映画『えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

山咲いづみは人気お笑いタレントになることを夢見ていたが、全く芽が出なかった。いづみは傷心のまま、故郷の福井県に帰郷する。そこで、偶然知り合ったえちぜん鉄道の社長にスカウトされ、アテンダントとして働くことになる。

えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。の作品情報

えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。

タイトル
えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。
原題
なし
製作年
2018年
日本公開日
2018年11月23日(金)
上映時間
109分
ジャンル
ヒューマンドラマ
監督
児玉宜久
脚本
児玉宜久
村川康敏
製作
不明
製作総指揮
不明
キャスト
横澤夏子
萩原みのり
山崎銀之丞
笹野高史
松原智恵子
緒形直人
辻本祐樹
坂本三佳
製作国
日本
配給
ギャガ

えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。の作品概要

お笑いタレントの横澤夏子が、初主演映画デビューを飾った作品。嶋田郁美が執筆した著書『ローカル線ガールズ』からアイデアを受け、児玉宜久と村川康敏が脚本を書き上げた。横澤が演じた主人公の山咲いづみは、お笑いタレントになる夢を諦め帰郷した女性である。そんな彼女がひょんなことから「えちぜん鉄道」のアテンダントに採用され、奮闘する様子が描かれている。そんないづみの姿に勇気を貰えるような作品になっている。

えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。の予告動画

えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。の登場人物(キャスト)

山咲いづみ(横澤夏子)
お笑いタレントを目指し上京する。お笑いコンビを組んでいたが全く売れなかったため、解散の危機を迎える。傷心の中、故郷の福井県に帰郷する。
藤本奈緒(萩原みのり)
えちぜん鉄道の新人アテンダント。いづみの同僚。アテンダントになることを長年夢見てきた。
越智圭祐(笹野高史)
えちぜん鉄道の社長。えちぜん鉄道を誰よりも愛している。いづみの良き理解者となる。
笠羽和子(松原智恵子)
いづみの実母の元同僚。元芸者。
山咲吉兵(緒形直人)
いづみの義兄。いづみとの間に何か確執がある様子。父の跡を継ぎ、そば屋を営む。

えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。のあらすじ(ネタバレなし)

山咲いづみは人気お笑いタレントになることを夢見ていたが、全く芽が出なかった。彼女は夢を諦め、憂鬱な気持ちのまま故郷の福井県に帰郷した。そんなある日、友人の披露宴に出席したときに、えちぜん鉄道の社長・越智に出会う。越智はアテンダントにならなかといづみに声を掛けた。

いづみはアテンダントの仕事を舐めており、簡単にできると思っていた。しかし、失敗ばかりして同僚との間に溝が生まれてしまい、お客様からも叱られる日々を送ることになる。義兄の吉兵からも、どんな仕事でも軽い気持ちでは務まらない!」と言われ、きつく叱られる。

いづみは同僚や越智からえちぜん鉄道にかける熱い思いを聞き、お客様に真摯に向き合うようになっていく。そんな時、列車内である事件が起きる。

えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。の感想・評価

横澤夏子初主演映画

本作品は横澤夏子にとって初の主演映画デビュー作となった。知っている方も多いと思うが、横澤はお笑いタレントとして活躍している女性である。ピン芸人の中で一番おもしろい人は誰か決める大会「R-1ぐらんぷり」で2011年と2015年で準決勝に進み、世間に名前が広く知られるようになった。

横澤の女優としての活躍で一番代表的な作品は、TBS系列の連続テレビドラマ『せいせいするほど、愛してる』である。この作品では、武井咲演じる主人公の会社の先輩役を務めた。横澤はあまり女優としての経験が多いとは言えないが、お笑いタレントとして「コント」を数多くこなしているため、演じることに長けている人物である。さらに、横澤が演じた主人公はお笑いタレントになることを夢見ている女性なので、横澤の心情的にもリンクする部分はきっと多かったと思う。

嶋田郁美が執筆した『ローカル線ガールズ』

本作品は嶋田郁美が執筆した『ローカル線ガールズ』からアイデアが取り入れられている。嶋田郁美は実際にえちぜん鉄道のアテンダントとして働いている女性で、『ローカル線ガールズ』はアテンダントの体験談が書かれたノンフィクション本となっている。児玉宜久監督はその本を参考に、村川康敏と共に脚本を書き上げた。

