映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

私立・秀知院学園には将来を期待されたエリート達が通っていた。そこで生徒会長を務める白銀御行と副会長を務める四宮かぐやは、互いに惹かれ合っていた。しかし、プライドが高い2人は素直に告白することができず、相手に告白させようと画策した。

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦の作品情報

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦

タイトル
かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦
原題
なし
製作年
2019年
日本公開日
2019年9月6日(金)
上映時間
113分
ジャンル
コメディ
ラブストーリー
監督
河合勇人
脚本
徳永友一
製作
刀根鉄太
辻本珠子
下田淳行
製作総指揮
不明
キャスト
平野紫耀
橋本環奈
佐野勇斗
池間夏海
浅川梨奈
堀田真由
ゆうたろう
高嶋政宏
製作国
日本
配給
東宝

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦の作品概要

累計発行部数700万部を超える赤坂アカ原作の人気漫画を元に制作された作品。アイドルグループ「King & Prince」に所属する平野紫耀が主演を務め、女優の橋本環奈がヒロインを演じた。既存の恋愛映画に嵌らない、天才2人が織り成す「恋愛頭脳戦」が見所の1つとなっている。「King & Prince」の『koi-wazurai』が主題歌に起用されている。恋の駆け引きのドキドキ感などが表現されており、映画のストーリーにマッチした楽曲になっている。

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦の予告動画

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦の登場人物(キャスト)

白銀御行(平野紫耀)
私立・秀知院学園、生徒会会長。全国模試上位常連。頭脳明晰、努力型の天才。四宮のことが好き。プライドが高い。
四宮かぐや(橋本環奈)
私立・秀知院学園、生徒会副会長。大財閥令嬢。文武両道で、容姿端麗。プライドが高い。白銀のことが好き。
石上優(佐野勇斗)
私立・秀知院学園、生徒会会計。ヘッドフォンを常に首からかけている。白銀と仲が良い。気だるい雰囲気を漂わせている。
藤原千花(浅川梨奈)
私立・秀知院学園、生徒会書記。天然なところがあるが、明るくて心優しい性格。四宮の友人。

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦のあらすじ(ネタバレなし)

私立・秀知院学園には将来を期待されたエリート達が集まっていた。その中でも一際優秀なのが、生徒会会長と副会長の2人だった。会長の白銀御行は全国模試上位常連で、頭脳明晰な人物。副会長の四宮かぐやは大財閥令嬢で、文武両道・容姿端麗と全てを兼ね備えた少女だった。

「人を好きになり結ばれる」。それは、とても素晴らしいことである。だが、恋愛には明確なパワーバランスが存在した。白銀と四宮は互いに惹かれ合っていたが、プライドが高かったため素直に告白することができなかった。告白した方が「負け」だと思った2人は、自分の知略と技術を使って相手に告白させようと画策した。恋愛頭脳戦の幕が切って落とされたのである。

女性は素直じゃない生き物だと思った白銀は、自分を欺く策略を練ってくるだろうと四宮の行動を予測した。四宮も白銀の思考を予測し、相手に告白させるために迎え撃った。天才2人の嘘と罠、究極の心理戦の行方とは!?

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦の感想・評価

恋愛頭脳戦

週刊青年漫画雑誌『週刊ヤングジャンプ』で連載されている赤坂アカ原作の漫画を元に制作された作品。原作の漫画は累計発行部数700万部を超え、アニメ化が行われスピンオフ作品が連載されるなど高い人気を誇っている。

本作品はただの恋愛映画ではない。描かれているのは、天才2人による「恋愛頭脳戦」である。主人公の白銀御行は全国模試上位常連であり、ヒロインの四宮かぐやも文武両道の持ち主である。そんな2人は思い合っていながらも、高いプライドが邪魔をして告白できずにいる。

白銀と四宮は「相手に告らせる」ことを前提に、嘘と罠を交えた激戦を繰り広げる。斬新な2人のやり取りは、ごく普通の恋愛映画に飽きた人も楽しめること間違いない!

