「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

CM監督のトビーはスペインの田舎町でコマーシャルの制作を行っていたが、上手くいっていなかった。そんな時、学生時代に監督を務めた作品のDVDを偶然にも手にする。トビーは作品の舞台として利用した村に足を運ぶことにした。

テリー・ギリアムのドン・キホーテの作品情報

テリー・ギリアムのドン・キホーテ

タイトル
テリー・ギリアムのドン・キホーテ
原題
The Man Who Killed Don Quixote
製作年
2018年
日本公開日
2020年1月24日(金)
上映時間
133分
ジャンル
コメディ
アドベンチャー
監督
テリー・ギリアム
脚本
テリー・ギリアム
トニー・グリゾーニ
製作
マリエラ・ベスイェフシ
ヘラルド・エレーロ
エイミー・ギリアム
グレゴワール・メラン
セバスチャン・デロワ
製作総指揮
ジェレミー・トーマス
ピーター・ワトソン
ハビエル・ロペス・ブランコ
キャスト
アダム・ドライバー
ジョナサン・プライス
ステラン・スカルスガルド
オルガ・キュリレンコ
ジョアナ・リベイロ
オスカル・ハエナダ
ジェイソン・ワトキンス
セルジ・ロペス
製作国
スペイン・ベルギー・フランス・イギリス・ポルトガル合作
配給
ショウゲート

テリー・ギリアムのドン・キホーテの作品概要

構想30年、企画の頓挫9回。様々な困難を乗り越えて完成された冒険コメディ映画。映画『Dr.パルナサスの鏡』(09)を手がけたことで有名な鬼才テリー・ギリアムが監督を務めている。イギリス出身の実力派俳優であるジョナサン・プライスが自分のことをドン・キホーテだと思い込んでいる老人・ハビエルを演じ、『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役で世界中に名を広めたアダム・ドライバーが若手のCM監督・トビーを演じている。

テリー・ギリアムのドン・キホーテの予告動画

テリー・ギリアムのドン・キホーテの登場人物(キャスト)

トビー(アダム・ドライバー)
CM監督。学生時代に『ドン・キホーテを殺した男』という作品の監督を務め、賞を受賞している。
ハビエル(ジョナサン・プライス)
『ドン・キホーテを殺した男』の作品で、ドン・キホーテを演じた。本当は靴職人だが、自分のことをドン・キホーテだと思い込んでいる。

テリー・ギリアムのドン・キホーテのあらすじ(ネタバレなし)

CM監督のトビーはスペインの田舎町でコマーシャルの制作を行っていたが、上手くいっていなかった。上司であるボスはインスピレーションを与えるため、『ドン・キホーテを殺した男』という古いDVDを販売している男を連れてきた。そのDVDは偶然にも、トビーが学生時代に監督を務めた作品だった。

トビーはボスの妻であるジャッキと一緒にDVDを観賞した。その時、2人は良い雰囲気になるが、ボスが部屋に帰って来てしまう。トビーは慌てて部屋から逃げ出した。トビーは『ドン・キホーテを殺した男』の舞台として利用した村に足を運んでみることにした。

トビーは村で、ドン・キホーテを演じた靴屋の老人・ハビエルと再会する。ハビエルは映画の影響を受けて、自らを本物のドン・キホーテだと信じ込んでいた。ハビエルはトビーを見て従者のサンチョだと思い込み、旅へと連れ出した。

テリー・ギリアムのドン・キホーテの感想・評価

構想30年、ついに完成した作品

テリー・ギリアム監督はミゲル・デ・セルバンテス原作の小説『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』から着想を得て、1989年に映画の制作に乗り出した。しかし、2000年に洪水によってセットや機材がダメになり、撮影が中止されることになる。さらに、トビー役を演じていたジョニー・デップのスケジュールの都合がつかなくなり、降板する事態に陥る。その他にも、資金難、役者達が次々に病に倒れるなど、企画が何度も頓挫している。

テリー・ギリアム監督は映画の完成を諦めておらず、構想30年、最初の撮影から17年の月日が流れた2017年6月に本作の撮影を完了させた。映画の完成後も順調とは言えず、権利問題が発生して世界での上映が危ぶまれることがあった。様々な危機を乗り越え、2020年1月24日に満を持して日本で公開されることになったのである。

賛否両論が巻き起こる物語

本作は「第71回カンヌ国際映画祭」のクロージング・フィルムとして上映され、アメリカやフランスなどで公開されている。欧州では絶賛の嵐で評価の高い作品だが、北米では酷評されている。

