映画『累 かさね』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「累 かさね」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

容姿。醜くも美しくも、それは生まれ持ってのものであり本人にはどうしようもないものである。しかし、もし望む顔になることができるなら?美醜をテーマにした禁断作、とうとう実写化。

累 かさねの作品情報

累 かさね

タイトル
累-かさね-
原題
なし
製作年
2018年
日本公開日
2018年9月7日(金)
上映時間
112分
ジャンル
ホラー
サスペンス
監督
佐藤祐市
脚本
黒岩勉
製作
上原寿一
製作総指揮
不明
キャスト
土屋太鳳
芳根京子
横山裕
筒井真理子
生田智子
村井國夫
檀れい
浅野忠信
製作国
日本
配給
東宝

累 かさねの作品概要

自分の容姿にコンプレックスを持つ主人公が、周囲の人との出会いなどをキッカケに、努力して本当の美しさを手に入れる。そういったストーリーはこれまで数多くあれど、今作では主人公が他の人の顔を奪いその美しさを自分の物にしてしまう、というなんとも恐ろしい設定のもと進行していく。あくまでも利己的なその力。そんな力を使い、本当に人は幸せになれるのか。美醜はどこまでも人を狂わせることを改めて人を教えてくれる作品。

累 かさねの予告動画

累 かさねの登場人物(キャスト)

淵累(芳根京子)
本作の主人公。美しい母を持ちながら醜い顔で生まれついたことにより、周囲から蔑まれていた。ある日、母が残した不思議な力を持つ口紅を見つける。
丹沢ニナ(土屋太鳳)
絶世の美女として生を受けながらも、とある理由から中々芽が出ずにいる女優。ある日累と出会い…?
淵透世(檀れい)
累の母親。類稀なる美貌と圧倒的な演技力で伝説となった女優。しかし、その正体は…?
烏合零太(横山裕)
近年頭角を現しつつある舞台演出家。累とニナ、それぞれが想いを寄せる相手でもある。

累 かさねのあらすじ(ネタバレなし)

数々の舞台に出演してきた知らぬ者はいない伝説の女優、淵透世。淵累はそんな彼女の娘として生を受けた。誰もが羨むような母親。しかし、実際には母親に似ず累の容姿はとても醜く、そのことを理由に彼女は幼い頃からひどいいじめを受けてきた。しかし、ある日のこと、累は亡き母親の口紅に特別な力が宿っていることを知る。なんと、その口紅を塗ることで他人と顔を入れ替えることができるのだ。美しい女性から顔を奪った累は、母親譲りの演技力でたちまち舞台で脚光を浴びることになる。そして、母も自分と同じことをして生きてきたのだと直感するのだった。しかし、他者の顔を奪うということは、周りから敵意を買うことでもあった。美への渇望と、復讐の幕が今開く。

累 かさねの感想・評価

目を奪われる、狂気的なまでの美

現在ドラマや映画に引っ張りだこの新進気鋭の若手女優、土屋太鳳と芳根京子。男性人気だけでなく女性からも好感度が高い二人が主演を務めているだけあり、画面が華やいでいる今作。しかし、今作では爽やかな印象がある二人が主演しているにも関わらず、テーマがテーマなだけに、どこか狂気を感じることが多い。ニナに入れ替わった累を演じる土屋太鳳の姿を公式ホームページの予告映像から見ることができるが、その圧倒的なまでの世界観と役への入り込みに、思わず鳥肌が立ってしまう。普段とは違う、自分達の新たな美しさを表現してみせた二人の女優の演技力に注目。また、どう考えても美しい芳根京子が醜い顔をコンプレックスに持つ主人公をどう演じるかも見ものである。

曝け出される本性、向き合えるか

ずっと画面を見ていると酔ってしまうのではないか、そう思わせるほどの毒々しいまでの圧倒的な美、それがこの映画の特徴である。圧倒的な美しさ、地位への渇望、自らの承認欲求、そういった心の中では誰もが望んでいるような欲求を包み隠すことなく前面に押し出している今作。普段は心のうちに隠すことが多いそういった感情、だからこそこの映画を見て、中には少々気分が悪くなる人もいるかもしれない。しかし、それらの感情は紛れもなく人間誰にもある気持ちであり、決して否定すべきものでもない。では、どうやってそれらの気持ちに折り合いをつけるか。今作はそういった、生きていく上で大切なことを教えてくれる作品とも言えるかもしれない。

