「アダムス・ファミリー(アニメ)」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

ゴメズ・アダムスはモーティシアと結婚式を挙げるが、式の最中に彼らのことを恐れた人達に襲撃されてしまう。逃亡したゴメズ達は、丘の上にあった廃墟に引っ越した。数十年後、ゴメズ夫妻の間には、二人の子供が誕生していた。

アダムス・ファミリー(アニメ)の作品情報

アダムス・ファミリー(アニメ)

タイトル
アダムス・ファミリー
原題
The Addams Family
製作年
2019年
日本公開日
2020年9月25日(金)
上映時間
87分
ジャンル
コメディ
ホラー
アニメ
監督
コンラッド・バーノン
グレッグ・ティアナン
脚本
マット・リーバーマン
製作
ゲイル・バーマン
コンラッド・バーノン
アレックス・シュワルツ
アリソン・オブライエン
製作総指揮
アンドリュー・ミットマン
ジョー・アーリー
アーロン・L・ギルバート
ジェイソン・クロス
キャスト
オスカー・アイザック
シャーリーズ・セロン
クロエ・グレース・モレッツ
フィン・ウルフハード
ニック・クロール
ベット・ミドラー
アリソン・ジャネイ
スヌープ・ドッグ
製作国
アメリカ
配給
パルコ

アダムス・ファミリー(アニメ)の作品概要

チャールズ・アダムス原作の一コマ漫画を元に制作された作品。1990年代には実写映画化もされており、世界中で愛されている作品である。今回、CGアニメとして再びファンの前に戻ってきた。字幕版の吹き替えを担当したのは、オスカー・アイザックを始め、シャーリーズ・セロン、クロエ・グレース・モレッツ、フィン・ウルフハードなど。日本語吹き替え版の吹き替えを担当したのは、生瀬勝久を始め、杏、二階堂ふみ、秋山竜次、LiLiCoなど。どちらも豪華なキャストが集結し、吹き替えを行っている。

アダムス・ファミリー(アニメ)の予告動画

アダムス・ファミリー(アニメ)の登場人物(キャスト)

ゴメズ・アダムス(オスカー・アイザック)
妻のモーティシアのことを心から愛している。莫大な資産を持つ。陽気な性格。ちょび髭がトレードマーク。
モーティシア・アダムス(シャーリーズ・セロン)
ゴメズの妻。魔女。死んでも蘇ることができる。コウモリが好き。冷静沈着。ゴメズの良き理解者。
ウェンズデー・アダムス(クロエ・グレース・モレッツ)
アダムス家の長女。普段は無口。話すときは言葉がきつい。頭が良い。陰湿な性格。
パグズリー・アダムス(フィン・ウルフハード)
アダムス家の長男。一見普通の少年に見えるが、過激な悪戯が大好きな危険な人物。

アダムス・ファミリー(アニメ)のあらすじ(ネタバレなし)

人里離れた山の中で、ゴメズ・アダムスはモーティシアと結婚式を挙げた。二人は幸せの真っ只中にいたが、不気味な彼らを恐れた人達に襲撃され、親族と共にその場を逃げることになってしまう。住処を探しているとき、長身の男・ラーチに出会う。ゴメズ達はラーチを執事として雇い、丘の上にあった廃墟の家を訪れた。

廃墟となった家には、恐ろしい幽霊が住み着いていた。だが、ゴメズ達は恐れることなく、「我が家に相応しい!」とその家で暮らすことを決断した。数十年後。アダムス夫妻の間には、二人の子供が誕生していた。長女のウェンズデーは両親に負けないぐらい不気味なことが大好きで、長男のパグズリーは過激な悪戯が大好きだった。

ゴメズはパグズリーに「セイバー・マズルカ」をさせるため、準備に追われていた。「セイバー・マズルカ」はアダムス一族が行う、通過儀礼だった。その一方で、ウェンズデーは丘の下にある、大勢の人が暮らすコミュニティに興味を抱き始める。

アダムス・ファミリー(アニメ)の感想・評価

大人気映画がアニメになって帰ってきた!

チャールズ・アダムス原作の一コマ漫画を元に制作されている。テレビドラマ化、テレビアニメ化もされる中、1991年に実写映画が公開された。不気味な屋敷に暮らす怪しげな一家の姿が描かれており、一見すれば恐ろしい作品なのだが、コミカルな部分もあり現在でも多くの人から愛されている作品である。

そんな人気作が、今回アニメになって帰ってきた。監督・制作・原案を務めたのは、コンラッド・バーノン。カリフォルニア芸術大学でアニメーションを学んだ後、様々なヒット作に携わってきた。映画『シュレック2』(04)や映画『マダガスカル3』(12)で、監督の一人として作品に関わっている。そして、コンラッド・バーノンと共に本作の監督を務めたのは、グレッグ・ティアナン。『きかんしゃトーマス』シリーズで、映画版&テレビアニメ版共に監督として深く関わっている人物である。

字幕版吹き替えに豪華なキャストが勢揃い!

