映画『ダンケルク(2017)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ダンケルク(2017)」のネタバレあらすじ結末と感想

ダンケルク(2017)の概要:『インターステラー』のクリストファー・ノーラン監督作品。史上最大の救出作戦「ダイナモ作戦」をもとに描く戦争映画。ドイツ軍によりフランスの町「ダンケルク」に追い詰められ、そこから撤退するイギリス兵たちの姿を描く。

ダンケルクの作品情報

ダンケルク

製作年:2017年
上映時間:106分
ジャンル:ヒューマンドラマ、歴史、戦争
監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン、ハリー・スタイルズ etc

ダンケルクの登場人物(キャスト)

トミー(フィン・ホワイトヘッド)
イギリス陸軍の二等兵。ダンケルクの市街地でドイツ軍からの銃撃を受け、命からがら海岸までたどり着く。イギリスに向かう救出船に、何とか乗り込もうとする。
ギブソン(アナイリン・バーナード)
トミーと共に、ダンケルクからの脱出を試みる無口な兵士。実はフランス兵で、爆撃で死んだイギリス兵の服を着て、認識票もつけ、イギリス軍に紛れて脱出をしようとしている。
アレックス(ハリー・スタイルズ)
イギリス陸軍の高地連隊所属の二等兵。部隊の違うトミーと行動を共にする。ムーンストーン号に救出され、イギリスに帰還を果たす。
ピーター(トム・グリン=カーニー)
民間人。ムーンストーン号の船長であるミスター・ドーソンの息子。父、友人のジョージと共に、ムーンストーン号に乗り込みダンケルクへ向かう。
ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)
民間人。小型船ムーンストーン号の船長。ピーターの父親。独断で出航し、ダンケルクへ向かう。戦闘機に精通しており、エンジン音だけで友軍機か敵機かを見分けることができる。
ジョージ(バリー・コーガン)
民間人。ミスター・ドーソンのムーンストーン号に乗り込み、行動を共にする。ピーターの友人。イギリスのために何かしたいという気概を持っていたが、不幸な事故により命を落とす。
ファリア(トム・ハーディ)
イギリス空軍所属の戦闘機スピットファイアのパイロット。最初の戦闘で燃料計が壊れてしまい、残燃料が解らないまま飛び続ける。ドイツ軍の戦闘機メッサーシュミットや爆撃機を撃墜し、イギリス兵らを救う。
コリンズ(ジャック・ロウデン)
イギリス空軍所属の戦闘機スピットファイアのパイロット。ファリアと共に編隊を組み、ダンケルクに向かう。しかし途中、ドイツ軍の急襲により飛行不能となり、海面に不時着をする。
ボルトン海軍中佐(ケネス・ブラナー)
イギリス海軍の将校。ダンケルクの防波堤で撤退作戦の指揮を執る。最後の救出船が防波堤から出るときに、二等兵をその船に乗せ、自らは友軍フランス兵のためにダンケルクに残る。

ダンケルクのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ダンケルク(2017)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ダンケルクのあらすじ【起】

この作品は、三つの時間軸で構成されている。一つは、兵士トミーを巡るダンケルクの防波堤での一週間の話。二つ目は、対岸のイギリスから救出のためダンケルクに向かう民間船ムーンストーン号の一日の話。三つ目は、空からダンケルクに向かう戦闘機スピットファイヤの一時間の話。

ダンケルクの市街地で、兵士トミーはドイツ軍から逃げ、何とか海岸に出る。しかしそこには、救出船を待つ兵士たちの長い列が海へと続いていた。そこへドイツ軍の戦闘機メッサーシュミットが襲いかかる。トミーは、知り合ったばかりの兵士ギブソンと共に、医療兵になりすまして船に乗り込もうとする。だが、二人は乗り込んだ医療船から降ろされてしまう。しかし、その医療船はメッサーシュミットの攻撃を受け沈没してしまうのだった。

ドーヴァー海峡を挟んだ対岸のイギリスの港では、民間船の海軍徴用が始まっていた。小型船ムーンストーン号は、船長のドーンソン、その息子のピーター、ピーターの友人ジョージを乗せ、独断で出航する。そして、沖で一人の兵士を救出する。

空では、イギリス空軍機のスピットファイヤ3機がダンケルクに向かっていた。3機は、ドイツ機と遭遇し戦闘状態に入る。スピットファイヤのパイロットのファリアは、ドイツ機を一機、撃墜する。しかし、隊長機が撃墜され、自機も燃料計が破損するのだった。

