MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末 - Part 7

映画『早熟のアイオワ』のネタバレあらすじ結末

早熟のアイオワの概要:アグネスは売春婦に身をやつした、母親のサラのもとで妹と共に暮らしていた。家計を支えるため、売春をするよう迫ってくる母をかわしながら、アグネスはバスケットと新聞記者のアルバイトに励んでいたが……。監督の実体験を基にしたヒューマンドラマ。

映画『酔いどれ詩人になるまえに』のネタバレあらすじ結末

酔いどれ詩人になるまえにの概要:チナスキーは酒癖の悪さがたたり、数々の問題を起こし、就いた仕事はどれも長続きしない。そんな彼にも夢があった。小説化になって、自分が本当に良いと思った作品を世に出すことだった。何度出版社に断られ続けても、チナスキーは酒を片手に原稿を書き上げる。

映画『ブラック・スネーク・モーン』のネタバレあらすじ結末

ブラック・スネーク・モーンの概要:幼い頃に性的虐待を受け続けたレイは、不安になるとセックスが我慢できなくなるセックス依存症に陥っていた。それを知ったブルースマンのラザラスは、彼女を回復させることに使命感を燃やす。「パルプ・フィクション」でジュールスを演じたサミュエル・L・ジャクソンが渋いブルースマンに扮している。

映画『特別な一日』のネタバレあらすじ結末

特別な一日の概要:ムッソリーニの率いるファシスト政権が絶大に支持されていた1938年のローマを舞台に、平凡な主婦とワケありの男が過ごす、ある特別な一日を描く。ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニの2人芝居とエットラーレ・スコラ監督の演出が光る名作。

映画『悦楽の貴婦人』のネタバレあらすじ結末

悦楽の貴婦人の概要:ずっと夫に放置され、寂しい思いをしてきた妻は、夫が行方不明になったのをきっかけに、外の世界へ飛び出していく。そして夫は、隠れ家の窓から別人のようになっていく妻を見ていた。ラウラ・アントネッリとマルチェロ・マストロヤンニが、すれ違う夫婦を演じた官能的な作品。

映画『ポランスキーの欲望の館』のネタバレあらすじ結末

ポランスキーの欲望の館の概要:レイプされそうになったアメリカ人女性が逃げ込んだ海沿いの館には、何を考えているのかさっぱりわからない人たちが集まっていた。大人版「不思議の国のアリス」といった風合いの作品で、次から次におかしな人物が登場し、意味不明な出来事が起こる。

映画『動物と子供たちの詩』のネタバレあらすじ結末

動物と子供たちの詩の概要:キャンプで知り合った6人の少年は、ハンターに殺されるバッファローに同情し、牧場の柵を壊してバッファローを逃がす計画を立てる。少年たちは、生きる価値がないとされる老齢のバッファローに自分たちの姿を重ねていた。カーペンターズの主題歌が胸に染み入る青春映画。

映画『天国の日々』のネタバレあらすじ結末

天国の日々の概要:貧困から抜け出せないままテキサスの農場に行き着いたビルと妹のリンダと恋人のアビー。アビーはそこで余命宣告を受けた農場主に求婚され、ビルは財産目当てで彼女と農場主を結婚させるのだが…。繊細で美しい映像が印象的なヒューマンドラマの秀作。

1 4 5 6 7 8 9 10 441