「砕け散るところを見せてあげる」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

高校3年生の濱田清澄は平凡だが正義感の強い男だった。ある日、学校で虐めに遭っている下級生の蔵本玻璃に出会う。清澄は玻璃を救おうと奮闘した。そんな中、玻璃の隠された秘密が明らかになる。

砕け散るところを見せてあげるの作品情報

砕け散るところを見せてあげる

タイトル
砕け散るところを見せてあげる
原題
なし
製作年
2020年
日本公開日
2020年5月8日(金)
上映時間
127分
ジャンル
ラブストーリー
サスペンス
監督
SABU
脚本
SABU
製作
清水洋一
梶原富治
八木佑介
製作総指揮
EXILE HIRO
キャスト
中川大志
石井杏奈
井之脇海
清原果耶
松井愛莉
北村匠海
矢田亜希子
木野花
製作国
日本
配給
イオンエンターテイメント

砕け散るところを見せてあげるの作品概要

竹宮ゆゆこ原作の長編小説を元に制作された。正義感が強いが平凡な少年・濱田清澄が、虐めに遭っている少女・蔵本玻璃を救おうと奮闘する物語。さらに、物語はそこで留まらず、玻璃が抱えている秘密が明らかになっていくときから予想外の展開が楽しめる。若手俳優の中川大志×「E-girls」のパフォーマーとしても活躍する石井杏奈がダブル主演を務めた。映画『うさぎドロップ』(11)を手掛けたことで有名なSABUが、監督、脚本、編集を担当している。

砕け散るところを見せてあげるの予告動画

砕け散るところを見せてあげるの登場人物(キャスト)

濱田清澄(中川大志)
高校3年生。大学受験を控えている。平凡な少年。正義感が強く、玻璃を救おうと奮闘する。
蔵本玻璃(石井杏奈)
高校1年生。「学校一の嫌われ者」で、酷い虐めに遭う。ある秘密を抱えている。

砕け散るところを見せてあげるのあらすじ(ネタバレなし)

高校1年生の蔵本玻璃は学校一の嫌われ者で、酷い虐めに遭っていた。高校3年生の濱田清澄は波瑠が虐められている現場を目撃し、彼女に声をかけた。しかし、玻璃は絶叫し、清澄のことを強く拒んだ。

清澄はどこにでもいるような平凡な少年だったが、強い正義感を併せ持っていた。そのため、苛めで辛い目に遭っている波瑠のことを放っておくことはできなかった。自称ヒーローとして、彼女のことを救おうと奮闘した。始め清澄のことを拒絶していた玻璃だったが、一緒に過ごすうちに徐々に打ち解け合っていく。

玻璃は清澄のように強い心を持ち、「敵」に立ち向かいたいと思うようになる。そんな中、玻璃が抱えるある秘密が明らかになる。清澄の元にも、恐るべき魔の手が忍び寄ろうとしていた。

砕け散るところを見せてあげるの感想・評価

竹宮ゆゆこ原作の長編小説を実写映画化!

竹宮ゆゆこ原作の長編小説を元に制作されている。竹宮ゆゆこはアニメ化もされたライトノベル小説『とらドラ!』やカスカベアキラ作画の学園漫画『エバーグリーン』の原作者としても知られている人物である。

ごく平凡だが正義感の強い高校3年生の濱田清澄が、「学校一の嫌われ者」で虐めに遭っている蔵本玻璃に出会うところから物語は始まる。清澄は玻璃を救おうとするが、玻璃本人に強く拒絶されてしまう。それでもめげずに接するうちに、二人は徐々に打ち解け合っていく。物語はそこで終わらず、玻璃には誰にも言えない秘密を抱えていることが明らかになっていく。そして、その秘密が明らかになったとき、清澄にも危険が迫る。玻璃の秘密とは一体何なのか、二人の身に何が起きるのか、最後まで目が離せない展開が待っている。

中川大志×石井杏奈のダブル主演

今回、中川大志×石井杏奈がダブル主演を務めることになった。中川大志は子役の頃から活躍し、日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ『家政婦のミタ』(11)に出演して一躍有名になった。2019年には「第42回日本アカデミー賞・新人俳優賞」を受賞しており、これからの活躍が期待される若手俳優である。

石井杏奈は「E-girls」のパフォーマーとして活躍する傍ら、女優としても頭角を現している。活躍の場はテレビ、ウェブドラマ、映画、舞台など多岐に渡る。2020年春にインターネットテレビ配信サービス「FOD」などで配信予定のドラマ『東京ラブストーリー』にも出演している。

