アニメ映画のネタバレあらすじ一覧 | MIHOシネマ - Part 31

アニメ映画一覧

「アラジン」のネタバレあらすじ結末と感想

アラジンの概要:アグラバーに住む貧しい青年アラジンは不思議なランプを手に入れる。そのランプには精霊ジーニーがおり、3つの願いを叶えてくれるというのだ。アラジンは自分を王子にしてもらい、憧れのジャスミン王女に近づく。しかしその一方でアグラバーを支配しようとする大臣ジャファーが悪巧みを考えていた。

「魔女の宅急便」のネタバレあらすじ結末と感想

魔女の宅急便の概要:魔女修行に出た13歳のキキは、挫折を経験しながら少しずつ成長していく。角野栄子の同名児童文学を原作としたスタジオジブリの長編アニメーション。宮崎駿監督は、魔女のキキを誰にでも共感しやすい普通の少女として描いており、その狙いが的中して映画は大ヒットした。

「エヴァンゲリオンQ」あらすじ&ネタバレ感想

『エヴァンゲリヲン新劇場版』の「序」「破」に続く三作目。TVシリーズ、過去の劇場版シリーズとは全く異なるストーリー展開で観客に衝撃を与えた今作は、「これこそエヴァだ!」と言わしめる圧倒的な世界観を表現している。庵野秀明監督が放つ超問題作!

「かぐや姫の物語」のネタバレあらすじ結末と感想

かぐや姫の物語の概要:日本の古典「竹取物語」を、高畑勲監督が独自の解釈で脚色した、異色の長編アニメーション。手描きの線を強調することでキャラクターの喜怒哀楽を生き生きと表現し、背景の繊細で美しい水彩画と合わせて、芸術性の高いアニメーションを完成させている。

「千と千尋の神隠し」のネタバレあらすじ結末と感想

千と千尋の神隠しの概要:10歳の千尋が迷い込んだ世界には独自の掟があり、不思議なキャラクターたちが湯婆婆の経営する「油屋」でせっせと働いていた。宮崎駿ワールドが炸裂した長編アニメ映画。国内外で数多くの映画賞を受賞。アニメ映画の枠を超えて世界中から絶賛される傑作で、唯一無二の存在感を放つ。

「ハウルの動く城」のネタバレあらすじ結末と感想

ハウルの動く城の概要:ダイアナ・ウィン・ジョーンズの小説「魔法使いハウルと火の悪魔」を原作とした宮崎駿監督作品。複雑に入り組んだハウルの動く城の造形に宮崎駿監督らしさがよく出ている。物語の難解さを指摘する声もあるが、むしろそこがいいというファンも多い。

「天空の城ラピュタ」のネタバレあらすじ結末と感想

天空の城ラピュタの概要:かつて地上に巨大な帝国として栄えたラピュタ。その伝説の島を見つける事が夢である炭鉱少年パズーはある日、空から降りてきた不思議な少女シータと出会う。彼女の持つ飛行石には不思議な力があり、空賊ドーラや諜報員ムスカが狙っていた。そしてパズーとシータは彼らから逃げる中でその石がラピュタへの道を示す手掛かりとなる事を知る。

「火垂るの墓」のネタバレあらすじ結末と感想

火垂るの墓の概要:野坂昭如の同名短編小説を、高畑勲監督が長編アニメーションとして映像化した。終戦間近の兵庫県を舞台に、戦争孤児となった少年と幼い妹が懸命に生きようとする姿を描く。節子の可愛い声とリアルな関西弁が頭から離れなくなる、あまりに悲しい名作。

「アナと雪の女王」のネタバレあらすじ結末と感想

アナと雪の女王の概要:日本では2014年3月の劇場公開初日から異例の動員数を記録し、ついには212億円の興行収入を突破した超ヒット作。主題歌の「レット・イット・ゴー」は、オリジナルバージョンも、松たか子が歌う日本語バージョンも幅広い層に支持され、日本列島に「レリゴー旋風」を巻き起こした。

1 28 29 30 31