MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末 - Part 7

「9デイズ」のネタバレあらすじ結末

9デイズの概要:チケットのダフ屋をしていた主人公はある日突然、CIAに協力を要請される。死亡した諜報員が実は双子の兄弟だったことが分かり、身代わりをすることに。しかし、教育期間はたったの9日間。主人公は立派に諜報員として活躍できるのか。

「二代目はクリスチャン」のネタバレあらすじ結末

二代目はクリスチャンの概要:純粋無垢で真面目なシスターがヤクザの息子に愛され、ヤクザの親分になってしまう。原作・脚本をつかこうへい、監督を井筒和幸が務め、笑いを取り入れながらヤクザ同士の抗争を描く。ヒロインの志穂美悦子も良いが、脇を固めるキャスト陣の演技が素晴らしい。

「虹をつかむ男」のネタバレあらすじ結末

虹をつかむ男の概要:第49作目となる『男はつらいよ 寅次郎花へんろ』の撮影前に寅さん役の渥美清が急逝したため、渥美清への追悼映画という形で作られた山田洋次監督作品。映画のラストシーンにはCG合成で寅さんが姿を見せ、「敬愛する渥美清さんに捧げる」というテロップが出される。

「夢と狂気の王国」のネタバレあらすじ結末

夢と狂気の王国の概要:砂田麻美監督自身がカメラを回し、新作映画公開に向けて動くスタジオジブリの日々を追う。『風立ちぬ』を制作中の宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサーからは多くの話を聞き出しているが、『かぐや姫の物語』を制作中の高畑勲監督はほとんど姿を見せない。

「激動の1750日」のネタバレあらすじ結末

激動の1750日の概要:日本最大の暴力団組織「神岡組」の跡目相続を巡り、極道の意地をかけた血なまぐさい抗争が勃発する。あくまでフィクションではあるが、1984年から1989年にかけて繰り広げられた山口組対一和会の山一抗争を描いており、実際の事件を知る人には興味深い内容になっている。

「カードキャプターさくら 封印されたカード」のネタバレあらすじ結末

カードキャプターさくら 封印されたカードの概要:李小狼は木之本桜に告白した後、返事を聞かずに香港へと引っ越してしまう。桜は直接会って気持ちが伝えたかったため、手紙にも返事を書いていなかった。友人の知世と苺鈴はそんな2人を心配し、日本で会わせようと画策する。

1 4 5 6 7 8 9 10 376