時代劇映画 | MIHOシネマ - Part 3

時代劇映画一覧

「用心棒」のネタバレあらすじ結末と感想

用心棒の概要:ヤクザ者の縄張り争いで荒廃した宿場町。そこへフラリとやってきた浪人が、用心棒を装って悪人たちを一斉する。黒澤明監督による爽快なアクション時代劇。主人公を演じた三船敏郎の男臭い色気が炸裂しており、本作の三船はため息が出るほどかっこいい。

「地獄門」のネタバレあらすじ結末と感想

地獄門の概要:平家と源氏が入り乱れる戦場で出会った盛遠と袈裟。戦で武勲を立てた盛遠はその褒美として、清盛に袈裟との結婚を願い出る。清盛も快く応じようとする。しかし、袈裟には既に夫がいた。

「続・座頭市物語」のネタバレあらすじ結末と感想

続・座頭市物語の概要:1962年4月に公開された「座頭市物語」の大ヒットを受け、続編となる「続・座頭市物語」が同年10月に公開された。実の兄弟である勝新太郎と若山富三郎(当時の芸名は城健三朗)が共演し、劇中でも過去に因縁のある実の兄弟を演じている。前作からの流れを汲んだ物語となっている。

「新・座頭市物語」のネタバレあらすじ結末と感想

新・座頭市物語の概要:1962年の春と秋に公開された「座頭市物語」「続・座頭市物語」に続くシリーズ第3作目。前の2作はモノクロだったが、本作からはカラー映像となっている。世話になった師匠の妹と座頭市の儚い恋が物語の主軸になっており、前の2作とはまた違った印象を受ける。

「座頭市物語」のネタバレあらすじ結末と感想

座頭市物語の概要:子母沢寛の短編「座頭市物語」を原案としているが、内容も座頭市のキャラクター設定もほぼオリジナル。勝新太郎が盲目ながら迫力の立ち回りを見せる座頭市を熱演して、映画は大ヒットした。これにより座頭市はシリーズ化され、勝新の代表作となる。

「ラスト サムライ」のネタバレあらすじ結末と感想

ラスト サムライの概要:トム・クルーズが新たに挑戦するのは、明治初頭の日本を舞台にしたアクション超大作。渡辺謙がハリウッドに進出する大きなきっかけとなった作品でもある。海外で製作された作品でありながら、日本の"武士道"を丁寧に描いている。

「信長協奏曲」のネタバレあらすじ結末と感想

信長協奏曲の概要:戦国時代へタイムスリップし、織田信長として生きることになった高校生のサブローは、戦さのない世の中にするため、天下統一を目指す。原作は石井あゆみのコミック「ゲッサン」。2014年に放映されたテレビドラマが好評で、その続編的な作品として、この映画が制作された。

1 2 3 4 5 6