映画『アイネクライネナハトムジーク』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「アイネクライネナハトムジーク」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

佐藤は長年付き合っている恋人の本間紗季にプロポーズするが、あまり良い返事をもらうことができなかった。2人の出会いは、10年前まで遡る。街頭アンケートを行っていた佐藤は、アンケートに答えてくれた紗季と付き合うようになる。

アイネクライネナハトムジークの作品情報

アイネクライネナハトムジーク

タイトル
アイネクライネナハトムジーク
原題
なし
製作年
2019年
日本公開日
2019年9月20日(金)
上映時間
119分
ジャンル
ラブストーリー
監督
今泉力哉
脚本
鈴木謙一
製作
依田巽
畠中達郎
見城徹
佐竹一美
一力雅彦
佐藤吉雄
宇田川寧
遠藤日登思
松下剛
製作総指揮
小竹里美
千葉伸大
キャスト
三浦春馬
多部未華子
矢本悠馬
森絵梨佳
恒松祐里
萩原利久
八木優希
成田瑛基
製作国
日本
配給
ギャガ

アイネクライネナハトムジークの作品概要

伊坂幸太郎原作の恋愛小説集を元に制作された作品。シンガーソングライターの斉藤和義が、主題歌と劇中歌を担当している。伊坂たっての希望により今泉力哉が監督を務め、仙台・宮城で撮影が行われた。映画『君に届け』でも共演していた三浦春馬×多部未華子が主演を務め、2人の出会いから10年後の様子までが描かれている。フレッシュな若手俳優と共に、原田泰造やサンドウィッチマンなど個性的なキャストが脇を固めている。

アイネクライネナハトムジークの予告動画

アイネクライネナハトムジークの登場人物(キャスト)

佐藤(三浦春馬)
マーケティングリサーチ会社で働く、ごく普通の会社員。10年間付き合った紗季にプロポーズをする。
本間紗季(多部未華子)
フリーター。佐藤の恋人。佐藤からプロポーズされるが、あまり喜んでいない様子。
織田一真(矢本悠馬)
佐藤の親友。学生時代のマドンナだった由美と結婚し、幸せな家庭を築いている。少し変わり者。

アイネクライネナハトムジークのあらすじ(ネタバレなし)

佐藤は長年付き合っている恋人の本間紗季にプロポーズするが、より良い返事はもらえなかった。2人が出会ったのは、10年前の夜の仙台駅前だった。佐藤は弾き語りをしているストリートミュージシャンの傍で、街頭アンケートを集めていた。そのアンケートに答えてくれたのが紗季だった。紗季の手には「シャンプー」の文字が書かれており、佐藤はそれを見てふと笑顔になった。

紗季と佐藤の出会いは、劇的なものではなかった。最近、なぜ一緒にいるのかふと頭を過るようになった。佐藤の友人の織田一真は、学生時代のマドンナと結婚して幸せな日々を送っていた。逆に、佐藤の上司である藤間は、妻子に逃げられて途方に暮れていた。佐藤と紗季はこれからどのような人生を歩むことになるのだろうか?

アイネクライネナハトムジークの感想・評価

恋愛群像劇

主人公の佐藤を中心に、多種多様なカップルが登場する。まず、佐藤は紗季という10年間付き合っている恋人がいる。恋愛の当初のような熱い気持ちはなく、長年付き合っているからという惰性的な理由でプロポーズをする。このまま2人は結婚するのか、それとも別々の道を歩むことになるのかが注目のポイントだと言える。

佐藤の親友の織田一真は結婚して幸せな家庭を築いている。織田家の長女である美緒は高校生で、鋭い目線で佐藤に意見することもある。彼女の真っ直ぐな言葉には、ハッとさせられる要素がある。また、一真の妻の同級生である美奈子は、声しか知らない男性に恋をしている。さらに、佐藤の上司の藤間は、妻子に逃げられている。

佐藤だけでなく、周囲の恋愛模様も非常に気になる作品となっている。それぞれ登場人物達がどのような道を歩むことになるのか、最後まで目が離せない展開が待っている。

伊坂幸太郎×斉藤和義の出会いによって生まれた作品

映画の元になったのは、伊坂幸太郎が執筆した恋愛小説集である。伊坂幸太郎は『重力ピエロ』や『グラスホッパー』など、普段はミステリー・サスペンスのジャンルでの活躍が目覚ましい。

短編集『アイネクライネナハトムジーク』は、伊坂にとって唯一の恋愛小説集である。執筆のきっかけになったのは、映画の主題歌と劇中音楽を担当している斎藤和義の存在である。伊坂は斎藤から作詞を依頼され、短編小説を執筆した。そして、斎藤は曲を制作した。そのやり取りをきっかけに、短編集『アイネクライネナハトムジーク』が誕生したのである。

