映画『7号室』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「7号室」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

個室DVDの店長であるドゥシクは、経営状態の悪化について悩んでいた。一方、アルバイトのテジュンは、借金を抱えているにも関わらず、2か月近く給料が支払われていないことで悩んでいた。

7号室の作品情報

7号室

タイトル
7号室
原題
Room No. 7
製作年
2018年
日本公開日
2018年8月4日(土)
上映時間
100分
ジャンル
コメディ
サスペンス
監督
イ・ヨンスン
脚本
イ・ヨンスン
製作
不明
製作総指揮
不明
キャスト
シン・ハギュン
D.O.
製作国
韓国
配給
ツイン

7号室の作品概要

韓国の実力派俳優のシン・ハギュンと、アイドルグループ「EXO」のメンバーであるD.O.が主演を務めている。個室DVDの7号室を巡って起きる、店長とアルバイトの対立が描かれている。だがそれだけではなく、社会の中でも「下流階級」と呼ばれる人達の困窮した生活についても物語内に盛り込まれている。監督・脚本を務めたのは、韓国で公開された映画『10分』(10 MINUTES)で長編映画デビューを果たしたイ・ヨンスンである。

7号室の予告動画

7号室の登場人物(キャスト)

ドゥシク(シン・ハギュン)
個室DVD店を経営している。経営がうまくいっておらず、姉夫婦からお金を借りている。
テジュン(D.O.)
ドゥシクの店で働くアルバイト。将来の夢はミュージシャンになることだが、うまくいっていない。学費を支払うため、闇金で借金を作る。

7号室のあらすじ(ネタバレなし)

ドゥシクは個室DVDの店長として働いていた。だが、経営状態は悪く、アルバイトへの給料の支払いも2ヶ月近く滞っている状態だった。アルバイトのテジュンは借金を抱え、お金に困っていた。そんな時、麻薬密売人の男からある仕事を持ち掛けられる。テジュンは多額の報酬のために、密売人の男から託された荷物を預かることにした。そして、その荷物を店の7号室に隠した。

店を手放したかったドゥシクは、アルバイトを雇って店が繁盛しているように見せかけることにした。だがある日、アルバイトが電気に感電し、亡くなる事故が起きてしまう。焦ったドゥシクは遺体を7号室に隠し、ドアに鍵を掛けた。7号室を封印したいドゥシクと、扉を開けて荷物を取ろうとするテジュンの激しい攻防が、今始まろうとしていた。

7号室の感想・評価

シン・ハギュン×D.O.の共演

シン・ハギュンは韓国の俳優で、映画『JSA』(01)で「第8回春史映画芸術賞・男優助演賞」にも輝いた実力者である。大学はソウル芸術専門大学放送演芸科を卒業している。同じ学部の卒業生には、「カンヌ国際映画祭・女優賞」を受賞したチョン・ドヨンや、父子共になった俳優になったチェ・ミンスなどがいる。ソウル芸術専門大学は「芸能人の大学」と言われるほど有名で、韓国で現在活躍している俳優達はこの大学の出身者が多い。

D.O.(ディオ)はアイドルグループ「EXO」のメンバーで、メインボーカルを務めている。「EXO」は「ソウル歌謡大賞」など数々の賞を受賞しており、特に若者達から絶大な支持を受けている。D.O.はドラマや映画にも多数出演しており、着実に演技力を身に着けている若手俳優としても注目の人物である。

「7号室」を巡っての戦いと社会

個室DVDという狭い店内で起こる2人の争いが描かれている。死体を隠したい店主と、麻薬密売人から預かった荷物を取り出したいアルバイト。これだけを聞くと、ただのコメディ映画だと思われるかもしれない。しかし、この作品にはもっと深い問題が潜んでいる。

この作品は社会の中でも、「下流階級」と呼ばれる人達の生活にスポットが当てられている。アルバイトのテジョンは、両親の収入が学費を払えるほど余裕がないため仕方なく闇金でお金を借りることになる。店長のドゥシクも時代と共に個室DVD店の経営が悪化し、生活に困窮するようになる。2人は社会に取り残されてしまった、「下流階級」に生きる人々なのだ。そこに注目しながらこの映画を見ると、また違った感想を持つと思う。

