「AI崩壊」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

2030年の日本、AIが全国民の個人情報と健康を管理し、人々の生活に欠かせない存在となった。天才科学者の桐生浩介は医療AI「のぞみ」を開発した者として、国民から絶大な支持を集めた。そんなある日、AIが暴走し、殺戮を始めた。

AI崩壊の作品情報

AI崩壊

タイトル
AI崩壊
原題
なし
製作年
2020年
日本公開日
2020年1月31日(金)
上映時間
131分
ジャンル
SF
サスペンス
監督
入江悠
脚本
入江悠
製作
北島直明
沢桂一
池田宏之
菊川雄士
石垣裕之
森田圭
武田京市
弓矢政法
平野ヨーイチ
田中祐介
角田真敏
小泉貴裕
製作総指揮
伊藤響
松橋真三
キャスト
大沢たかお
賀来賢人
広瀬アリス
岩田剛典
高嶋政宏
芦名星
玉城ティナ
余貴美子
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画

AI崩壊の作品概要

入江悠が監督&脚本を担当したSFサスペンス映画。2030年の日本が物語の舞台になっており、人工知能(AI)が全国民の個人情報と健康を管理している社会が描かれている。大沢たかおが主役を務め、AIの開発者でありテロリストとして警察から追われることになる桐生浩介を演じた。桐生浩介の他界した妻役の松嶋菜々子、桐生を負う天才捜査官役の岩田剛典、新米刑事役の広瀬アリス、望の弟で物語の重要な鍵を握る西村悟役の賀来賢人など、豪華なキャストが集結している。

AI崩壊の予告動画

AI崩壊の登場人物(キャスト)

桐生浩介(大沢たかお)
天才科学者。医療AI「のぞみ」の開発者。医療AI「のぞみ」の暴走を機に、テロリストとして警察に追われることになる。
桐生望(松嶋菜々子)
浩介の妻。他界している。医療AI「のぞみ」の共同開発者。
西村悟(賀来賢人)
望の弟。医療AI「のぞみ」の管理を行っている。AI暴走事件の鍵を握る人物。
桜庭誠(岩田剛典)
警察庁の天才捜査官。AI暴走事件の捜査を担当する。桐生を被疑者として追跡する。

AI崩壊のあらすじ(ネタバレなし)

2030年の日本、AIが全国民の個人情報と健康を管理する社会になっていた。医療AI「のぞみ」を開発したのは、天才科学者の桐生浩介。桐生は英雄のように称えられ、多くの国民から支持されていた。

ある日、医療AI「のぞみ」が突然暴走し、生きる価値のない人間を勝手に選別して殺戮を始めた。警察庁の捜査官である桜庭は事件を調査し、桐生が被疑者だと特定した。桐生は身に覚えのないことだったため、真犯人を突き止めるために逃亡した。

事件の鍵を握っているのは、桐生の亡き妻・望の弟の西村悟だった。現在、医療AI「のぞみ」の管理をしているのは、西村だった。なぜ医療AI「のぞみ」は暴走したのか、真犯人とは一体誰なのか。桐生は警察やAIの追跡から逃れ、真実に辿り着くことができるのだろうか。

AI崩壊の感想・評価

10年後の日本

本作は今から10年後の2030年の日本が物語の舞台になっており、AIが国民のあらゆる情報と健康を管理する社会になっている。AIは電気・ガス・水道に次ぐ第4のインフラとして生活に浸透し、欠かせない存在になっていた。そのため、医療AI「のぞみ」を開発した主人公の桐生浩介は英雄のように扱われ、国民から絶大な支持を集めることになる。

本作を制作するに当たり、「リアル」な部分が大事にされている。実際に人工知能学会の専門家や研究所へリサーチを行い、取材結果を生かした作品作りがなされている。現代の社会でもAIは既に使われており、インターネットサイトの検索エンジンや自動運転システムのセンサーなどで活用されている。もしかしたら10年後に実際に起こるかもしれない。そんなドキドキ感を感じさせてくれる作品になっている。

人工知能(AI)を題材にした作品

人工知能(AI)を題材にした作品は数多くある。意思を持つロボットと周囲の人々の様子を描いた映画『チャッピー』(15)や人間とAIの恋愛を描いた映画『her 世界でひとつの彼女』(13)などがそれに当たる。