映画の主題歌である『小さな夜』は、映画のために書き下ろされた楽曲となっている。斎藤のどこか哀愁漂う声と優しい旋律が、物語の雰囲気にピッタリと合っている。

有名俳優×フレッシュな若手俳優×個性的なキャスト

舞台『キンキーブーツ』での活躍が大きな話題を集めた俳優の三浦春馬が主演を務め、「多部ちゃん」の愛称で親しまれている女優の多部未華子がヒロインを演じた。2人とも数々の映画やドラマに出演しており、高い演技力を持った俳優だと言える。

有名な俳優だけでなく、これからの活躍が期待されるフレッシュな若手俳優達も多数出演している。主人公の親友の娘として物語でも重要な位置にいる織田美緒を演じたのは、若手女優の恒松祐里。子役の頃から活躍しており、NHK大河ドラマにも出演している。また、美緒のことを気にかけている久留米和人役で、20歳の若手俳優・萩原利久が出演している。

仙台を舞台にした作品ということで、仙台出身のお笑いコンビ・サンドウィッチマンが出演している。さらに、主人公の上司役で原田泰造が出演し、謎のストリートミュージシャン・斎藤さん役で、ロックバンド「THE TOKYO」のギタリスト・こだまたいちが出演している。有名俳優×フレッシュな若手俳優×個性的なキャストがどのような化学反応を起こすのか、注目して欲しい。

アイネクライネナハトムジークの公開前に見ておきたい映画

映画『アイネクライネナハトムジーク』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『アイネクライネナハトムジーク』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

君に届け

多部未華子×三浦春馬が主演を務めた作品。椎名軽穂原作の少女漫画を元に制作された青春恋愛映画。原作の漫画は「第32回講談社漫画賞少女部門賞」を受賞しており、累計発行部数は2000万部を超える人気作である。特に女子中高生からの支持が高い。多部はヒロインの黒沼爽子を演じ、三浦は相手役の風早翔太を演じた。

黒沼爽子は大人しくて、優しい女の子だった。だが、見た目が「貞子」に似ていたため、周囲から怖がられてしまう。そんなある日、高校で爽子のことを恐れない少年・風早翔太と出会う。爽子は明るくて爽やかな翔太に憧れ、仲良くなっていった。そして、翔太に対して特別な思いを抱くようになる。爽子の思いは、翔太に届くのだろうか?

詳細 君に届け

パンとバスと2度目のハツコイ

今泉力哉の代表作で、監督&脚本担当している。ヒロインの市井ふみは独自の結婚観を持った「恋愛こじらせ女子」。普通の恋愛映画とは一味違う、モヤモヤしながらキュンとする「モヤキュン・ラブストーリー」が描かれている。市井ふみを演じたのは、アイドルグループ乃木坂46の一員として活躍していた深川麻衣。深川にとって本作が初主演作となった。

パン屋で働く市井ふみは、仕事終わりにパンを食べるのが好きだった。一見平凡な女性に見える彼女だったが、独特な恋愛観を持っていた。ふみは付き合っている恋人からプロポーズされるが、ずっと好きでいる自信も好きでいてもらえる自信もなくて断ってしまう。そんなある日、初恋の相手である湯浅たもつと再会する。ふみはたもつに惹かれるが、たもつは別れた妻のことをずっと一途に思い続けていた。

詳細 パンとバスと2度目のハツコイ

ゴールデンスランバー

伊坂幸太郎原作の小説を映画化した作品。原作の小説は「2008年本屋大賞」や「第21回山本周五郎賞」など数々の賞を受賞しており、伊坂幸太郎の集大成だと言われるほど高い評価を受けた。主演を堺雅人が務め、吉岡秀隆や竹内結子など豪華な俳優が脇を固めている。2018年には韓国版が公開された。

首相の金田が凱旋パレードの爆発に巻き込まれて死亡した。友人に連れられてその場を訪れていた青柳雅春は、なぜか首相暗殺の犯人として指名手配されることになる。実は、友人は金と引き換えに、青柳をパレードに連れて行くよう何者かの指示を受けていた。青柳はわけが分からないまま逃亡した。果たして、青柳はどうなってしまうのだろうか!?

詳細 ゴールデンスランバー

アイネクライネナハトムジークの評判・口コミ・レビュー

アイネクライネナハトムジークのまとめ

本作では主人公である佐藤と恋人の本間紗季との出会いから10年後の様子まで描かれている。そのため、観客は佐藤達の立場に立って見ることができ、感情移入しやすくなっている。佐藤と繋がっている人達も、みんな恋や愛について悩みを抱えている。そんな彼らを、斉藤和義の歌が優しく包み込んでいる。どこかせつない気持ちを感じながらも、愛に溢れた温かな作品である。佐藤達がどのような決断を下すのか、優しく見守りながら見て欲しい。

この記事をシェアする