原作者も認めた配役

主人公の白銀御行を演じたのは、ジャニーズ所属のアイドルグループ「King & Prince」の一員である平野紫耀。TBS系列の連続ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』や映画『ういらぶ。』(18)などに出演しており、歌手だけでなく俳優としても目覚ましい活躍を見せている。

ヒロインの四宮かぐやを演じたのは、「千年に一人の逸材」として大きな話題を集めた橋本環奈。映画『セーラー服と機関銃 卒業』(16)や映画『銀魂シリーズ』などに出演しており、体当たりで役に向き合う姿勢が高い評価を受けている。

白銀の父親を演じたのは、シリアスからコメディまで幅広い演技をこなす高嶋政宏。医師の田沼正造&ナレーションを担当したのは、個性派俳優の佐藤二朗。その他にも、若手俳優として人気を博している佐野勇斗などが出演している。原作者の赤坂アカが自分の趣味趣向だと太鼓判を押すほど、原作漫画のキャラクターとぴったり合うキャスティングになっている。

河合勇人監督×徳永友一脚本

監督を務めたのは河合勇人。河合はチアリーダーを世に広めたといっても過言ではない、映画『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』(17)を手がけたことで有名な人物である。

脚本を務めたのは、徳永友一。埼玉県を貶したストーリーが衝撃を集め、SNSを中心に話題になった映画『翔んで埼玉』(18)の脚本を担当した人物である。本作では監督、脚本として第一線を走っている河合と徳永がタッグを組むことになった。

「King & Prince」の『koi-wazurai』が主題歌に起用されている。歌詞の内容は映画のストーリーに沿っており、主人公達が行う恋の駆け引きのドキドキ感が感じられる楽曲になっている。映画の前に聞けば、より作品の雰囲気を掴むことができるはずである。

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦の公開前に見ておきたい映画

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話

河合勇人の代表作で、監督を務めた作品。福井県立福井商業高等学校で起きた実話を元に制作されている。主演を務めた広瀬すずを始めとした出演者達は、チアリーダーを表現するに当たり猛練習を重ねて撮影に挑んでいる。2018年にはTBS系列で、映画の9年後を舞台としたドラマが公開された。

友永ひかりはサッカー部に所属する思い人の山下孝介を応援するため、チアリーダー部への入部を決める。ほぼ全員ド素人のメンバーで構成される中、顧問の早乙女薫子は全米大会制覇という無茶な目標を掲げる。ひかり達は早乙女の鬼のようなスパルタ指導に必死に耐え、練習を重ねていった。様々な困難が待ち受ける中、ひかり達は全米大会制覇という目標を叶えることができるのだろうか!?

詳細 チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話

ういらぶ。

平野紫耀の代表作。「LINE漫画・少女部門」で月間1位を記録した星森ゆきも原作の人気漫画を映画化した作品。平野紫耀は主人公の和泉凛を演じ、ヒロインは「JR SKISKI」のイメージキャラクターに抜擢されたことでも有名な桜井日奈子が演じた。本当はお互い好きなのに、拗らせてしまって上手くいかない幼馴染2人の姿が描かれている。

和泉凛、春名優羽、坂下暦、藤蛍太は同じマンションに暮らす仲良し4人組。和泉はドSの振りをした超拗らせ男子で、春名にきつい態度を取りながらも実は彼女のことがとても好きだった。春名は超ネガティブ女子で、和泉に惹かれながらも告白できずにいた。思いを拗らせた2人の前に、好きだと思いをはっきり伝えることができる最強のライバル兄妹が現れる。

詳細 ういらぶ。

銀魂

橋本環奈の代表作。『週刊少年ジャンプ』で連載されていた空知英秋原作の少年漫画を元に制作された作品。空知曰く作品の属性は、「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」。感動あり、シリアスあり、笑いありのストーリーとなっている。橋本は主要人物の神楽役を務めており、変顔やアクションシーンなどを体当たりで演じて話題になった。

宇宙人に支配された江戸末期。志村新八が喫茶店のウエイターとして働いていると、客からの嫌がらせを受けて絡まれてしまう。そこに現れたのは、坂田銀時という男だった。坂田は侍というには荒々しく、チンピラというにはあまりにも澄んだ目をしていた。坂田に助けられた志村は、彼が営む「万事屋 銀ちゃん」の手伝いをすることになった。そして、個性的な仲間と共に、様々な出来事に巻き込まれていく。

詳細 銀魂

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦の評判・口コミ・レビュー

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦のまとめ

秀知院学園に通うエリート白銀御行と四宮かぐやによる激しい恋愛頭脳戦バトル。「どうしたら告白させられるか」という部分に特化した内容になっており、無事に2人は付き合うことができるのか最後までハラハラしながら見ることができる。もしかしたら、「相手に告白して欲しい」と悩んでいる人が参考にできるやり方もあるかも!?今までにない新しい恋愛映画となっており、どれが嘘でどれが罠なのか推理しながら見るのも楽しい作品である。

この記事をシェアする