ダンケルクのあらすじ【承】

ムーンストーン号の上空を、スピットファイヤ3機が飛んで行く。メッサーシュミットと交戦する前のファリアたちの機体だった。海から救出された兵士は、船の行き先がダンケルクだということを知り、半狂乱になる。ジョージは、彼に突き飛ばされ、船底に落ち、頭を強く打ってしまう。

スピットファイヤは、ダンケルクまで5分のところでドイツ軍爆撃機と遭遇し、交戦をする。コリンズの乗る機体が被弾し、海面に着水する。最後の一機となったファリアの乗る機体の残燃料も少なくなっていたが、それでもメッサーシュミットを追いかけるファリア。彼は、眼下の海上に何隻もの民間船を見るのだった。そして、遠くにドイツ軍爆撃機を発見する。

トミーとギブソンは、高地連隊と一緒に沖に停泊中の艦艇に収容される。しかし、ドイツ軍の魚雷攻撃を受け、その艦艇は沈没してしまう。何とか脱出をした、トミーと高地連隊のアレックスは、救命ボートまで泳ぎつくが定員オーバーで乗せてもらえず、ロープで繋がれ、再びダンケルクの浜へ戻ることになる。

ダンケルクのあらすじ【転】

ファリアのスピットファイヤは、残り燃料はわずかだが、ドイツ軍爆撃機を追っていた。再度、メッサーシュミットがファリアの機体に襲撃をかけて来る。ファリアがメッサーシュミットと交戦している間に、爆撃機の攻撃が始まり、イギリス軍の駆逐艦一隻を撃沈されてしまう。

再びダンケルクの浜に流れ着いたトミーとアレックスそしてギブソンは、高地連隊と共に、座礁船の中で満潮を待つ。潮が満ちれば座礁船は浮くはずだった。やがて潮が満ち、座礁船は浮き始めるが、ドイツ兵の銃撃で開いた穴から浸水してくる。浸水のため座礁船が、十分な浮力が得られないと判断したアレックスは、ギブソンに銃を向け、犠牲になれと言う。一言も話さないギブソンをアレックスは、ドイツ兵のスパイと思っていた。怯えるギブソンは「自分はフランス兵だ」と、正体を明らかにする。そんな時、船は海面に浮き、エンジンをかけるが、ドイツ軍からの砲撃を受け、ギブソンと共に船は沈んでします。その様子を防波堤で見ていたボルトン中佐は、沖に民間船が次々とやってくる姿を見つける。兵たちは、歓喜の声を上げるのだった。

ジョージの怪我は深刻だった。ムーンストーン号の上空ではドイツ軍の爆撃機と二機のスピットファイヤが交戦していた。撃墜され着水をしたコリンズはキャノピーを開けて脱出しようとするがうまくいかない。コックピットの中には、次々と海水が入ってくる。その時、沈むスピットファイヤのキャノピーのガラスを割ったのは、ムーンストーン号のピーターだった。コリンズが救出されたとき、船内では、ジョージが絶命していた。

ダンケルクの結末・ラスト(ネタバレ)

座礁船から脱出したトミーたちは、泳いで駆逐艦へ向かうが、駆逐艦はファリアの追っていた爆撃機に攻撃され、沈没してしまう。その爆撃機を、ファリアのスピットファイヤが撃ち落とす。ファリアの機体は、そこで燃料が切れ滑空を始める。撃ち落とされた爆撃機は海面に墜落し、駆逐艦から溢れ出していた重油に火がつく。その火の海から、ピーターが手を引いて最後に救出したのは、トミーだった。直後、メッサーシュミットがムーンストーン号を強襲するが、ギリギリの所で攻撃をかわす。攻撃をかわされたメッサーシュミットは、防波堤で民間船に乗り込む兵士たちに襲いかかる。しかし、滑空するファリアの機体がそのメッサーシュミットを撃ち落とすのだった。そのまま滑空を続け、浜に軟着陸したファリアは、愛機に火を放ち、ドイツ軍の捕虜となるのだった。

ムーンストーン号はイギリスに帰ってきた。港に着くと兵士たちは食事を与えられ、列車に乗って故郷へ帰って行く。翌朝、トミーは新聞に掲載されたチャーチル首相の宣言を、列車の中で読む。そこには、撤退作戦は勝利であり、兵士たちは英雄だと書かれてあった。そして、新聞にはジョージのことも、英雄の一人として掲載をしているのだった。

この記事をシェアする