字幕版でアダムス家の当主であるゴメズの声を担当したのは、俳優&歌手として活躍するオスカー・アイザック。主演を務めた映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(13)では、批評家から高い評価を受けている。さらに、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)に出演しており、幅広い年代の人に名が知られるようになった。

ゴメズの妻であるモーティシアの声を担当したのは、実力派女優のシャーリーズ・セロン。アダムス家の長女であるウェンズデーの声を担当したのは、子役から活躍するクロエ・グレース・モレッツ。アダムス家の長男であるパグズリーの声を担当したのは、若手人気俳優のフィン・ウルフハード。その他、俳優のニック・クロール、女優のベット・ミドラー、女優のアリソン・ジャニーなど、豪華なキャストが声優として作品に参加している。

日本語吹き替え版も負けていない!超豪華なキャストが集結

日本語吹き替え版も字幕版に劣らず、超豪華なキャストが吹き替えを担当している。まず、ゴメズ役を担当したのは、名バイプレイヤーとして活躍している俳優の生瀬勝久。モーティシア役を担当したのは、女優の杏。女優として数々のヒット作に出演しているのはもちろんのこと、アニメ映画『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』(15)を始め、今までに何度も声優の仕事を行っている。

ウェンズデー役は人気若手女優の二階堂ふみ。フェスターおじさん役はお笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次。物語のキーマンと言えるテレビの人気司会者マーゴ・ニードラー役は、映画コメンテーターとして活躍するLiLiCo。マーゴの部下のグレン役は、ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』の2017年モデルオーディションでグランプリを受賞した井上翔太。井上にとって、本作が声優初挑戦となった。

アダムス・ファミリー(アニメ)の公開前に見ておきたい映画

映画『アダムス・ファミリー(アニメ)』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『アダムス・ファミリー(アニメ)』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

アダムス・ファミリー

チャールズ・アダムス原作の一コマ漫画を元に制作された作品の実写版。バリー・ソネンフェルドの長編映画監督デビュー作。ラウル・ジュリア、アンジェリカ・ヒューストン、クリスティーナ・リッチなど豪華なキャストが一堂に会している。1991年当時の最新CG技術が使われており、コメディ・ホラー映画として日本でも大人気の作品。

不気味な館に、ある一家が暮らしていた。その一家「アダムス・ファミリー」は当主のゴメズを筆頭に、皆不思議な力や能力を持っていた。ゴメズは数十年前に失踪した兄のフェスターの行方を捜しており、降霊会を利用することにした。そんなゴメズに目を付けたのは、アダムス一家の資産を管理している弁護士のタリーだった。実は、タリーはアダムス一家の財産を狙っていた。タリーは金貸しのアビゲイルと結託して一家を騙し、お金をせしめることにした。

詳細 アダムス・ファミリー

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

オスカー・アイザックの映画初主演作で、「第48回全米映画批評家協会賞・主演男優賞」を始め、様々な賞を受賞(またはノミネート)している。演技だけでなく、作中で披露している歌声が特に高い評価を受けている。コーエン兄弟の名称で有名なジョエル・コーエンとイーサン・コーエンが監督&脚本を担当した。

1961年、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジ。ルーウィン・デイヴィスはフォーク歌手として活動していたが、曲は売れず生活に困窮していた。寝る場所に困ったルーウィンは、知り合いの家を転々としていた。そんなある日、友人の恋人のジーンから、子供を妊娠していることを告げられる。実は、ルーウィンとジーンは関係を持ったことがあった。ルーウィンは子供を堕ろすための費用を工面しようとするが、上手くいかなかった。

詳細 インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

スキャンダル(2019)

シャーリーズ・セロンの代表作で、作品に出演している他に制作にも携わっている。売れっ子ニュースキャスターのメーガン・ケリーを演じた。2016年にアメリカのテレビ局で実際に起きたスキャンダルを元に制作された作品。ニコール・キッドマンがテレビ局「FOXニュース」のCEOを告発するグレッチェン・カールソンを、マーゴット・ロビーが野心を持つ新人キャスターのケイラ・ポスピシルをそれぞれ演じている。

アメリカ最大のテレビ局「FOXニュース」。ある日、ベテランニュースキャスターのグレッチェン・カールソンが、CEOのロジャーをセクハラで訴えた。局内部は予想外の事態に驚愕し、ロジャー本人は激怒した。ロジャーは事実ではないと否定し、グレッチェンを叩きのめそうと画策した。グレッチェンは諦めることなく、戦うことを決意する。そんな彼女達の騒動に、心を動かされる二人の女性の姿があった。

詳細 スキャンダル(2019)

アダムス・ファミリー(アニメ)の評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

アダムス・ファミリー(アニメ)のまとめ

多くの人の心を掴んだホラー・コメディ映画『アダムス・ファミリー』が、CGアニメになって帰ってきた。一作目の映画が公開されてから数十年の月日が経っているが、今なお続編を求める声が後を絶たないほどの人気作である。アメリカでは日本よりも一足早く、2019年10月4日に本作が公開された。公開初週末に3000万ドルを超える大ヒットを記録しており、多くの観客から高い評価を受けている。通例儀式「セイバー・マズルカ」とは一体何なのか?人間のコミュニティに興味を抱いたウェンズデーは一体どのような行動を起こすのか?気になる要素が盛りだくさんの作品に仕上がっている。

この記事をシェアする