映画『呪怨2(劇場版)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「呪怨2(劇場版)」のネタバレあらすじ結末と感想

呪怨2(劇場版)の概要:ホラー映画『呪怨』シリーズ第2作目となる劇場版。テレビ特番でロケに向かったスタッフや女優がその後、次々と怨念を募らせた伽倻子と俊雄の犠牲になる。ロケ時に妊娠中だった女優の腹を借りて、伽倻子がとうとう現世へと復活する。

呪怨2の作品情報

呪怨2

製作年:2003年
上映時間:92分
ジャンル:ホラー
監督:清水崇
キャスト:酒井法子、新山千春、堀江慶、市川由衣 etc

呪怨2の登場人物(キャスト)

原瀬京子(酒井法子)
映画界のホラークイーンと呼ばれる女優。婚約者との結婚を目前に妊娠が発覚。深夜のドライブ中、交通事故に遭い婚約者は意識不明の重体。自身も流産してしまう。しかし、赤子は戻り、後に伽倻子を産み落として命を落とす。
三浦朋香(新山千春)
番組のレポーターを務めている。マンションの角部屋に住んでいるものの、何もないはずの壁側から奇妙な音がするため、悩まされている。佐伯家のロケ直後に伽倻子に襲われ、恋人と共に首を吊って亡くなる。
大林恵(山本恵美)
番組制作のメイク係。感受性が高く怖がり。見えないものを見たり聞いたりすることが時々ある。ロケ直後にメイク室から伽倻子に襲われ行方不明となる。伽倻子に憑依され京子を襲おうとするが、亡くなった京子の母親に阻止される。
大国圭介(葛山信吾)
番組のディレクター。佐伯家のロケ直後から製作に関わったスタッフが行方不明になったり、死亡していることで恐怖を募らせる。恵から渡された伽倻子の日記帳を調べ、佐伯家を訪問し京子を発見。病院にて伽倻子に連れ去られ行方不明となる。
千春(市川由衣)
霊的に感受性の高い女子高生。夜な夜な佐伯家での夢を見て、伽倻子に狙われていることを察している。友人を助けようと必死になるが、公園にて伽倻子に捕まり命を落とす。京子の傍に俊雄が寄り添っている姿を目にしている。
佐伯伽倻子(藤貴子)
夫により首を絞められ惨殺されている。強い怨念を抱えており、人間を縊り殺す。首を絞められたことで苦しんだ時の声が特徴。狙った相手は逃さない。京子の腹を借りて現世へと復活を果たす。
佐伯俊雄(尾関優哉)
伽倻子の息子で推定年齢10歳。全身蒼白にて下着1枚のみを着用している姿が多い。いつも飼っていた黒猫と一緒。母親と行動を共にしていることがほとんど。

呪怨2のネタバレあらすじ

映画『呪怨2(劇場版)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

呪怨2のあらすじ【起】

京子

婚約者との結婚を目前にし、妊娠中だった女優の原瀬京子。彼女は深夜のドライブ中、悲惨な交通事故にて流産してしまい、婚約者は意識不明の重体に陥ってしまう。事故の際、男の子の霊を目撃した京子は、その子が流産した自分の子供だったかもしれないと思うのだった。

その後、婚約者の意識が戻らないまま仕事に復帰した京子だったが、病院の検診にて流産したはずの子供が順調に育っていると言われる。その日の夜、京子は自宅の居間にて男の子の霊を目撃。そして、こたつで横になったままの母親がそのまま亡くなってしまうのだった。

朋香

レポーターの三浦朋香はマンションの壁の物音に悩まされていた。原瀬京子も参加するテレビ番組が決定した日。物音の検証のために恋人を呼んで、音を一緒に聞いてもらった。朋香の部屋は角部屋であるため、壁の向こうには何もないはずだった。

朋香がテレビの特番でロケに出ていた頃、恋人が彼女の部屋へ訪問。女の霊に襲われる。仕事が終わり自宅へ帰った朋香は、天井に張り巡らされた髪の毛で首を吊った恋人の姿を発見。以前から聞こえていた壁の物音は男の子の霊が恋人の遺体を揺らし、壁を叩いている音だったのだ。恐怖に声も出ない朋香を女の霊が襲う。彼女も恋人同様に首を絞められ、天井に吊り下げられるのだった。

