「燃えよ剣」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

開国か倒幕か、幕末の世は大きく揺れ動いていた。そこで、京都の治安を守るため、京都守護職預かりとして浪士隊「新選組」が結成された。局長の近藤勇を筆頭に、隊士達は不逞浪士を捕殺していった。

燃えよ剣の作品情報

燃えよ剣

タイトル
燃えよ剣
原題
なし
製作年
2020年
日本公開日
2020年5月22日(金)
上映時間
148分
ジャンル
時代劇
監督
原田眞人
脚本
原田眞人
製作
市川南
佐野真之
佐藤善宏
臼井真之介
製作総指揮
山内章弘
豊島雅郎
キャスト
岡田准一
柴咲コウ
鈴木亮平
山田涼介
尾上右近
山田裕貴
たかお鷹
坂東巳之助
製作国
日本
配給
東宝、アスミック・エース

燃えよ剣の作品概要

司馬遼太郎原作の小説『燃えよ剣』を54年ぶりに映画化した作品。原田眞人が監督・脚本を手掛けている。幕末の世に6年間だけ存在した、浪士隊「新選組」の活躍を副長の土方歳三を中心に描いた物語。アイドルグループ「V6」のメンバーである岡田准一が主演を務め、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、尾上右近、山田裕貴など、豪華なキャストが脇を固めている。殺陣のシーンは迫力があり、重厚な物語と合わせて必見である。

燃えよ剣の予告動画

燃えよ剣の登場人物(キャスト)

土方歳三(岡田准一)
新選組副長。「鬼の副長」の異名を持つ。厳しい戒律で、組員達を纏め上げる。頭が切れる人物。
お雪(柴咲コウ)
絵師。怪我を負った土方を助け、好意を寄せ合うようになる。
近藤勇(鈴木亮平)
新選組局長。土方とは正反対の性格で、おおらかな人物。土方とは信頼を寄せ合っている。
沖田総司(山田涼介)
新選組一番隊組長。陸奥国白河藩の江戸詰め藩士の息子。土方と近藤のことを信頼している。超一流の剣術の腕を持つ。
松平容保(尾上右近)
会津藩藩主。京都守護職。「新選組」を配下に置き、京都の治安維持に力を尽くす。
徳川慶喜(山田裕貴)
江戸幕府第15代将軍。松平容保に京都守護職を命じた。

燃えよ剣のあらすじ(ネタバレなし)

開国か倒幕か、幕末の世は大きく揺れ動いていた。京都では刃傷沙汰が横行し、治安が悪化していた。江戸幕府第15代将軍の徳川慶喜は京都の治安維持と警備を強化するため、会津藩藩主の松平容保を京都守護職に任命した。

京都守護職預かりとして、浪士隊「新選組」が結成された。新選組局長の近藤勇を筆頭に隊士達は結束を固め、不逞浪士を捕殺していった。そんなある日、怪我を負った副長の土方は、絵師のお雪に助けられる。二人は惹かれ合い、思いを寄せ合うようになった。

近藤派と初代筆頭局長の芹沢鴨派との間に、徐々に溝ができてしまう。さらに、新選組参謀の伊東甲子太郎が新選組の乗っ取りを企むなど、組織の統率が徐々に乱れてきてしまう。「新選組」の隊士達の戦いの行く末とは?

燃えよ剣の感想・評価

司馬遼太郎原作の小説『燃えよ剣』を54年ぶりに映画化

司馬遼太郎原作の小説『燃えよ剣』を元に制作された。小説『燃えよ剣』は1966年に一度映画化されており、今回54年ぶりに再び映画化されることになった。幕末の世に6年間だけ存在した浪士隊「新選組」を描いた物語で、彼らの戦いの日々と歴史に名を刻むほど強烈な生き様を見ることができる。

物語の主人公になっているのは、「鬼の副長」の異名を持つ新選組副長の土方歳三。局長の近藤勇の盟友としても知られている人物である。おおらかな近藤勇とは正反対の性格で、厳しい戒律で組織を纏め上げていた。開国か倒幕かで揺れ動く世を土方はどのように生きたのか、「新選組」はなぜ6年しか存在することができなかったのか、彼らの行く末を見届けて欲しい。

岡田准一、主演

主演を務めたのは、ジャニーズ所属のアイドルグループ「V6」のメンバーである岡田准一。アイドル業の傍ら近年では俳優業を積極的に行っており、時代劇映画『散り椿』(18)で「第42回日本アカデミー賞・優秀主演男優賞」を受賞するなど実力派俳優としての地位を確立しつつある。

