映画『キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神』のあらすじ・キャスト・感想【ネタバレなし】 | MIHOシネマ

「キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神」のあらすじ・キャスト・感想【ネタバレなし】

17歳のエスペンは家の仕事も手伝わず、自由に遊んで兄達を困らせてばかりいた。一方、王宮で暮らすキリステン王女は、父からの命令で王子と結婚させられそうになっていた。そんな2人が、森で出会い恋に落ちた。

キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神の作品情報

キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神

タイトル
キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神
原題
The Ash Lad: In the Hall of the Mountain King
製作年
2017年
日本公開日
2018年8月1日(水)
上映時間
104分
ジャンル
ファンタジー
アドベンチャー
ラブストーリー
監督
ミケル・ブレネ・サンデモーセ
脚本
アレクサンダー・カークウッド・ブラウン
エスペン・イェーガー
製作
アシルド・ランボルグ
チェラ・ホースダル
製作総指揮
不明
キャスト
ベビヨルン・エンガー
マッツ・ショーゴード・ペテルセン
エリアス・ホルメン・ソーレンセン
エイリ・ハーボー
アラン・ハイド
製作国
ノルウェー
配給
インターフィルム

キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神の作品概要

19世紀半ばのノルウェーが物語の舞台となっており、北欧神話に出てくる魔物「トロール」が登場する。政略結婚が嫌で逃げ出した王女が、この「トロール」に捕まってしまう。王女に恋をした青年は、貧しい家の出で真面目な性格とも言い難かった。しかし、王女を救おうと諦めることなく奮闘する。本作品はノルウェー本国で大ヒットを記録しており、多くの観客から愛される作品となった。ミケル・ブレネ・サンデモーセ監督は、『ラグナロク オーディン神話伝説』(13)の監督を務めたことで一躍有名になった。

キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神の予告動画

キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神の登場人物(キャスト)

エスペン(ベビヨルン・エンガー)
貧しい家で生まれた、3人兄弟の末っ子。悪戯ばかりして、兄達を困らせている。
キリステン(エイリ・ハーボー)
王女。政略結婚が嫌で、王宮を飛び出す。勝ち気な性格。

キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神のあらすじ(ネタバレなし)

19世紀半ばのノルウェー。17歳のエスペンは家の仕事も手伝わず、悪戯をして兄達を困らせてばかりいた。一方、王宮で暮らすキリステン王女は、父からの命令でシグール王子と結婚させられそうになっていた。だが、キリステン王女はシグール王子と結婚するのがどうしても嫌で、王宮を飛び出し馬に乗って逃亡した。そんなエスペンとキリステン王女が森の中で出会い、恋に落ちる。

キリステン王女は山にいる魔王、「トロール」に連れ去られてしまう。王は報奨金を用意し、王女を救い出すよう国民達に呼びかけた。エスペンもキリステン王女の捜索に乗り出した。しかし、兄達は過酷な旅に嫌気が差し、捜索を止めたいと思うようになった。例え見つけたとしても結婚できるわけではないと弟を諭すが、エスペンは諦めようとはしなかった。果たして、エスペンはキリステン王女を無事に見つけることができるのか。

キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神の見どころ

トロール

トロールとは北欧の国の伝承に登場する魔物で、妖精の一種と言われている。特にノルウェーの国が、トロール伝承の発祥の地ではないかと言われている。国によって、トロールの姿は大きく変わる。最初の頃は、悪意に満ちた巨人の姿がトロールとして認識されていたが、時代と共に身長が小さくなっていった。そして、変身能力を持っており、どんな姿にでも変わることができると言われている。

これは一例であるが、地域によって一つ目の巨人だったり、赤い帽子を被った老人の姿だったりとトロールの姿に違いがある。本作品ではノルウェーの伝承を元に作成されており、巨大な体躯が採用されている。物語の随所に現れる、不気味で恐ろしいトロールの気配に注目しながら映画を楽しんで欲しい。

19世紀のノルウェーについて

19世紀にノルウェーでは、フランス革命やナポレオン戦争の影響で独立が模索されていた。しかし、なかなか上手くいかず、スウェーデンの支配を受けることになる。それでも、ノルウェーは自立の道を諦めなかった。その結果、国民からの圧倒的な支持と、スウェーデンとの交渉を経て、1905年に無血で独立を果たすことになる。

1814年に言論・表現の自由が憲法に明記されたが、スウェーデンの支配下にあったせいで、意味をなさなかった。きちんと言論・表現の自由が生かされるようになったのは、それから約25年後の1840年頃である。

恋愛面において、身分の差は大いに関係していた。本作品でエスペンとキリステン王女は恋に落ちるが、身分の差が大きすぎて、周りに関係が認められるようなものではなかった。

北欧神話×映画が得意なミケル・ブレネ・サンデモーセ監督

ミケル・ブレネ・サンデモーセは『ラグナロク オーディン神話伝説』(13)の監督を務めており、アドベンチャー×神話の物語を作るのが上手いと言える。『ラグナロク オーディン神話伝説』では北欧神話の「世界の終末」を題材にしており、その謎を解明しようと奮闘する考古学者の姿が描かれている。