呪怨2のあらすじ【承】

メイク係の大林恵はテレビ特番のクルーの一員として、原瀬京子のメイクを担当している。製作陣と一緒にロケにやって来た家は、実際に惨殺事件があった場所だった。その昔、この家に住んでいた佐伯剛雄が妻の伽倻子と息子の俊雄を惨殺し、自らも変死体で発見されたという事件である。
撮影は順調に進んだが、途中で京子のマイクから変な音が聞こえると音声係が訴えを上げた以外、特に問題もなかった。

感受性が高く時折、他の人には見えない何かを見たり聞いたりしてしまう恵。ロケ終了後、忘れ物を取りに家へ戻り、嫌な予感がして急いで家から去った。その後は会社へ戻りメイク室で後片づけをするも、背後の着替えスペースが気になって仕方ない。中を覗くと2畳ほどのスペースには謎のシミ。そして、鬘が動き出して血塗れの女が現れる。恵は奇怪な動きをする女に襲われるのだった。

呪怨2のあらすじ【転】

圭介

特番のディレクターである大国圭介。特番のロケ後、京子が事故に遭いロケ直後に朋香が自宅で首を吊り、恵は行方不明。他のクルーとも連絡がつかないことで、恐怖を募らせていた。佐伯家のロケ後であるため、恐らくはあの家が原因と考え京子に話を聞きに来たが、彼女は事故後に母親も亡くしており、関わりたくないと言う。

京子を自宅へ送った圭介。彼女が玄関先で行方不明になった恵を見たと言うので、一緒に中へ入るも恵の姿はどこにもない。しかし、圭介は居間の向こうの廊下に恵の姿を発見。彼女は1冊のノートを置いて姿を消してしまう。
そのノートは彼がロケ後に、あの家でたまたま開いたノートである。伽倻子の日記帳だった。圭介は京子に頼み込んで一緒に佐伯家の事件を調べ、もう一度あの家に行こうと決意するのだった。

自宅に帰った京子がこたつで転寝していると、畳のシミから女の霊が現れる。伽倻子に憑依された恵である。彼女は京子に手を伸ばすも、亡くなった母親が娘を助けた。
目が覚めた京子は何か因縁を感じて、ロケ地であった家へ1人で向かう。

裏口から佐伯家へ入った京子は、玄関口で女子高生が騒いでいるのを目にする。その際、腹部に強烈な痛みを感じ、そして階段から下りて来る伽倻子を目撃して意識を失うのだった。

呪怨2のあらすじ【結】

千春

女子高生の千春は夜な夜な佐伯家の夢を見ていた。彼女は自分が伽倻子に狙われていることを知っている。友人に誘われてホラー映画の撮影にエキストラとして参加した千春は、主演の原瀬京子に俊雄が寄り添っている姿を目にして悲鳴を上げてしまう。

そして、再び目を閉じた時。彼女はまたも佐伯家に囚われてしまう。夢の感じから、どうやら自分は予知夢を見ているようだと察した千春。行く先々で伽倻子と俊雄を目撃し、公園で倒れ伽倻子に命を奪われてしまうのだった。

伽倻子

佐伯家へ向かった圭介は女子高生が走り去るのを目にする。彼は恐る恐る中へ入り、京子が倒れているのを発見。すぐさま病院へ搬送した。切迫流産の危機に陥っているらしい。

赤子の泣き声から無事に出産は済んだと思われたが、圭介が手術室へ向かうとその場にいるスタッフの誰もが倒れている。そして、京子から産まれたものはなんと、血塗れの伽倻子であった。圭介は彼女に襲われ行方不明となった。
意識を取り戻した京子。手術室の床に落ちている赤子を愛しげに抱き締める。

しばらく後。成長した女の子の手を引いて歩く京子は、少女によって階段上から突き落とされ命を落とす。少女の手には伽倻子の日記が握られていた。

関連作品

次作 呪怨 白い老女
次作 呪怨 黒い少女
前作 呪怨

この記事をシェアする