醜いのは心か顔か、禁断のテーマ

美醜は、誰しもが少しは気にしつつも、普通は明確には口に出さない非常に繊細な問題である。特に物事をはっきりと言わない日本人においては尚更。そんな中、今作では醜い故に疎まれる、美しさを手に入れるためならどんな手段でも取る、など一見美こそが全てのようなテーマの作品。普段は包み隠しているテーマを題材としているだけあって、中には抵抗感を抱く人も少なくないかもしれない。勿論、美こそが全てという単純な結末では終わらない。全てを捨ててまで美を追い求めた先には何が待っているか、その体験を通して主人公は何を学ぶのか。大切なのは心の美しさか外見か。普段美を追い求めている人は、この映画を通じて学ぶことがあるかもしれない。

累 かさねの公開前に見ておきたい映画

映画『累 かさね』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『累 かさね』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

PとJK

『累-かさね-』の主演の一人である土屋太鳳が2017年に主演を務めた恋愛映画。土屋太鳳演じる平凡な女子高校生が、とあることをキッカケに自分よりもはるかに年上の警察官(亀梨和也)に恋をする。そして、彼女はそんな世間一般的に見れば禁断とされる恋を成就させるべく猛アプローチを開始するのだが…?主人公が学生であり、好きなことやものがあってそれを手に入れるために奮闘するという設定は共通しているものの、『累-かさね-』と比べ何百倍も爽やかな作品。同じ女優でありながら、ここまで違う演技ができるのか、と思わず舌を巻いてしまう。先にこちらを見てから『累-かさね-』を見ると、より土屋太鳳の才能と実力を感じることができるのではないだろうか。

詳細 PとJK

64

昭和64年、それはたったの7日間で幕を閉じた伝説の年。そんな昭和64年に、まだ幼い少女が殺害されるという痛ましい事件が発生した。警察はその事件の行方を追うものの、犯人検挙には至らないまま元号は平成を迎えるのだった。そして、多くの人間がその事件、通称「ロクヨン」に囚われたまま、時間ばかりが過ぎていくのだった。警察を題材としたミステリー作品を書かせれば右に出るものはいない、横山秀夫の新たなヒット作。そんな『64』に芳根京子も出演している。彼女が演じたのは、自らの容姿を受け入れられず整形を望み、医者に「醜形恐怖」と診断された女子高校生役。外見にコンプレックスを持っている、美貌に強い執着を見せるという『累-かさね-』と共通している役所である。ミステリー映画としても非常に高いクオリティの一本。

詳細 64

愛しのローズマリー

『累-かさね-』同様、美醜をテーマにした作品。しかし、息をつく間もない緊迫した展開が続く『累-かさね-』とは異なり、こちらは笑って楽しめるロマンティック・コメディ作品となっている。父親の影響で、外見の美しい女性ばかり追い求めていた男性ハル。しかし、彼はとある大物カウンセラーによって、外見ではなく心が美しい女性に惚れるよう催眠をかけられてしまったのだった。そして、そんなハルはローズマリーという美しい女性に恋をする。しかし、それは催眠術によってそう見えているだけで、実際のローズマリーは心がどこまでも綺麗な、100kg超えのおデブちゃんだった!?心と外見、どちらの美しさを求めるか、笑えるもののどこか心に刺さる問題作。

詳細 愛しのローズマリー

累 かさねの評判・口コミ・レビュー

累 かさねのまとめ

土屋太鳳と芳根京子という、現在引っ張りだこの朝ドラヒロインコンビが一人二役、二人一役というかなり難易度の高い演技に挑んだ本作。この二人が外見の美しさだけでなく、思わず鳥肌が立つような圧倒的な演技力をも持ち合わせていることを再認識できる作品である。切なくも美しい、美しくも恐ろしいという独特の世界観を持つ本作。欲しいもののためならば手段を問わない、日本語版『ブラック・スワン』とも呼べる作品。

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    …途中で帰った。退屈な作品だった。