サスペンス映画 | MIHOシネマ - Part 73

サスペンス映画一覧

『暴走特急』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

暴走特急の概要:「暴走特急」(原題:Under Siege 2: Dark Territory)は、1995年のアメリカ映画。監督はジェフ・マーフィー。主演は「沈黙の要塞」、「沈黙の戦艦」のスティーヴン・セガール。共演にはエリック・ボゴシアン、キャサリン・ハイグル、モリス・チェストナット、エヴェレット・マッギルなど。

『撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的の概要:「撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的」(原題:The Foreigner)は、2002年のアメリカ映画。監督はマイケル・オブロウィッツ。主演は「刑事ニコ/法の死角」、「沈黙シリーズ」のスティーヴン・セガール。共演にマックス・ライアン、アンナ=ルイーズ・プロウマン、ハリー・ヴァン・ゴーカム、ジェフリー・ピアースなど。

『007は二度死ぬ』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

007は二度死ぬの概要:「007は二度死ぬ」(原題:007 You Only Live Twice)は、1967年のイギリス映画。原作はイギリスの冒険小説家イアン・フレミング。007シリーズの5作目にあたる作品。監督は「アルフィー」の監督でも知られる、007初監督となったルイス・ギルバート。主演は前作「007/サンダーボール作戦」に引き続き、ジェームズ・ボンド役にショーン・コネリー。共演のボンド・ガール役に若林映子と浜美枝。日本の諜報機関のボスに丹波哲郎。本作は香港と日本でロケが行われ、日本国内では東京都内、九州、近畿などが撮影地として選ばれた。ボンド・カーにはトヨタ2000GTが採用される。

『マンイーター』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

マンイーターの概要:「マンイーター」(原題:Rogue)は、2007年のオーストラリア映画。監督は「ウルフクリーク 猟奇殺人谷」のグレッグ・マクリーン。出演は「サロゲート」のラダ・ミッチェル、「アバター」のサム・ワーシントン、「永遠の僕たち」のミア・ワシコウスカ。

『スリーデイズ』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

スリーデイズの概要:「スリーデイズ」(原題:The Next Three Days)は、2010年のアメリカ映画。2008年に公開されたフランスの映画「すべて彼女のために」のハリウッド版リメイク作品である。監督はクリント・イーストウッド監督の「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で、第77回アカデミー賞の作品賞に輝いたポール・ハギス。主演は2000年の「グラディエーター」でオスカーに輝いたラッセル・クロウ。共演は「スパイダーマン」シリーズなどのエリザベス・バンクス。

1 70 71 72 73 74 75 76 89