監督を務めたテリー・ギリアムは『Dr.パルナサスの鏡』(09)を手がけたことで有名な人物で、独創的な世界観と物語に定評がある。傑作か駄作か意見が分かれる作品ではあるが、他の映画にはないテリー・ギリアム監督作品ならではの幻想的な世界を楽しむことができる。

若きCM監督のトビーが、ひょんなことから自らをドン・キホーテだと信じている男・ハビエルと旅をすることになる。旅の行く末がどうなるのか、ハビエルはドン・キホーテだと思い込んだままなのか、ぜひ劇場で確認して欲しい。

人気俳優&女優が集結!

イギリス出身の俳優であるジョナサン・プライスが、ドン・キホーテと思い込んでいる靴職人・ハビエルを演じた。ジョナサン・プライスは舞台『ミス・サイゴン』で物語の重要人物・エンジニアを演じ、「1991年トニー賞・ミュージカル主演男優賞」を受賞している実力派俳優である。

『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役で一躍有名になったアダム・ドライバーが、若手CM監督のトビーを演じた。そして、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『ドラゴン・タトゥーの女』(12)など数々の人気作に出演しているステラン・スカルスガルドがトビーの上司であるボスを演じ、モデルとして活躍していたオルガ・キュリレンコがボスの妻のジャッキを演じている。

テリー・ギリアムのドン・キホーテの公開前に見ておきたい映画

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

Dr.パルナサスの鏡

テリー・ギリアムの代表作。監督の他に、チャールズ・マッケオンと脚本を手がけている。主人公のトニーを演じたヒース・レジャーが撮影の期間中に急逝したため、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルがトニー役を引き継いだ。豪華なキャストが集結していることから、日本でも大きな話題を集めた作品である。

パルナサス博士は悪魔との賭けに勝利し、永遠の命を手に入れた。娘のヴァレンティナと一緒に旅の一座を率い、不思議な鏡を使った出し物をしていた。鏡の中にはどんな欲望も満たす究極のパラレルワールドが広がっていた。平穏な生活を送るパルナサス博士は、何かに怯えている様子だった。実は、娘が16歳になったとき、悪魔に差し出すという契約を交わしていた。

詳細 Dr.パルナサスの鏡

スター・ウォーズ フォースの覚醒

アダム・ドライバーの代表作で、ダース・ベイダーに代わる悪役のカイロ・レンを演じた。『スター・ウォーズ』シリーズ旧三部作のその後を描いた物語で、銀河帝国の残党であるファースト・オーダーとレジスタンスの戦いが描かれている。2017年に続編が公開され、2019年12月20日に3部作の3作目に当たる『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の公開が決まっている。

帝国軍の残党「ファースト・オーダー」は、最後のジェダイであるルーク・スカイウォーカーの行方を捜し抹殺しようとしていた。ルークの妹のレイア・オーガナは将軍として「レジスタンス」を率い、「ファースト・オーダー」と対立していた。レイアもまたルークの行方を知らず、彼のことを探していた。

詳細 スター・ウォーズ フォースの覚醒

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

ジョナサン・プライスはポート・ロイヤルの総督であり、ヒロインのエリザベス・スワンの父でもあるウェザビー・スワンを演じた。世界中で大ヒットした『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第1作目に当たり、全世界で約6.5億ドルを超える興行収入を得ている。主人公のジャック・スパロウを演じたジョニー・デップは、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

総督の娘であるエリザベス・スワンは、ウィリアムという青年と思い合っていた。しかし、身分違いにより、2人は自分の思いを口にすることはなかった。ある日、エリザベスが海賊達に攫われてしまう。ウィリアムはエリザベスを救うため、海賊のジャック・スパロウと一緒に海賊船を追った。

詳細 パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

テリー・ギリアムのドン・キホーテの評判・口コミ・レビュー

テリー・ギリアムのドン・キホーテのまとめ

構想30年、企画の頓挫9回という困難を乗り越えて完成された作品のため、「呪われた企画」として映画の公開前から大きな話題を集めていた。テリー・ギリアム監督自身も完成しないのではないかと思っていたほどだったが、スタッフやキャストと一緒に力を合わせ2017年にクランクアップの日を迎えることになった。壮大な旅や物語の舞台となったスペインとポルトガルの美しい風景など、たくさんの魅力が詰まった作品に仕上がっている。

この記事をシェアする