の子」としての純粋さや乙女心が描かれているのが見どころ。ギャグやコメディはほとんど無く、純粋に不器用な女子たちの恋を描いているのがいい。

⇒クロサワ映画のあらすじとネタバレ感想

まとめ

濃い恋愛映画や、ドロドロのラブストーリーではなく、有名だけれど軽く見ることが出来る作品を中心に選んでみました。また、落ち込んだときや疲れた時にもおすすめの作品ばかりです。ランキングの順位に関係なく、どの作品もおすすめですので、洋画と邦画、感動作や純愛ものなど、好みのものから選んで楽しんでいただけると思います。

関連ランキング

恋愛映画のおすすめランキング10選(洋画)
ラブコメ映画のおすすめランキング10選(洋画)
ラブロマンス映画のおすすめランキング10選
遠距離恋愛映画のおすすめランキング10選

⇒ランキング一覧はこちら