児玉宜久は濱田岳が主人公の浜ちゃんを演じてリメイクされた連続テレビドラマ、『釣りバカ日誌~新入社員浜崎伝助~』の監督を担当した人物である。児玉は主に2時間ドラマの監督として作品に携わっていることが多い。村川康敏は『妻の恋人』(12)で児玉とタッグを組んだことがある人物で、ドラマや映画以外にもアニメの脚本家としても活躍している。

えちぜん鉄道

えちぜん鉄道とは福井県の福井市から勝山市・坂井市を結ぶ鉄道路線のことで、えちぜん鉄道株式会社が運営を行っている。かつては、京福電気鉄道が運営を行っていたが、2000年と2001年に列車衝突事故を起こし、前線の運行を停止する事態になった。そのことで収支が悪化して事業が継続できなくなったため、京福電気鉄道は列車の運行を廃止している。

えちぜん鉄道は運行を再開するときに、アテンダントを採用した。アテンダントは車掌とは違い出発などの合図は行わず、乗客のサポートや乗車券の販売、車内アナウンスなどの仕事を行っている。アテンダントが直接乗客に乗車券を販売しているのは、利用者の年齢層を把握するのに役立っているからである。

えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。の公開前に見ておきたい映画

映画『えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

妻の恋人

児玉宜久の代表作。脚本を務めたのは村川康敏。村川は人気テレビアニメ『名探偵コナン』や、テレビアニメ『ゴルゴ13』などの脚本も担当している人物である。『妻の恋人』(12)は「愛と性」にスポットを当てた「Love&Eros CINEMA COLLECTION」の第2シーズンの1つとして公開された作品。アイドルグループのAKB48に所属していた成田梨紗が、主人公の娘役で出演している。

絵美子は夫の浮気を知ってしまい、夫婦の中ですれ違いが生じる。娘の初穂はそんな両親達の様子を敏感に感じ取り、家に居場所をなくしていく。絵美子は冷たい態度を取る娘に傷つき、夫に対してもどうやって接したらいいのか分からなくなっていく。そんな中、娘の恋人である朔哉に出会う。絵美子は心優しい朔哉に惹かれ、彼が働くバーに足を運ぶようになった。

詳細 妻の恋人

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー

横澤夏子が出演しており、ハリウッド映画デビューを果たした作品。横澤の出演は短い時間だが、どこに出ているのか探しながら見るのも楽しいと思う。2008年に公開された『マンマ・ミーア!』の続編に当たる作品。アマンダ・サイフリッドが演じた主人公の母親の、若かき日々が描かれている。アマンダの母親の若い頃を演じたのは、2016年に舞台『ロミオとジュリエット』のジュリエットを演じて話題になったリリー・ジェームズである。

ソフィは母のドナと共に、ホテルのリニューアルオープンの準備に追われていた。仕事に遣り甲斐を感じる中で、離れて暮らす夫のスカイとすれ違いが生じてしまう。そんな中、ソフィの妊娠が発覚する。不安を抱くソフィは、女手一つで自分を育ててくれた母のことを考えた。ドナは若い頃どんな日々を送り、ソフィの父親と出会ったのだろうか。

詳細 マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー

トゥルーマン・ショー

ヒューマンドラマ作品。俳優・プロデューサー・コメディアンとしても活躍している、ジム・キャリーが主演を務めている作品。「第56回ゴールデングローブ賞・男優賞」や「1999年ヒューゴー賞・最優秀映像作品賞」など、数々の賞を受賞している。フィリップ・K・ディック原作の小説『Time Out of Joint(時は乱れて)』からプロットのアイデアが生まれた。

トゥルーマン・バーバンクは保険会社に勤める、ごく平凡な明るい青年だった。トゥルーマンは生まれ故郷の離島・シーヘブンから一度も出たことがなかった。彼は水恐怖症で、海を渡って他の街に出かけることができないからだった。それは、父を海で亡くしたのが原因だった。だがある日、トゥルーマンは父によく似た老人を街で見かける。

詳細 トゥルーマン・ショー

えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。の評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。のまとめ

主人公の山咲いづみは最初えちぜん鉄道のアテンダントとして働き始めたとき、もの凄く軽い気持ちで仕事に当たっている。お笑いタレントを夢見ていた主人公にとって、自分が望んで就いた仕事ではないという思いがあったのではないだろうか。自分の思い通りの仕事や人生を歩んでいる人など滅多にいないため、いづみの気持ちは理解しやすく感情移入がしやすいと思う。そんないづみを女優ではなく横澤夏子が演じることで、親しみを感じられる作品になっている。

この記事をシェアする