本作では命の選別を行い、殺戮を始めたAIが描かれている。AIがなぜ暴走することになったのか、人々は自分の命を守ることができるのか、手に汗握る展開が待っている。またそれだけではなく、AI開発者でありテロリストの疑いをかけられた桐生浩介の過去が物語の重要な位置を占めている。桐生の過去に何があったのか、桐生は誰に嵌められたのか、SF要素だけではなく複雑な人間模様や心理戦が描かれているのも魅力の1つである。

豪華なキャストとスタッフが集結

監督&脚本を担当したのは、映画『22年目の告白 私が殺人犯です』(17)を手がけたことで有名な入江悠。主人公の桐生浩介を演じたのは、テレビや舞台でも活躍している俳優の大沢たかお。賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、高嶋政宏、芦名星、松嶋菜々子など実力派俳優達が集結し、予測不能なSFサスペンス映画が完成した。

映画音楽を担当したのは、実写作品だけでなくアニメ作品の音楽も手がけている作曲家の横山克。主題歌を担当したのは、シンガーソングライターのAI。映画のために書き下ろされた楽曲『僕らを待つ場所』が起用されている。機械的な音を避け生の声を届けることに重点を置いて制作されており、AIの切ない声と温かなメロディーがマッチした楽曲になっている。

AI崩壊の公開前に見ておきたい映画

映画『AI崩壊』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『AI崩壊』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

風に立つライオン

大沢たかおが主演&企画を務めた作品。さだまさしは実在の医師・柴田紘一郎をモデルに、1987年にシングル曲『風に立つライオン』と2013年に同名小説を発売した。大沢たかおはこの楽曲の熱烈なファンで、映画化を実現させるために奔走した。その結果、『クローズZERO』(07)を手がけたことで有名な三池崇史がメガホンを取ることになった。

1987年ケニアで命と闘う日本人医師がいた。その医師は頼まれると断れない性格で、ミスター大丈夫というあだ名が付けられていた。医師の名前は島田航一郎。島田は日本に恋人を残し、国境近くの戦傷病院に派遣された。そこで、他の医師や看護婦と共に治療に当たった。内戦は激化し、身体だけでなく心に傷を負った少年兵がたくさん運ばれてきた。島田は子供達のために何ができるのか、苦悩した。

詳細 風に立つライオン

22年目の告白 私が殺人犯です

入江悠監督の代表作。韓国映画『殺人の告白』(12)をリメイクした社会派サスペンス映画。入江監督は平田研也と共に脚本も執筆している。演技派俳優の藤原竜也×伊藤英明が主演を務め、夏帆、野村周平、仲村トオルなど豪華な俳優が脇を固めた。東京連続絞殺事件の犯人を名乗る男が告白本を発表したところから物語が始まり、先が読めない展開が人気を博した。

1995年東京都内で5件の連続殺人事件が起こった。懸命の捜査もむなしく、犯人を見つけられないまま時効を迎えた。そんなある日、1人の男がマスコミの前に現れた。男の名前は曾根崎雅人。曾根崎は自分が連続殺人事件の犯人だと言い、事件の詳細を書いた本を出版した。事件を捜査していた刑事の牧村航や被害者遺族は、曾根崎を逮捕できないことに苦悩する。

詳細 22年目の告白 私が殺人犯です

チャッピー

AIを題材にした作品。主人公は意思を持つロボット・チャッピーで、俳優のシャールト・コプリーがモーションキャプチャと声を担当した。『第9地区』(09)で一躍有名になったニール・ブロムカンプが、監督・製作・脚本・原作を務めている。現実世界でも起こりそうなリアルなストーリーと壮絶なバトルが見られることから、評価が高い作品である。

2016年、南アフリカ・ヨハネスブルグ。ロボットの設計者のディオン・ウィルソンは、人工知能ソフトを開発した。だが、ロボットで試作することを上司から反対されてしまう。ディオンはこっそり家に持ち帰り、廃棄寸前だったロボットで試そうとした。その時、ギャングに襲われて、人工知能ソフトをインストールしたロボットを奪われてしまう。ロボットはチャッピーと名付けられ、ギャングに育てられた。

詳細 チャッピー

AI崩壊の評判・口コミ・レビュー

AI崩壊のまとめ

本作は今まで制作された人工知能(AI)を題材にした作品とは一味違う要素を持っている。それは、プロデューサーの北島直明がコメントを残しているように、「AIを取り扱う人間」について描かれた作品であるというところである。AIも物語の中で重要な役割を担っているのだが、主人公・桐生浩介の過去や彼を追跡する人々の思いなどが本作では特に重要なポイントになってくる。単純な「AI VS 人間」という構図の物語ではなく、複雑に絡み合う人間ドラマを楽しむことができるのである。

この記事をシェアする