イ・ヨンスン

監督・脚本を務めたイ・ヨンスンは、韓国映画『10分』(10 MINUTES)で長編映画デビューを果たした。彼はこの作品で「第38回香港国際映画祭・国際批評家協会賞」を受賞した、素晴らしい才能の持ち主である。しかも、賞を決めるとき、審査員の3人全員がこの作品を選んでいる。

『7号室』はイ・ヨンスンにとって、長編映画2作品目に当たる作品である。前作の『10分』は格差社会にスポットが当てられた作品で、高い評価を受けた作品だった。そのため、社会の負の部分を盛り込んだ本作品も、きっと面白い内容に仕上げられているのだろうという期待がある。物語のラストには主人公達にとって幸せが待っているのか、それとも絶望が待っているのか、結末がとても楽しみな映画である。

7号室の公開前に見ておきたい映画

映画『7号室』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『7号室』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

純情

D.O.の初主演作品。D.O.が演じたのは、ラジオDJのボムシル。ボムシルがかつて思いを寄せていたヒロイン役は、幼いときから芸能界で活躍していたキム・ソヒョンが演じている。本作品は一般試写会で取ったアンケートで約90%の人が感動したと答えており、切ない初恋を描いたラブストーリーとなっている。

2014年、ラジオDJのボムシルは1通の手紙を読んだ。それは、初恋の人から届いた手紙だった。1991年、ボムシルはスオクという名の女性に恋をしていた。明るく心優しいスオクは、生まれつき足に障害を持っていた。ボムシルはそんなスオクをサポートし、常に寄り添っていた。だが、あることをきっかけに、2人の間に溝ができてしまう。

詳細 純情

JSA

シン・ハギュンが北朝鮮兵役を演じ、「第21回青龍賞・男優助演賞」を受賞した。映画のタイトルにもなっている「JSA」とは、韓国と北朝鮮の軍事境界線上にある地域のことである。この地域は国連軍と北朝鮮の人民軍が共同で警備にあたっている。本作品は、ソウルでの入場者記録を塗り替えるほどの大ヒットを記録した。

JSAで警備を行っていた朝鮮人民軍の兵士が、韓国軍の兵士に殺される事件が起きる。中立国監視委員会は事件を解明するため、スイス軍法務科将校のソフィー・チャン少佐を派遣した。ソフィーは事件の容疑者となった韓国軍兵士に面会するが、兵士は何も話そうとはしなかった。ソフィーは事件の関係者に会いに行き、事件の解明に尽力した。

詳細 JSA

踊る大捜査線 THE MOVIE

コメディ×サスペンス映画。フジテレビで放送された連続テレビドラマの劇場版。主人公である青島俊作を演じた、織田裕二の代表的な作品となった。興行収入101億円の大ヒットを記録しており、邦画年間興行収入1位を獲得している。その後、続編となる『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(03)・『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』(10)・『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(12)が公開された。

湾岸署史上最悪の3日間が始まろうとしていた。湾岸署の近くにある川で、胃にぬいぐるみを入れられた変死体が発見される。湾岸署の刑事達は捜査を開始しようとするが、本部からやって来た捜査グループに手出ししないよう指示される。実は、変死体事件の他に、警視庁副総監が誘拐される事件が起きていたのだ。また、湾岸署内でも、小さな事件が発生していた。果たしてこれらの事件は関係があるのか、無事に副総監は救出されるのか。

詳細 踊る大捜査線 THE MOVIE

7号室の評判・口コミ・レビュー

7号室のまとめ

店長VSアルバイトの個室DVDという、狭い店内で起きるやり取りがおもしろい映画である。麻薬の売人から預かった荷物も死体も、同じ7号室に隠してしまったことから物語が始まる。7号室の扉が開くかどうかで2人の運命が決まるというとても単純な話なのに、ラストがどうなるのかとても気になる作品になっている。店長もアルバイトもやっていることは犯罪なのだが、自分の人生のために必死になっている姿は好感が持てると思う。

この記事をシェアする