ヒロインのお雪を演じたのは、女優の柴咲コウ。女優としてだけでなく歌手としても活躍しており、男女問わず高い支持を集めている。その他に、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明、尾上右近、山田裕貴、市村正親、柄本明といった若手アイドルから名俳優まで、豪華で個性的なキャストが集結している。総勢3000名を超えるエキストラも出演しており、見応えのある作品に仕上がっている。

迫力ある戦闘シーンが見どころ

映画評論家としても知られている原田眞人がメガホンを取った。母子の深い愛を描いた映画『わが母の記』(12)や豊臣秀吉の死から関ヶ原の戦いまでを描いた時代劇映画『関ヶ原』(17)など、幅広いジャンルの作品を手掛けている。

本作では迫力のあるアクションシーンも楽しむことができる。隊士達を務めた役者達は組太刀稽古を行い、撮影に挑んだ。さらに、物語の舞台にも注目して欲しい。「新選組」の名を聞いたときに真っ先に思い浮かべるほど有名な「池田屋事件」では、舞台となる池田屋を再現している。

重厚な作品の音楽を手掛けたのは、作曲家としてだけでなくヴァイオリン奏者としても知られている土屋玲子。映画作品では木村拓哉×二宮和也が共演した『検察側の罪人』(18)の音楽も手掛けている。

燃えよ剣の公開前に見ておきたい映画

映画『燃えよ剣』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『燃えよ剣』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

土方歳三 燃えよ剣

司馬遼太郎原作の小説を元に制作された。1966年11月12日に公開され、舞台演出も手掛けている映画監督の市村泰一がメガホンを取った。主人公の土方歳三を演じたのは、テレビドラマ『暴れん坊将軍』シリーズや映画『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』(13)などに出演している俳優の栗塚旭。

幕府は過激志士達の暗躍に頭を悩ませ、世の中は騒然としていた。土方歳三は剣の腕は超一流だったが、女にだらしない人物だった。女遊びをしても、心を傾けるような人物はいなかった。そんな時、六所明神の神官下猿渡佐渡守の妹である佐絵という女性と出会う。土方は佐絵と思いを寄せ合うが、乱世の世だったため穏やかな日々は長くは続かなかった。5年後、土方は近藤勇を局長とし、「新選組」を組織して活躍していた。

詳細 土方歳三 燃えよ剣

わが母の記

原田眞人監督の代表作で、脚本も手掛けている。井上靖原作の自伝的小説を元に制作された。役所広司×樹木希林が主演を務めており、「第35回モントリオール世界映画祭・審査員特別グランプリ」や「第36回日本アカデミー賞・優秀監督賞」など、様々な賞を受賞している。宮﨑あおい、キムラ緑子、三國連太郎など豪華なキャストが集結している。

小説家として活躍している伊上洪作は、母との間に確執があった。それは、幼い頃に母に捨てられたからだった。伊上は「なぜ自分を捨てたのか」、母に対して問いたい気持ちがあった。しかし、母は認知症を発症し、洪作を捨てたことを始め多くの記憶を失ってしまう。伊上はそんな母の面倒を見るうちに、母が自分のことを深く愛していたことを知る。

詳細 わが母の記

散り椿

岡田准一の代表作で、剣豪の瓜生新兵衛を演じている。葉室麟原作の時代小説を元に制作された。「第42回モントリオール世界映画祭・審査員特別グランプリ」を受賞している。メガホンを取った木村大作は、巨匠・黒澤明の元で撮影技師を務めていた過去を持つ。俳優の豊川悦司がナレーションを担当した。

享保十五年。瓜生新兵衛は妻の篠と京都のお寺で密かに暮らしていた。実は数年前、新兵衛は不正を正そうと上に掛け合い、聞き入れられずに藩を追われた過去を持っていた。新兵衛の元には今なお刺客が現れ、心が休まる時はなかった。そんな中、篠が病を患い、体調が悪化してしまう。篠はある願い事を新兵衛に託し、息を引き取った。新兵衛はその願い事を叶えるため、再び故郷の地に足を踏み入れる。

詳細 散り椿

燃えよ剣の評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

燃えよ剣のまとめ

司馬遼太郎原作の歴史小説『燃えよ剣』は映画化だけでなく、ドラマ化や舞台化も何度も行われているほど親しまれている作品である。6年間だけしか存在していないにも関わらず、現代の私達でさえもその存在を知らない人はいないほど有名な浪士隊「新選組」。彼らが京都の町でどのように活躍し、そして歴史から姿を消すことになったのか、今一度その目で確かめてみて欲しい。総勢3000名を超えるエキストラが出演するなど、映画ならではの迫力と映像美を楽しむことができる。

この記事をシェアする