中川大志×石井杏奈の共演は本作で三作目になる。中川大志のまっすぐな演技と石井杏奈の鬼気迫る演技がどのような化学反応を生み出すのか、ぜひ楽しみにして欲しい。

海外からの評価も高いSABUがメガホンを取った

本作のメガホンを取り脚本を手掛けたのは、俳優としても活躍している映画監督のSABU。日本国内だけでなく海外からの評価も高く、『MONDAY』(1999)で「第50回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞・カリガリ特別賞・ドンキホーテ特別賞」を受賞し、『天の茶助』(14)は「第65回ベルリン国際映画祭・コンペティション部門」に出品されている。

主題歌には現役高校生歌手の琉衣の『Day dream 〜白昼夢〜』が起用されている。「LDH Presents THE GIRLS AUDITION」でグランプリを受賞しており、業界内で大きな注目を集めている人物である。透き通るような声が印象的で、切なくも温かいストーリーとマッチしている。

砕け散るところを見せてあげるの公開前に見ておきたい映画

映画『砕け散るところを見せてあげる』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『砕け散るところを見せてあげる』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

うさぎドロップ

SABU監督の代表作。林民夫と共に脚本も手掛けている。宇仁田ゆみ原作の漫画を元に制作された。独身の河地大吉が祖父の隠し子である鹿賀りんを引き取り、育てる様子が描かれている。テレビアニメ版と同じ、PUFFYの楽曲『SWEET DROPS』が主題歌に起用されている。松山ケンイチ×芦田愛菜が共演したことで大きな話題を集めた。

河地大吉は祖父の葬儀で、一人寂しそうに佇む女の子を見かける。その女の子は鹿賀りんという名前で、祖父の隠し子だった。親戚達はりんの扱いに困り、施設に預けようとしていた。大吉はりんのことを不憫に思い、咄嗟に引き取って育てると宣言してしまう。大吉は慣れない子育てに悪戦苦闘しながら、りんに愛情を注いだ。

詳細 うさぎドロップ

坂道のアポロン

中川大志の代表作。小玉ユキ原作の漫画を元に制作された。原作の漫画は「第57回小学館漫画賞・一般向け部門」を受賞するなど、高い評価を受けている。特に若い女性を中心に人気を集めた。「Hey!Say!JUMP」のメンバーである知念侑李が主演を務め、高い演技力に定評がある小松菜奈がヒロインの迎律子を演じた。中川大志は主要人物の1人である川渕千太郎を演じている。

東京医療大学付属病院で働く若い医師は、子供達にせがまれジャズの名曲『Moanin』をピアノで演奏した。10年前、西見薫は転校先の高校で、誰もが恐れる不良の川渕千太郎と、千太郎の幼馴染である迎律子に出会う。千太郎はドラムで『Moanin』を演奏して見せた。薫は千太郎のドラムに魅力を感じ、ピアノで『Moanin』を練習する。薫と千太郎はセッションし、律子は二人の演奏を聞いて楽しんだ。

詳細 坂道のアポロン

ガールズ・ステップ

石井杏奈の映画初主演作品。宇山佳佑原作の青春小説を元に制作された。必修科目であるダンスの単位を取得するため、町のイベントに出場することになった女子高生達の様子が描かれている。石井杏奈は優柔不断な女の子、西原あずさを演じた。テレビドラマ『のだめカンタービレ』(06)の演出を手掛けたことでも有名な川村泰祐がメガホンを取った。

八方美人の女子高生である西原あずさは体育の単位を取得するため、クラスで浮いている通称「ジミーズ」達とダンス部を結成することになった。しかし、西原はクラスメイトに良い顔をして、思わず「ジミーズ」達のことを貶してしまう。「ジミーズ」達の心は傷つき、西原の元を去っていった。西原は自分の過ちに気づき、「ジミーズ」達に謝罪して皆で踊ることを楽しんだ。

詳細 ガールズ・ステップ

砕け散るところを見せてあげるの評判・口コミ・レビュー

随時更新予定

砕け散るところを見せてあげるのまとめ

正義感の強い高校3年生の濱田清澄と「学校一の嫌われ者」で虐めに遭っている蔵本玻璃との平凡なラブストーリーが描かれているのかと思いきや、玻璃の抱える秘密が明らかになることで予想外の展開を見せていく。二人の身に何が起きるのか、ぜひその目で確かめてみて欲しい。衝撃的なストーリーの根底には、「愛には終わりがない」というキャッチコピーが付けられている通り、清澄と玻璃の深い愛がある。驚きや悲しさと共に愛や希望も感じられる物語になっており、感情を強く揺さぶられる作品になっている。

この記事をシェアする