本作品では、トロールの巨大な足跡や鼻の長い不気味な老婆などが登場する。自分が物語の世界に足を踏み入れたのかのような、ワクワクドキドキする気持ちが味わえる。テンポのいい音楽が美しい森林や川の映像と合わさることで、より自然を広大に感じることができる。本作品はノルウェーで大ヒットを記録しており、日常では味わえない迫力と興奮を体感することができる。

キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神の公開前に見ておきたい映画

映画『キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神』の公開前に見ておきたい映画をピックアップしています。『キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

ラグナロク オーディン神話伝説

ミケル・ブレネ・サンデモーセ監督作品。北欧神話のラグナロク(終末の日)を題材にした、アドベンチャー映画。主役のシーグルを演じたのは、ノルウェー出身の俳優ポール・スヴェーレ・ハーゲンである。

考古学者のシーグルは、長年ヴァイキング船の研究を行っていた。ある日、ヴァイキング船が発掘され、シーグルも確認に向かった。その船内で、ルーン文字が発見される。それは、「リーテル・ヴィス・マーダル」と書かれていた。意味は「人に知り得ることは、わずかである」。シーグルがさらに調査をしていると、同僚がルーン文字が彫られた石版を持って現れる。シーグル達の調べにより、ルーン文字は「ラグナロク」について書かれており、どこかの地図を表していることが分かった。シーグルは子供や仲間と共に、その地図の場所に向かうことにした。

詳細 ラグナロク オーディン神話伝説

ヴァルハラ・ライジング

デンマーク×イギリスの合作。ヴァイキングの時代と北欧神話を元に作られているアドベンチャー映画。粗野で無骨な主人公を演じたのは、連続テレビドラマ『ハンニバル』でハンニバル・レクターを演じたことで話題にもなったマッツ・ミケルセンである。物々しい雰囲気と、息を呑むような迫力あるアクションシーンが特徴の作品となっている。

片目の男は奴隷として殺し合いをさせられていた。彼を生かしているのは、果てしなく深い憎悪だった。男には秘密の能力があった。それは、少し先の未来を予知する力だった。男はその力で川底にあった矢尻を発見し、こっそりと口に入れて隠し持った。そして、自分を奴隷として戦わせていた男達を倒し、自由を手に入れた。男が少年奴隷と共に歩いていると、ヴァイキングの戦士達がいた。

詳細 ヴァルハラ・ライジング

マイティ・ソー

アメリカのマーベル・コミックから出版された『マイティ・ソー』を元に作られている。北欧神話の神トールをベースにしている。ソーとはトールを英語で表記した名である。トールとは巨人と対決する戦神のことで、雷神・農耕神として人々から信仰を集めてきた。地上へと落とされたソーが、人間の女性に惹かれ、地球を守るために奮闘する姿が描かれている。

強暴ゆえに力を奪われ、神々に見捨てられた傲慢な戦士ソー。ソーが神の世界「アスガルド」から落とされた先にあったのは、人々が暮らす地球だった。女性達は空から落ちてきたソーを発見し、病院へと運んだ。一方、ソーの弟のロキが、眠りについた父の代わりに玉座へと就いた。そして、自分が父の実子ではないことを知ってしまう。ロキは父や兄に対して憎しみを募らせていく。

詳細 マイティ・ソー

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

ギリシャ神話をモチーフにした、ファンタジーアドベンチャー映画。リック・リオーダン原作の『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』シリーズの第1部『盗まれた雷撃』を元に作られている。監督のクリス・コロンバスは、他に『ホーム・アローン』(1990)や『ハリー・ポッターと賢者の石』(01)の監督を務めたことでも有名である。

17歳のパーシー・ジャクソンは、学校に通うごく普通の少年だった。ただ、他の人達とは違う特徴が1つだけあった。それは、水の中が好きで、7分間も潜水できる能力を持っていることだった。ある日、予言の神が現れたことで、パーシーの平穏な日常は終わりを告げる。予言の神は海の神「ポセイドン」と人間との間に生まれた子供であることをパーシーに教えた。実は最強の武器である「ゼウスの稲妻」が何者かに盗まれており、パーシーはその犯人として疑われて命が狙われていた。

詳細 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神の感想・レビュー・口コミ

随時更新予定

キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神のまとめ

北欧神話の「トロール」を題材にした映画で、青年と王女の身分違いの恋についても描かれている。「トロール」が山の魔王と恐れられているだけあって、山や森林が物語の舞台となっている。生い茂る木々や勢いよく流れる川など、豊かな自然は見ているだけでも気持ちが良い。そんな場所で、青年は必死に王女の行方を追う。身分の差があるせいで、王女を見つけたとしても結婚できることはない。それでも一途に王女を思う、青年の心が素敵だなと感じる作品である。王女も大人しい性格ではなく、嫌な結婚相手から逃亡するお転婆なところが好感が持てる。

この記事をシェアする